価格.com

クレジットカード

クレジットカード比較

比較リスト(0件)

価格.com クレジットカード比較 還元率・年会費などからお得なカードを見つけよう

クレジットカード検索

  • カード種別

  • 国際ブランド

  • 年会費

  • 追加カード

  • 還元率

  • 電子マネー機能

  • スマホ決済

  • 付帯保険

  • カード名・会社名

レビュー・評価

  • 日本を代表するクレジット会社三井住友VISAのゴールドカードです。
    独特なデザインですが私は好きです。
    ゴールドカードはそれなりの年会費を払っているため認知されるかというのが重要だと思います。
    JCBと三井住友はカードを出した時にそれなりに認知
    続きを読む される事が多いです。ただの金色のカードと違う点ですね。
    ゴールドカードはどこの会社も年会費一万円程度でサービスも殆ど差はありません。
    このカードの利点はマイペイすリボとweb明細利用で年会費が半分以下になる点です。四千円強で維持出来ますしハードルも低いです。
    マスターとのデュアル発行をしても年会費が変わらないという利点もあります。
    末長く使うなら良い選択肢だと思います。

    高還元のクレジットカードを追い求めるのも良いですが、利用場所や利用方法も限定されたり、頻繁に制度が変わったりして、不満が貯まる事も少なくないですし、何より相当な金額を利用しない限り、年間でのプラスになる金額は少ないです。0.5%の還元率の違いは100万使っても5000円の差です。高還元なクレジットカードは不便な事が少なくないですから、気持ち良くクレジットカードを使いたい場合はゴールドカードの利用はオススメです。

  • 匿名でクレジットカード決済するのに便利な一枚…と言っても、悪いことをする訳ではない。

    楽天カードは無料で持てるが…広告は鬱陶しいし、サイトは見辛いし、サポートセンターへの繋がりもいまいち…
    だが、良い所もある。
    楽天市場などで利用できるポイ
    続きを読む ント還元率が高いことと、
    もう一点、匿名でクレジットカード利用できる「バーチャルプリペイドカード」が手数料無料で利用できること。


    バーチャルプリペイドカードは…楽天カード自体はVISAでもMASTERでもJCBでも良いのだが、そのカードの枠を利用して、
    バーチャルなMASTERブランドのクレジットカードを発行するというもの。
    発行されたカード番号はプリペイド形式の一時的なもので、また、カード名義人も適当で問題ない。
    私も都度、適当な名前でカードを作って利用している。

    「この店でカードを利用するのは不安だなぁ。」
    「クレジットカードのポイントは欲しいけど、カード番号を教えたくないなぁ。」
    「情報流出が怖い。この店で本名を知られずに匿名で買い物したいなぁ。」

    そんな時にうってつけなのが、このバーチャルプリペイドカードと言える。
    他の匿名プリペイドカードと違い、楽天カードを持っている以上、手数料も無料なので使わない手はないだろう。

    また、プリペイドカードと言うとカードの残高の端数を機にされる方もおられるかもしれないが、心配ご無用。
    楽天のバーチャルプリペイドカードは、新規に発行したバーチャルプリペイドカードに残高を合算することが出来る。
    残高を使い切ってしまいたい場合はAmazonのギフトカードなどを利用すれば15円以上であれば1円単位でポイントを購入出来るので有効活用するといいだろう。

    評判散々なカードだが、今のところ、広告が鬱陶しい以外は悪いカードだとは私は思わない。

  • 法人の楽天カードのディビットカードで不正に利用されて困ってます。
    カードの裏にある連絡先の楽天銀行に問い合わせしたら
    楽天銀行では法人のディビットカードはなんの保証もないそうなんで す。「ジャパネットの法人のディビットカードには5000万円まで保
    続きを読む 証あるそうなんです」
    売上が上がった先に連絡してみてくださいといわれてしましたら
    マイクロソフトストアで、不正利用の場合は、カード会社にいってくださいって言われます。
    楽天銀行にこの旨を伝えると何の保証もなく、取りつぎもできないといわれます。とりあえずマイクロソフトに電話して、配送をとめたり、返金の手続きをしてはとか、何の商品をどこにおくるのか調べてはどうかと楽天銀行言われました。

