価格.com

クレジットカード

JCBプラチナ

比較リスト(0件)

JCBプラチナ

JCBプラチナ
  • JCB

高いポイント還元率が魅力のJCBプラチナカードです。

24時間365日利用可能なプラチナ・コンシェルジュデスク。旅の手配や予約、ゴルフ場、チケット、レストランの案内などを選任のスタッフが対応。また、世界の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスや、国内・海外旅行傷害保険が最高1億円まで付帯されるなど、プラチナならではのサービスを利用することができます。

年会費 27,000円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 0.50%〜1.50% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
貯まるポイント Oki Dokiポイント 電子マネー機能 -
交換可能マイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル スマホ決済 Apple Pay

特徴

  • 24時間365日利用可能。プラチナ・コンシェルジュデスク

    JCBプラチナ会員専用デスクが24時間365日利用できます。旅の手配・予約、ゴルフ場・チケット・レストランの案内など、様々な相談を選任のスタッフが可能な限り対応してくれます。

  • 世界の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パス

    世界の約1,000ヵ所の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」を無料で持つことができます(通常年会費:399USドル)。混雑しがちな空港ターミナルの喧騒から離れて、フライト前のひとときをゆっくりと過ごせます。

  • 人気の高いホテル・旅館を割引価格で利用できるスペシャルプライスプラン

    全国から上質で人気の高いホテルと旅館を厳選。ホテル編ではJCBならではのお値打ち価格で宿泊できる「スペシャルプライスプラン」、旅館編では、満足度の高い旅館をピックアップ。ビジネスやプライベートでの滞在に利用できます。

  • 国内・海外旅行傷害保険が最高1億円の保証

    カードの支払い有無関係なく最高1億円が補償されます。家族会員の方も同様です。他、国内・海外航空機遅延保険やショッピングガード保険は最高500万円が補償され、最高レベルの付帯保険が付いています。

JCBプラチナ

JCBプラチナ

対応国際ブランド
JCB

レビュー・評価

(12件)
  • 参考になった10 2018年3月31日 投稿
    満足度5
    ポイント・マイル3
    付帯サービス5
    会員専用サイト5
    申込手続き4
    デザイン4
    ステータス4
    【デザイン】
    JCBの文字が箔押しで、カードの断面も黒くなっているので高級感はあると思う。
    しかし、文字が多過ぎてデザイン的に良いとはいえない。
    マット調ではなく光沢のあるタイプなので傷が付きやすいが、カードが曲がり難く、強度があるように感じた。

    【ステータス】
    プロパーカードのプラチナなので、それなりのステータスがあるのではないかと思う。

    【ポイント】
    1,000円につき1ポイント(5円相当)なので、基本還元率は0.5%です。
    月額利用に対して付与されるので、1回の買い物が1,000円以下でもポイントが付きます。
    有効期限は5年間。
    年間の利
    続きを読む用額によって翌年のランクが決まり、還元率がUPするスターメンバーズプログラムがあります。
    ◆30万円〜 スターe PLUS (0.6%)
    ◆50万円〜 スターβ PLUS (0.65%)
    ◆100万円〜 スターα PLUS (0.8%)
    ◆300万円〜 ロイヤルα PLUS (0.85%)
    最大で0.85%の還元率です。
    他にも海外の利用で+0.5%
    Amazonで+0.5%
    セブンイレブンで+1%
    スターバックスで+2%
    というようにJCB ORIGINAL SERIESのパートナー店でポイントのUPがあります。

    【マイル】
    500ポイントをANA・JAL・デルタ航空の1,500マイルと交換できます。

    【会員専用サイト】
    WEBサイトの他、スマホのアプリも出来ました。最近リニューアルして以前より使いやすくなっています。
    「Oki Dokiランド」というポイントUPモールがあり、ここを経由して買い物をすると2〜20倍のポイントが貯められます。


