価格.com

クレジットカード

法人カード・ビジネスカード比較

比較リスト(0件)

法人・ビジネスカード

法人・ビジネスカード

法人・ビジネスカードとは、企業や個人事業主に対して発行されるクレジットカードで、「コーポレートカード」(大企業向け)や「ビジネスカード」(中小企業や個人事業主向け)などと呼ばれることもあります。一般的な個人向けカードとは区別され、経理手続きの簡便化やポイント還元率による経費削減などのメリットが得られます。

人気の法人カード・ビジネスカード

(対象カード内のランキング上位)
カード
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
特徴

様々なビジネスサポートが受けられるセゾンプラチナカードです。

法人代表者用。様々なビジネスシーンに対応するポイント還元率の高さも魅力のカードです。

ビジネスカードにゴールドの価値をプラスした三井住友カードです。

ビジネスシーンにおける支払いにも活用できるアメックスカードです。

ビジネス経費の管理や削減に役立つ個人事業主向けアメックスビジネスカードです。

JCBの基本機能はもちろん、法人ならではのサービスが利用できるカードです。

プラチナだけの特別なサービスが受けられるJCB法人カードです。

初年度年会費が無料のオリコのビジネスゴールドカードです。

JCB法人カード機能に加え、ゴールドならではのサービスが利用できるカードです。

経費管理と資金運用の効率化に特化。中小企業向け三井住友ビジネスカードです。

ユーザー満足度
-(0人)
-(0人)
-(0人)
年会費
21,600円
2,160円(初年度無料)
10,800円
1,080円(初年度無料)
条件付無料 ※年1回以上利用で翌年度無料
33,480円(初年度無料)
1,350円(初年度無料)
32,400円
2,160円
10,800円(初年度無料)
1,350円
ポイント還元率
0.50%〜1.00%
0.50%
0.50%〜1.00%
0.50%〜1.00%
0.33%〜0.50%
0.47%〜1.49%
0.47%〜1.49%
-
0.47%〜1.49%
0.45%〜0.90%
詳細

法人カード・ビジネスカードの特徴

  • 法人・ビジネスカードは2種類

    法人・ビジネスカードは、2種類存在します。法人の規模によってカードの種類を検討しましょう。

    ビジネスカード 主に、個人事業主や中小企業向け。
    発行枚数や限度額が低いことから社員数が少ない法人向けになっています。年会費が無料となっているカードが多いことも特徴となっています。
    コーポレートカード 主に、大企業や官公庁向け。
    発行枚数に制限がなく、所属社員に持たせるため代表者用のメインカードがありません。引き落とし口座は法人用口座を利用する場合と社員の個人口座を利用する場合の2種類に分かれるなどの特徴があります。

法人カード・ビジネスカードのメリット

  • 経費精算処理を軽減

    経費処理は、経理担当者の業務コストが掛かりますし、個人事業主では、確定申告での煩雑なレシート・領収書の整理を軽減したいのではないでしょうか。それらを法人カードでの支払いにまとめると会社の口座から引き落としされるため、振込手数料がかからずコストを削減できます。また、経費を法人カードで支払う習慣を社内に浸透させると、すべてカード利用明細に記録されるため、後の経理処理の負担軽減に繋がります。

  • キャッシュフローの改善に

    法人カードの多くが分割払いに対応しています。支払いが翌月・翌々月になることをうまく利用しましょう。「売上の見込みはあるけど手元にお金がない」といったケースでも、キャッシュフローをうまく回せます。カード利用の実績で信用を高めれば利用限度額もあげられるため、戦略次第では大きな一手を打てるようにもなります。また、法人税などの国税もクレジットカードで分割払いやリボ払いの決済が可能です。

  • ビジネスに役立つ様々な付帯サービス付き

    法人カードには個人向けのサービスのほかに、法人向けのサービスが用意されています。たとえば、無料で経営相談に乗ってくれるビジネスコンサルティングサービスや経費の見直しに活用できる改善分析レポートなどが用意されています。出張費の削減や接待、社員の福利厚生などに役立つサービスもありますので、その特典をしっかり享受しましょう。

