JAL系でお得なクレジットカードはどれだ?

  1. ホーム > 
  2. クレジットカード比較 > 
  3. 選び方 > 
  4. JAL系でお得なクレジットカードはどれだ?

2014年9月10日掲載

選び方

JAL系でお得なクレジットカードはどれだ?

JAL系で強いクレジットカードはどれだ? クレジットカードの還元ポイントのなかでも人気を誇る「マイレージ」。旅行に行くためにマイルを貯めている人も多いはず。今回は、JALマイルをお得に貯められるカードを “クレジットカードの達人”菊地崇仁が紹介します!

“貯めやすさ”のANAと“使いやすさ”のJAL

私は現在、ANAマイルを貯めるべく「ANA VISAプラチナカード」をメインで使っていますが、もし今からマイルを貯めるならJALマイルを貯めます。理由は「使い勝手」と「席の取りやすさ」の2つ。

まず使い勝手ですが、マイルを使って飛行機に乗る時に、ANAとJALでは同じ区間でも必要となるマイル数が大きく違います。例えば、「東京⇔沖縄間」の往復フライトを比べると、2万1,000マイル必要なANAに対して、JALは1万5,000マイル程度です(旅行期間によって異なります)。6,000マイルをショッピングマイルで獲得しようとすると、100円=1マイル換算で60万円になります。


マイルを使って沖縄に行くならば、JALの方がオススメ!

しかも、JALには通常よりも少ないマイルで利用できる「ディスカウントマイル」があるので、使い勝手は圧倒的にJALが有利。加えて、ANAは、夏休みシーズンの「羽田⇔沖縄便」のような人気区間の特典航空券予約はほぼ瞬殺でなくなります。一方のJALは、人気区間でも比較的、予約は取りやすいです。

とはいえ、そもそも盆や正月の繁盛期に特典航空券を取るのは至難の業。なので、ハイシーズンをずらして旅行に行ける人でないと、せっかく貯めたマイルを失効する危険があるのです。一般的にマイルが貯まりやすいカードは「旅行や出張が多い人にオススメ」と紹介されがちですが、飛行機に乗る機会が多ければ必然的にマイルは貯まるので、スケジュールに余裕がある人の方がオススメです。ですから、お得感よりも“時間の余裕”を重視しましょう。

どうしても旅行の予定が立てられない場合は、貯めたマイルをWAONに交換できます。ただし、交換レートは「1万マイル→1万2,000WAON」です。航空系カードの維持費は最低でも年間5,000円かかることもあり、せっかくの高還元なのに還元率1.2%になってしまうのはもったいない話。マイルの利用は計画的に行いましょう。

JALのマイルが貯まるクレジットカードを比較

マイルの価値は国際線で本領発揮!

JALマイルを貯めるならば、年間のカード利用額が最低でも50万円必要です。年間50万円使うと1年で5,000マイルを取得。マイルの有効期限は3年で、その間同じペースで貯められれば1万5,000マイルになります。1万5,000マイルあれば、国内路線はほぼどこでも行けます。もし年間で100万円ほど利用できれば3年で3万マイル貯まり、グアムやシンガポールまで行くことができます。

ただ、貯めたマイルを利用するなら、国際線の方が断然お得です。例えば、「東京⇔ニューヨーク」のビジネスクラス運賃は約101万円〜113万円ですが、特典航空券なら8万マイル。1マイルあたりに換算すると14円です。国内線では1マイル2〜3円程度の還元率なので、国際線の方が圧倒的にお得なのです。

普段はマイルを失効しない程度に国内線で使い、10万マイル単位で貯まったら、ドカンと国際線で使うのは手ですね。

JALマイルを貯める場合は、どのクレジットカードも大差なし!?

JAL系カード選びですが、還元率などを考慮しても、実はどれも大差はありません。しいて言うならば、さらにマイルを貯めたいなら「WAON」が鍵です。

オススメなのは、JALカードと『JMB WAON』を組み合わせた2枚持ちです。JALカードからWAONへチャージすると100円につき1マイル貯まる上に、JMB WAONでWAON支払いすると、200円につき1マイル獲得できます。

WAONは、ファミリーマートやミニストップ、マクドナルドなどで利用可能なので、日常シーンがJALマイルを貯めるチャンスに。ただ、JMB WAONへのチャージでマイルが貯まるのは、JCB・VISA・Master・TOP&ClubQの4つなので注意が必要です。なかでも『JALカード TOP&ClubQ』なら、PASMOチャージでもマイルが貯まり、東急グループで使えば「TOKYUポイント」もゲットできるので、頭ひとつ抜けた存在です。

JALのマイルが貯まるクレジットカードを比較

20代がJALマイルを貯めるなら、この1択!

20代に断然オススメなのが、『JAL CLUB EST』です。CLUB EST会員の主な特典は、下記のものがあります。

  • JALが運営する「サクララウンジ」を年間3回まで利用可能
  • 「クラスJ」へアップグレードが国内10区間まで無料
  • ショッピングマイルが通常の「200円で1マイル」から「100円で1マイル」になる「JALカード ショッピングマイル・プレミアム」へ自動加入
  • 搭乗マイルが通常の10%から15%にアップ
  • 有効期限が3年から5年に延長

費用が「カード年会費2,160円+JAL CLUB EST年会費5,400円=合計7,560円」と多少かかるものの、破格のサービス内容。冷静に考えてみましょう。

  • サクララウンジ→1回3,000円×3回=9,000円
  • クラスJ→1回1,000円×10回=1万円
  • ショッピングマイル・プレミアム→3,240円

これらを合計すると計2万2,240円の価値がある計算になります。20代で、JALの定期便が就航している地方出身者などJALによく搭乗する人なら、絶対に『JAL CLUB EST』を選ぶべきです。

JALのマイルが貯まるクレジットカードを比較

菊地崇仁氏
菊地崇仁氏
北海道札幌市出身。98年に法政大学工学部を卒業後、日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。02年に退社後、友人と起業したシステム設計・開発・運用会社を経て、06年にポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。以後、ポイント、クレジットカード、マイレージに関する豊富な知識を生かし、テレビや雑誌等でも活躍中。

構成:加藤純平(ミドルマン)

このページの先頭へ