価格.com

クレジットカード

ETCカード比較

比較リスト(0件)

ETCカード

ETCカード

ETCとは、高速道路や有料道路の料金を現金ではなくクレジットカードで支払うことによって、料金所をノンストップで通過することができるシステムです。料金所での支払いが簡便になるほか、料金の割引やスマートICの利用などさまざまなメリットがあります。ETCカードはクレジットカードに付帯するカードのため、高速料金に対するポイント還元やETC利用特典も受けられます。クレジットカードの特性も考慮してETCカードを選びましょう。

人気のETCカード

(対象カード内のランキング上位)
カード
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
特徴

ポイント還元率の高さが特徴。年会費永年無料のオリコの次世代カードです。

プライオリティ・パスが付いたアメックスのゴールドカードです

年会費無料で海外旅行保険の付いた即日発行可能なカードです。

年会費永年無料、楽天市場でいつでもポイントが4倍貯まるカードです。

マイ・ペイすリボの活用で、ポイント2倍や年会費が無料になるカードです。

年会費永年無料、Tポイントが貯まるYahoo! JAPANのカードです。

最大10万円のケータイ補償付き、ほかにも様々な優待特典が付いたカードです。

様々なビジネスサポートが受けられるセゾンプラチナカードです。

高いポイント還元率、年会費無料の39歳以下・WEB入会限定のカードです。

インターネット入会で初年度年会費無料。三井住友カードのゴールドカードです。

ユーザー満足度
年会費
無料
31,320円(初年度無料)
無料
無料
1,350円(初年度無料)
条件付無料 マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のカード利用で年会費無料
前年度利用合計額が300万円以上で年会費無料
無料
10,800円
21,600円
無料
10,800円(初年度無料)
ポイント還元率
1.00%〜2.20%
0.33%〜0.50%
0.50%〜0.62%
1.00%〜4.00%
0.50%〜1.00%
1.00%〜3.00%
1.00%〜4.00%
0.50%〜1.00%
1.00%〜2.50%
0.50%〜1.00%
詳細

ETCカードの特徴

  • ETCカードの作り方

    ETCカードは、クレジットカードを発行したうえで追加発行を行うのが一般的で、クレジットカードとは別に「ETC専用カード」として発行される分離型が主流となっています。ほとんどのクレジットカードでETCカードの追加発行ができますし、同時発行を申し込むことも可能です。すでにクレジットカードを持っていれば比較的簡単に作成できますが、発行手数料や別途年会費がかかる場合もあるので、申し込む前にしっかり確認しましょう。 「ETCカードの作り方」について詳しくはこちら

    ETCカードの作り方、申込方法、発行の流れ
  • ETCカードの種類

    ETCカードにはいくつか種類があり、もっとも一般的なのはクレジットカードを作ったうえで追加発行するタイプです。クレジットカードとETCカードが一枚になっている「一体型」とETC機能のみ別のカードにわかれている「分離型」の2種類があります。そのほかに、デポジット式の「ETCパーソナルカード」、法人向けの「法人ETCカード」、「ETCコーポレートカード」などがあります。 「ETC法人カード、ETCコーポレートカード」について詳しくはこちら

    ETCカードの種類
    一体型 クレジットカードとETCカードが1枚二役のものです。1枚でショッピングもETC利用もできてかさばらない反面、自動車の中に置き忘れて、盗難にあった場合などショッピング利用で被害を受ける可能性があります。
    分離型 クレジットカードとETCカードがそれぞれ独立した状態のものです。ETCカードはショッピングなどには利用できないので、仮に盗難にあっても道路料金のみの被害で済むという安心感から支持されており「分離型」が主流となっているようです。※ETCカードを自動車にセットしたまま離れてもよい、というわけではありません。
    ETCパーソナルカード 高速道路6会社が共同で発行するETCカード。デポジット(保証金)を預けることで作成でき、料金は後日指定口座からの引き落としとなります。クレジットカードの契約をすることもなく作成できますが、一枚あたり1,234円(税込)の年会費がかかり、高額なデポジットを預ける必要もあります。