  • ステータスカードの利用で取引先の信頼も

    会社の規模が小さいということだけで、なかなか取引先に信用してもらえない、という経験がある方に朗報です。ステータスの高さが評価されているクレジットカードを利用することで、取引先からの印象が変わるということもあるようです。経理処理軽減によるコスト削減は十分にできるので、年会費を惜しまずゴールドカードやプラチナカードを持ちましょう。

法人カード・ビジネスカードの選び方

  • 利用人数

    個人事業主や代表者だけが利用するのか、社員に持たせるのかによって選ぶカードが異なります。カードによって追加発行の有無や、発行枚数に上限がある場合があります。また複数発行した場合の1枚に掛かる年会費なども確認しておくとよいでしょう。

  • 利用額

    法人カードにも利用限度額が設定されています。想定される利用限度額より高い金額が設定されているカードを選びましょう。一部のカードにおいては、事前入金や事前承認によって限度額を超過しても利用できるカードもあります。

  • 利用場所

    どのような利用場所を想定しているかによって選ぶカードも異なります。出張が多い方は国内外の旅行保険が充実しているカードやラウンジの利用サービスが付帯されているカード、マイルの貯まりやすさなども、経費削減に繋がります。また、会食や接待に利用することが多いのであれば、高級レストランで優遇が受けられるカードといったように利用シーン別で選ぶのもポイントです。

  • 特典や付帯サービス

    法人向けのカードにもさまざまな付帯サービスがあります。福利厚生としてホテルやレジャー施設の利用料が割引になるサービスや経営、経理処理に役立つ会計ソフト連携サービスがあるカード、また秘書代わりにもなるコンシェルジュサービスが利用できるサービスなども用意されています。

特集

PR
「法人カードを持つべき理由」と、価格.com2018年上半期 第1位のカードを徹底解説!

ビジネスオーナーなら、クレジットカードは個人用とビジネス用で分けて持つべき。その理由を解説するとともに、人気法人カード「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」の魅力をご紹介します。

「法人カードを持つべき理由」と、価格.com2018年上半期 第1位のカードを徹底解説!

法人カード・ビジネスカードをピックアップ

JR東海プラスEXサービス付きカード

出張で東海道新幹線を年1回以上利用するなら入る価値のあるサービスです。

  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

    ビジネス経費の管理や削減に役立つ個人事業主向けアメックスビジネスカードです。

    人気ランキング 67位(ゴールドカード19位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 33,480円(初年度無料) ポイント還元率 0.33%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • ダイナースクラブ ビジネスカード

    JAL国内線出張手配サービス付帯のダイナースクラブ法人向けのカードです。

    人気ランキング 121位(ゴールドカード33位) 国際ブランド Diners
    本人年会費 29,160円 ポイント還元率 0.40%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • 三井住友ビジネスカード ゴールドカード

    ビジネスカードにゴールドの価値をプラスした三井住友カードです。

    人気ランキング 44位(ゴールドカード14位) 国際ブランド VISA、MasterCard
    本人年会費 10,800円 ポイント還元率 0.50%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • JCBゴールド法人カード

    JCB法人カード機能に加え、ゴールドならではのサービスが利用できるカードです。

    人気ランキング 80位(ゴールドカード24位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 10,800円(初年度無料) ポイント還元率 0.47%〜1.49%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング

ETCカード複数枚発行できるカード

ETCカードは一般的に本会員や追加会員(家族会員)に対してそれぞれ1枚発行できますが、法人カードの場合は複数枚のETCカードを発行できる場合があります。

  • UC法人カード ゴールド

    空港ラウンジやゴールド限定サービスが利用できるUCのビジネスカードです。

    人気ランキング 145位(ゴールドカード40位) 国際ブランド VISA、MasterCard
    本人年会費 10,800円 ポイント還元率 0.50%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • JCBゴールド法人カード

    JCB法人カード機能に加え、ゴールドならではのサービスが利用できるカードです。

    人気ランキング 80位(ゴールドカード24位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 10,800円(初年度無料) ポイント還元率 0.47%〜1.49%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • 楽天ビジネスカード

