価格.com

クレジットカード

家族カード

比較リスト(0件)

家族カード

家族カード

家族カードとは、クレジットカードの所有者である本会員の家族が、本会員と同じカードを追加で発行できるカードのことです。一般的に、カード発行は専業主婦やパート・フリーターの方は収入面で不利とされますが、本会員の信用によりカードを発行することができます。また、家族カードの機能や受けられるサービスは、本会員が持つカードと同じ内容であることがほとんどです。

人気の家族カード

(対象カード内のランキング上位)
カード
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
特徴

ポイント還元率の高さが特徴。年会費永年無料のオリコの次世代カードです。

年会費永年無料、楽天市場でいつでもポイントが3倍貯まるカードです。

最大10万円のケータイ補償付き、ほかにも様々な優待特典が付いたカードです。

年会費永年無料、Tポイントが貯まるYahoo! JAPANのカードです。

JACCSモールで還元率1.75%。高還元率のジャックスカードです。

インターネット入会で初年度年会費無料。三井住友カードのゴールドカードです。

マイ・ペイすリボの活用で、ポイント2倍や年会費が無料になるカードです。

お手頃な年会費で福利厚生サービス「Orico Club Off」が利用できるカードです。

お買い物だけじゃない、銀行金利もお得なイオンカードです。

高いポイント還元率、年会費無料の39歳以下・WEB入会限定のカードです。

ユーザー満足度
年会費
無料
無料
10,800円
無料
無料
10,800円
1,350円
条件付無料 ※マイ・ペイすリボの登録+年1回以上のカード利用で年会費無料
1,950円
無料
無料
ポイント還元率
1.00%〜2.00%
1.00%〜3.00%
1.00%〜4.00%
1.00%〜3.00%
1.25%〜1.50%
0.50%〜1.00%
0.50%〜1.00%
1.00%〜2.50%
0.50%〜1.33%
1.00%
詳細

家族カードの特徴

  • 家族カードとは?

    家族カードは、本会員カードの追加カードとして発行されます。本会員カードとは別のカードなので、配偶者や子供用などの用途で作ることができます。枚数制限はありますが複数枚発行することができます。

  • 家族カードは審査が通りやすい

    家族カードのカード発行における審査は、家族本人ではなく本会員の信用情報が適用されます。本会員がカード発行後に大きくカード情報の信用を損ねない限り、基本的に無審査で家族カードを発行することができます。

  • 家族カードの名義人は利用者本人である

    家族カードの名義人は本会員に設定されるのではなく、それぞれのカードに対し設定されます。配偶者向けに作ったカードは配偶者が、子供向けに作ったカードは子どもが名義人となります。

  • 家族カードの引き落とし口座は本会員カードの口座である

    家族会員が利用したカード利用金額の引き落としは、基本カード毎に分けることはできず、本会員の口座より一括しての引き落としとなります。

  • 家族カードの暗証番号は任意で決められる

    カードで支払う際に求められるカードの暗証番号は、家族カード申し込みの際カード毎に任意での番号を決めることができます。そのため、本会員の番号とは別の番号で設定可能です。

家族カードのメリット

  • 年会費が安い

    家族会員のカード年会費は、基本、本会員よりも安く設定されています。グレードが高く、本会員カードの年会費が高いカードの場合、家族カードの年会費が無料のカードもあります。家族カードの年会費が安いことで、家族全体でのカードの維持費用を安く抑えることができます。

  • 本会員カードと同額補償の保険が付帯している

    本会員カードに付帯保険のサービスが付いている場合、家族カードにも同額補償の保険が付帯されています。もともと本会員カードには、家族も保険が適用される家族特約が付いていますが、本会員よりも低額の補償です。家族旅行で何かしらのトラブルに巻き込まれ、カードの付帯保険で補償を受けることができる場合、本会員だけでなく家族全員が同じ補償を受けられることはとても安心です。

  • ポイントが貯まりやすい

    家族カードで利用した金額に対するポイントは、本会員に対して付与されます。家族カードを利用することで、複数人でまとめてポイントを貯めることができるので、ポイントが貯まりやすいことはメリットと言えます。

