JCBのプラチナカード『THE CLASS』への道

PR企画

JCBのプラチナカード 『THE CLASS』への道 『JCB一般カード』から始まるその一歩

JCBカードには最上級のプラチナカード『THE CLASS』があるのをご存じでしょうか。コンシェルジュやカタログギフトなど充実の内容ですが、『JCB一般カード』から『THE CLASS』を持つまでの道のりを探ってみました。

『JCB一般カード』のスペックは? JCBのスタンダードな1枚

JCBのプラチナカード『THE CLASS』の解説をする前に、スタンダードな1枚である『JCB一般カード』のスペックはどうなっているでしょうか。

『JCB一般カード』は初年度年会費無料で、2年目以降は1,350円ですが「WEB明細サービス+年間50万円以上の利用」によって年会費は無料になります。「年間50万円の利用」と聞くと少し尻込みしてしまうかもしれませんが、12か月で割れば4万2000円ほど。光熱費の支払いや通信費などの固定費と普段の買い物を合わせてみれば意外と達成できるもの。メインカードとして利用すれば実質無料にできるのです。

ポイントプログラムも充実。「Oki Dokiポイント」は毎月の利用合計金額1,000円=1ポイント。ポイントは200ポイントから希望の商品などに交換可能です。 上手にポイントを貯める方法は「JCB STAR MEMBERS」。年間でJCBカードを一定金額以上利用した方に、特別にご提供するメンバーシップサービスや、ネットショッピングでポイントサイトの「Oki Doki ランド」を経由するとポイントが最大20倍貯まるのが特徴です。

また、海外利用ではポイント2倍やポイント優待店での利用ではポイントUPもあります。セブンイレブンやイトーヨーカドーでは3倍! スターバックスコーヒーでは5倍となっています。

音楽やファッション、ゴルフ、旅行など、さまざまなジャンルの優待店でOki Dokiボーナスポイントが貯まるのが特徴です。

ワンランク上の「JCBゴールド」

JCBゴールド

『JCB一般カード』の上位カードとして、『JCBゴールド』があります。ポイントプログラム「Oki Dokiポイント」は『JCB一般カード』と同じく毎月の利用合計金額1,000円=1ポイントです。大きな違いは海外旅行傷害保険の補償額が最高1億円、国内旅行は最高5,000万円な点です。年会費は初年度無料で2年目以降が1万800円となっています。

そして、『JCBゴールド』を2年連続100万円以上利用したうえで、メールアドレスを登録すれば、ワンランク上のゴールドカード『JCBゴールド ザ・プレミア』が発行されます。海外600ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用できるサービスや、国内の厳選されたホテルでの宿泊優待、レンタカーの優待利用、ショッピングガード保険の補償額アップがアップします。

『JCBゴールド』の申込はコチラ

『THE CLASS』保有者に話を聞きました 『THE CLASS』はパフォーマンスに優れた1枚

『JCB一般カード』を使い続けると、上位カードへのインビテーションが届くことがあります。その最上位に位置するのが『THE CLASS』。JCBが発行するプラチナカードです。そのスペックは謎に包まれていますが、保有者の菊地崇仁氏に話を伺いました。

「JCBのトップブランドである『THE CLASS』。私も長年愛用していますが非常に使いやすく利便性の高いプラチナカードであると言えます。まずはなんと言っても他のカードのコンシェルジュサービスと比べて、コンシェルジュの質が高い。

飛行機やホテルの手配やレストランの予約なども一手に引き受けてくれるコンシェルジュですが、取りにくいと言われている大相撲の枡席もコンシェルジュに伝えたら予約ができました。『THE CLASS』のサービスには非常に満足しています。」

『THE CLASS』のサービスはコンシェルジュだけではないとか。

「ほかにも特典として、指定レストランのコース料理を2名以上で利用すると1名分が無料になるサービスや、2万円分のカタログギフトがあります。カタログギフトの商品はさまざま。流行のノンフライヤー調理器具や家庭用の高圧洗浄機なども入っていましたね。ギフト内の商品には高級ホテルの宿泊プランやレストランの利用プランなどもあります。

年会費は5万円(税別)となっていますが、レストラン特典とカタログギフト特典だけで十分に元は取れると思いますよ」

ちなみに、『THE CLASS』を持つためには、どの程度クレジットカードの利用が必要なのでしょうか。

「私が『THE CLASS』を持つまでですが、『JCBゴールドカード』で2年連続100万円以上使い、『JCBゴールド ザ・プレミア』を2年ほど金額300万円使ったと思います。トータルでは4〜5年かかりました。他に保有していた40代男性に話を聞いたところ……。若い頃からJCB一般を使ってて、社会人になってから『JCBゴールド』に切り替えて、『THEプレミア』の存在を知ってから、支払いを 『JCBゴールド』 にまとめたところ、3〜5年程度で『THE CLASS』のインビテーションが来たという話も聞きました。彼の年間利用額は 150 万円程度だったそうですから、JCBブランドを使い続けるとインビテーションがくるかもしれませんね」

『JCB一般カード』のお申込みはコチラ

『THE CLASS』への道は『JCB一般カード』から始めてみては ふみ出す人に世界は微笑む

JCBブランドは日本で唯一のクレジットカードブランドです。世界190か国2900万店で利用でき、国内でも海外でも、日本ならではのおもてなしの心を大切に、隅々まで気を配ったサービスが提供されています。

ちなみに券面のデザインは日本庭園の枯山水をモチーフにした和的な文様。中央に置かれたアイコンは「J」「C」「B」を文様のように組み合わせた洗練されたデザインとなっています。この点もユーザーから支持を得ているようです。

『THE CLASS』を持つために、一歩ふみ出してみてはいかがでしょうか。

和をモチーフにシンボル化した落ち着いたカードデザイン 地紋は日本庭園の枯山水を感じさせる和的な文様。中央に置かれたアイコンは「J」「C」「B」を組紐のように組み合わせてシンボル化。

『JCB一般カード』のお申込みはコチラ
【ご注意】
・情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
・最新情報は各金融機関のサイトやパンフレット等でご確認ください。
・当社では各金融機関のサービスに関するご質問にはお答えできません。各金融機関にお問い合わせください。
※掲載情報は2016年3月から公開している内容となります。
  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。いかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。
  • ※ ポイント還元率は価格.com独自で算出したものです。カードのお申し込みやご利用の際は各カード会社のサイトや規約等でカード情報をご確認ください。
  • ※ 価格.com限定特典やカード会社入会特典は各カード会社において実施されるものであり、各カード会社による募集要綱等を十分にご確認ください。

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止