    【付帯サービス】
    ◆プラチナ・コンシェルジュデスク
    「JCB THE CLASS」と同じコンシェルジュ・サービス。VPCCの方が使い勝手が良いが、外部委託ではないのでサービスの質は高い。

    ◆グルメ・ベネフィット
    高級レストランの所定のコースが2名以上で利用すると1名分無料となるサービス。
    130箇所くらいあって、全国にばらけている。
    ランチとディナーの両方で使えるお店が結構あり、地方在住でも利用しやすくなっている。
    三井住友のグルメベネフィットは100箇所くらいだが、東京と大阪に集中しているので、東京や大阪で利用する場合にはこちらの方が使いやすい。しかしランチは殆ど無いので、ランチでの利用には向かない。

    ◆ダイニング30(ぐるなび提供)
    対象レストランが3割引になるプレミアカード以上のサービス。
    4人以上で利用すればグルメ・ベネフィットより割安になると紹介される事が多いが、実際は1〜2万円程度の割引最高額が設定されている事が殆どで、何人で利用してもグルメ・ベネフィットの方がお得であることの方が多い。
    利用条件に制約が多く、対象店舗も少ないのでまだまだこれからのサービスだと思う。

    ◆プライオリティパス
    通常27USDの同伴者利用料金が2,000円と、他のカードに比べて安い。
    有効期限は2年。

    ◆JCBプレミアムステイプラン
    アップグレードサービスやレイトチェックアウト、ドリンクサービス等がある。

    ◆航空機遅延保険(自動付帯)
    2〜4万円限度。

    ◆海外旅行傷害保険(自動付帯)
    死亡・後遺障害の1億円に目が行くことが多いが、傷害・疾病治療がそれぞれ1,000万円付くのが極めて優秀。
    救援者費用も1,000万円付くので、このカード1枚で保険は事足りる。
    家族特約も(金額は減るが)付帯。

    ◆国内旅行傷害保険(自動付帯)
    フランチャイズ7日、家族特約ナシ。

    ◆ショッピングガード保険
    年間500万円まで、免責3,000円。

    ◆空港ラウンジ(同伴者1名無料)
    海外空港はホノルルのみ、仁川は利用できない。

    ◆USJのJCBラウンジの利用
    「ザ・フライング・ダイナソー」の施設内にあり優先搭乗が出来る。予約した上で年1回だけ利用可。

    ◆JCB Lounge 京都の利用
    カード1枚に付き同伴者1名まで利用可。

    ◆プラチナメンバーズデスク(フリーダイヤル)
    9:00AM〜8:00PM・年中無休
    以前は24時間だったが改悪。

    以下ゴールドと同等のサービス
    ◆JCBゴールドグルメ優待サービス
    ◆ドクターダイレクト24
    ◆JCB暮らしのお金相談ダイヤル
    ◆会員情報誌「JCB THE PREMIUM」が無料
    ◆「JCBオリジナルカレンダー」が無料

    【総評】
    非常にコスパの良いカード。
    「JCB THE CLASS」のインビテーション狙いの人は持っておくべきカードだが、ディズニーの特典が要らなければこちらで十分だと思う。
  • 参考になった9 2017年11月18日 投稿
    満足度5
    ポイント・マイル2
    付帯サービス5
    会員専用サイト4
    申込手続き5
    デザイン4
    ステータス4
    【ポイント・マイル】★2
    色々使いやすいJCBギフトカードに交換出来るのは強みです。しかし年間300万以上利用でも翌年0.85%のポイント還元率(ポイントアップ店除く)なので、ポイントだけで年会費のもとを取ろうとするなら年間約318万以上使わないともとが取れない計算です。そもそも私はプラチナカードにポイント還元を求めていないです。

    【付帯サービス】★5
    ゴールドの付帯に加え、コンシェルジュも利用可能です。私はまだ使ったことはないですが、行ったことのない土地への旅行、手に入りにくい商品などの、相談、提案、手配、購入などが出来るようです。旅行だと安く無駄なく快適に出来そう
    続きを読むですね。