ETCカードのメリット

  • ETCの割引サービス

    ETCカードを利用する最大のメリットとして、通行料の割引サービスがあります。曜日や時間、利用回数や対象エリアによって、最大50%割引になるようなサービスもあるので、うまく活用できれば通行料が大幅に節約できるようです。なお、ETCの割引サービスは道路会社ごとに実施状況が異なりますので、定期的にチェックしてみましょう。 「ETCの料金と割引サービス」について詳しくはこちら

    代表的なETC割引サービス
    深夜割引曜日や車両を問わず、毎日深夜0時〜4時の通行料が30%割引
    休日割引普通車と軽自動車(二輪車)を対象とした、土日祝日の地方高速での通行料が30%割引
    平日朝夕割引通勤時間帯(平日朝6〜9時、夕方17〜20時)に地方高速を頻繁に使うと利用回数に応じて最大で50%割引。
  • ETCマイレージが貯まる

    ETCの利用料に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントを通行料として還元できる「ETCマイレージサービス」。このサービスは、クレジットカードのポイントシステムとは別物で、ETCを利用すると、クレジットカード自体のポイントとETCマイレージポイントとがそれぞれ別々に貯まるというわけです。なお、ETCマイレージポイントを貯めるには、事前に登録を行う必要があります。 「ETCマイレージ」について詳しくはこちら

    • ETCマイレージポイント
    • ・通行料金10円毎に1ポイントが付与
    • ・ポイントの有効期限は最大2年間
    • ・1,000ポイント、3,000ポイント、5,000ポイントで還元可能
    • ※還元額への交換には手続きが必要(5,000ポイントたまると自動的で交換されるサービスもあり)
  • ETCカードを作るならクレジットカード

    「ETCカードだけを作りたい」という方には、NEXCO中日本などの高速道路会社が共同で発行する「ETCパーソナルカード」があります。1枚あたり1,234円(税込み)の年会費と、有料道路の月平均利用額に応じたデポジット(保証金)が、最低2万円が必要となります。比べて、クレジットカードに付帯されているETCカードは、年会費や発行手数料が無料となっているカードも多く、高速通行料の割引以外にも支払った通行料がポイントで還元されたり、ガソリン代が割引されるなど特典付きのカードなどがあります。どうしてもクレジットカードを発行できない事情がないかぎり、クレジットカードに付帯されたETCカードがおすすめです。

ETCカードのデメリット

  • ETC車載機など初期費用が必要

    あえてデメリットとしてあげるのであれば、「ETC車載機」の購入とセットアップの手間が掛かるところでしょうか。ETC車載機がなくても一般レーンでETCカードでのクレジット決済が行えますが、ETC時間帯割引などはETC無線走行が条件となるため、割引が適用されません。

    ETCの初期費用
    車載機の購入費用価格帯は5,000円〜30,000円ほど、10,000円前後が一般的です。その他取り付け工賃等(カーショップ等に依頼する場合)が1,000円〜5,000円程度。
    セットアップETCを利用するためには、ETC車載機に車両情報などを書き込む必要があります。この作業をセットアップといい、登録された店舗でしか実施できません。料金は大体3,000円前後が相場。なお、ETC管理団体であるITS-TEAが実施する「ETC普及促進キャンペーン」に参加しているセットアップ店舗では、情報発行料500円(ETC2.0の場合は650円)の割引があります。

ETCカードの選び方

  • 年会費

    ETCカードを1年間利用するために掛かる年会費。条件付きで年会費無料のカードもありますが、年に1度も利用しない場合でも支払う必要があることから、特別な理由がないかぎり年会費が無料のカードを選ぶことをおすすめします。クレジットカードの年会費も無料、ETCカードの年会費も無料といったカードも数多くあります。

  • 発行手数料

    年会費の他にETCカードの発行手数料がかかるカードがあります。できる限りコストを抑えたいのであれば、発行手数料がかからないカードがおすすめです。ETCカードにはクレジットカードと同じように、有効期限があります。発行手数料が有料の場合、更新手数料が発生する場合もあります。

