クレジットカードの種類

クレジットカードの基礎知識

第3回

クレジットカードの種類

今回はカードの種類(カテゴリー)について解説します。クレジットカードには、各発行会社で一番基本となる「一般カード」と保険・ラウンジサービスなどが充実した格上の「ゴールドカード」があります。

安い年会費でもサービス充実!クレジットカードをはじめて持つなら一般カード

一般カードについて

「一般カード」は、年会費が無料か、1,000円程度で発行しているものが多く、最初に持つカードはこの「一般カード」という人が大半です。実際、現在発行されているクレジットカードの9割以上がこの「一般カード」といわれています。また、限度額も、50万円から100万円程度まであがる仕組みになっているため、通常の買い物であれば、「一般カード」で、十分カバーすることができます。

さらに、誰でも持てるように、様々な種類があるのもこのカードの特徴です。たとえば、クルマによく乗るのでガソリン代を安くしたいという人にはガソリン系カード、出張や旅行で飛行機をよく利用するという人には航空会社系カード、電車や新幹線をよく利用する人には鉄道系カード、インターネットを利用する人にはネット系カードなど目的別に利用するカードを選ぶことができます。そして、それぞれのカードには、ポイント還元やキャッシュバック、値引きなどが用意されていますので、確実にお得をゲットすることができます。

保険、ラウンジサービスなどを求めたいならゴールドカードを選択

ゴールドカードについて

「一般カード」よりもランクが高いのが「ゴールドカード」です。「ゴールドカード」は返済能力が高く、信用力のある人に向けて発行されます。利用限度額は「一般カード」より高めに設定されており、最初の枠が50万円から100万円程度あり、利用実績に応じてこちらも次第にあがっていきます。年会費は「一般カード」よりも高く、通常1万〜1万5,000円程度といったところです。

「一般カード」との大きな違いは各種付帯保険が付くことです。「一般カード」では、旅行傷害保険がついていないものが多いのですが、「ゴールドカード」は死亡・高度障害の場合、最大で5,000万〜1億円の保険がつきます。また、旅行する際に空港ラウンジサービスを無料で利用できるのも特徴です。ポイント換算率も「一般カード」よりも高率で設定されることが多く、ステータスとお得と便利さ、そして安心を手に入れることができます。

最近は収入が少なく信用も低い人に向けて年会費2,000〜6,000円程度の庶民向けのゴールドカードも登場しています。「格」という部分では真正ゴールドカードには及びませんが、ゴールドカードに附帯するサービスがいくつも付いてくるので、もちろん「一般カード」以上のカードライフを送れます。実利派には十分かもしれません。

ゴールドカードよりもさらに格上!プラチナカード

プラチナカードについて

このゴールドカードよりも、さらにランクが高いのが、プラチナカードやブラックカードと呼ばれるカードです。ゴールドカードは自分から申し込みをし、審査をパスすれば持つことができますが、これらのカードは申し込んでも持つことができず、カード会社からの招待状をもらって初めて手にすることができます。つまり、カード会社から選ばれた人しか持つことができない、まさにステータスカードのトップに君臨するカードといえます。

カード内容などはカード会社の公式サイトでも詳しく出ているところは少ないようですが、たとえばクレディセゾンの「セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」の場合、年会費は2万1000円。永久不滅ポイントは国内では1.5倍、海外では2倍、コンシェルジュサービスが24時間365日対応、通常年会費が399米ドルかかるプライオリティパスが無料、手荷物無料宅配サービスの往復サービスなど様々な特典がついています。もちろん、持てるのは招待された人のみです。

このページの先頭へ