    会社オーナー・個人事業主のビジネスシーンをサポートするカードです。

    詳細を見る
    人気ランキング 228位(一般カード150位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
    本人年会費 2,160円 ポイント還元率 1.00%〜5.00%
    追加カード ETCカード 付帯保険

タクシーチケットを利用できるカード

お得意様をスムーズにお見送りできるタクシーチケット。領収書はなくクレジットカード払いなので経費精算が不要です。

  • MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネス(Visa・MasterCard)

    MUFGビジネスの機能に加え、プレステージ限定サービスが利用できるカードです。

    人気ランキング 155位(ゴールドカード44位) 国際ブランド VISA、MasterCard
    本人年会費 10,800円 ポイント還元率 0.47%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • UC法人カード ゴールド

    空港ラウンジやゴールド限定サービスが利用できるUCのビジネスカードです。

    人気ランキング 145位(ゴールドカード40位) 国際ブランド VISA、MasterCard
    本人年会費 10,800円 ポイント還元率 0.50%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • 三井住友ビジネスカード ゴールドカード

    ビジネスカードにゴールドの価値をプラスした三井住友カードです。

    人気ランキング 44位(ゴールドカード14位) 国際ブランド VISA、MasterCard
    本人年会費 10,800円 ポイント還元率 0.50%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • JCBゴールド法人カード

    JCB法人カード機能に加え、ゴールドならではのサービスが利用できるカードです。

    人気ランキング 80位(ゴールドカード24位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 10,800円(初年度無料) ポイント還元率 0.47%〜1.49%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング

全自動クラウド型会計ソフトfreeeの優待サービス付きカード

基本的に会計ソフトは別途購入となりますが、全自動クラウド型会計ソフト「freee(フリー)」の利用料金が2ヶ月間無料になるカードもあります。会計ソフトを導入していない場合は、カードと合わせてソフトも検討してみましょう。

  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    様々なビジネスサポートが受けられるセゾンプラチナカードです。

    人気ランキング 13位(プラチナカード1位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 21,600円 ポイント還元率 0.50%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • EX Gold for Biz M

    法人代表者用。様々なビジネスシーンに対応するポイント還元率の高さも魅力のカードです。

    人気ランキング 42位(ゴールドカード13位) 国際ブランド VISA、MasterCard
    本人年会費 2,160円(初年度無料) ポイント還元率 0.50%
    追加カード ETCカード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • オリコビジネスカードGold(ゴールド)

    初年度年会費が無料のオリコのビジネスゴールドカードです。

    人気ランキング 72位(ゴールドカード20位) 国際ブランド MasterCard
    本人年会費 2,160円 ポイント還元率
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • ダイナースクラブ ビジネスカード

    JAL国内線出張手配サービス付帯のダイナースクラブ法人向けのカードです。

    人気ランキング 121位(ゴールドカード33位) 国際ブランド Diners
    本人年会費 29,160円 ポイント還元率 0.40%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • ライフカードビジネス(スタンダード)

    年会費永久無料、VisaやMasterCardの優待サービスが付いたライフカードです。

    詳細を見る
    人気ランキング 351位(一般カード227位) 国際ブランド VISA、MasterCard
    本人年会費 無料 ポイント還元率
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険

コンシェルジュサービス付きのカード

ビジネスカードには様々なサービスが付帯されていますが、1つ1つの特典かを調べるのは大変です。プラチナカードを所持して、コンシェルジュに相談すると便利です。

  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    様々なビジネスサポートが受けられるセゾンプラチナカードです。

    人気ランキング 13位(プラチナカード1位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 21,600円 ポイント還元率 0.50%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • 三井住友ビジネスカード プラチナカード

    ビジネスカードにプラチナの価値をプラスした三井住友カードです。

    人気ランキング 96位(プラチナカード10位) 国際ブランド VISA、MasterCard
    本人年会費 54,000円 ポイント還元率 0.50%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • JCBプラチナ法人カード