  • 特典やプラスαの還元率

    車を良く利用する方なら、ポイント還元率が高いカードを選ぶのも良いでしょう。中にはETCカードの利用で通常より2倍のポイントがつくカードもあります。またガソリン代の割引や、利用額に応じてガソリン代や高速道路料金がキャッシュバックされる特典がつくカードなどがあります。

特集

PR
どんどん貯まるポイント生活!『ビックカメラSuicaカード』

お買い物で、基本11.5%相当のポイントが付いてくる! “還元率・最大級”と話題の『ビックカメラSuicaカード』でお得なポイントライフを満喫しちゃいましょう。

どんどん貯まるポイント生活!『ビックカメラSuicaカード』
ポイント還元率最大10%!家電量販店での割引もある「dカード GOLD」

高ポイント還元、携帯電話機のトラブル補償、家電量販店ではカード払いなのに割引率がアップ…!? など、ポインコ兄弟が特典と魅力を紹介します!

ポイント還元率最大10%!家電量販店での割引もある「dカード GOLD」
「アメックス・ゴールド・カード」の魅力とは?

ステータス性の高さに加え、旅先やレストランでお得に使えるアメックス・ゴールド・カード。そのメリットを余すことなくお伝えします。

「アメックス・ゴールド・カード」の魅力とは?

ETCカードをピックアップ

ドライバー向けサービスの付いたカード

ETC利用特典付きカード、ガソリン割引ありカードなど、ドライバー向けのカードをピックアップしました。

  • 楽天カード

    ENEOSとJOMOで楽天カードを利用すると、楽天スーパーポイントが通常の2倍(100円につき2ポイント)貯まります。ETC年会費は540円かかりますが、申し込み時点で楽天PointClubでのランクがプラチナ会員であれば初年度無料になります。

    人気ランキング 4位(一般カード3位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.00%〜4.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行
  • セディナカード

    クレジットカード、ETCカードともに年会費が永年無料。ETC発行手数料は1,080円かかりますが、ETC利用ではポイントが通常の1.5倍になるのが特徴です。ETC以外にも、携帯電話料金や海外ショッピング利用でポイントが1.5倍になるほか、入会時には3ヶ月間ポイントが3倍になる特典もついています。

    人気ランキング 42位(一般カード27位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
    本人年会費 無料 ポイント還元率 0.50%〜1.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 ショッピング
  • イオン首都高カード(WAON一体型)

    ETCカード利用で毎週日曜の首都高通行料金が5%オフ!また、タイムズの駐車場を利用するたびにタイムズポイントが貯まったり、首都高PAでお買い物をするとときめきポイントが5倍になったりと、首都高ユーザーにうれしい特典が満載です!

    人気ランキング 90位(一般カード56位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
    本人年会費 無料 ポイント還元率 0.50%〜5.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 ショッピング
  • コスモ・ザ・カード・オーパス

    クレジットカード、ETCカードとも年会費無料ながら、コスモ石油サービスステーションでガソリン・灯油が会員価格になるおトクなカード。入会後最大3ヶ月間、コスモ石油での燃料油料金を1Lにつき10円(最大500円)値引きする入会特典があります。

    人気ランキング 40位(一般カード25位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
    本人年会費 無料 ポイント還元率 0.50%〜2.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 ショッピング
  • シェル-Pontaクレジットカード

    昭和シェルで利用すると、給油1LにつきPontaポイントが2ポイント貯まります。家族カード・ETCカードが追加発行できるほか、かざすだけで給油の注文・支払い等が可能な「Shell EasyPay」も利用可能! ETCカードは発行手数料1,080円、年会費は初年度無料です。

    人気ランキング 92位(一般カード58位) 国際ブランド VISA
    本人年会費 1,350円(初年度無料) ポイント還元率 1.00%〜4.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、ショッピング
  • JCBドライバーズプラスカード

    ポイントは付きませんが、1ヶ月のカード利用金額が3万円以上であれば、利用額に応じて最大6,000円分もガソリン料金や高速道路料金がキャッシュバックされるカードです。クレジットカードが使える高速道路やガソリンスタンドであれば、すべてキャッシュバック対象になるので、利用経路が不特定の方でもおトク。