  • 専業主婦やパート・フリーターでもゴールドカードが持てる

    専業主婦やパート・フリーターの方は、収入がない、もしくは少ないという点で審査が通りにくいと一般的に言われます。家族カードは本会員に対しての審査により発行されるものですので、本会員カードがゴールドカードの場合、家族会員もゴールドカードを発行することができます。

家族カードのデメリット

  • 利用可能枠が本会員カードと共有である

    家族カードの利用可能枠は本会員カードと共有であり、例えば、本会員カードのショッピング利用可能枠が50万円で、すでに本会員のカードで10万円、家族カードで30万円使っていたとすると、その月は本会員と家族会員合わせて残り10万円しか利用できないということになります。そのため、家族全員での利用状況を考えながらカード利用をする必要があります。

  • 利用明細は本会員カードと家族カードで一つ

    家族カードの引き落とし口座は本会員カードの口座であるため、家族会員が本会員に見られたくない利用があったとしても、利用内容がわかってしまいます。プライバシーが保たれないので不都合が起きる可能性があるかもしれません。

  • 家族会員のクレジットヒストリーは育たない

    カード利用者の情報は「信用情報機関」である民間団体に登録されます。そこに登録されている情報はクレジットヒストリーと呼ばれ、カード利用者の信用情報となります。家族カードは本会員カードの追加カードとして発行されるため、本会員自体のクレジットヒストリーは蓄積されません。つまり、家族カード利用者の信用情報は何も育たないということになります。

家族カードの選び方

  • 年会費無料のカードを選ぶ

    「キャッシュレスにさえできればよい」など、最低限のカード機能があればよいという方には、年会費の安さを重視して選ぶ方法がよいでしょう。本会員カードも家族カードも無料で発行できるカードもあります。

  • 家族カードの付帯サービスで選ぶ

    空港ラウンジが利用できたり、付帯保険が充実しているカードは、基本ゴールドカード以上で年会費も高いものが多いです。しかし、家族旅行に行く機会が多く、空港ラウンジを家族みんなで利用したい、また万一のときに備え海外・国内旅行保険の付帯保険が充実しているカードがよいなどの目的がある場合は、維持費が高くてもカードのサービスの充実度でカードを選ぶのもよいでしょう。

    航空会社 日本航空 全日本空輸 デルタ航空 ユナイテッド航空
    マイル名 JALマイル ANAマイル スカイマイル マイレージプラス
    アライアンス ワンワールド(14社) スターアライアンス(28社) スカイチーム(20社) スターアライアンス(28社)
    マイル有効期限 利用月から3年間 利用月から3年間 なし 利用月から1年半 ※
    マイル譲渡 両親・配偶者・子供のみ可能 両親・配偶者・子供のみ可能 制限なし 制限なし

    ※ 1年半の間にマイルの増減があれば更に1年半延長となる。のこと。

  • ポイント還元率で選ぶ

    カード利用の目的がポイントやマイルを貯めることであれば、ポイント還元率が高いカードを選ぶのがよいでしょう。家族全員でポイントを貯めることで、より多くのポイントを貯めることができ、更にマイルに移行することもできます。還元率が高い上に、家族カードが無料で発行できるカードもあります。

特集

PR
目利きが選ぶメインカード! ダイナースクラブカードの魅力を徹底紹介

50年以上の歴史を持ち、プライベートでも、ビジネスシーンでも一歩先の満足をもたらす「ダイナースクラブカード」。その魅力と、年会費を超える価値を持つ多彩なサービスを紹介します。

目利きが選ぶメインカード! ダイナースクラブカードの魅力を徹底紹介
「法人カードを持つべき理由」と、価格.com2018年上半期 第1位のカードを徹底解説!

ビジネスオーナーなら、クレジットカードは個人用とビジネス用で分けて持つべき。その理由を解説するとともに、人気法人カード「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」の魅力をご紹介します。

「法人カードを持つべき理由」と、価格.com2018年上半期 第1位のカードを徹底解説!

