クレジットカードはどういう基準で選べばいいの?

ホーム > クレジットカード比較 > クレジットカードの基礎知識 > クレジットカードはどういう基準で選べばいいの?

クレジットカードの基礎知識

第8回

クレジットカードはどういう基準で選べばいいの?

クレジットカードを選ぶ場合、どういう基準で選んでいるのでしょうか。クレジットカードは買い物で、手持ちのお金がなくても欲しい物を買うことができますし、簡単に支払を終えることができるなどのメリットがあります。しかし、それ以上に大きなメリットとして利用する人の多くの支持を集めているのがポイントです。
ポイントは誰しも貯めたいものですが、目的がなくただ単にとりあえず貯めているという人も多いのではないでしょうか。
今回は、特定の目的がない人がどのような基準でクレジットカードを選んだからいいのか解説していきます。

目的を持ってポイントを貯めましょう。

ポイントの交換先

そもそも、クレジットカードを利用するとその利用額に応じてポイントがつくものが多く、一般的には1,000円の利用につき1〜10ポイントがつきます。そのポイントの交換先は、ポイントの貯まった数に応じて景品と換えることができます。そのほかに商品券と交換できたり、キャッシュバックなどもあります。

自分が今どの程度のポイントが貯まっているのか、利用明細で確認してから、景品などの中から選択することになります。

景品や商品券と交換する場合はプロパーカードを選ぶ

景品や商品券と交換する場合はプロパーカードを選びましょう

ポイントを景品や商品券と交換するつもりなら、各カード会社のプロパーカードを選ぶことが肝心です。提携カードの中には、ポイントが貯まらないものもあるので事前に確認することが大切。

景品の内容はクレジットカード会社によって異なります。たとえば、あるカード会社の場合、200ポイント以上ではエコバッグ、300ポイント以上ではキッチンセット、400ポイント以上ではバスタオル、映画鑑賞券、1,000ポイント以上ではオーブントースター、2,000ポイント以上では遊園地パス(ペア)、そして10,000ポイント以上ではホテル宿泊券などとなっています。

クレジットカード会社の中には、景品で特徴的なものを出しているところがあります。たとえばクレディ・セゾンでは永久不滅ポイント1,000,000ポイントで、飛鳥で行く世界一周クルーズの旅2人分、あるいは10,000,000ポイントプライベートジェットでハワイ10日間の旅4人分などと交換できますし、アメリカン・エキスプレスではクルマやファッションショーへの招待などの景品もあります。

この記事の関連キーワードでクレジットカードを調べる

このページの先頭へ