処方箋は必要?インターネットでのコンタクトレンズ購入を解説!

  1. ホーム
  2. コンタクトレンズ
  3. 処方箋は必要?インターネットでのコンタクトレンズ購入を解説!

処方箋は必要?インターネットでのコンタクトレンズ購入を解説!

使い捨てコンタクトレンズを使用している方であれば、消耗品であるコンタクトレンズを買うときに、通販での購入を検討したことがあるのではないでしょうか?ここでは処方箋の必要・不必要など、通販でコンタクトレンズを買うときの方法・注意点をご紹介!

1.眼科で検診・処方

通販での購入でも、お近くのショップでの購入でも、コンタクトレンズを購入する前に、まず眼科で処方を受ける必要があります。初めて処方を受ける場合は以下のような検査を受けることになります。(眼科によって異なる場合がございます)

コンタクトレンズの用途や目の状態を聞きます。 眼球の状態や視力、涙の量、カーブなどのコンタクトレンズを選ぶためのデータを検査します。 テストレンズを装着し、度数やレンズの規格を調整。レンズの決定をします。 レンズの着脱方法やレンズケアの仕方、定期検査などについて説明を受けます。

以上の検査が完了すれば、自分に合うコンタクトレンズの規格が決まります。
次は処方された内容を基に、コンタクトレンズを購入してみましょう。

注意

自分の目に合ったサイズ・種類のコンタクトレンズを使用しないと、自身の目に大きなダメージを与えることになり、とても危険です。購入前に必ず医師の検診・処方を受けましょう。

2.ショップを選ぶ

使い捨てコンタクトレンズは、インターネットで購入できます。
インターネットでコンタクトレンズを購入する場合、ショップによって処方箋(または指示書)の提出が必要な場合があります。処方箋の必要・不必要はショップや商品(メーカー)によって異なりますので、購入予定のショップでお確かめください。

注意

眼科によって、コンタクトレンズ用の処方(処方箋の発行)は、併設・提携のコンタクトレンズショップでの購入を条件付けている場合があり、通販などで使用する処方箋の作成を行っていないことがあります。処方箋の発行を依頼する場合には、事前に眼科へお問い合わせください。

3.注文する

インターネットでの注文は以下の項目を指定して購入します。(ショップによって異なることがございます)
現在使用中のコンタクトレンズ(外箱の記載内容)や、眼科による処方内容に従って指定をしてください。

左右の指定 左目用なのか右目用なのかを指定します
ベースカーブ(BC) コンタクトレンズの湾曲度合いを指定します
直径(DIA) コンタクトレンズの直径を指定します
度数(PWR・SPH) コンタクトレンズの度数を指定します
加入度数(ADD) 主に遠近両用コンタクトレンズで使用する項目
手元補正用の数値を指定します
乱視度数、円柱(CY・CYL) 主に乱視用レンズで使用する項目
乱視度数を指定します
軸(AX) 主に乱視用レンズで使用する項目
軸の値を指定します
カラー(CLR) 主にカラーコンタクトレンズで使用する項目
購入するコンタクトレンズの色を指定します
個数 何箱購入するかを指定します
ショップによって制限(半年分など)がある場合がありますので、事前にご確認ください。

4.購入後には

コンタクトレンズは高度管理医療機器です。商品が到着したら、自分の指定した内容と同じことを確かめてから使用しましょう。また適切な使用方法で取り扱い、眼科での定期検診を行ってください。

コンタクトレンズの種類や規格に変更が出た場合、処方箋の提出を必須としているコンタクトレンズショップでは、処方箋(または指示書)の再提出が必要となることがあります。提出した処方箋と注文内容で相違があると、購入ができないこともありますのでご注意ください。(詳しくはご利用ショップにお問い合わせください。)

また、処方箋に記載された有効期限や、ショップの定める有効期限が過ぎてしまっている場合にも再提出が必要になる場合があります。注文の際には、確認するようにしましょう。