家族カードをピックアップ

本会員と家族会員の年会費が無料であるカード

本会員・家族会員共に年会費が無料のカードがあります。カードの維持費用自体がかからないことになりますので、最低限のカード機能があればよいという方向けです。

  • 楽天カード

    年会費永年無料、楽天市場でいつでもポイントが3倍貯まるカードです。

    人気ランキング 2位(一般カード2位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB、AMEX(アメックス)
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.00%〜3.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行
  • ライフカード

    年会費無料、誕生月に利用するとポイントが3倍になるカードです。

    人気ランキング 32位(一般カード18位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
    本人年会費 無料 ポイント還元率 0.50%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険
  • セディナカード

    セブン-イレブンとイオンでポイントが3倍貯まるセディナカードです。

    人気ランキング 38位(一般カード22位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
    本人年会費 無料 ポイント還元率 0.50%〜1.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 ショッピング
  • リクルートカード

    高還元率でリクルートポイントが貯まり、Pontaポイントにも交換ができるカードです。

    詳細を見る
    人気ランキング 73位(一般カード44位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB、銀聯(UnionPay)
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.20%〜3.20%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • イオンカードセレクト

    お買い物だけじゃない、銀行金利もお得なイオンカードです。

    人気ランキング 10位(一般カード7位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
    本人年会費 無料 ポイント還元率 0.50%〜1.33%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 ショッピング
  • Yahoo! JAPANカード

    年会費永年無料、Tポイントが貯まるYahoo! JAPANのカードです。

    人気ランキング 5位(一般カード4位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.00%〜3.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 ショッピング

家族会員の年会費が無料でポイント還元率が1%以上のカード

ポイントの還元率が1%以上のカードでも、家族カードの年会費が無料のカードがあります。ポイントを貯めることが目的である場合は、カードを作り家族で貯めるのも賢い貯め方と言えます。

  • 楽天カード

    年会費永年無料、楽天市場でいつでもポイントが3倍貯まるカードです。

    人気ランキング 2位(一般カード2位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB、AMEX(アメックス)
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.00%〜3.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行
  • リクルートカード

    高還元率でリクルートポイントが貯まり、Pontaポイントにも交換ができるカードです。

    詳細を見る
    人気ランキング 73位(一般カード44位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB、銀聯(UnionPay)
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.20%〜3.20%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • Yahoo! JAPANカード

    年会費永年無料、Tポイントが貯まるYahoo! JAPANのカードです。

    人気ランキング 5位(一般カード4位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.00%〜3.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 ショッピング
  • JCB CARD W

    高いポイント還元率、年会費無料の39歳以下・WEB入会限定のカードです。

    人気ランキング 12位(一般カード9位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、ショッピング
  • Orico Card THE POINT

    ポイント還元率の高さが特徴。年会費永年無料のオリコの次世代カードです。

    人気ランキング 1位(一般カード1位) 国際ブランド MasterCard、JCB
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.00%〜2.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険

家族会員も国内空港ラウンジが使えるカード

国内空港ラウンジが使えるカードの場合、家族カード会員も同様に利用することができます。家族会員ではない場合だと別途利用料金がかかってしまうので、旅行頻度が多い方は家族カードを発行して空港ラウンジを利用するとよいでしょう。

  • 楽天ゴールドカード

    国内主要空港に加え、ホノルル・仁川国際空港ラウンジが利用できるカードです。

    人気ランキング 15位(ゴールドカード4位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
    本人年会費 2,160円 ポイント還元率 1.00%〜5.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行
  • JCBゴールド

    海外利用でポイント2倍。JCBオリジナルシリーズのゴールドカードです。

    人気ランキング 29位(ゴールドカード10位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 10,800円(初年度無料) ポイント還元率 0.50%〜1.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • dカード GOLD

    最大10万円のケータイ補償付き、ほかにも様々な優待特典が付いたカードです。

    人気ランキング 4位(ゴールドカード1位) 国際ブランド VISA、MasterCard
    本人年会費 10,800円 ポイント還元率 1.00%〜4.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • MUFGカード ゴールド

    記念月ポイント1.5倍。MUFGの年会費の安いゴールドカードです。

    人気ランキング 35位(ゴールドカード12位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB、銀聯(UnionPay)
    本人年会費 2,057円(初年度無料) ポイント還元率 0.47%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

    旅に役立つサービスが利用できるセゾンアメックスのゴールドカードです。

    人気ランキング 31位(ゴールドカード11位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 10,800円(初年度無料) ポイント還元率 0.75%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング

家族カードのレビュー・評価

  • デザイン:まあ普通。ただ、以前の同一カード「DCMX」に比べるとあまりにもあっさりした感じでゴールドという感じは全然しない。うれしいかは人によるでしょうが、今だとポインコデザインが選べます。いつまでやってるのかは知りません。
    ステータス:通常カード
    続きを読む とほとんど同じ審査レベルじゃないかレベルなので皆無に等しい。

    ※あまりに間違ったレビューが多すぎるので再度強調します。

    ※※※単純にドコモの支払い千円あたりで100ポイントが丸々付くわけではありません。

    ※※※分割金とそれに対する割引、月々サポートには適用されないのです。

    例えば料金が税抜12000円で本体分割税抜3000円、月々サポート税抜3000円の場合(※通常分割とサポートは税込なので注意)、
    ポイントが付くのは料金12000円から月サポ3000円を引いた「税抜」9000円に対してです。
    その上で9000円を超える場合月900ポイント*12ヶ月=年間10800ポイント貯まるので、この計算で10800円(年間10800ポイント)を超えないと得しません。
    また、あくまでドコモの基本料金、ドコモのオプション(一部除く)のみが上記の「料金」であって、当然ながら他社通話(0570などの有料電話)やGoogleやAppleなどへの課金、ケータイ払いなどは含みません。
    単純に本体を一括で支払っていれば料金12000-月サポ3000=9000円なのでわかりやすいかと思います。

    ドコモ光についてはペア回線携帯に割引が入りますが丸々ポイントになります。
    例えばマンションAタイプだと月額4000円なので400*12=年間4800ポイント、戸建てA 5200円+光電話 500円+ナンバーディスプレイ 400円だと月額6600円なので600*12=年間7200ポイントとなり10800円を超える可能性が一気に高まります。

    尚、家族カードは一枚目無料、二枚目以降一枚1000円で三枚まで持てるので、買い替えをしない回線ほどポイントが貯まります。一枚目は無料のため、二回線を足した数字(※百の位は切り捨ててから足すこと)が10000円を超えれば得します。
    特に買い替えをしてないiモードの回線あたりは下手な最新スマホよりポイントが貯まったりします。

    ウェブサービス:閲覧する上では特に問題なし。
    優遇サービス:2015年12月からドコモのポイントはまた改悪しましたが(1ポイント1円+消費税から1ポイント1円に変更)、ゴールドカードに限っては利点もあり。まずゴールドでなくてもできますが2017年6月から1ポイント1円からドコモの料金に充てられるようになります(2017年5月までは3000ポイント以上から100ポイント単位)。また、ローソン、マクドナルドでの買い物が3%引きになるのも利点(マックは2017年5月末まで)。この二店舗とその他ではポイントカード機能でクレジット1%にポイントカード分1%(かそれ以上)が付きます。尚、一部高額商品の店舗ではポイントカード0.5%の場合もあり(クレジットは当然1%付きます)。
    どこぞのTカードでよくポイント3倍とやってますが、あれはソフトバンク参入時あたりに標準が1%から0.5%に一律下がったので3倍でも1.5%ですからどうぞ騙されないように。

    あと、年々値上がりしてるケータイ補償ですが、ゴールドカードは全損、水没であれば10万円まで補償してくれるのでケータイ補償を外す方がいますが、dカードの人曰くかなり審査は厳しいとのこと、普通の故障では取り扱ってくれないのでどんな状況であれドコモのケータイ補償は外さないほうが身のためです。一応手順を書いておきますが、重度の事故(水没や全損)が起きた場合、最寄りのドコモショップへ来店し、そこでゴールドのセンターへ連絡。センター指定の機種をゴールドカードで一括購入してからセンターで審査、となりますので、審査が通らなければ一括金額全額支払いとなります(強制リボ設定除く)。

    満足度:問題は上記の意味での月額9000円(というよりはプラスになるには10000円)という分岐点を超えるかどうかです。超えるようであれば作る価値あり、そうでなければケータイ補償を外す勢いででもないと得しません。シェアパック10以上の親回線(シェア10分割オプションなしで平均年間9600〜12000ポイント)、ドコモ光ペア回線(光単独で年間マンション4800ポイント、戸建て6000ポイント)、2年以上機種変更してない(今後もする予定のない)回線であればかなりお得になるはず。