    この旨をマイクロソフトに伝えると、マイクロソフトidがないと調べれないと言われて、不正の場合はカード会社しか対応できないといわれます。警察に被害届けを出してはと言われます。


    マイクロソフトのidは覚えてないですし、もちろんカードなんか登録していません。
    不正なんで、idも不正だとおもいます。
    もちろん法人のカードに保証がないなんて、知らなかったので、すぐにカードは解約しました。
    楽天銀行の対応にすごい不信感を持ってしまいました。もう使うのは本当に怖いです。
    対応の悪さにびっくりします。
    電話しても待ち時間が長く、こんな案件ばかりだと思います。
    マイクロソフトも返金の手続きや、郵送の手続きをとめてくれたらいいのにと思いました。「システム状できないとか、カード会社の対応になるの一点ばり」

    警察に被害届けを出しにいきました。必要な書類を集めてくださいって言われています。

  •  4年ほど前にチャリロト購入のために入会しましたが、カードの利用は入会当初1〜2回使用したような記憶ですが、その後全く使用していません。2日ほど前にカード利用の連絡があり、覚えのない利用明細が乗ってしました。楽天に電話しましたが、利用会社に連絡してく 続きを読む ださいとのことで、まるで自社(楽天)の問題ではないような回答でした。不正利用された金額の引き落としについても、期日が来たら引き落としますとの事。とても不安で即日解約しました。(利用会社はヤフージャパンが2回、アップルアイチェーンズ)と明記されていました)。金額は3回分で¥2400と大きなきんがくではありませんが。

クチコミ

    • ナイスクチコミ4
    • 返信数2

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30629220X10C18A5000000/?n_cid=NMAIL007
    本日付け日経電子版の記事で 「Tポイント」がファミリーマートで使えなくなる可能性が出てきたとして
    続きを読む います。
    ファミマの独自ポイントは以前より噂がありましたがここへ来て現実味を帯びてきました(汗)。

    仮にそうなればこのカードもTポイントから独自ポイントへ変更となり魅力が薄れるのでカードの利用価値はなくなりますね。
    大変残念なことです。

    • ナイスクチコミ6
    • 返信数3

    海外旅行保険と券面デザイン、それにプレミアに興味があってこれに申し込もうか検討しています。
    ただ、今セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを使っているのですが、9千円に満たない利用でも221ポイント付いたりします。アマゾン、ヤフーなどのポ
    続きを読む イントアップするサイトを利用しなくてもです。毎月ごっそりとポイントが貯まって行くのが何とも痛快なのですが、JCBゴールドではそういうことはありませんか?年間100万以上利用すれば0.75%くらいにはなるようですが。

    • ナイスクチコミ19
    • 返信数6

    こちらにも、書いてありますが最初からリボ払いの設定だそうで、自分も騙されたって感じで残念です。よく見れば書いてるがよく見ないとわからないやり方で、そこが騙された間が強まりますね。自分は少額にしか使わないためいちいち明細はチャックしてませんでしたのでき 続きを読む ずいたのは1年後でリボの手数料だけで3万近く、残金は22万ほどでした。まあ、1年できずいてラッキーでした。ポケットカードの担当の責任者と話しましたが、貴方がよく読んでないからで此方は全く火がありません。リボの手数料も返しません。と言われ会社として、顧客が騙されと思ってしまうような商品っていかがなものだとおもいますね。自分は販売がポケットカードは作りませんし、よっぽどなことがないとファミリーマートにいかないようにします。汚い!ちなみにセブンイレブンのカードは、違いましてもちろん客にリボにするかの選択権があり、初めからリボになってるなんて騙し討ちみたいな真似はしません。やはりコンビニはセブンイレブンがいいですね。不動産同様に始めのリボ設定でこちらが変更しないと駄目と言うことであれば、読み聞かせをし客にきちんとわかるように規制すべき!変更を忘れれば、会社が儲かるからリボ設定なんだとは思いますが、それはもはや会社のモラルがない!儲かれば客のミスを誘うなんて、まあそういう考え方の心がまずしい会社です。
    ここだけでこれだけ評判悪いところを見れば被害者たすうだな、もはや書いてある読まないのが悪いなんて言って済ます問題かな?