    【会員専用サイト】★4
    主にMyJCBアプリを利用しています。キャンペーンの情報や参加、利用履歴や支払い情報などは非常に分かりやすくよく出来ています。Oki Doki ランドだけイマイチ使いづらいです。

    【申込手続き】★5
    JCBゴールドを約1年利用。ゴールドザプレミア目指していたのですがMyJCBアプリからプラチナへアップグレード可能の導線が11月1日から出現。落ちてもいいやと思って申し込み後翌日可決のメール。約10日間でカード到着とスムーズでした。

    【デザイン】★4
    シンプルでいいと思います。このカードの位置付けをあらわしています。

    【ステータス】★4
    ゴールドも普通になって来た昨今、プラチナだとちょっとだけVIPな気分になれるような気がします。もちろんセンチュリオンやラグジュアリーには敵いません。

    【総評】★5
    非常に現代とマッチしたカードだと思います。年会費27,000円はタバコ代2ヶ月分と同じくらい。それで快適な旅行や買い物で日常生活とは少し違うゴールドエクスペリエンスが出来る。昔はゴールドカードがその役割だったのでしょう。これからはプラチナカードが普通の庶民が持てるちょっとだけVIPなカードとして活躍していくのではないでしょうか、と私は思います。
  • はじめてレビュー記事を投稿させて頂きます。


    JCBプラチナカードは2017年10月に誕生してまだ1年も経たないカードなので知る限りの情報でレビューさせて頂きます。


    まず、年会費が25,000円とプラチナカードとしては比較的安く所有しやすいカードといった印象です。


    カードの券面デザインは黒一色にシルバーでPLATINUMと表記されているので、
    カッ
    続きを読むコよさではかなり上位に入るカードだと思います。


    プラチナカードのメリットとしてはゴールドカードにはない、
    プライオリティパスの「プレステージ会員資格」が利用できる点です。


    他のカードでもプライオリティパスは発行できますが「スタンダード会員」だったりしますので
    JCBプラチナカードのコスパは高いです。


    またコンシェルジュサービスがありますが、他のカード会社に比べてJCBカードのコンシェルジュ対応には定評があるので、
    コンシェルジュを目的として利用したい方にはおすすめです。


    審査基準については年間100万円のカード決済ができる方、
    JCBゴールドザ・プレミアが手に入るくらいの属性の人なら問題ないと思います。


    またJCB利用歴が無い方よりもJCBカード歴が長い人の方が審査に通りやすいでしょう。

    なによりJCBプラチナカードはJCBの最上級THE CLASS(ザ・クラス)を目指すために手に入れるカードと言えるでしょう。

    もしJCB THE CLASSを目指さない人であればJCBゴールドカードを頑張って使い続けてゴールドザ・プレミアカードにしたほうが年会費も安くてなります。

    カード発行の審査合否の情報やカード発行による送付物、ザ・クラスの情報などは、
    私のプロフィールのホームページのサイトでさらに詳しく紹介していますので参考にしてみて下さい。

    全体的にはプラチナカードの中でも満足度の高いカードでることは間違いないです。
  • 52018年7月8日 投稿
    【ポイント・マイル】
    このカード持ってる人は年100万は最低でも使うでしょうから0.8%。セブンやアマゾン等で数倍つくので、プロパーの中では還元は高い方だと思います
    【付帯サービス】
    付帯保険、コンシェル等々ほぼ揃ってます
    【会員専用サイト】
    アプリは他のカード会社のより見やすいと思います。
    【申込手続き】
    アップグレードバナーから申し込み。その日中に完了。簡単
    続きを読む
    【デザイン】
    ゴールドのWEBデザイン使ってたので概ねデザインは一緒。銀のロゴは格好いいです
    【ステータス】
    今時カードにステータスうんぬんはあまり無いと思いますが、どこで出しても恥ずかしくはありませんね。上にクラスがあるので4つで。
    【総評】
    メインカードとして使用してます。コンシェルも1度ホテル予約頼みましたが丁寧で安心です。たくさんカード作りましたがここで安定しそうです。海外メイン使用には向かないと思いますのが、たまに海外行くくらいなのでその時は適当なVかM持ってけばいいだけです。
  • 42018年6月27日 投稿
    【ポイント・マイル】
    正直還元率は高くないです。前年度の利用実績にもよります
    【付帯サービス】
    大変満足です。
    【会員専用サイト】
    とてもみやすくリニューアルをしてさらに見やすいです
    【申込手続き】
    簡単です。対応もいいです
    【デザイン】
    かっこいいです。はやくペガサスが欲しいです
    【ステータス】
    なんちゃってプラチナです。恥ずかしくないと思います
    【総
    続きを読む評】
    the classへの通り道ですかね。