    ちなみにドコモは「ドコモ光」「dカードゴールド」「タブレット」を勧めてきますが、タブレットなんてのは欲しいやつが買えばいいんです。
    ただ、ドコモ光とdカードゴールドは本当に得する人がいるのでフレッツ光の人はドコモ光の検討を、ドコモ光、上位シェアパックにした人はdカードゴールドの検討をしたほうがいいですよ、ということです。
    料金体系にもよりますがau、ソフトバンクよりは圧倒的に得するはずです。

    少し補足。
    dカードではレギュラー(銀色)含め、ドコモの支払いには1%ポイントが付きません。なので別クレジットで支払ったほうが得。月額トータル3万円支払っていれば1%のクレジットであれば月300円貯まります。
    尚、dカードは通常の買い物は100円で1%貯まります。エネオスなど特約店ではポイントが2%貯まります。
    今はほとんどないですが春にあった月サポゼロ(本体金額減額)などのときに購入すれば月サポで減額されないためお得。そういうときに買った方は狙い目です。
    また、家族の回線を全て同一名義で作っている場合はカードを作る/作った際にカードと家族の名前を紐づけしないといけません。紐づけするまではポイントが貯まらないので注意。
    総額10%還元でないことは確かですが、家族回線含め月々3万以上払っている方は得するケースが多い(光回線がある場合は一万半ばでも)ので、このカードを作った場合得するかどうか計算してみてはいかがでしょうか。

  • 酷評されているのがイマイチ理解できません。
    虎視眈々と、お得に作成できるキャンペーンの時期を狙い、高還元率のポイントサイト経由で申し込み完了。たったこれだけで現金1万円getプラス楽天ポイント8000ポイントgetです。
    サイトがわかりにくい?何
    続きを読む 故カード申し込み前にサイトのクオリティを確認しないの?もしくは確認してややこしいと思った時点で申し込みを断念すれば良かったのでは?
    エントリーもせずに勝手にポイントがつくと思った?銀行のカードでも特典が受け取れると思った?全ては思い込みであり、ご自身の過失では?そんな、都合よく対応してくれて高還元率なカードなんて、存在するとは思えません。

    デザイン、どんなカードだろうが、別に気にしたことありません。
    ステータス????!?今時こんなくだらない理由で高い年会費を支払う方、いらっしゃるんですか…すごい世界ですねwww

    正直、システムが複雑なことに間違いはありません。なので、情弱の方には不向きなカードと言えるでしょう。楽天市場のアプリ経由でこのカードを使用し楽天で買い物をすれば、常にポイント3倍です。
    有効期限のあるポイントを優先的に使えば、こんな都合の良いカードはありません。
    楽天市場以外では、ポケットカードをヘビーユーズしています。は?ポイントがなに?現金で毎回1%引きなんて、これ以上のサービス無いでしょう。

    全ては調べること。慎重になること。あらゆる可能性を考えること。これじゃないでしょうか。問い合わせ、何故みなさん電話でしようとするのか…このご時世、ごまんと存在する個人の疑問やクレームに対するオペレーターの人件費を割く会社があるでしょうか?そんなに甘くはできていません。
    楽天の問い合わせは、チャット形式でできるものがあり、こちらが便利です。詳細はメールしてくれます。それでもわからない場合は、しつこく問い合わせをしましょう。それが、サービスの恩恵を受ける側の態度では。
    お客様は、神様ではありません。

  • スッカスカの審査でカードをばら撒きすぎたのか、、、ブラックな輩をたくさん抱えてしまったのでしょうか。 優良顧客を排除しだす始末。。終わってます。

  • 【ポイント・マイル】
    貯まりやすい
    【付帯サービス】
    悪くない
    【会員専用サイト】
    見易い
    【申込手続き】
    普通
    【デザイン】
    ダサいので買い物の時は少し恥ずかしい
    【ステータス】
    、、、
    【総評】
    確かにポイント貯まります
    続きを読む
    使い勝手も凄くいいですが、決定的な欠点として
    限度額が恐ろしいくらい少ないので、楽天カードをメインで使ってます。
    yjカードは何と限度額が30万しかありません。100円の買い物もカードを使うので毎月の請求は10万を当たり前に超えます。
    すると、支払い日との時間差で限度額を超えてカードが使えない時期が出てきます。
    ちなみに現在保有の他社カードの限度額は1番少ないのでも100万です。その他、一般カードから使いゴールドに格上げになったカードもありますが、何故かこのカードだけは限度額ご異常に少ない為ポイント還元いいのを分かりながら今は楽天カードをメインで使ってます。
    限度額変更の申請をしてもダメでした👎非常に残念なカードです。