初心者向け基礎知識

新着記事

クレジットカードの基礎知識まとめ

  • 一般カード、ゴールドカード、プラチナカードの違い

    「一般カード」は、高くても1,000円程度の年会費で持てるにもかかわらずポイント還元やキャッシュバックといったサービスが備わっており、クレジットカード保有者の多くが利用しているカードです。

    「ゴールドカード」は年会費が1万円以上かかりますが、その分、付帯保険による保障額が大きかったり、一般カードと比べて還元率が高かったりと、一般カードと比べサービスや特典が充実しているカードになります。

    「プラチナカード」「ブラックカード」は多くがカード会社からの招待で初めて持つことができます。いずれもカード会社から選ばれた消費者だけしか持てないカードであり、ステータスの高さはもちろん、年中無休のコンシェルジュサービスや世界700か所以上の空港ラウンジサービスが無料で使えるプライオリティパスなど、ゴールドカード以上の付帯サービスを備えています。

    いずれのカードも基本的な支払い機能は同じため、はじめてクレジットカードを持つ方は一般カードがおすすめです。利用可能枠を引き上げたり、付帯サービスを充実させたりしたい場合は、ゴールドカードやプラチナカードへの切り替えや、複数枚持ちなどを検討するとよいでしょう。

  • 国際ブランドの種類

    国際ブランドとは、世界中でクレジットカードでの決済サービスを提供している企業の商標のことです。国際ブランドの加盟店であれば、加盟しているブランドのクレジットカードを使うことができます。

    国際ブランドの種類にはVISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club Card、銀聯(Union Pay)、Discover Cardの7ブランドがあります。中でも加盟店が世界で一番多いのがVISAであり、国際ブランドのVISAを選んでおけば、世界中のいたるところで利用できます。

    国際ブランド一覧
    VISA
    (ビザ)
    VISA(ビザ)は、世界でのカード発行枚数、加盟店数が1位の国際ブランド。利用できる店舗が多いので、1枚持っておくと安心のカードです。
    MasterCard
    (マスターカード)
    MasterCard(マスターカード)は、VISAに準ずるカード発行枚数、加盟点数を誇る国際ブランド。海外ではMasterCardしか利用できないお店もあります。
    JCB
    (ジェーシービー)
    JCB(ジェーシービー)は、日本発の唯一の国際ブランドで、国内加盟店の多さが強みです。海外加盟店も年々増加しています。
    American Express
    (アメリカン・エキスプレス)
    American Express(アメリカン・エキスプレス)は、富裕層向けのカードで、独自の優待サービスが充実しています。通称はAMEX(アメックス)。
    Diners Club Card
    (ダイナースクラブカード)
    Diners Club Card(ダイナースクラブカード)は、富裕層向けのカードで、入会審査が厳しく、ステータス重視のカードです。加盟店は高級ホテルやレストランが中心になります。
    銀聯
    (Union Pay)
    銀聯(Union Pay)は、中国発の国際ブランドです。中国人観光客の増加に伴い、日本国内でも銀聯ブランド対応店舗が増えました。日本人向けの銀聯カードは三井住友カードや三菱UFJニコスが発行しています。
    Discover Card
    (ディスカバーカード)
    Discover Card(ディスカバーカード)は米国発の新興勢力で、JCBと提携しています。国内で利用できますが、発行しているクレジットカード会社はありません。
  • クレジットカードの付帯サービス

    クレジットカードの選び方に迷ったら、付帯サービスの内容で比べてみましょう。クレジットカードの付帯サービスとは、支払い機能以外のサービスのことで、ポイント還元や保険、ラウンジ、サポートデスクなどがあります。

    たとえば、付帯サービスの旅行保険なら「利用付帯」なのか「自動付帯」なのかを確認することがとても大切です。利用付帯のカードは旅行代金などをカードで支払っていることが条件となりますが、自動付帯のカードは持っているだけで保険に入っていることなるのでおすすめです。

    ほかにも付帯サービスには空港ラウンジ利用やトラブル発生時のサポートデスクなどがあります。まずは自分が利用したいクレジットカードにどのような付帯サービスがついているか、チェックしてみましょう。

