価格.com

クレジットカード

クレジットカード比較

比較リスト(0件)

価格.com クレジットカード比較 還元率・年会費などからお得なカードを見つけよう

クレジットカード検索

  • カード種別

  • 国際ブランド

  • 年会費

  • 追加カード

  • 還元率

  • 電子マネー機能

  • スマホ決済

  • 付帯保険

  • カード名・会社名

レビュー・評価

  • デザイン:まあ普通。ただ、以前の同一カード「DCMX」に比べるとあまりにもあっさりした感じでゴールドという感じは全然しない。うれしいかは人によるでしょうが、今だとポインコデザインが選べます。いつまでやってるのかは知りません。
    ステータス:通常カード
    続きを読む とほとんど同じ審査レベルじゃないかレベルなので皆無に等しい。

    ※あまりに間違ったレビューが多すぎるので再度強調します。

    ※※※単純にドコモの支払い千円あたりで100ポイントが丸々付くわけではありません。

    ※※※分割金とそれに対する割引、月々サポートには適用されないのです。

    例えば料金が税抜12000円で本体分割税抜3000円、月々サポート税抜3000円の場合(※通常分割とサポートは税込なので注意)、
    ポイントが付くのは料金12000円から月サポ3000円を引いた「税抜」9000円に対してです。
    その上で9000円を超える場合月900ポイント*12ヶ月=年間10800ポイント貯まるので、この計算で10800円(年間10800ポイント)を超えないと得しません。
    また、あくまでドコモの基本料金、ドコモのオプション(一部除く)のみが上記の「料金」であって、当然ながら他社通話(0570などの有料電話)やGoogleやAppleなどへの課金、ケータイ払いなどは含みません。
    単純に本体を一括で支払っていれば料金12000-月サポ3000=9000円なのでわかりやすいかと思います。

    ドコモ光についてはペア回線携帯に割引が入りますが丸々ポイントになります。
    例えばマンションAタイプだと月額4000円なので400*12=年間4800ポイント、戸建てA 5200円+光電話 500円+ナンバーディスプレイ 400円だと月額6600円なので600*12=年間7200ポイントとなり10800円を超える可能性が一気に高まります。

    尚、家族カードは一枚目無料、二枚目以降一枚1000円で三枚まで持てるので、買い替えをしない回線ほどポイントが貯まります。一枚目は無料のため、二回線を足した数字(※百の位は切り捨ててから足すこと)が10000円を超えれば得します。
    特に買い替えをしてないiモードの回線あたりは下手な最新スマホよりポイントが貯まったりします。

    ウェブサービス:閲覧する上では特に問題なし。
    優遇サービス:2015年12月からドコモのポイントはまた改悪しましたが(1ポイント1円+消費税から1ポイント1円に変更)、ゴールドカードに限っては利点もあり。まずゴールドでなくてもできますが2017年6月から1ポイント1円からドコモの料金に充てられるようになります(2017年5月までは3000ポイント以上から100ポイント単位)。また、ローソン、マクドナルドでの買い物が3%引きになるのも利点(マックは2017年5月末まで)。この二店舗とその他ではポイントカード機能でクレジット1%にポイントカード分1%(かそれ以上)が付きます。尚、一部高額商品の店舗ではポイントカード0.5%の場合もあり(クレジットは当然1%付きます)。
    どこぞのTカードでよくポイント3倍とやってますが、あれはソフトバンク参入時あたりに標準が1%から0.5%に一律下がったので3倍でも1.5%ですからどうぞ騙されないように。

    あと、年々値上がりしてるケータイ補償ですが、ゴールドカードは全損、水没であれば10万円まで補償してくれるのでケータイ補償を外す方がいますが、dカードの人曰くかなり審査は厳しいとのこと、普通の故障では取り扱ってくれないのでどんな状況であれドコモのケータイ補償は外さないほうが身のためです。一応手順を書いておきますが、重度の事故(水没や全損)が起きた場合、最寄りのドコモショップへ来店し、そこでゴールドのセンターへ連絡。センター指定の機種をゴールドカードで一括購入してからセンターで審査、となりますので、審査が通らなければ一括金額全額支払いとなります(強制リボ設定除く)。

    満足度:問題は上記の意味での月額9000円(というよりはプラスになるには10000円)という分岐点を超えるかどうかです。超えるようであれば作る価値あり、そうでなければケータイ補償を外す勢いででもないと得しません。シェアパック10以上の親回線(シェア10分割オプションなしで平均年間9600〜12000ポイント)、ドコモ光ペア回線(光単独で年間マンション4800ポイント、戸建て6000ポイント)、2年以上機種変更してない(今後もする予定のない)回線であればかなりお得になるはず。