家族カードのクチコミ

    • ナイスクチコミ1422
    • 返信数40

    4月末、楽天カード入会5000ポイントにつられて、入会サイトから入会。
    9月になってもポイントがつかないので、楽天カードサイトからメールで問い合わせ。
    ところが、『入会ポイントキャンペーンにエントリーがなかったので、対象外』との回答がメールできた
    続きを読む
    カード入会時、キャンペーンエントリーボタンをクリックし、案内通り契約したので
    納得できないので、電話で説明しろとメールしても、メールで同じ回答がくる。非常に頭にくる。
    楽天は、会社ぐるみで、ポイント対象外との名目をつけて、支払わない詐欺をしてる。
    入会ポイント 2000、キャンペーンポイント 1000、初回利用ポイント 2000、計5000ポイントと宣伝しているが、
    何かと理由をつけて 入会ポイント2000だけしか支払わない手口でカード契約を勧誘している。
    このような詐欺に遭っているのは私だけでないと知りました。消費者センターへ通報します。
    3000ポイントが惜しいというより、このような手口がまかり通るのが許せないからです。
    みなさん、どのような被害にあったか、書き込み願います。泣き寝入りはやめよう。

    • ナイスクチコミ2
    • 返信数4

    入会を考えていますが、今は申し込みのタイミングとしていかがでしょうか?私にとってはせっかくの高額出費なので、お得なタイミングで入会したいです。

  • 普段ローソンではdカード(モバイルアプリ)とQUICPayの組み合わせで買い物してますが、この度、リラックマスタンプが60個溜まったのでLoppiを使って引換券を発券しようと思いました。

    使いなれないLoppiに悪戦苦闘しながらもカードの読み取
    続きを読む り画面を出したものの、磁気ストライプを読み込ませてもエラーになってしまいます。
    はて? と思いながら画面サンプルを見ると、これ、あくまでdポイントカード(クレカ機能なし)向けの説明な気がしてきました・・・・

    dポイントカードの磁気ストライプはdポイントカード番号が、ポンタカードの磁気ストライプも同様にぽんたカードの情報が入ってるのでしょうが、dカードはクレジットカード番号とdポイント番号の二つを持つカードです。
    そして、当然決済するために必要なクレカ番号が磁気ストライプに入っており、dポイント番号は、裏面にバーコードで記載されています。

    それなら、バーコードを読み取らせてみたものの、「バーコード読み取りできるのはポンタカードだけです」とのつれないお返事( ;∀;)

    う〜ん、これって、dポイントカードをdアカウントに関連付けて、そっちのカードを使わないとダメなんですかねぇ。。。。。ポンタみたいにバーコードをスキャンしてくれても良いんですが

    いずれにせよ、このままだとお試し引換券すら発券出来ないので、dポイントカードを発行するしかないのかなぁ、、、、と思ってますが、皆さん如何でしょうか?

家族カードのQ&A

  • 家族カードの申し込み方法は?

    家族カードを作るためには、本会員がクレジットカードを作った後、家族カードの申込書を請求して申し込むことが多いです。本会員のカード申込時に同時に申し込めることもあります。

  • 家族カードの発行枚数は何枚か?

    家族カードの発行枚数はカードにより異なりますが、枚数制限を設けられているカードも多くあります。

  • 家族カードでもETCカードは作れるのか?

    ETCカードは本会員だけでなく、家族会員でも申し込むことができます。無料で発行できるカードも数多くあります。

家族カードの関連記事

  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。ポイント還元率は価格.com独自の算出です。より正確な情報は各カード会社のホームページをご確認ください。
  • ※ 価格.com限定特典やその他の入会特典は各カード会社より提供されます。お申し込みの際は各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。

このページの先頭へ

  • クレジットカード
  • 家族カード価格.com

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止