クチコミ

(8件/2スレッド)
    • ナイスクチコミ18
    • 返信数5
    • 2018年8月7日 更新
    皆さま

    JCBプラチナに加入される際、審査は必ず気になる部分だと思います。
    参考までに審査に通った詳細について記載します。

    年収400万
    企業 某航空会社
    ショッピング枠200万
    キャッシングなし

    プロパーのカードは持っていませんでしたので、新規で突撃しました。

    JCB提携を含めると、会社の社員カードがJCBゴールドだったので、
    メインカードと
    続きを読むして利用しておりました。
    決済額は年間400万程度です。
    ロイヤルαを2年連続取得しておりました。

    年収が少ないせいか、
    すんなりはいきませんでした。

    申し込み後4日後に、
    まず会社宛てに在籍確認の電話があり、
    その3日後に可決メールが届きました。

    そのあとは必要書類の送付です。

    主観ですが、JCBはわりと利用実績を重視するということなので(アメックスに勤めている友人曰く)
    今までの実績が功を奏して可決されたのかなと感じています。

    THE CLASSを30歳までに取得したいので、
    利用実績を積み上げていこうと思います。

    以上、参考までにご覧ください。
    • ナイスクチコミ6
    • 返信数1
    • 2018年5月25日 更新
    プラチナムカードの中でコスパ最強だと思われます。

    グルメから旅行まで親切なコンシェルジュが対応してくれます。

    年会費のコスト、そして付帯サービスの内容などどれをとっても大変素晴らしい内容だと思われます。
JCBプラチナ

JCBプラチナ

対応国際ブランド
JCB

基本情報

カード名 JCBプラチナ
発行会社 ジェーシービー
提携会社 -
国際ブランド JCB
入会資格 -
申込み方法 -
審査・発行期間 -
年会費 27,000円
ショッピング利用可能枠 -
キャッシング利用可能枠 JCB公式サイトでご確認ください
リボ払い金利 -
キャッシング金利 -
支払い方法 国内:-
海外:-
締め日・支払日 JCB公式サイトでご確認ください
備考 -

ポイント還元

Oki Dokiポイントプログラム ポイント名 Oki Dokiポイント
ポイント価値 1ポイント5円
ポイント有効期限 〜60ヶ月
ポイント還元率 0.50%〜1.50%
付与レート 1,000円で1ポイント
交換レート 200ポイントで1,000ポイント相当(nanacoポイントに交換する場合)
交換可能ポイント Tポイント、楽天ポイント、dポイント、nanacoポイント、WALLETポイント、WAONポイント、ANA SKY コイン、ベルメゾンポイント、ジョーシンポイント、ビックポイント
交換可能マイル ANAマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限なし)
JALマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限15,000ポイント)
スカイマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換上限なし)
ポイントモール Oki Doki ランド(JCBのポイントモール。Oki Doki ランドを経由するとポイントが最大20倍貯まります。)
ポイント特約店 セブン‐イレブン(3倍)、高島屋(3倍)、小田急百貨店(3倍)、昭和シェル石油(2倍)、和民(3倍)、スターバックスコーヒー(10倍)、AOKI(5倍)、ビックカメラ(2倍)
ステージ制度 -
年間利用ボーナス -
備考 ■JCB STAR MEMBERS  ※毎年特典変更
・メンバーランク(集計期間中の利用合計金額によってメンバーランクが確定)
50万円以上利用:スターβ 100万円以上利用:スターα
・JCB STAR MEMBERS 2016メンバー特典
<Oki Dokiボーナスアップ>・・・スターα:翌年のポイント20%UP  スターβ:翌年のポイント10%UP
<キャンペーンチャンスアップ> キャンペーンの翌年の抽選口数が通常よりアップ・・・スターα:4倍 スターβ:2倍

