いいモノ調査隊 [こだわりの逸品] 今でも現役! 1本で赤と青が使える懐かしの「赤青鉛筆」グッズ

ホーム > いいモノ調査隊 > こだわりの逸品 > 今でも現役! 1本で赤と青が使える懐かしの「赤青鉛筆」グッズ

こだわりの逸品生活雑貨 > 文具 > 鉛筆

今でも現役! 1本で赤と青が使える懐かしの「赤青鉛筆」グッズ

先日、「ロケットえんぴつ」なるものをご紹介いたしました。あまりの懐かしさに、思わず涙がちょちょぎれてしまった筆者。『昔懐かしい文具は「ロケットえんぴつ」だけではないはず。ぜひもう一度涙をちょちょぎりたい!』との思いもあって、また文具店へ行って、懐かしいものを探してきました。もちろん、しっかりと見つけてまいりましたよ♪ 今回ご紹介するのも、子供のころは必ず筆箱に入れて学校へ持って行ってた代物。そんな懐かしい文具です。

赤と青をそれぞれ1本ずつ持ってくる友達もいましたが、筆者はいつもこれ1本でした

赤と青をそれぞれ1本ずつ持ってくる友達もいましたが、筆者はいつもこれ1本でした

今回ご紹介するのは、赤鉛筆と青鉛筆をくっつけて1本にまとめた、いわゆる「赤青鉛筆」。初めて知ったのですが、実際の商品名は「朱藍鉛筆」というらしいです。あまりなじみがないので、ここでは「赤青鉛筆」という呼び名で紹介しますね。実は筆者、これを当時学校でどのように使っていたのかまったく記憶がありません。ただし、赤と青の芯の接合面はどうなっているのかが気になってカッターで切ってみたり、紙やすりで表面の塗装をはがして色を塗ってみたりと、本来の用途とは明らかに違うことをやっていたことはよく覚えています。さらに、赤のほうが使用頻度が高いため、早く短くなって、最後は青鉛筆だけになってしまったことも覚えています。どうやら筆者の場合は、「赤青鉛筆」を勉強用の道具として意識していなかったようで…♪

今回購入したのは、丸軸のもの。六角軸のものもあるようですが、筆者にとっての「赤青鉛筆」は丸軸だったように記憶しています

今回購入したのは、丸軸のもの。六角軸のものもあるようですが、筆者にとっての「赤青鉛筆」は丸軸だったように記憶しています

当時からあったかどうか定かではありませんが、赤と青の長さの比率が7:3になった「赤青鉛筆」も発見! やはり皆さん、赤のほうが使用頻度が高いのでしょうね

当時からあったかどうか定かではありませんが、赤と青の長さの比率が7:3になった「赤青鉛筆」も発見! やはり皆さん、赤のほうが使用頻度が高いのでしょうね

また、当時は赤と青の2色だけではもの足りず、ほかの色も使いたいという気持ちがありました。確か、1本の芯ながら数色が書き分けられる、特殊な色鉛筆もあったように記憶しております。当時、筆者が使っていたものとは違いますが、こちらも買ってみました。

