価格.com

クレジットカード

ダイナースクラブカード

比較リスト(0件)

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード
  • Diners

利用金額にゆとりがあり、ダイナースクラブの優待が受けられるカードです。

利用金額に一律の制限を設けていないカードで、貯まったポイントは有効期限がなく自分のタイミングで利用できます。会員限定の様々なイベントに参加ができます。また、国内外で利用できる最高1億円の旅行保険や、購入日から90日以内に起こった盗難や破損などを年間500万円まで補償可能なショッピング・リカバリーが付帯です。

年会費 23,760円 追加カード ETCカード、家族カード
ポイント還元率 0.40%〜1.00% 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
貯まるポイント ダイナースクラブ リワードポイント 電子マネー機能 -
交換可能マイル ANAマイル、スカイマイル、マイレージプラス スマホ決済 -

特徴

  • ポイントの有効期限なし&年間参加料6,480円で主要航空会社6社のマイレージに移行可能

    毎月の利用金額合計100円につき1ポイントが貯まり、個人カード、家族カード、ETCカード利用分が個人カードに合算されます。ポイントに有効期限がないので、無駄なく貯めることができます。「ダイナースグローバルマイレージ」では1,000ポイント=1,000マイルに換算して、主要航空会社6社のマイレージに移行可能です。

  • 最高ランクのサービス。最高1億円の旅行傷害保険&国内外750ヵ所以上の空港ラウンジ無料。

    旅行中に万が一病気やケガに遭った場合、海外旅行保険が5,000万円自動付帯されます。旅費をカードで支払えば最高1億円の国内旅行傷害保険と、最高5,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されます。また、国内外750ヵ所以上ある空港ラウンジを無料で利用できます。

  • 海外・国内パッケージツアーが最大5%OFF!魅力的なトラベルサポート

    トラベルデスクでは、国内・海外旅行に関する各種手配や相談を電話で受け付けています。海外のラグジュアリーホテルでは特別割引料金や特典などの優待が受けられ、海外・国内パッケージツアーでは基本代金より最大5%割引になります。エコノミークラス・ビジネスクラス正規割引国際航空券から世界一周航空券まで、海外航空券が豊富に揃っています。

まとめ

利用金額に一律の制限のないカードです。対象レストランの所定コース料金の1名分、もしくは2名分が無料になる「ダイナースクラブ エグゼクティブ ダイニング」や、専用デスクからの予約でカードの提示もサインも不要な「ダイナースクラブ サインレス・スタイル」など、お支払いをスマートに演出できるサービスも充実。国内外の厳選されたホテルの優待など、年会費に見合ったサービスを利用したいという方向けのカードです。

入会特典

カード会社入会特典で最大15,000円相当プレゼント

  • 特典 新規入会でダイナースクラブ リワードポイントを900円相当(3,000ポイント)プレゼント [2018/11/01〜2019/03/31]
  • 特典 30万円のカード利用でダイナースクラブ リワードポイントを3,600円相当(12,000ポイント)プレゼント※1 [2018/11/01〜2019/03/31]
  • 特典 更に30万円(合計60万円)のカード利用でダイナースクラブ リワードポイントを4,500円相当(15,000ポイント)プレゼント※1 [2018/11/01〜2019/03/31]
  • 特典 更に40万円(合計100万円)のカード利用でダイナースクラブ リワードポイントを6,000円相当(20,000ポイント)プレゼント※2 [2018/11/01〜2019/03/31]
  • ※1 入会後3ヶ月以内に

    ※2 入会後6ヶ月以内に

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

対応国際ブランド
Diners

特集

PR
目利きが選ぶメインカード! ダイナースクラブカードの魅力を徹底紹介

50年以上の歴史を持ち、プライベートでも、ビジネスシーンでも一歩先の満足をもたらす「ダイナースクラブカード」。その魅力と、年会費を超える価値を持つ多彩なサービスを紹介します。

目利きが選ぶメインカード! ダイナースクラブカードの魅力を徹底紹介

レビュー・評価

(86件)
  • 参考になった6 2017年12月20日 投稿
    満足度5
    ポイント・マイル5
    付帯サービス5
    会員専用サイト3
    申込手続き3
    デザイン4
    ステータス4
    最近格安プラチナカードが増えてきていることからか、ダイナースのサービスも増えてきているように思います。これまでのレストラン優待やスポーツ関連優待に加えて、以下のようなサービスが追加されています。