追加機能 (ETCカード、家族カード、電子マネー)

ETCカード 年会費:無料
家族カード 年会費:3,000円
※1名無料
※対象:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
電子マネー機能 -
電子マネーチャージ QUICPay利用、楽天Edy
電子マネーチャージでポイント対象 QUICPay利用(1,000円で1ポイント)
スマホ決済 Apple Pay
備考 -

付帯保険

海外旅行保険 死亡後遺障害 10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約1,000万円(自動付帯:1,000万円)
傷害治療 1,000万円(自動付帯:1,000万円)、家族特約200万円(自動付帯:200万円)
疾病治療 1,000万円(自動付帯:1,000万円)、家族特約200万円(自動付帯:200万円)
携行品損害 100万円(自動付帯:100万円)、家族特約50万円(自動付帯:50万円)
賠償責任 10,000万円(自動付帯:10,000万円)、家族特約2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用 1,000万円(自動付帯:1,000万円)、家族特約200万円(自動付帯:200万円)
航空機遅延保険 10万円(乗継遅延費用2万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
国内旅行保険 死亡後遺障害 10,000万円(自動付帯:10,000万円)
入院保険金日額 10,000円(自動付帯:10,000円)
通院保険金日額 2,000円(自動付帯:2,000円)
手術保険金 40万円(自動付帯:40万円)
航空機遅延保険 18万円(乗継遅延費用10万円、出航遅延費用等2万円、寄託手荷物遅延費用2万円、寄託手荷物紛失費用4万円)
ショッピング保険 海外 500万円
国内 500万円
備考 -

付帯サービス

空港ラウンジサービス 国内主要空港、ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)、海外主要空港のラウンジが無料で利用できます。
※海外主要空港を利用する場合、プライオリティ・パスの申請が必要
JCBプラザ 海外主要空港に設置された海外サービス窓口のスタッフが、JCB加盟店の予約や観光に関する問合せを日本語で対応してくれます。主要都市9ヵ所の「JCBプラザ ラウンジ」が無料で利用できます。
JCB旅行ガイドアプリ 海外旅行情報サイト「たびらば[旅LOVER]」やスマートフォンアプリ「JCB優待 たびらば」「JCBハワイガイド」で優待情報を確認できます。
JCBゴールド グルメ優待サービス 全国の対象店舗にて、飲食代金の割引など優待価格で利用できます。
ゴルフ優待サービス 国内約1,200ヵ所のゴルフ場の予約を手数料なしで代行してくれます。会員限定の優待プランも利用できます。
上級会員専用デスク 「プラチナ・コンシェルジュデスク」が利用できます。24時間365日、国内・海外のホテルや、航空券・列車・レンタカーの手配など、旅行に関する各種サポートや、ゴルフ場やレストランなどのエンターテインメントに関する相談が可能です。
JCBプラチナ

JCBプラチナ

対応国際ブランド
JCB
  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。ポイント還元率は価格.com独自の算出です。より正確な情報は各カード会社のホームページをご確認ください。
  • ※ 価格.com限定特典やその他の入会特典は各カード会社より提供されます。お申し込みの際は各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。

このページの先頭へ

  • クレジットカード
  • JCBカード
  • 一覧
  • JCBプラチナ価格.com

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止