    プラチナだけの特別なサービスが受けられるJCB法人カードです。

    人気ランキング 71位(プラチナカード9位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 32,400円 ポイント還元率 0.47%〜1.49%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング

法人・ビジネスカードの作り方

  • 銀行口座の開設

    法人カードを作るためには銀行口座が必要となります。(法人の場合は法人名義の口座が必要です。)クレジットカードの申し込みをする前に、まずは銀行の口座を用意しましょう。

  • インターネットで入会申込み・資料請求

    個人事業主・中小企業向けの法人カードの多くはインターネット申し込みが可能です。 会員規約に同意し、会社の情報・代表者や社員個人の情報を入力します。

  • 入会申込書・必要書類を送付

    入会申込書が届いたら必要書類とともに返送しましょう。
     ・入会申込書(署名・捺印)
     ・登記簿謄本や印鑑登録証明書
     ・法人の確認書類(現在事項全部証明書または履歴事項全部証明書)
     ・代表者または個人事業主の本人確認書類(運転免許書・住民票・パスポートのコピーなど)

  • 審査

    法人カードの審査は会社の決算とともに代表者個人の信用がチェックされます。 ダイナースクラブ ビジネスカードは27歳以上、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは25歳以上など代表者の年齢制限があります。 MUFGカードの場合、原則黒字決算であることが明示されています。

法人カード・ビジネスカードのレビュー・評価

  • コスパ最高です。
    アメックスプロパーのゴールドからの乗り換えです。
    永久不滅ポイントはなかなか増えませんが、アマゾンギフトカードへの換金率を考えるとなかなか良いです。
    JALマイラーには最高です。
    JALカードのショッピングマイルプランと同じ
    続きを読む だけ溜まるのでJALカードをやめようと思ってます。
    JALカードのショッピングマイルプランは有料で〜4000円くらい?
    こちらのカードはJALマイルプランは無料で付けれます。
    JALマイル使い切れないくらいザクザク貯まります。
    このカード作れてJAL派の方には絶対オススメです。

    国内ではプロパーアメックスよりも見下されるかも知れませんが、私の場合は海外でのステータスを考えてアメ金など保有してました。
    海外では、SAISONなど関係無くアメプラとみなされます。

    コンシェルジュサービスはSAISONのコンシェルジュなのでプロパーのプラチナよりは劣ると思います。

  • カードデザインはモダン。アメリカン・エキスプレスの歴史とセゾンのポピュラーな雰囲気が調和したクールな印象です。
    このカードはステータスを意識して持つカードではありません。


    年会費実質無料で、アメリカン・エキスプレスの特典を体験できる。
    続きを読む
    ・アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス
    英語などその国の母国語の対応になるが、海外旅行に行く方は安心。

    ・アメリカン・エキスプレス・セレクト
    ホテルの宿泊料金が30〜60%以上の割引き率、食事は15%オフなどかなりお得になっています。
    私も、12月にイベントがあるので、セレクト優待ホテルを62.5%引きの優待料金で予約することができました。今まで「あのルームに宿泊したい」と思っても宿泊できなかったので嬉しいです。

    ・globaleshop(グローバルeショップ)
    アメリカとイギリスのブランドのオンラインショッピングを使う時に、商品を米国、英国から日本に転送してくれるサービス。
    このとき発生する関税や送料など、グローバルeショップに決済する額に対してポイント2倍になります。
    私は英国のブランドのオンラインショッピングで財布を注文しましたが、国外発送していないブランドのショッピングは試してみる価値ありです。

    このように、特に海外に行く方でなくてもアメリカン・エキスプレスの機能・特典を受けられます。それも年会費無料で。
    この事実は、決してデザインだけではなく、高コストパフォーマンスで機能性が備わっている事の証明です。

    そしてセゾンカードなので、西友、リヴィン、サニーで5%オフ。これが5日と20日だけではなく、特別開催日もあります。
    http://www.saisoncard.co.jp/services/index.html HPで確認してください。

    ウェブはセゾンカードを2枚以上持っている方は、IDをまとめることができるので、情報を見たいカードに簡単に切り替えられます。
    また、2枚以上の場合ポイントは合算されます。