    ちなみにドコモは「ドコモ光」「dカードゴールド」「タブレット」を勧めてきますが、タブレットなんてのは欲しいやつが買えばいいんです。
    ただ、ドコモ光とdカードゴールドは本当に得する人がいるのでフレッツ光の人はドコモ光の検討を、ドコモ光、上位シェアパックにした人はdカードゴールドの検討をしたほうがいいですよ、ということです。
    料金体系にもよりますがau、ソフトバンクよりは圧倒的に得するはずです。

    少し補足。
    dカードではレギュラー(銀色)含め、ドコモの支払いには1%ポイントが付きません。なので別クレジットで支払ったほうが得。月額トータル3万円支払っていれば1%のクレジットであれば月300円貯まります。
    尚、dカードは通常の買い物は100円で1%貯まります。エネオスなど特約店ではポイントが2%貯まります。
    今はほとんどないですが春にあった月サポゼロ(本体金額減額)などのときに購入すれば月サポで減額されないためお得。そういうときに買った方は狙い目です。
    また、家族の回線を全て同一名義で作っている場合はカードを作る/作った際にカードと家族の名前を紐づけしないといけません。紐づけするまではポイントが貯まらないので注意。
    総額10%還元でないことは確かですが、家族回線含め月々3万以上払っている方は得するケースが多い(光回線がある場合は一万半ばでも)ので、このカードを作った場合得するかどうか計算してみてはいかがでしょうか。

  • 今年の初め、それまで30年以上使っていたセゾンカードから事実上乗り換えました。乗り換えた最大の理由は、セゾンカードの永久不滅ポイントは、私の日常生活においてはほとんど使い物にならないためです。
    セゾンカードのWEBサイトでは、永久不滅ポイントで買い
    続きを読む 物ができますが、欲しいものがない!
    あったとしても、1000円で1ポイント換算で考えたら高い!
    そんな状況だったため、せめてドコモポイントに移行して、携帯電話の買い替えのときに使用していたぐらいです。

    そんな不満から今年の初めヤフーカードに乗り換え。
    このカードにした最大の理由は、Tポイントは私の日常生活で使えるシーンが多いからです。
    このカードにしてからは、ほとんで現金で買い物はしなくなりました。だって、カードで買えば、どんなものでも事実上、1%割引になりますから。

    ヤフーカード(Tポイント)の期間固定ポイントを使うため、結果、無駄使いしてしまう、という人がいるようですが、それは自分の意志次第なのでカードのせいではないです。私は、使えず終わってしまいそうな期間固定ポイントは、Tポイントで寄付して無駄にしていません。
    黙っていればなくなってしまう期間固定ポイントも、寄付することで社会貢献できるのも、あまり知られていない?Tポイントのメリットだと考えています。
    マイルなどの連携はありませんが、何を買っても事実上1%割引、使えるシーンが多いのは私にとって最大のメリットで、とても満足しています。
    Tポイントとポンタポイントに絞って、無理なく上手にポイントを貯めて使っています。

  • クレジットカードサイトを運営している者ですが、一度だけ楽天カードを所有しましたがこれほど満足度の低いカードは無いです。

    はっきりと言ってしまいますが作れるのであれば他のカードを作った方が良いでしょう。

    カード入会は手厚くもてなし、カード退
    続きを読む 会は自動音声で処理される・・・・。

    こんなにも分かりやすい手抜き対応をしているカード会社は他にないでしょう。

    楽天カードと言えばポイントサービスが一番の目的でしょうが、楽天経済圏内でしかお得にならないカードなので、カード利用者の使い道が限定されてしまいます。

    使い道を限定されるようなカードを作るくらいなら価格ドットコムが発行しているREX CARD(レックスカード)の方が優秀です。

    また、楽天カードでの楽天市場でのお買い物ですが、そもそも楽天市場の取り扱いショップにも疑問があります。

    以前、知人が楽天市場で指輪をネックレスにしてくれるサービスを購入した際に発送した指輪が戻ってこなく、ショップに電話してもつながらないという被害にあいました。

    他にも、商品の購入手続きをしたのにずっと商品が届かないなどトラブル続きだったりと非常に不安になることが多いです。

    また、楽天カードの入会ですが大きな金融事故さえ起こしていなければ誰でも入会出来るくらい審査が甘いです。

    そもそもどんな審査をしているのかすらも怪しいくらいですね。

    最近ではアメックスブランドも追加されたと話題になりましたが、正直残念に思えてしまいます。

    楽天カードに代わる良いカードを私のプロフィールのホームページで紹介しているので、そちらも詳しく知りたいという方はぜひ参考に見てみて下さい。

    (こちらでもいちおう楽天カードも紹介はしておりますが・・・おすすめではありません)