    ・海外ラウンジ700以上に対応している。プライオリティパスが1000ですので、それには及びませんが、以前に比べるとかなり増えた印象です。家族カードでも同様に使えるのは、プライオリティパスに比べて良い点ですね。

    ・Wifi Hotspot アプリ。世界中の6000万ケ所超の Wifi Hotspot が無料で利用できるアプリが提供されています。海外の使い勝手はまだあまり確認で
    続きを読むきていませんが、国内では Wi2premium や 0000docomo などが利用でき、個人的にはとても重宝しています。

    ・1%マイル還元の無期限ポイントも健在です。ただ対応している航空会社の数が減ったのは少々残念ですが、ANAとUAに対応している間は個人的には利用価値が高いです。

    このカードの年会費は格安プラチナカードと同程度ですが、コンシェルジュに対応しない代わりに、他のサービスをバランスよく提供していて良いカードだとと思います。また提携カードの三井住友信託ダイナースを選べば、年会費は約半額にすることができます。このカードの欠点としては、アメリカ方面以外の海外では使えない事が多い点でしょうか。

  • 参考になった4 2018年8月26日 投稿
    満足度4
    ポイント・マイル3
    付帯サービス4
    会員専用サイト3
    申込手続き3
    デザイン4
    ステータス4
    悪いレビューが目立ちますが、こんな人にハマります。

    ・飛行機に乗る
    国内線ではクレジットカードラウンジが、国際線では航空会社のラウンジなどが使えます。
    年に数回でも飛行機に乗る人はハマります。
    (プライオリティパスと同等)

    ・レストラン1人分無料
    恋人や家族の記念日などで使えます。
    また、接待が多い方は料亭の予約が可能です。
    (他社より使えるレストラン数が多い)

    ・どこでも使える
    VISA、masterとの比較ではなく、国内でダイナースが使えない店舗にあたった事がありません。
    (クレジットカードOKというお店で)
    海外でも、個人商店などを除き
    続きを読む、ホテルやレストランでは問題ないです。
    (台湾で一時使えませんでしたが、再開しました)

    ・コンシェルジュ不要
    スマホでなんでも調べられるし、予約できるのでコンシェルジュなんて要らない。

    私は上記の条件で、アメックス、ダイナース、ラグジュアリーカード、JCBザクラス、VISAプラチナのサービスを比較しましたら、ダイナースで十分との結論に至りました。
    (他のカードは年会費5万円ぐらいですし、ステータスも要らないし)

    ダイナース取得の経緯ですが、2008年よりcitiゴールドカードを使用し、citiプラチナカードから当時citi傘下だったダイナースを申し込みました(プロパーカードです)。
    2年ほどでプレミアムカードのインビテーションが来ましたが、平カードを使い続けています。
  • 22018年10月18日 投稿
    海外ホテルでチェックインの際の信用度が良いとか、海外空港ラウンジが数多く利用出来ると言う事で10年程使用してきました。
    結論を言うと海外ラウンジはほとんどの地域の空港で利用出来ます。
    メジャーで有りながらサンフランシスコ・ポートランド・グァムの空港など一部利用出来ない所もありました。
    最大のデメリットは利用度の低い事です、海外航空会社をダイレクトに予約し決済をしようとする
    続きを読むとほぼはねられます。
    最近はやりの海外ホテル予約サイトでもほとんどのサイトで使用可能なカードは(VISA、Mastercard、American Express、JCB、IDEA、Carte Bleue等)ホテルズドットコムは使用可。
    Discover Card と提携してるようですがそれでも使えない店舗がアメリカ・カナダでも多い、アジアで使用出来るのはホテルでも3割程。
    上海・北京など大都市のある程度のホテルは利用出来ました。
    中国ではCitibank系の銀行なら海外キャッシングができると言うがそれも5割ほどでしか利用出来ず。
    ヨーロッパも利用可能なのはホテル、大型店舗で3〜4割程度、結局サブカードのVISA・MASTARを使う事になりポイントを集約できない
    さらに過去一度も提出した事のない「年収証明書類」の有効期限が切れるので再提出要求、基幹会社が変わってから年会費のアップ
    ANAへのマイル移行の上限が下がる等カードユーザーにとって改悪事項が多すぎ。
  • フツーのクレジットカードでのJCBやMUFG、UC、DCだったりVJAでも地銀のフランチャイズでカードが地銀の系列のカード会社からの発行ありますが、ダイナースでも可能ってのは驚き桃の木でした。