    しかしながら、他の方のレビューにもあるようにアメックスは加盟していない店舗等もありますので、VISAなども別途用意しておく方がいいと思います。
    さらにパールは旅行傷害保険はありませんので、優待サービスは星4つです。

    ちなみにカード・デスク「セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード・デスク」はパールはナビダイヤルか通常の電話番号です。ご注意ください。

    総合的には、「入会して良かった」、そう思えるクレジットカードでした。

  • 個人事業主や経営者の方で個人以外の口座から引き落としできる方
    向けのカードです。
    私は20代の頃にビジネス金を作って何度かインビが来ていたのですが
    年会費の高さにスルーでした。
    で、会社が調子よくなってきた頃にインビがまた来たので釣られてみま
    続きを読む した。
    かれこれ10年弱使用しています。
    その間、年会費もいい感じに上昇し、サービスは下降気味です。
    ここ最近、改悪が多く、プラチナのレベルも低くなってきたので
    備忘録代わりに書き込みます。
    これ以上改悪されたら他社に移ろうかなと検討中です。
    私のように根が貧乏性でマイル大好きな方には向かないような気がします。

    確実に年会費の元を取れるほどのカードではないと思います。
    そもそも、そういうのを気にする方は、このカードを作らないと
    思いますが・・

    【デザイン】
    ビジネスカードが銀色になったのと、「PLATINAM」と書いてあるだけで
    ゴールドのほうが目立ちます。
    主張しすぎないので、ちょうどいいと思います。
    なお、もうすぐカードの更新時期なのですが、ビジネスPTもメタルカードに
    なるとの話でした。
    で、ガソリンスタンドなどの機械でも使えるようにプラスチックのカードも
    もらえるような話をデスクの人に言われました。

    【ステータス】
    あんまり感じません。
    まあ、金を払うだけのカードですからね。
    さらに、申し込みもできるようになったそうで余計に
    微妙です・・
    今までのように招待制にすればいいのに、年会費がたのカードに比べて高いので
    年会費目当ての作戦でしょうね。

    それとは別に使えば使うほど限度額が上がっていくようで、無制限ではなく、
    カード会員ごとに限度額が設定されているようです。
    私も一度にいくらまで使えるの?と聞いたらプラチナカードの一般的な
    限度額を言われました。(私がしょぼいのか??)

    【ポイント】
    100円=1ポイントです。
    以前はANAマイルに移行するのに100円=1マイルにするために
    金を払っていましたが、いつの頃からか無料になったようです。

    【マイル】
    2019年より、ANAのマイル以降は40000マイルまでになりました。
    ひどい改悪です。
    ビジネスカードを使う方は10万マイル分以上は決済しているはずなので
    ポイントを1年で消化しきれないと思います。
    私の場合、ほかのエアラインに移行してANA便を予約しようかなと試行錯誤です。
    そんなのもあってJALカードを作ったので、アメックスを使うのを控えようかなとも
    思っています。
    アメックスは航空会社系のカード以外はマイル目当ての場合はダメですね。
    これでだいぶお客さんが減ると思われます。

    マイルを貯めたい方は素直に航空会社系のカードがいいと思います。
    また、私のように経費を法人カードで決済するような方は、何らかの作戦を
    練らないとダメですね。

    【ウェブサービス】
    とても見にくいし、ほかのサービスを見るのをなんだか
    よくわからないので、明細とポイントの確認しかしません。
    それ以外は電話した方が早いです・・・
    三井住友VISAと比較すると一昔前のような感じです・・・
    ただ、最近見たらWEB上で手続きできる事も増えていました。

    【優遇サービス】
    ホテルの上級会員になれるのですが、今までは個人PTだけだったのですが、
    最近ビジネスPTにもシャングリラホテルが加わりました。
    これは改善ですね。(個人的にめちゃ嬉しいです)
    ほかにはSPG(マリオット)、ヒルトンetcなども上級会員になれます。
    ですのでSPGアメックスは不要ですね。

