価格.com

クレジットカード

プラチナカード

比較リスト(0件)

プラチナカード

プラチナカード

プラチナカードとは、ゴールドカードの上位にあたるカードです。プラチナのイメージに合わせて、券面はシルバー色のデザインが多くあります。ゴールドカードよりも年会費が高い分、付帯保険の増額や付帯サービスの充実、コンシェルジュサービスが付いていることなどが特徴です。

人気のプラチナカード

(対象カード内のランキング上位)
カード
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
特徴

様々なビジネスサポートが受けられるセゾンプラチナカードです。

MUFGカードの基本機能とアメックスプラチナサービスが受けられるカードです。

世界のラウンジが無料で利用できる、JALプラチナカードです。

2種類のカードデザインから選べる、三井住友プラチナカードです。

ポイント還元率1.0%以上。還元率の高さが魅力のオリコのプラチナカードです。

年間100万円以上利用すると、年会費が実質無料になるプラチナカードです。

プラチナならではのサービス付帯。MUFGビジネスアメックスカードです。

ビジネスカードにプラチナの価値をプラスした三井住友カードです。

支払い方法が自由に選べる、三井住友のビジネスプラチナカードです。

スターアライアンス各社の利用でマイルが貯まるセゾンプラチナカードです。

ユーザー満足度
-(0人)
-(0人)
-(0人)
-(0人)
年会費
21,600円
21,600円
33,480円
54,000円
20,000円
20,000円
21,600円
54,000円
54,000円
38,880円
ポイント還元率
0.50%〜1.00%
0.47%〜1.00%
1.00%〜2.00%
0.50%〜1.00%
1.00%〜2.75%
0.50%〜0.62%
0.47%〜1.00%
-
-
-
詳細を見る

プラチナカードの特徴

  • 一般カード、ゴールドカードとの違い

    プラチナカードの他に、一般カード、ゴールドカードがありますが、各種類、年会費に応じてそれぞれ特徴が違います。

    各種カードの比較
    各種カード 一般カード ゴールドカード プラチナカード
    年会費
    かかっても2,000円台。無料のカードが多い

    1万円台のカードが多い
    ×
    カード会社にもよるが、数万円
    海外旅行保険
    付帯のカードも多い

    補償金額は3or5,000万円が多い

    補償金額は基本1億円
    国内旅行保険 ×
    無料のカードには付帯なし

    補償金額は3or5,000万円が多い

    補償金額は基本1億円
    ショッピング保険 ×
    付帯なし

    補償金額は3or500万円が多い

    補償金額は基本500万円
    空港ラウンジ ×
    付帯なし

    国内・海外いずれかのラウンジは利用可能

    国内・海外いずれかのラウンジは利用可能
    付帯サービス ×
    基本付帯なし

    様々な優待が付いている

    コンシェルジュや様々な優待が付いている
    審査難易度
    主婦や学生も持てるため緩め

    若年層向けカードもあり緩めになってきている
    ×
    厳しい。インビテーション制のカードも多数
  • コンシュルジュサービスとは

    プラチナカードには、電話やメールでの依頼で、グルメ、トラベル、エンタメなど、様々な情報を提供や、予約に至るまでをオペレーターが対応してくれるコンシェルジュサービスがついているカードがあります。

    コンシェルジュサービス一例
    グルメ 国内・海外のレストラン情報提供
    国内・海外のレストラン予約
    トラベル 国内・海外の航空券・ホテル情報提供
    国内・海外の航空券・ホテル予約
    国内・海外のショッピングモール・ブランドショップ情報提供
    レンタカーの予約案内
    旅行に関する様々な情報提供
    エンタメ オペラ・バレエ・演劇・コンサート・美術館情報提供
    オペラ・バレエ・演劇・コンサート・美術館チケット手配
    ゴルフ情報の情報提供
    ゴルフ情報予約
    その他 急病やケガによる、病院の予約や入院の手配
    法律上のトラブルなど緊急時の弁護士の紹介
    忘れ物・遺失物の探索

    ※カードによって対応できる内容は違います。

プラチナカードのメリット

  • コンシュルジュサービスが使える

    コンシェルジュサービスはほとんどのプラチナカードで提供しています。24時間年中無休でサービス提供を行っているカードもあります。

  • 富裕層向けの特典がある

    有名レストランでの食事が半額になったり、ホテルのスイートルームが半額で宿泊できたり、コンサートや観劇などのチケットの手配やアミューズメントパークのチケットがプレゼントされたりします。

