年会費を払ってでも使いたいお得なゴールドカードとは

  1. ホーム > 
  2. クレジットカード比較 > 
  3. 選び方 > 
  4. 年会費を払ってでも使いたいお得なゴールドカードとは

2016年1月14日掲載

選び方

年会費を払ってでも使いたいお得なゴールドカードとは

年会費を払ってでも使いたいお得なゴールドカードとは ゴールドカードといえば、年会費がかかりますが一般のカードよりサービス性に富んでいます。「年会費を払ってでも得をしたい!」そんな人にクレジットカードの達人、菊地崇仁が年会費を払ってでも使いたいお得なゴールドカードについてお伝えします。

以前はステータスの代名詞だったゴールドカードも、今や特典やサービスがより充実したプラチナカードに押され気味。そのため、ゴールドカードの位置づけは「プラチナカードへの通過点」になり、カードをかなり使う人ならプラチナカードにした方が得策です。とはいえ、いきなりプラチナカードを持つのはハードルが高いので、ステップアップの一環としてゴールドカードを活用しましょう。うまく使えば、年会費以上にお得な特典を受けることが十分に可能です。それではゴールドカードの特典にスポットを当ててみましょう。

ゴールドカードのメリット=空港のラウンジサービス

ゴールドカードの特典は、何と言っても空港ラウンジが利用できること。ソファやソフトドリンクなどが用意されているので、出発前にゆっくりすることができます。

ただ、空港のラウンジはJALの『サクララウンジ』のような航空会社が運営するラウンジとクレジットカード会社が運営する2つに分かれます。ゴールドカード会員が利用できるのは後者。カード会社系の一般的なラウンジは保安検査場の外側に設置されていることが多く、手続きを全部済ませて出発前のひとときをゆっくり過ごすことはできないので注意が必要です。しかし、羽田空港でゴールドカード利用者が使えるのは保安検査場の内側にあるカードラウンジ。こちらはゴールドカードを持っていれば搭乗時間ギリギリまでくつろげます。

カード名 還元率 年会費 特徴
楽天プレミアムカード 楽天プレミアムカード 1.0%〜2.0% 1万800円 プライオリティパスの最高ランク「プレステージ会員」に無料加入、獲得ポイントが3倍になるキャンペーン
タカシマヤカード《ゴールド》 タカシマヤカード
《ゴールド》
1.0%〜8.0% 1万800円 館内ラウンジの利用、駐車場優待サービス、有料の催し物に招待
TOP&ClubQ JMBゴールドカード TOKYU CARD ClubQ
JMB ゴールド(コンフォートメンバーズ機能付)
0.5%〜3.5% 6,000円 ヒカリエのラウンジ利用、東急グループの買い物がお得

ゴールドカードを比較する!

楽天プレミアムカードが持つ驚きのポテンシャル

旅行好きや出張が多い人には、『楽天プレミアムカード』がおすすめ。このカードには、成田空港を始めとする世界700か所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティパス」の最高ランクである「プレステージ会員」に無料で登録できます。通常なら399ドルの年会費がかかるプレステージ会員は、ラウンジを何度でも無料で利用可能。そもそもプライオリティパスが付帯しているプラチナカードでも、ラウンジの利用毎に27ドルかかる「スタンダード会員」や無料利用に10回の制限がある「スタンダードプラス会員」であることが多いため、楽天プレミアムカードは珍しい存在です。

年会費が1万800円かかるものの、約4万円のサービスが付帯していますから十分に元が取れる計算です。還元率は1%と決して高くはないですが、楽天グループを利用すればポイントは2倍。ライフスタイルに合わせた「選べるサービス」が用意されており、『楽天ブックス』などを利用した時にポイントが1%加算され、さらに誕生月の利用にもポイントが1%加算されるので、ポイントが実質3倍になることもあります。

ゴールドカードを比較する!

ラウンジは百貨店に設置された都会のオアシス!?

ラウンジといえば空港をイメージしがちですが、実は百貨店などにもカード会員専用のラウンジが用意されています。

例えば、『タカシマヤカード《ゴールド》』を持っていると高島屋館内にあるメンバーズサロンを利用することが可能。ドリンクが無料で提供され、落ち着いた空間のなかでお茶することができます。このサロンには荷物を預かってくれるクロークも設置されているので、休憩がてら、買った荷物の整理をしている人も多いのだとか。年会費は1万800円で還元率は1%。高島屋の駐車場優待サービスがあったり、有料の催し物の招待券を獲得できるので、高島屋をよく使う人にはメリットが大きいカードです。

渋谷ヒカリエにもラウンジがあることを知っていますか?東急が発行する『TOKYU CARD ClubQ JMB』を持っている女性会員限定で『スイッチ・ラウンジ』を使うことができます。着替えスペースや女優ミラー、有料ですが酸素バーやフットマッサージなどが用意されているそうです。残念ながら、女性限定なので私は利用したことがありませんが……。ヒカリエのラウンジは一般カード会員でも利用することができますが、空港ラウンジを使えることを考えれば、上位カードの『TOKYU CARD ClubQ JMB ゴールド(コンフォートメンバーズ機能付)』がオススメ。「TOKYUポイント」加盟店を利用することで還元率が最大10%になるので、家や職場の近くに東急グループの系列店があれば持っておいて損はありません。

このように、「プラチナカードへの通過点」といえども、ゴールドカードを侮るなかれ。空港ラウンジを利用できる上に、百貨店や商業施設でもラウンジサービスを始めとしたお得な特典が用意されていますから、年会費が1万円以上かかったとしても、十分に元を取ることはできるでしょう。

ゴールドカードを比較する!

菊地崇仁氏
菊地崇仁氏
北海道札幌市出身。98年に法政大学工学部を卒業後、日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。02年に退社後、友人と起業したシステム設計・開発・運用会社を経て、06年にポイント交換案内サービス「ポイ探」の開発に携わり、11年3月代表取締役に就任。以後、ポイント、クレジットカード、マイレージに関する豊富な知識を生かし、テレビや雑誌等でも活躍中。

構成:加藤純平(ミドルマン)

このページの先頭へ