    ちなみに、デスクですが、噂ほどのものではなく、結構断られます(笑)
    噂ではNOと言わないなんて言いますが、全然です。
    普通のカード会社のデスクよりも多少言葉遣いが丁寧なくらいですので
    過度な期待はしない方がいいと思います。
    私はマイルの移行、混雑時や緊急時のホテル予約くらいしか使いません。

    以前、札幌で寿司屋を紹介してもらったら高いだけで微妙な店でしたので
    そういうサービスも使わなくなりました。

    その他保険などが充実していますが、あまり使いませんね。
    またプライオリティパスの一番高い物が人数分申請でもらえますが
    あまり使いません。

    その他ETCカードは有料ですが、本人5枚、家族会員1枚ずつ持てます。

    【総評】
    ビジネスゴールドを使用していましたが、勧誘が半年に一回くらい
    送られてきていました。
    役員連中に都度精算するのが面倒でしたので、どうせ無料なので
    プラチナにしました。
    WEBはとにかく見にくいので、電話した方が何かと早いです。
    ただ、プラチナのデスクは24時間ですが、深夜早朝は「電話が込み合ってる」
    というアナウンスでなかなかつながりません・・・
    つながっても、アメックスの人じゃないみたいでイマイチ微妙な感じです。
    噂ほど使えませんのでご注意を!

    またアメックスのプラチナで・・・なんて眉唾話があるけど
    私はそういう経験がありません。
    普通のカードですよ。

    また個人で所有するなら個人のPTだと思いますが、私自身
    年会費ほどの魅力を感じないのが正直な感想です。

  • プロパーカードもってますが、お勤め関係で一枚持つことになりました。

    付帯サービス等も良いですし、どこかで決済ができなくなったり、困ったこともありませんでした。

    やはり三井住友系カードのいいところは、電話等の対応が非常に丁寧で、
    いつもき
    続きを読む もちのいい対応をしていただけることが一番かなと。

    ポイントザクザク貯まる系カードよりは還元率低いのですが、
    日本で使うに最も便利でステータス性も充実しているビジネスカードかなと思います。

法人カード・ビジネスカードのクチコミ

    • ナイスクチコミ57
    • 返信数3

    セゾプラと揶揄されることもあるのでちょっと恥ずかしい時もありますが、カードデザインはオリジナルのAMEX以上ですし、最高のコスパのカードだと思うので長期所持しています。しかし、ICカードになりセゾンマークが色つきになりがっかりです。なんとかデザインを 続きを読む 元に戻して欲しいものです。

  • このカードはあくまでセゾンカードであって、いわゆるアメリカン・エキスプレス・カードとは違うと思いますが、時々[THE AMERICAN EXPRESS NETWORK]からキャンペーンのメールが届き、そのキャンペーンにアメリカン・エキスプレス・カード 続きを読む としてカード番号を事前登録して参加することができます。

    私がこれまで事前登録して参加したキャンペーンとしては、2015年にはAmazon.co.jpで合計10,000円(税込)以上使用すると2,000円キャッシュバックするというものがありました。
    2016年と2017年はAmazon.co.jpで合計5,000円(税込)以上使用すると1,000円キャッシュバックするというものがありました。
    いずれも年後半でしたが、今年も同様のキャンペーンがあることを期待しています。

    また、今年は、まさに今キャンペーンの真っ最中なのですが、2018年4月19日(木)正午〜7月18日(水)のキャンペーン期間中に全国のマクドナルドの対象店舗にて1回1,000円(税込)以利用すると、20%キャッシュバックされるというキャンペーンが実施されています。
    ただし、「キャッシュバックはご登録いただいたカード1枚につき合計最大2,000円まで(カードご利用金額合計10,000円(税込)まで)です。」とのことです。

    このカードはあくまでセゾンカードですが、このようなキャンペーンにアメリカン・エキスプレス・カードと事前登録して参加することが」できるという点では、かなりお得なカードだと思います。