    京都銀行の系列ののカード会社での京銀ダイナースでの取得です。

    本家での三井住友トラストクラブでは、プロパーは取得してませんでホテルニューオータニでのNOCダイナースやエア
    続きを読むキャリアのJALないしANA、MileagePlus ダイナースクラブファースト などや三井住友信託銀行の提携でのダイナースカードをキープしてます。


    因みに、同じ京都銀行のクレジットカード会社でのJCB ザクラスも取得できました。


    ダイナースに関しては、三井住友トラストクラブのプロパーのと遜色ありません(って当然でしょうか?)。


    上記の既存の手持ちのダイナースは、現状では死蔵なんですが在阪だと稼働なのがNOC程度です。

    サービス的にはゴールドに毛が生えた程度。
    通常のゴールドカードに較べて年会費が若干高いのだから当然と言えば当然です。
    そして、やはりネックは使える場所が少ないこと。
    メインカードにするには不安です。

    2018年の昨今でも、この体たらくなんで今後の発行会社であります三井住友トラストクラブの”やる気”に期待です。


    が、三井住友信託銀行での”トラストカード”と”トラストクラブ”の位置づけってどうなっているのかな。

    近い将来には、合併もアリなのでしょうか?  どっちもVISAのプラチナを発行してるし業務が被ってますし。
  • ダイナースのイメージは世代により大きく分かれていると思います。
    citiに運営会社が移る前の富士銀行が中心となっていた頃は、カードを作るのが困難であり、別格なクレジットカードというものでしょう。
    citiに移ってからは、頻繁に開催される年会費無料キャンペーン、入会審査基準の低下など、迷走した時期であり、それでも会員数は確保出来ないということで、とうとうcitiが日本のクレジ
    続きを読むットカード事業を整理、撤退しまい、宙ぶらりんのイメージになってしまいました。
    その後、三井住友信託銀行に買収され現在に至っています。

    会員雑誌を見るとクレジットカード会社がどの層をターゲットにしているかが分かります。
    JCBのザクラス、三井住友プラチナの会員雑誌と比較しても、ダイナースは二社よりも上の層をターゲットにしているのが分かる作りとなっています。
    ダイナースのウリである、グルメの特典などは当初は珍しかったですが、プラチナカードも増えて来たこともあり、各ブランドでやっているため、珍しい物ではなくなってしまいました。
    利用可能額に制限を付けないというのも、クレジットカードがアメリカなどよりも普及していないこともあり、あまり恩恵に預かれる人もいないため、特徴らしい特徴にはなっていません。

    昔はあったブランドイメージがcitiのゴタゴタで消えてしまい、プラチナカードも増えて作る難易度が低下したことにより、相対的に地位が低下してしまった感じがします。
    カードの認知度はプラチナカードよりも低いイメージです。出して認知されるのは、プラチナカードを認知してくれるようなホテルや百貨店など、一部の高級店が多いイメージで、その他だと、クレジットカードという認識すら怪しい時もありました。
    やはりブランドイメージを重視されるカードは認知される事が何よりですから、認知されるという点では現時点では微妙な存在と言えるでしょう。
    こう言ったクレジットカードは自分のライフスタイルとマッチするかを考えずに取り敢えず作ると、利用する場所が殆どないという事になりかねません。ポイント還元重視などといった人は作るクレジットカードではありませんね。

クチコミ

(26件/6スレッド)
    • ナイスクチコミ1
    • 返信数2
    • 2018年4月30日 更新
    7/31までダイナースクラブプレミアムカードがm3.comを介して直接申し込み可能になっております。

    https://sp.m3.com/

    医師限定とは言え、面談がある以上27歳以上であれば審査はほぼ通ると考えられます。
    • ナイスクチコミ18
    • 返信数3
    • 2016年5月24日 更新
    最近出た「三井住友信託ダイナースクラブカード」のご感想は?
    年会費条件付で12,000円。
    10月25日まで誕生記念キャンペーンで
     投資信託のご購入で最大15,000円をプレゼント
     抽選で300名様に10,000円プレゼント
     抽選でひと月2名様(合計10名様)に旅行代金10万円プレゼント
     新規ご入会で初年度の家族カード年会費無料
    今一と思います。
    ※写真
    続きを読むはTVのCMから切り抜いたものです。

    以下参考:

