価格.com

電気料金

奈良県の電力会社・電力自由化

奈良県で利用できるお得な電気料金プランを探す

  • 郵便番号

    検索

    ※ハイフンは入れずに入力してください。(例:1500022)

    郵便番号がわからない場合はこちら

    郵便番号から一般的な電力会社、契約種別、契約容量が表示されます

  • 郵便番号を入力すると、世帯人数、月間使用量が表示されます

奈良県の電気代は電力自由化でどれくらい安くなる?

例1:関西電力と契約中の3人以上の世帯の場合

例2:関西電力と契約中の2人世帯の場合

例3:関西電力と契約中の1人暮らしの場合

奈良県の電力事情

近畿地方の中南部に位置し、歴史的にも貴重な神社仏閣や遺跡が多く、たくさんの観光客が訪れる奈良県。人口は140.5万人で、全国では30番目です。

2012年度の総消費電力量は80.5億kWhで39番目です。産業用(農水・鉄鋼・化学・機械など)の消費電力量は21.9億kWhで43番目と、あまり多くありません。奈良県内の産業は観光業が中心で、大規模な工場が少ないことが影響していると考えられます。

民生用では家庭用が32.4億kWhで29番目、業務用(商業・金融・公共サービスなど)は26.1億kWhで34番目となっています。

光熱費の安い全国の都市ランキング

奈良県奈良市は47都道府県中

  • 電気代
    37
    (平均電気代 10,382円)やや高い
  • ガス代
    46
    (平均ガス代 6,389円)高い

奈良市の1世帯あたりの電気料金は124,595円で、全国で37番目と比較的高い傾向にあります。また、ガス(都市ガス+プロパンガス)の料金は76,676円で岐阜市に次いで2番目に高くなっています。灯油は6,434円で13番目でした。奈良市は周囲を山に囲まれた盆地にあり、寒暖差が大きい内陸性気候ということが影響しているのかもしれません。

ちなみに、奈良県は近畿地方で最も水道料金が高い地域です。メーター口径が20mmで10立方メートルまでの基本料金を大津市と奈良市で比較すると、大津市は907.2円ですが奈良市は1771.2円にもなります。これは奈良県庁のホームページによると県人口の90%を占める大和平野周辺に恵まれた水源がすくなく、水道施設の建設に莫大な費用がかかることと、水道管あたりの利用する人口が他の地域と比べて少ないため、水道代が高くなっているとのことです。

奈良県の再生可能エネルギーへの取り組み

奈良県では、再生可能エネルギーや未利用エネルギーを活用した自立・分散型エネルギーの導入などによる「災害に強く、低炭素な地域づくり」を目指しています。

奈良県の電力会社

県内の自治体の中には、新電力(PPS:特定規模電気事業者)から電力を調達することでコスト削減に取り組む動きも活発化していますし、県内に本社を置く新電力も増えています。 電力自由化に向けて、奈良県を管轄する関西電力や全国で電力の小売事業を行う大手の新電力、地元の新電力――これらの事業者間で一般家庭用の電力供給も獲得しようと新たな競争が始まっています。消費者にとっても、新たな料金プランやサービスの提供が期待できます。

  • ※電力消費量と人口は資源エネルギー庁の「都道府県別エネルギー消費統計調査(2012年度の推計値)」を、主要都市の1世帯あたりの電気、ガス、灯油などの料金は総務省の家計調査(2014年度の年間の数値)を参照しています
  • ※平均電気代、ガス代の小数点以下の金額は切り捨ています
30秒ですぐできる!各社のプランを一括比較 電気料金プランシミュレーション いくら節約できるかチェック 価格.com限定キャンペーン実施中!

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止