    以上、本音で低評価レビューでした。

  • まず下世話な話になるかもしれませんが、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは自慢できるカードです。

    クレジットカードに詳しい人ならともかく一般の人にとってはかなり上級カードに感じるカードなので、使う場所によってお金持ちの人と思われてしまうで
    続きを読む しょう。

    では実際のところどうなのかと言うと、そんなことはありません。

    一般的な会社員の方でも普通に作ることが出来るカードです。

    おそらくイメージが先行して実際よりも立派なカードに見えてしまうのでしょう。

    ただし、そんなに凄くないのかというとそんな事も無くカードの特典の豊富さなどを考えると十分ステータスを感じるカードです。

    一般のグリーンカードでは空港を利用する特典が充実していましたが、ゴールドカードでは「食事」と「ゴルフ」に関する特典が特に手厚くなっています。

    なかでも食事の特典の一つにある「ゴールド・ダイニング by 招待日和」はレストランでのコース料理が1名無料になるので、年に1回か2回利用する機会があれば年会費の元は十分に取れてしまいます。

    またワイン好きには希少なワインが手に入る「ゴールドワインクラブ」もおすすめです。

    また、知っている人もいるかもしれませんが、アメックスの本場アメリカではアメックスゴールドは金属製のカードで発行されています。

    しかも、色も「ゴールド」と「ローズゴールド」という2色で展開されています。

    いずれ日本でもアメックスゴールドが金属製のカードとして発行されるかもしれませんね。

    アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードについては私のプロフィールのホームページでより詳しく紹介しているのでもっと知りたいという方はそちらも参考にぜひ見てみて下さい。

    いずれにしてもアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの特典・サービス内容は国内で発行されているゴールドカードの中でもトップクラスのカードです。

    ちょうどゴールドカードとプラチナカードの中間的な位置づけですね。

    いままでゴールドカードを使ってきた人でそろそろプラチナカードにも興味が出てきたという人には、まずはアメックスゴールドを使ってみるのがおすすめです。

    ちなみにゴールドカードデスクに何度か問い合わせしたことがありますが対応もちゃんと丁寧なのでご心配なく。

クチコミ

    • ナイスクチコミ1
    • 返信数17

    セゾンカードインターナショナルを持っています。
    https://www.saisoncard.co.jp/app/origami/lawson.html?utm_source=mail&utm_medium=mailmagazine&utm_cam
    続きを読む paign=201809lawson
    ローソンでセゾンOrigami Payが使えるようになったそうです。
    手持ちのiPhoneには既に対応アプリ「セゾンPortal」をインストールしているのですぐに使えそうです。
    次回ローソンに立ち寄った時にでも使い勝手を試してみたいと思います。

    ただ、QRコード決済はApplePayなどのFelicaの非接触決済に比べてわざわざアプリを起動しQRコードを表示させて店員に見せなければならず面倒です。
    https://www.lawson.co.jp/lab/tsuushin/art/1336117_4659.html
    ローソンでは専用アプリによる「レジ直クーポン」を使ってますがレジにてアプリ操作でバーコードを表示する作業が慣れないともたつくので使い勝手の面ではなかなか厳しいですね。
    まあなれれば問題ないのでしょうけど。

    政府がキャッシュレス化を推進するためにQRコードの統一化に動いてますが、ユーザーがわざわざアプリを起動して表示させる手間がかなりハードルが高いと思います。
    QRコード決済は面倒くささから普及せず失敗すると思います。

    • ナイスクチコミ8
    • 返信数11

    参考:楽天カードHP
    https://www.rakuten-card.co.jp/card/?l-id=corp_oo_brand_to_card_pc

    本日より、一般カード、PINKカード、プレミアムカードでAMEXブランドを選択できるよ
    続きを読む うになっていますね。
    基本還元率1%の年会費永年無料のAMEXブランドは、貴方にとって魅力的?