    テレビのCMで何となく出てた「三井住友信託ダイナースクラブカード」が5月16日
    より発行されてます http://ameblo.jp/creken-gold/entry-12160060590.html
    通常年会費22,000円が条件付で12,000円になります。
    (初年度は20万円以上、次年度以降は50万円以上利用すると年会費が12,000円)
    http://www.smtb.jp/personal/campaign/diners_cp/index.html
    http://www.smtb.jp/corporate/release/pdf/160513.pdf
    今後、三井住友信託銀行のステージによる年会費優遇も有る(8月以降に発表)らしい?
    http://www.smtb.jp/personal/trust/stage.html

    三井住友信託銀行はゆうちょと3メガに次ぐ日本で5位の規模です、紛らわしいですが
    三井住友信託銀行と三井住友銀行(SMBC)は別の金融グループで資本関係は有りません。
    SMBC信託銀行/プレスティアはSMBC(三井住友銀行)グループ、
    (CitiBankダイナースクラブカードはSMBC信託ダイナースクラブカードです)
    http://www.smbctb.co.jp/banking/creditcard/index.html

    価格.comで無視されている三井住友トラスト・カード http://www.smtcard.jp
    は三井住友トラスト・クラブ http://www.sumitclub.jp
    より古くから存在する別の会社です(三井住友信託銀行のグループ)
    VJに属し三井住友VISAカードに似た(デザイン、サービス)カードを発行してます、
    過去にはJCB及びUCカードも出してましたが現在は取り扱ってません(縮小中?)。
    何故か価格.comで、三井住友トラスト・カード http://www.smtcard.jp
    及び、三井住友トラスト・クラブのVISAプラチナカードが無視されてます。
    http://www.sumitclub.jp/ja/cardlineup/sumit_platinum.html
    http://www.sumitclub.jp/ja/cardlineup/deltaselect.html

    さてどうしますか、如何なる理由でしょうか?
    • ナイスクチコミ2
    • 返信数0
    • 2016年2月14日 更新
    会員専用の有料保険について質問します。
    「NEW VIP グループ傷害保険」というのがあると思いますが、どういった保険ですか?
    通院日額、入院日額、死亡保険金などを知りたいです。
    まだカード会員ではないので、電話で教えていただけませんでした。会員の方どなたか教えていただけると助かります。
ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

対応国際ブランド
Diners

基本情報

カード名 ダイナースクラブカード
発行会社 三井住友トラストクラブ
提携会社 -
国際ブランド Diners
入会資格 27歳以上
申込み方法 -
審査・発行期間 通常2〜3週間
年会費 23,760円
ショッピング利用可能枠 一律の利用制限なし
キャッシング利用可能枠 -
リボ払い金利 -
キャッシング金利 15.00%〜20.00%
支払い方法 国内:1回払い、リボ払い、ボーナス払い
海外:1回払い
締め日・支払日 15日締め・翌月10日払い
備考 -

ポイント還元

ダイナースクラブ リワードプログラム ポイント名 ダイナースクラブ リワードポイント
ポイント価値 1ポイント0.3円
ポイント有効期限 無期限
ポイント還元率 0.40%〜1.00%
付与レート 100円で1ポイント(1会計毎の利用額)
交換レート 5,000ポイントで2,000円相当(Amazonギフト券に交換する場合)
交換可能ポイント 楽天ポイント、ANA SKY コイン
交換可能マイル ANAマイル(1ポイント=1マイル、1,000ポイント以上、年間交換上限80,000ポイント、ダイナースグローバルマイレージ参加費年間6,480円)
スカイマイル(1ポイント=1マイル、1,000ポイント以上、年間交換上限100,000ポイント、ダイナースグローバルマイレージ参加費年間6,480円)
マイレージプラス(1ポイント=1マイル、1,000ポイント以上、年間交換上限100,000ポイント、ダイナースグローバルマイレージ参加費年間6,480円)
ポイントモール ダイナースクラブポイントモール(ダイナースクラブポイントモールを経由すると、通常のショッピング利用ポイントに加え、ボーナスポイント加算または還元率に応じたキャッシュバックが受けられます。)
ポイント特約店 -
ステージ制度 -
年間利用ボーナス -
備考 -

追加機能 (ETCカード、家族カード、電子マネー)

ETCカード 年会費:無料
家族カード 年会費:5,400円
※対象:配偶者・親・子供(18歳以上)の方
電子マネー機能 -
電子マネーチャージ 楽天Edy
電子マネーチャージでポイント対象 -
スマホ決済 -
備考 -