  • 事業目的で使用しています。たまにこちらの想像の遙か斜め上を行くようなことが起こるんですね。以下説明します。
    (長文すいません。予め謝っておきます)
    ・経緯
    AmazonのReserved Instanceをとある事業で使っております。簡単に言う
    続きを読む と1年間先払いすると通常のクラウドサービスより安く使えるというものです。これを購入しようとして(約200万ほどです)サポートに電話しました。以下時系列で
    4/18 サポートに電話、了承をもらう。また他の用途でも使っていたので350万をその日のうちに某社口座へ振込、振込後Amazonで購入。決済完了
    5/7 Amazonのインスタンス契約が何故か打ち切られていることを発見。 (1年契約なのに)Amazonサポートに連絡
    5/8 Amazonから連絡カードが落ちなくて契約を打ち切ったと連絡ありサポートに連絡。担当曰く
    サポート「高額な処理なので一旦止めております」
    小生「知ってる。だから前もって連絡したし金も振り込んだよ」
    サポート「・・・・・」
    小生「勝手に止めたの御社なので今日中に使えるようにしてください」
    サポート「それは出来かねます」
    小生「立場をわかっていないようですね。貴社が勝手に止めたおかけで
    通常インスタンスに振り返られてこっちは実害被ってます(計算したら約10万)こうやって無駄なやりとりしている間にもどんどん課金されていることをお忘れ無く」
    態度豹変のサポート氏一旦電話を切り10分後

    サポート「本日ご購入頂けます」
    小生「では損失分どうやって補填してくれるの?教えてください」
    サポート「・・・・・・」
    ↑一応謝るもの自分に非があるとは一切認めず。この時点で現場の担当者(言い方悪いが派遣社員風情)ではラチあかないと電話を切る。



    日頃やりとりのあるマネージャー氏に電話(追記するとこの人の厚意で必要に応じて通帳コピーを送ることにより枠を800確保してます。この人自体はとても親切)。不在ということで代わりの女性に事情を説明。20分後この女性から折り返しの電話あり。ひたすら平謝り。ここで100%あちらに非があると初めて認める。でも損失分はなんとかご勘弁を、と。正直この会社が払うわけないよなとこちらも納得出来ないが諦めるしかない。今後このようなことが無いようにお願いしますよと言って電話を切る。

    この会社マネージャ氏の恣意的、個人的な判断で与信が決まっている風に見受けられました。それ自体は融通が利くという側面もあり悪い点ばかりではありません。ただきちんと情報共有がされていないとこういうことになります。
    オペレーションとしては最低・最悪レベルですが(まあ現場のオペレーションがダメダメというのは外資によくあることです)、こういう会社を相手にする場合こちらが合わせるしかないんですよね。困ったもんです。


法人カード・ビジネスカードのQ&A

  • 法人・ビジネスカードの年会費は高いのでは?

    個人用カードとそれほど大きな差はありません。一般カードなら年会費無料のカードから、ゴールドカード、プラチナカードでも10,000円〜30,000円と、個人用カードとの差は殆どありません。

  • 法人カードは一般カードとゴールドカード、どちらがお得でしょうか?

    法人カードの多くはゴールドやプラチナカードのラインアップが多いようです。また審査によって利用枠の違いはありますが、限度額で比べた場合、一般カードでは100〜300万円、ゴールドカードですと500万円〜原則制限なしと広く設定されています。ビジネスで利用するのであれば限度額に余裕のあるゴールドカードなどが安心です。また、付帯保険や特典・サービス、ステータスにおいても、ゴールドカードを選ぶメリットは多いにあると言えるでしょう。

  • 法人カードでETCカードは発行されますか?

    殆どのカードでECTカードは発行されます。1枚の法人カードに対して複数枚ETC専用カードを発行することが可能です。車両毎にカードを作ることができるため、交通費の削減や経理処理の簡素化など効率化に役立ちます。

  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。ポイント還元率は価格.com独自の算出です。より正確な情報は各カード会社のホームページをご確認ください。
  • ※ 価格.com限定特典やその他の入会特典は各カード会社より提供されます。お申し込みの際は各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。

このページの先頭へ

  • クレジットカード
  • 法人カード・ビジネスカード価格.com

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止