    個人的には、百人隊長のポーズを取った「お買い物パンダ」柄キボンヌ

    • ナイスクチコミ6
    • 返信数5

    すみません。
    dカードプリペイド持ってますが、専用掲示板が見当たらないのでここへ書き込みます。

    https://www.smbc-card.com/prepaid/d_pre/campaign/cardinfo4010201.jsp
    8月2
    続きを読む 8日(火)〜9月30日(日)の期間限定でdカードプリペイドに3万円チャージするともれなく千円がもらえるようです。
    条件としてはローソン店頭またはセブン銀行のATMでチャージすることです。

    3万円で千円なら還元率3.3333%なのでかなり高い還元率だと思いますが、やるべきでしょうか?

初心者向け基礎知識

価格.comマガジン クレジットカード記事

新着記事

クレジットカードの基礎知識まとめ

  • 一般カード、ゴールドカード、プラチナカードの違い

    「一般カード」は、高くても1,000円程度の年会費で持てるにもかかわらずポイント還元やキャッシュバックといったサービスが備わっており、クレジットカード保有者の多くが利用しているカードです。

    「ゴールドカード」は年会費が1万円以上かかりますが、その分、付帯保険による保障額が大きかったり、一般カードと比べて還元率が高かったりと、一般カードと比べサービスや特典が充実しているカードになります。

    「プラチナカード」「ブラックカード」は多くがカード会社からの招待で初めて持つことができます。いずれもカード会社から選ばれた消費者だけしか持てないカードであり、ステータスの高さはもちろん、年中無休のコンシェルジュサービスや世界700か所以上の空港ラウンジサービスが無料で使えるプライオリティパスなど、ゴールドカード以上の付帯サービスを備えています。

    いずれのカードも基本的な支払い機能は同じため、はじめてクレジットカードを持つ方は一般カードがおすすめです。利用可能枠を引き上げたり、付帯サービスを充実させたりしたい場合は、ゴールドカードやプラチナカードへの切り替えや、複数枚持ちなどを検討するとよいでしょう。

  • 国際ブランドの種類

    国際ブランドとは、世界中でクレジットカードでの決済サービスを提供している企業の商標のことです。国際ブランドの加盟店であれば、加盟しているブランドのクレジットカードを使うことができます。

    国際ブランドの種類にはVISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club Card、銀聯(Union Pay)、Discover Cardの7ブランドがあります。中でも加盟店が世界で一番多いのがVISAであり、国際ブランドのVISAを選んでおけば、世界中のいたるところで利用できます。

    国際ブランド一覧
    VISA
    (ビザ)
    VISA(ビザ)は、世界でのカード発行枚数、加盟店数が1位の国際ブランド。利用できる店舗が多いので、1枚持っておくと安心のカードです。
    MasterCard
    (マスターカード)
    MasterCard(マスターカード)は、VISAに準ずるカード発行枚数、加盟点数を誇る国際ブランド。海外ではMasterCardしか利用できないお店もあります。
    JCB
    (ジェーシービー)
    JCB(ジェーシービー)は、日本発の唯一の国際ブランドで、国内加盟店の多さが強みです。海外加盟店も年々増加しています。
    American Express
    (アメリカン・エキスプレス)
    American Express(アメリカン・エキスプレス)は、富裕層向けのカードで、独自の優待サービスが充実しています。通称はAMEX(アメックス)。
    Diners Club Card
    (ダイナースクラブカード)
    Diners Club Card(ダイナースクラブカード)は、富裕層向けのカードで、入会審査が厳しく、ステータス重視のカードです。加盟店は高級ホテルやレストランが中心になります。
    銀聯
    (Union Pay)
    銀聯(Union Pay)は、中国発の国際ブランドです。中国人観光客の増加に伴い、日本国内でも銀聯ブランド対応店舗が増えました。日本人向けの銀聯カードは三井住友カードや三菱UFJニコスが発行しています。
    Discover Card
    (ディスカバーカード)
    Discover Card(ディスカバーカード)は米国発の新興勢力で、JCBと提携しています。国内で利用できますが、発行しているクレジットカード会社はありません。
  • クレジットカードの付帯サービス

    クレジットカードの選び方に迷ったら、付帯サービスの内容で比べてみましょう。クレジットカードの付帯サービスとは、支払い機能以外のサービスのことで、ポイント還元や保険、ラウンジ、サポートデスクなどがあります。

    たとえば、付帯サービスの旅行保険なら「利用付帯」なのか「自動付帯」なのかを確認することがとても大切です。利用付帯のカードは旅行代金などをカードで支払っていることが条件となりますが、自動付帯のカードは持っているだけで保険に入っていることなるのでおすすめです。