    詳細を見る
    人気ランキング 265位(一般カード176位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 1,350円(初年度無料) ポイント還元率
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 ショッピング

ETCカードの使い方

  • ETCカードの使用

    ETCカードを車載機に挿入するだけで、ETCシステムが利用できるようになります。また、ETCカードとETC車載機はどんな組み合わせでも使用できるので、レンタカーや他者の車で自身のETCカードを使って支払うこともできます。

  • レンタカーでも利用可能

    ETCカードはどの自動車・どのETC車載機でも使うことができます。レンタカーや他社の車でも、自身のETCカードを使って支払うことができますし、逆に自分の自動車で他人のETCカードを使うことも可能です。

  • 一般レーンでも精算ができる

    ETC対応レーンがない、または事故や故障などで使用できない状態であっても、一般レーンで係員にETCカードを手渡しすれば、ETCカード利用として精算することができます。しかし、手渡し精算では各種割引サービスを受けられないケースがあります。

  • 自分で利用証明書を発行する必要がある

    ETC利用では領収書が発行されません。ETCで利用証明書を発行する場合は、ETC利用照会サービスに登録したうえで、自ら印刷する必要があります。 「ETCカードの使い方」について詳しくはこちら

ETCカードのレビュー・評価

  • デザイン:まあ普通。ただ、以前の同一カード「DCMX」に比べるとあまりにもあっさりした感じでゴールドという感じは全然しない。うれしいかは人によるでしょうが、今だとポインコデザインが選べます。いつまでやってるのかは知りません。
    ステータス:通常カード
    続きを読む とほとんど同じ審査レベルじゃないかレベルなので皆無に等しい。

    ※あまりに間違ったレビューが多すぎるので再度強調します。

    ※※※単純にドコモの支払い千円あたりで100ポイントが丸々付くわけではありません。

    ※※※分割金とそれに対する割引、月々サポートには適用されないのです。

    例えば料金が税抜12000円で本体分割税抜3000円、月々サポート税抜3000円の場合(※通常分割とサポートは税込なので注意)、
    ポイントが付くのは料金12000円から月サポ3000円を引いた「税抜」9000円に対してです。
    その上で9000円を超える場合月900ポイント*12ヶ月=年間10800ポイント貯まるので、この計算で10800円(年間10800ポイント)を超えないと得しません。
    また、あくまでドコモの基本料金、ドコモのオプション(一部除く)のみが上記の「料金」であって、当然ながら他社通話(0570などの有料電話)やGoogleやAppleなどへの課金、ケータイ払いなどは含みません。
    単純に本体を一括で支払っていれば料金12000-月サポ3000=9000円なのでわかりやすいかと思います。

    ドコモ光についてはペア回線携帯に割引が入りますが丸々ポイントになります。
    例えばマンションAタイプだと月額4000円なので400*12=年間4800ポイント、戸建てA 5200円+光電話 500円+ナンバーディスプレイ 400円だと月額6600円なので600*12=年間7200ポイントとなり10800円を超える可能性が一気に高まります。

    尚、家族カードは一枚目無料、二枚目以降一枚1000円で三枚まで持てるので、買い替えをしない回線ほどポイントが貯まります。一枚目は無料のため、二回線を足した数字(※百の位は切り捨ててから足すこと)が10000円を超えれば得します。
    特に買い替えをしてないiモードの回線あたりは下手な最新スマホよりポイントが貯まったりします。

    ウェブサービス:閲覧する上では特に問題なし。
    優遇サービス:2015年12月からドコモのポイントはまた改悪しましたが(1ポイント1円+消費税から1ポイント1円に変更)、ゴールドカードに限っては利点もあり。まずゴールドでなくてもできますが2017年6月から1ポイント1円からドコモの料金に充てられるようになります(2017年5月までは3000ポイント以上から100ポイント単位)。また、ローソン、マクドナルドでの買い物が3%引きになるのも利点(マックは2017年5月末まで)。この二店舗とその他ではポイントカード機能でクレジット1%にポイントカード分1%(かそれ以上)が付きます。尚、一部高額商品の店舗ではポイントカード0.5%の場合もあり(クレジットは当然1%付きます)。
    どこぞのTカードでよくポイント3倍とやってますが、あれはソフトバンク参入時あたりに標準が1%から0.5%に一律下がったので3倍でも1.5%ですからどうぞ騙されないように。

