価格.com

電気・ガス料金

宮城県の電力会社・電力自由化

宮城県で利用できるお得な電気料金プランを探す

  • 郵便番号

    検索

    ※ハイフンは入れずに入力してください。(例:1500022)

    郵便番号がわからない場合はこちら

    施設や工場などの高圧電力はこちら

    郵便番号から一般的な電力会社、契約種別、契約容量が表示されます

  • 郵便番号を入力すると、世帯人数、月間使用量が表示されます

宮城県の電気代は電力自由化でどれくらい安くなる?

例1:東北電力と契約中の3人以上の世帯の場合

例2:東北電力と契約中の2人世帯の場合

例3:東北電力と契約中の1人暮らしの場合

宮城県の電力事情

宮城県は太平洋に面する東北地方の県で、ササニシキ・ひとめぼれに代表される米どころとしても有名です。東北地方最大の都市である仙台市があり、人口は東北地方で最も多い231.9万人。全国では15番目です。

2012年度の総消費電力量は193.4億kWhで全国17番目。その内訳は、産業用(農水・鉄鋼・化学・機械など)が75億kWhで22番目、民生用では家庭用が50.3億kWhで16番目、業務用(商業・金融・公共サービスなど)は68.1億kWhで14番目となっています。

光熱費の安い全国の都市ランキング

宮城県仙台市は47都道府県中

  • 電気代
    7
    (平均電気代 7,658円)安い
  • ガス代
    20
    (平均ガス代 4,783円)やや安い

仙台市の1世帯あたりの電気料金は91,907円で7番目。ガス(都市ガス+プロパンガス)の料金は、57,400円で20番目、灯油代は25,094円で38 番目と、他の東北地方にある都市と比べるとエネルギー消費量が多くなく、仙台市は太平洋に面した平野にあることから、東北地方としては温暖な気候であることが影響していると考えられます。

太陽光発電への取り組みが活発な宮城県

東北の各県は地の利を活かした再生可能エネルギーの導入に積極的です。

宮城県では、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスといった主要な再生可能エネルギーに加えて、太陽熱、小水力、波力による発電の可能性についても基礎調査や研究が行われています。中でも太陽光発電への取り組みは活発で、再生可能エネルギーの固定価格買取制度がスタートした2012年7月以降に新たに認定された太陽光発電の総量は、367.0万kW(2015年7月現在)で全国5番目となっています。

特筆すべきは、2000kWを超える大規模なメガソーラー。その認定総量は242.0万kWと福島県(321.6万kW)に次いで全国で2番目に多くなっています。

宮城県の電力会社

宮城県は東北地方随一の人口を抱え、東北電力の本社もあります。全国展開を行う大手の新電力(PPS:特定規模電気事業者)には、すでに宮城県への参入の意向を固めている会社もありますし、県内に本社を置く新電力も登場しています。電力自由化に向けて、一般家庭向けにも様々な電気料金プランやサービスの登場が期待されます。

また、電気の供給先としてだけでなく、県内の電力を県内で消費する地産地消型の電気料金プランが登場する可能性もあります。

  • ※電力消費量と人口は資源エネルギー庁の「都道府県別エネルギー消費統計調査(2012年度の推計値)」を、主要都市の1世帯あたりの電気、ガス、灯油などの料金は総務省の家計調査(2014年度の年間の数値)を参照しています
  • ※平均電気代、ガス代の小数点以下の金額は切り捨ています
30秒ですぐできる!各社のプランを一括比較 電気料金プランシミュレーション いくら節約できるかチェック 価格.com限定キャンペーン実施中!

「電気料金比較 電気料金プランシミュレーション」 利用上のご注意

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止