見つけたのは、ドイツの文具メーカー、ステッドラー社の「ノリスクラブ ジャンボ3色えんぴつ」。赤・青・黄の3色が1本の芯になっています

見つけたのは、ドイツの文具メーカー、ステッドラー社の「ノリスクラブ ジャンボ3色えんぴつ」。赤・青・黄の3色が1本の芯になっています

一見複雑な配色で6色に見えますが、赤・青・黄の3色芯を左右にくっつけたような形の芯になっています

一見複雑な配色で6色に見えますが、赤・青・黄の3色芯を左右にくっつけたような形の芯になっています

こちらはキリン鉛筆の商品で、4色芯の「マーブルペンシル」。ほかにも7色芯の「ドリームラインペンシル」というものもあります

こちらはキリン鉛筆の商品で、4色芯の「マーブルペンシル」。ほかにも7色芯の「ドリームラインペンシル」というものもあります

こちらは「マーブルペンシル」で、きれいに4色に分かれているのがわかります

こちらは「マーブルペンシル」で、きれいに4色に分かれているのがわかります

しかし、狙った色を出すのはなかなか難しいもの。すぐに色が混じりますが、これはこれで楽しいですね

しかし、狙った色を出すのはなかなか難しいもの。すぐに色が混じりますが、これはこれで楽しいですね

さらに、「赤青鉛筆」を持ち歩くのにピッタリのペンケースまで買ってしまいました。こちらは、ユルリクの「赤青シリーズ」

さらに、「赤青鉛筆」を持ち歩くのにピッタリのペンケースまで買ってしまいました。こちらは、ユルリクの「赤青シリーズ」

今回ご紹介した懐かしの文具はいかがだったでしょうか? 懐かしの文具はまだまだありそうなので、引き続き探索を続けます。次回作をお楽しみに♪

(2016年1月14日掲載)

  • はてなブックマークに追加

参考最安価格(税込)  ¥102 (更新日時:2016年5月24日 23時0分)

価格.com内の該当商品 221件

三菱鉛筆 赤青鉛筆をみる

こだわりの逸品の人気記事

※集計期間:1週間

1

こだわりの逸品 キッチン用品 > 調理器具

焦げ付かないフライパンは本当に焦げ付かないのか試してみた結果

最近また私がハマっているものがあります。深夜のテレビショッピングです。毎日同じ商品紹介番組を見ても飽きない、しかも癖になる。なぜでしょうか? 不思議です。ソテーパン(フライパン)、ディープパン(ちょっ…(続きを読む

2

こだわりの逸品 インテリア・家具 > 家具 > 座椅子

機能はおねだん以上! 噂の「1億円座椅子」を買ってみた

座椅子。それは座ったら最後、離れたくなくなってしまう魔法の家具。 休日に家で本を読んだり、借りてきた映画を見たり、テレビを見たり。そんな感じで毎日、本当に毎日愛用していたら…なんと壊れて椅子の形を保て…(続きを読む

3

こだわりの逸品 生活雑貨 > 日用品

理系の人ならみんな知ってる「キムワイプ」って何だ?

大学の学部は大きく分けると文系と理系に分かれます。筆者は大学の文系学部を卒業してから、かれこれ30年以上になりますが、「キムワイプ」というものが存在することを最近ようやく知りました。なんでも、理系の人…(続きを読む

こだわりの逸品 記事一覧

スポーツ > フィットネス・ダイエット

振り幅100kg以上!握力を極限まで鍛えるスーパーグリッパーNew!

(2016年5月24日掲載)

ホビー > おもちゃ > ミニカー

俺たちの青春!『頭文字D』がトミカになって帰ってきた

(2016年5月20日掲載)

インテリア・家具 > 家具 > 座椅子

機能はおねだん以上! 噂の「1億円座椅子」を買ってみた

(2016年5月16日掲載)

キッチン用品 > 食器・カトラリー > グラス・コップ

グラスの中に “斜めの氷”。お酒の香りが引き立つ特殊グラス

(2016年5月16日掲載)

ホビー > おもちゃ > フィギュア

これこそ俺たちのガンダム! アニメ準拠の傑作フィギュアが発売

(2016年5月13日掲載)

キッチン用品 > 調理器具 > お菓子作りツール

なんでもにゃんこ印!「肉球焼きごて」がかわいすぎる

(2016年5月12日掲載)

キッチン用品 > キッチン雑貨・消耗品

まるで引力? 水滴をぐんぐん吸い取るセラミックコースター

(2016年5月11日掲載)

ホビー > おもちゃ > ラジコン

男子大興奮! BB弾まで発射するギミック満載の戦車ラジコン

(2016年5月11日掲載)

スポーツ > フィットネス・ダイエット > トレーニングチューブ

プロレスラーが実践! チューブトレーニングの始め方

(2016年5月10日掲載)

このページの先頭へ