  • 付帯保険が高額

    高レベル保証での国内、海外旅行保険が付帯しています。保険金額はゴールドカードよりも高くなります。基本は当該カードを利用していなくても、所持しているだけで保険対象となる、自動付帯のカードとなります。

  • 空港ラウンジが利用できる

    国内の主要空港で空港ラウンジを利用することができます。空港ラウンジとは、無料Wi-Fiや、ドリンクサービスが設置されており、出発までの時間をゆっくり過ごすことができるサービスです。カードの種類によっては、海外の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスを安い年会費で取得することも可能です。

    空港ラウンジ利用

プラチナカードのデメリット

  • 年会費が高い

    様々な付帯サービスがついているため、年会費は高い設定となっています。

    一般カード一例
    カード 年会費 その他
    三井住友VISAプラチナカード 54,000円 翌年度以降条件付き割引あり
    JCBプラチナ 27,000円 -
    Orico Card THE PLATINUM 20,000円 -
    楽天プレミアムカード 10,800円 -
    エポスプラチナカード 30,000円 年間利用金額100万円以上で翌年以降年会費20,000円。インビテーションでの発行は、年会費20,000円
    JALカード プラチナ 33,480円 -
    ANAカードプレミアム 86,400円 翌年度以降条件付き割引あり

    ※ANA VISA 一般カードは三井住友カード発行の場合

  • ポイント還元で年会費をカバーすることは困難

    プラチナカードのポイントは一般より2倍となるなど、ポイント面での優遇もあるカードもあったりしますが、年会費が高いため年会費をポイント還元でカバーするということはむつかしくなってきます。

プラチナカードの選び方

  • 年会費に見合ったサービスを受けられるかどうか

    ゴールドカードより年会費が高くなるのは、付帯保険の保険金額が更に高額になる、コンシェルジュサービスの利用ができるのが主な特徴です。他、カード会社ごとの付帯サービスが違ってきます。年会費をポイントで回収するのもカードをかなり利用する必要があるので、所持するには見極めが必要です。

  • 気になる人は申込んで使ってみる

    提供している付帯サービスの利用シーンが頻繁にあるのであれば、実際に利用してみるのがいいかもしれません。単に年会費が高いということではなく、プラチナカードの利便性の高さについては、実際に所持して使ってみないとわからないことも多いからです。

プラチナカードをピックアップ

年会費が低めのプラチナカードを比較

年会費が2万円台のプラチナカードをピックアップしました。

  • Orico Card THE PLATINUM

    ポイント還元率1.0%以上。還元率の高さが魅力のオリコのプラチナカードです。

    人気ランキング 75位(プラチナカード5位) 国際ブランド MasterCard
    本人年会費 20,000円(初年度無料) ポイント還元率 1.00%〜2.75%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    様々なビジネスサポートが受けられるセゾンプラチナカードです。

    人気ランキング 14位(プラチナカード1位) 国際ブランド AMEX
    本人年会費 21,600円(初年度無料) ポイント還元率 0.50%〜1.00%
    追加カード ETCカード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

    MUFGカードの基本機能とアメックスプラチナサービスが受けられるカードです。

    人気ランキング 31位(プラチナカード2位) 国際ブランド AMEX、銀聯
    本人年会費 21,600円(初年度無料) ポイント還元率 0.47%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    プラチナならではのサービス付帯。MUFGビジネスアメックスカードです。

    人気ランキング 129位(プラチナカード7位) 国際ブランド AMEX
    本人年会費 21,600円(初年度無料) ポイント還元率 0.47%〜1.00%
    追加カード ETCカード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • JCBプラチナ

    高いポイント還元率が魅力のJCBプラチナカードです。

    人気ランキング 182位(プラチナカード11位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 27,000円(初年度無料) ポイント還元率 0.50%〜2.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。ポイント還元率は価格.com独自の算出です。より正確な情報は各カード会社のホームページをご確認ください。
  • ※ 価格.com限定特典やその他の入会特典は各カード会社より提供されます。お申し込みの際は各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。

このページの先頭へ

  • クレジットカード
  • プラチナカード価格.com

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止