年会費無料だけど使いたいクレジットカード

  1. ホーム > 
  2. クレジットカード比較 > 
  3. 選び方 > 
  4. 年会費無料だけど使いたいクレジットカード

2014年7月23日掲載

選び方

年会費無料だけど使いたいクレジットカード

年会費無料だからこそ使いたいクレジットカード 一般的なクレジットカードは還元率0.5%程度。ですが、昨今では還元率1.5%以上のクレジットカードも少なくありません。クレジットカードの達人、菊地崇仁が「高還元率カード」の選び方についてお教えします。

年会費がかかるクレジットカードに比べ、受けられる特典やサービスに限界がある「年会費無料のクレジットカード」。しかし、なかには有料カードに勝るとも劣らない無料のクレジットカードが存在しています。

カード名 還元率 特徴
レックスカードライト レックスカードライト 1.25% 海外旅行傷害保険の自動付帯
リクルートカード リクルートカード 1.20% 2枚持ちが可能、Edy・nanacoへのチャージでポイント付与
楽天カード 楽天カード 1.00% 楽天市場の買物でポイント2倍、ポイント利用が可能な店舗拡大
Yahoo! JAPAN JCBカード Yahoo! JAPAN
JCBカード
1.00% Yahoo!ショッピングでポイント2倍、使い勝手のよいTポイント獲得
P-oneカード<Standard> P-oneカード
<Standard>
1.00% 請求額から自動的に1%オフ、ポイント交換の手続き不要

海外旅行好きなら、「レックスカードライト」がオススメ?

『レックスカードライト』は還元率1.25%で、年会費無料のクレジットカードのなかではもっとも還元率が高いカードです。その上、旅行中のケガや損害を補償してくれる海外旅行傷害保険が自動付帯。“利用付帯”の損害保険が多いなか、この特典を無料で受けられるレックスカードライトは旅行好きにとって持っていて損はない1枚なはず。

ですが、1か月に4万2,000円以上カードを利用する人はレックスカードライトの上位カード『レックスカード』を要チェック。なぜなら、年間50万円以上使えば年会費が無料。実質無料なのに、還元率は大幅アップの1.75%です。しかも、旅行損害保険のほかに、購入した商品の盗難や破損を補償する「ショッピングプロテクション」が選択肢に加わります。

他にもある年会費無料で高還元率のクレジットカード

無料のクレジットカードで持つなら、リクルートカード!
“2枚持ち”でとことん使い倒すべし!

レックスカードライトに引けをとらない魅力を持つのが『リクルートカード』。還元率は1.2%と年会費無料のクレジットカードのなかではトップクラスです。リクルートカードを持つなら“2枚持ち”がオススメ。通常、同じ種類のカードは1人1枚しか持てませんが、VISAとJCBの2つが用意されているリクルートカードは可能です。

例えば、リクルートカード(JCB)は『nanaco』にチャージしてセブン&アイグループで使う。リクルートカード(VISA)は『楽天Edy』へチャージして使用。この2枚持ちならポイントをもらい損ねることはないので、決して悪い選択ではありません。

楽天カードは無料だけど、ポイントがリアル店舗でも使える!?

楽天カードマンの「8秒に1人申込み中!」という広告で話題になった『楽天カード』。ポイントが2〜3倍になる「楽天カード感謝デー」などお得なキャンペーンが多く、楽天でよく買い物をする人はぜひ持っておきたいカードです。加えて、楽天スーパーポイントが、2014年秋からリアル店舗でも利用できるので使い勝手はアップ。提携先は、『サークルKサンクス』や『ミスタードーナツ』、『出光』など11社。楽天市場でよく買い物をする人は、このクレジットカードを持つメリットがますます大きくなるでしょう。

Yahoo!ショッピングで買い物をする人なら『Yahoo! JAPAN JCBカード』が有利。以前はこのクレジットカード、条件付きの年会費無料でしたが今では完全に無料。Yahoo!ショッピングの利用で通常の還元率1.0%が2.0%に。90日間のショッピング補償付帯やヤフオク!で出品や決済が便利になります。言うまでもなく、貯まったTポイントは『ファミリーマート』や『ドトールコーヒー』で使えます。

他にもある年会費無料で高還元率のクレジットカード

問答無用で還元だけ受けたいなら、
「ポイント交換手続き」が不要な無料のクレジットカードで

「ポイント交換がめんどくさい!」と、感じる人もいるはず。そんな人には『P-oneカード<Standard>』がオススメです。このカードの特徴は、ポイントは貯まりませんが請求時に自動的で1%オフになること。100円の利用で1円オフ、10万円なら1,000円オフになります。面倒なことは嫌だけれど、確実に得をしたい人向けです。

このように、年会費無料のクレジットカードでも有料クレジットカード顔負けの特典を受けることは十分可能。年会費がかからない分、リスクは低いので、持っておいても損はないです。とはいえ、有料クレジットカードに比べて特典やサービスに限界があるのも事実。ラウンジ利用や駐車場代無料サービスを用意しているカードはなかなかありません。「年会費永久無料」というコピーは魅力的ですが、無料のクレジットカードにこだわり、本来獲得できたサービスやポイントを取り損ねることになるかもしれません。上記で挙げたクレジットカードは2枚目にいいかもしれませんね

他にもある年会費無料で高還元率のクレジットカード

菊地崇仁氏
菊地崇仁氏
北海道札幌市出身。98年に法政大学工学部を卒業後、日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。02年に退社後、友人と起業したシステム設計・開発・運用会社を経て、06年にポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。以後、ポイント、クレジットカード、マイレージに関する豊富な知識を生かし、テレビや雑誌等でも活躍中。

構成:加藤純平(ミドルマン)

このページの先頭へ