得するクレジットカードは?

ホーム > クレジットカード比較 > クレジットカードの基礎知識 > 得するクレジットカードは?

クレジットカードの基礎知識

第9回

得するクレジットカードは?

たくさんあるクレジットカードの中で、どのクレジットカードを選んだらいいのか迷ってしまうという人も多いはずです。
しかし、自分がどのお店を利用したいのか、どんな割引に使いたいのかなど、あらかじめ目的が決まっているのであれば、それほど迷うことなくカードを選択することができます。
今回は、既に特定の目的が決まっている人に向けてのクレジットカードの選び方を解説していきます。

クレジットカードを利用したい場面を決めましょう

クレジットカードを利用したいお店などが決まっている人は、そこのお店が発行しているクレジットカードを選びましょう。お店独自でポイントをつけているので、利用すればするほどポイントがたまり、その貯めたポイントを買い物に使うこともできます。
また、クレジットカードによってはそのお店だけではなく、提携先のお店でも使うことができるなど、お得な仕組みになっているものも多いようです。

家電量販店、コンビニ、ネットショッピングなどクレジットカードを利用したい場面

家電量販店での利用が多い方は

家電量販店が大好きという人は、家電量販店が出しているカードにすればOK。家電量販店の一つ、ビックカメラの「ビックカメラSuicaカード」は、たとえば同店では利用額の10%のビックポイントがつくほか、同店以外では100円の利用で1ポイントのビックポイントがつきます。ためたビックポイントは1ポイント=1円換算でビックカメラの買い物に使うことができます。

コンビニでの利用が多い方は

コンビニでも独自のカードを発行しています。たとえばファミリーマートの「ファミマTカード」の場合、利用するとTポイントが貯まります。このTポイントはファミリーマートでの買い物以外に、TSUTAYAやガストなどでも1ポイント=1円で使うことができます。

ネット通販での利用が多い方は

買い物はネットでという人も多いようです。楽天市場やYahoo!ショッピングなど特定のサイトを利用する人は、「楽天カード」や「Yahoo! JAPANカード」といった、それぞれお得に利用できるクレジットカードがあります。

また、クレジットカード会社が運営するショッピングモールを経由してお気に入りのサイトへ行くことでポイントが何十倍とアップする特典がありますが、この場合はそれぞれカード会社のプロパーカードなどを選ぶことでお得にすることができます。 最近では、日常生活でクレジットカード以外に電子マネーを使う頻度が高くなってきましたが、電子マネーへのチャージでもポイントがつく場合があります。例えば電子マネーの老舗とも言えるEdyは、全国の主要なコンビニで利用できる最大規模の電子マネーです。このEdyへのチャージでポイントがつくクレジットカードを選ぶことで得することができます。

この記事の関連キーワードでクレジットカードを調べる

このページの先頭へ