  • クレジットカードの支払い方法

    クレジットカードなら1回払いやボーナス払い、分割払いなど、6種類の中から自分の都合に合った支払い方法が選択できます。ただ、一括での支払いは手数料もかからず気軽に活用できる一方、分割払いに関しては、購入金額に対しての手数料も割高である上に、支払期間が長ければ長いほどより手数料もかさむので注意した利用を心がけましょう。

    支払いの種類と返済方法
    支払いの種類 返済方法 手数料
    1回払い 商品などを購入した翌月に一括して支払う なし
    2回払い 商品などを購入した翌月と翌々月、2回に分けて支払う なし(必要な場合も)
    ボーナス一括払い 商品などを購入した翌ボーナス時期に一括して支払う なし(必要な場合も)
    指定月一括払い 商品などを購入した翌月(または翌々月)以降半年以内の指定月に一括して支払う なし
    分割払い 利用金額と手数料の合計を指定の回数に分けて、毎月支払う方法 あり
    リボルビング払い 利用件数や金額に関わらず、月々の支払額を一定額に決めて支払う方法 あり
  • クレジットカードの利用限度額

    クレジットカードの利用限度額は、年収や生活維持費などをもとに計算した支払可能見込額の90%と決まっており、利用限度額の範囲内でショッピングやキャッシングが可能です。

    利用限度額の上限は、カードの利用頻度を増やし、遅滞なく支払いをすることで少しずつ引き上げられます。また、カード会社へ増額申請を行い審査を通じて、恒久的にも一時的にも利用限度額を増やすこともできます。ただし、利用限度額が増えたからといって、無計画な使いすぎには注意しましょう。

    カード別の利用限度額設定
    学生カード 10〜30万円
    年会費無料一般カード 10〜30万円
    一般カード 10〜100万円
    年会費が安いゴールドカード 10〜100万円
    ゴールドカード 10〜300万円
    年会費が安いプラチナカード 100〜200万円
    プラチナカード 100〜500万円
    ブラックカード 無制限(?)
  • クレジットカードの仕組み

    クレジットカードを使ってお店で買い物できるのは、クレジットカードを通じて消費者、お店、カード会社がつながり、お互いを「信用」しているためです。

    この信用関係を壊さないために、クレジットカードを利用する消費者は、カードの利用代金を銀行口座などにきちんと入金し、立て替えてくれたカード会社に支払う必要があります。もし支払いが滞ったりするとペナルティとしてカード利用がとめられたり、消費者自身の信用力に傷がついたりするため、注意が必要です。

    クレジットカードの仕組みや信用の重要さをよく理解し、ルールを守ってただしく活用しましょう。

    クレジットカード決済の流れ
    図:クレジットカード仕組み
  • クレジットカードの審査

    クレジットカードの審査で特に重要なのは、「仕事と収入に関する情報」と「信用情報」です。収入が多いだけで審査に通過できるわけではなく、過去に延滞や債務整理など、その人の信用に傷がつくような金融事故があれば、信用情報機関に情報が一定期間残り、カードを発行してもらえない可能性が高くなるので注意しましょう。また、いったんカードを作ったらきちんと返済を続け、カード会社に「この人はきちんと返済してくれる人だ」と思われるような信用力を積み上げていくことも重要です。

    審査に必要な情報
    図:クレジットカードの審査の項目
  • いまお使いのクレジットカードよりも
    お得なカードがないか探してみませんか?

    決済機能としてクレジットカードを使うだけではもったいない。クレジットカードには高還元率のポイントがついたり、年会費が無料だったり、保険やラウンジなどの付帯サービスが充実していたりと決済機能以外にも特徴がたくさんあります。

    これからクレジットカードを新たに作ろうと考えている人、いまお使いのクレジットカードよりもお得になるカードがないか考えている人は必見。特徴別にクレジットカードをまとめてご紹介します。自分にあったクレジットカードを探してみましょう。

閉じる
  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。ポイント還元率は価格.com独自の算出です。より正確な情報は各カード会社のホームページをご確認ください。
  • ※ 価格.com限定特典やその他の入会特典は各カード会社より提供されます。お申し込みの際は各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。

このページの先頭へ

  • クレジットカードの情報サイト価格.com

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止