付帯保険

海外旅行保険 死亡後遺障害 10,000万円(自動付帯:5,000万円)
傷害治療 300万円(自動付帯:300万円)
疾病治療 300万円(自動付帯:300万円)
携行品損害 50万円(自動付帯:50万円)
賠償責任 10,000万円(自動付帯:10,000万円)
救援者費用 300万円(自動付帯:300万円)
航空機遅延保険 -
国内旅行保険 死亡後遺障害 10,000万円(自動付帯:5,000万円)
入院保険金日額 -
通院保険金日額 -
手術保険金 -
航空機遅延保険 -
ショッピング保険 海外 500万円
国内 500万円
備考 -

付帯サービス

空港ラウンジサービス 国内主要空港、ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)、仁川国際空港(韓国)、海外主要空港のラウンジが無料で利用できます。
空港手荷物宅配サービス 海外旅行の帰国の際に、空港と自宅間(片道)をカード会員1名につきスーツケース1個無料で配送できます。
※対象空港:羽田空港(国際線)、成田国際空港、関西国際空港、中部国際空港
空港送迎タクシーサービス トラベルデスクにて1回の購入金額が50万円以上の海外パッケージツアー、または日本発の海外航空券を成約すると、自宅から対象空港までの片道を優遇料金にて利用できます。
※対象空港:成田国際空港、羽田空港(国際線)、関西国際空港、中部国際空港
空港パーキングサービス トラベルデスクにて1回の購入金額が50万円以上の海外パッケージツアー、または日本発の海外航空券を成約すると、旅行期間中の駐車料金が無料で利用できます。またサンパーキングも30%OFFで利用できます。
※対象駐車場:成田国際空港(サンパーキング成田店)、羽田空港(サンパーキング羽田浮島店)
海外Wi-Fiレンタルサービス 国内主要空港でのグローバルWi-Fiレンタルを20%OFFで利用できます。
JALエービーシー優待サービス 空港宅配やレンタル携帯電話、海外レンタルWi-Fi、手荷物一次預かりなどの優待サービスを利用することができます。
海外サポートデスク 「海外緊急アシスタンスサービス」、「海外トラベルデスク」が利用できます。
レンタカーサービス ハーツレンタカー、エイビスレンタカー、ダラーレンタカーを優待価格で利用できます。
パッケージツアー優待サービス トラベルデスクで各旅行会社のパッケージツアーが最大5%OFFで利用できます。
※国内パッケージツアーは、一人当たりの基本旅行代金が5万円以上のものに限る
オンラインツアー予約 国内・海外パッケージツアーをインターネットで検索・予約できます。優待価格での利用も可能です。
海外おみやげ宅配サービス 帰国に合わせて、商品を希望日に配達できます。
ホテル宿泊優待サービス 対象の海外クラブホテルズ、国内ホテル・旅館が優待価格で利用可能となります。
Hotels.com 宿泊室予約を行うと、合計室料が8%OFFとなります。
エグゼクティブダイニング 対象レストランの所定のコース料金が、2名以上で1名分、6名以上で2名分無料になります。
おもてなしプラン 対象のレストランにて、会員限定の優待サービスを受けることができます。
ホテル内フィットネス優待サービス ハイアット リージェンシー東京 スパ&ウェルネス「ジュール」が優待価格で利用可能です。
スパ・エステ優待サービス 対象店舗にて優待価格での利用が可能となります。
ゴルフ優待サービス 国内約1,800ヵ所のゴルフ場の予約を手数料なしで代行してくれます。プライベートレッスンが平日は50%OFF、土曜・日曜・祝日は25%OFFで利用できます。入会金、年会費も不要でクラブ、レンタルシューズも無料となります。
カンフェティチケットサービス 24時間インターネットで公演チケットの申込が可能です。優待価格で購入できる公演もあります。
料亭プラン 予約が難しい高級料亭をダイナースクラブが会員に代わって予約してくれます。
サインレス・スタイル 専用デスクに予約すると、当日はダイナースクラブカードの提示もサインも不要で会計することができます。
飲食店優待サービス 「デュカス・パリとのパートナーシップ」(国内外のデュカス・パリのレストランが優待価格で利用可能)や「ナイト イン 銀座」(対象の銀座のBAR・CLUBが優待価格で利用可能)が利用できます。
ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

対応国際ブランド
Diners
  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。ポイント還元率は価格.com独自の算出です。より正確な情報は各カード会社のホームページをご確認ください。
  • ※ 価格.com限定特典やその他の入会特典は各カード会社より提供されます。お申し込みの際は各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。

このページの先頭へ

  • クレジットカード
  • Dinersブランドのカード一覧
  • ダイナースクラブカード価格.com

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止