    あと、年々値上がりしてるケータイ補償ですが、ゴールドカードは全損、水没であれば10万円まで補償してくれるのでケータイ補償を外す方がいますが、dカードの人曰くかなり審査は厳しいとのこと、普通の故障では取り扱ってくれないのでどんな状況であれドコモのケータイ補償は外さないほうが身のためです。一応手順を書いておきますが、重度の事故(水没や全損)が起きた場合、最寄りのドコモショップへ来店し、そこでゴールドのセンターへ連絡。センター指定の機種をゴールドカードで一括購入してからセンターで審査、となりますので、審査が通らなければ一括金額全額支払いとなります(強制リボ設定除く)。

    満足度:問題は上記の意味での月額9000円(というよりはプラスになるには10000円)という分岐点を超えるかどうかです。超えるようであれば作る価値あり、そうでなければケータイ補償を外す勢いででもないと得しません。シェアパック10以上の親回線(シェア10分割オプションなしで平均年間9600〜12000ポイント)、ドコモ光ペア回線(光単独で年間マンション4800ポイント、戸建て6000ポイント)、2年以上機種変更してない(今後もする予定のない)回線であればかなりお得になるはず。

    ちなみにドコモは「ドコモ光」「dカードゴールド」「タブレット」を勧めてきますが、タブレットなんてのは欲しいやつが買えばいいんです。
    ただ、ドコモ光とdカードゴールドは本当に得する人がいるのでフレッツ光の人はドコモ光の検討を、ドコモ光、上位シェアパックにした人はdカードゴールドの検討をしたほうがいいですよ、ということです。
    料金体系にもよりますがau、ソフトバンクよりは圧倒的に得するはずです。

    少し補足。
    dカードではレギュラー(銀色)含め、ドコモの支払いには1%ポイントが付きません。なので別クレジットで支払ったほうが得。月額トータル3万円支払っていれば1%のクレジットであれば月300円貯まります。
    尚、dカードは通常の買い物は100円で1%貯まります。エネオスなど特約店ではポイントが2%貯まります。
    今はほとんどないですが春にあった月サポゼロ(本体金額減額)などのときに購入すれば月サポで減額されないためお得。そういうときに買った方は狙い目です。
    また、家族の回線を全て同一名義で作っている場合はカードを作る/作った際にカードと家族の名前を紐づけしないといけません。紐づけするまではポイントが貯まらないので注意。
    総額10%還元でないことは確かですが、家族回線含め月々3万以上払っている方は得するケースが多い(光回線がある場合は一万半ばでも)ので、このカードを作った場合得するかどうか計算してみてはいかがでしょうか。

  • 酷評されているのがイマイチ理解できません。
    虎視眈々と、お得に作成できるキャンペーンの時期を狙い、高還元率のポイントサイト経由で申し込み完了。たったこれだけで現金1万円getプラス楽天ポイント8000ポイントgetです。
    サイトがわかりにくい?何
    続きを読む 故カード申し込み前にサイトのクオリティを確認しないの?もしくは確認してややこしいと思った時点で申し込みを断念すれば良かったのでは?
    エントリーもせずに勝手にポイントがつくと思った?銀行のカードでも特典が受け取れると思った?全ては思い込みであり、ご自身の過失では?そんな、都合よく対応してくれて高還元率なカードなんて、存在するとは思えません。

    デザイン、どんなカードだろうが、別に気にしたことありません。
    ステータス????!?今時こんなくだらない理由で高い年会費を支払う方、いらっしゃるんですか…すごい世界ですねwww