    ほかにも付帯サービスには空港ラウンジ利用やトラブル発生時のサポートデスクなどがあります。まずは自分が利用したいクレジットカードにどのような付帯サービスがついているか、チェックしてみましょう。

  • クレジットカードの支払い方法

    クレジットカードなら1回払いやボーナス払い、分割払いなど、6種類の中から自分の都合に合った支払い方法が選択できます。ただ、一括での支払いは手数料もかからず気軽に活用できる一方、分割払いに関しては、購入金額に対しての手数料も割高である上に、支払期間が長ければ長いほどより手数料もかさむので注意した利用を心がけましょう。

    支払いの種類と返済方法
    支払いの種類 返済方法 手数料
    1回払い 商品などを購入した翌月に一括して支払う なし
    2回払い 商品などを購入した翌月と翌々月、2回に分けて支払う なし(必要な場合も)
    ボーナス一括払い 商品などを購入した翌ボーナス時期に一括して支払う なし(必要な場合も)
    指定月一括払い 商品などを購入した翌月(または翌々月)以降半年以内の指定月に一括して支払う なし
    分割払い 利用金額と手数料の合計を指定の回数に分けて、毎月支払う方法 あり
    リボルビング払い 利用件数や金額に関わらず、月々の支払額を一定額に決めて支払う方法 あり
  • クレジットカードの利用限度額

    クレジットカードの利用限度額は、年収や生活維持費などをもとに計算した支払可能見込額の90%と決まっており、利用限度額の範囲内でショッピングやキャッシングが可能です。

    利用限度額の上限は、カードの利用頻度を増やし、遅滞なく支払いをすることで少しずつ引き上げられます。また、カード会社へ増額申請を行い審査を通じて、恒久的にも一時的にも利用限度額を増やすこともできます。ただし、利用限度額が増えたからといって、無計画な使いすぎには注意しましょう。

    カード別の利用限度額設定
    学生カード 10〜30万円
    年会費無料一般カード 10〜30万円
    一般カード 10〜100万円
    年会費が安いゴールドカード 10〜100万円
    ゴールドカード 10〜300万円
    年会費が安いプラチナカード 100〜200万円
    プラチナカード 100〜500万円
    ブラックカード 無制限(?)
  • クレジットカードの仕組み

    クレジットカードを使ってお店で買い物できるのは、クレジットカードを通じて消費者、お店、カード会社がつながり、お互いを「信用」しているためです。

    この信用関係を壊さないために、クレジットカードを利用する消費者は、カードの利用代金を銀行口座などにきちんと入金し、立て替えてくれたカード会社に支払う必要があります。もし支払いが滞ったりするとペナルティとしてカード利用がとめられたり、消費者自身の信用力に傷がついたりするため、注意が必要です。

    クレジットカードの仕組みや信用の重要さをよく理解し、ルールを守ってただしく活用しましょう。

    クレジットカード決済の流れ
    図:クレジットカード仕組み
  • クレジットカードの審査

    クレジットカードの審査で特に重要なのは、「仕事と収入に関する情報」と「信用情報」です。収入が多いだけで審査に通過できるわけではなく、過去に延滞や債務整理など、その人の信用に傷がつくような金融事故があれば、信用情報機関に情報が一定期間残り、カードを発行してもらえない可能性が高くなるので注意しましょう。また、いったんカードを作ったらきちんと返済を続け、カード会社に「この人はきちんと返済してくれる人だ」と思われるような信用力を積み上げていくことも重要です。

    審査に必要な情報
    図:クレジットカードの審査の項目
  • いまお使いのクレジットカードよりも
    お得なカードがないか探してみませんか?

    決済機能としてクレジットカードを使うだけではもったいない。クレジットカードには高還元率のポイントがついたり、年会費が無料だったり、保険やラウンジなどの付帯サービスが充実していたりと決済機能以外にも特徴がたくさんあります。

    これからクレジットカードを新たに作ろうと考えている人、いまお使いのクレジットカードよりもお得になるカードがないか考えている人は必見。特徴別にクレジットカードをまとめてご紹介します。自分にあったクレジットカードを探してみましょう。

閉じる
  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。ポイント還元率は価格.com独自の算出です。より正確な情報は各カード会社のホームページをご確認ください。
  • ※ 価格.com限定特典やその他の入会特典は各カード会社より提供されます。お申し込みの際は各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。

このページの先頭へ

  • クレジットカードの情報サイト価格.com

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止