    正直、システムが複雑なことに間違いはありません。なので、情弱の方には不向きなカードと言えるでしょう。楽天市場のアプリ経由でこのカードを使用し楽天で買い物をすれば、常にポイント3倍です。
    有効期限のあるポイントを優先的に使えば、こんな都合の良いカードはありません。
    楽天市場以外では、ポケットカードをヘビーユーズしています。は?ポイントがなに?現金で毎回1%引きなんて、これ以上のサービス無いでしょう。

    全ては調べること。慎重になること。あらゆる可能性を考えること。これじゃないでしょうか。問い合わせ、何故みなさん電話でしようとするのか…このご時世、ごまんと存在する個人の疑問やクレームに対するオペレーターの人件費を割く会社があるでしょうか?そんなに甘くはできていません。
    楽天の問い合わせは、チャット形式でできるものがあり、こちらが便利です。詳細はメールしてくれます。それでもわからない場合は、しつこく問い合わせをしましょう。それが、サービスの恩恵を受ける側の態度では。
    お客様は、神様ではありません。

ETCカードのクチコミ

ETCカードのQ&A

  • ETCカードを作るにはどれくらい時間がかかりますか?

    発行にかかる時間は、カード会社や審査状況によって異なるため一概には言えませんが、大体2〜3週間程度はかかるとみておいたほうがいいでしょう。特に、ゴールデンウィークや年末年始などの大型連休前には、申し込みが増えるため発行にも時間がかかるようです。また、クレジットカードと同時に申し込んでも、クレジットカードとETCカードは別送となることが多々あります。クレジットカード自体が「最短即日発行」「最短3営業日発行」であっても、ETCカードが同時に入手できるとはかぎらないので、事前にしっかり各社サイトの詳細情報をチェックしましょう。

  • 即日発行可能なETCカードはありますか?

    クレジットカードについては即日発行できるものが何枚かあります。ただ、ETCカードについては、即日発行ができると明記しているカード会社はないようです。 対応が早いところだと、セゾンカードインターナショナルとPARCOカードが、クレジットカードは即日、ETCカードは最短3営業日発送となっています。

  • ETCカードは家族カードでも作ることは出来るのでしょうか?

    クレジットカードで家族カードを発行することができれば、それに付随したETCカードの発行が可能です。家族カードでETCカードを発行した場合、その親となるカードに請求されます。支払いをまとめることでお得なポイントも効率的に貯めることができます。

  • 自分のETCカードは、レンタカーや他人の車でも使えますか?

    はい、使用できます。ETC車載機がセットアップされている車であれば、お持ちのETCカードを挿入して支払いが行えます。また、自分の自動車でも他人のETCカードを利用することができます。

  • デビット、VISAデビットETCカードにできますか?

    デビットカードでETCカードを作ることはできません。ETCは基本的に、クレジットカードと同じく後払いシステムですが、VISAデビットなどのデビットカードは、利用したタイミングで口座から料金が引き落とされる即時決済システムです。決済の仕組みが違うため、現状は利用できません。

  • バイクでETCを使うにはどうすればいいですか?

    バイクでETCを使う場合でも、基本的には自動車とかわりません。ETCカードを発行し、ETC車載機を購入して、専門店でセットアップを行えばOKです。ただしバイクの場合、自動車と違ってETC車載機が外側にむき出しになるので、雨風にも耐えうる耐久性と防水性のあるETC車載機を購入する必要があります。

  • ETCカードを紛失したり、盗難された場合はどうすればいいですか?

    クレジットカード同様、クレジットカード発行会社に連絡してカードの使用を停止し、再発行を依頼します。ETCカードとクレジットカードが分離しているタイプであれば、盗難されたとしてもショッピング利用で悪用されることはありませんが、道路料金支払いで悪用されてしまう危険性があります。また、ETCマイレージサービスについても停止し、カードの再発行で番号がかわった場合には更新手続きを行います。

ETCカードの関連記事

  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。ポイント還元率は価格.com独自の算出です。より正確な情報は各カード会社のホームページをご確認ください。
  • ※ 価格.com限定特典やその他の入会特典は各カード会社より提供されます。お申し込みの際は各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。

このページの先頭へ

  • クレジットカード
  • ETCカード価格.com

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止