価格.com

電気・ガス料金

大手電力会社から続々と登場する電力自由化後の新しい電気料金プラン

電力自由化

大手電力会社から続々と登場!電力自由化後の新しい電気料金プラン

続々と登場する新しい電気料金プラン

2016年4月からスタートする電力小売りの全面自由化。電力自由化後は、原則誰もが発電事業者として発電会社になることができ、小売電気事業者として電気を販売できるようにもなります。一方で、地域の大手電力会社と契約するしかなかった一般家庭でも、自由に電力会社を選べるようになります。様々な業種の会社が電力小売市場に参入しており、従来よりもおトクな料金プランや、今までなかったサービスを提供する料金プランなどがすでに明らかになっています。そのため、既存の大手電力会社も電力自由化後は新規参入してきた電力会社との厳しい競争に勝ち残らなければなりません。今回は、大手電力会社が発表している新しい電力料金プランを中心にチェックしてみましょう。

電力利用量が多いほどおトクなプランやスマートメーター機能を利用したサービスも

従来の大手電力会社には、すでに新しい料金プランを発表しているところもあります。現状では、電力利用量が多いほど割安になるプランや、時間帯や季節に応じて電気料金単価がこまめに設定されたプランが中心のようです。また、徐々に普及し始めているスマートメーター(通信機能を持った次世代の電力量計で、30分ごとの電力使用量を測定し、パソコンやスマホを使って確認できるようになります)の機能を利用したサービスやプランを提供し始めたことも特徴的です。

東京電力の場合

今までの東京電力の営業エリアは、関東地区に限定されていましたが、電力自由化後は中部地区や関西地区でも電気を販売します。つまり、関西に在住の方でも東京電力と契約することが可能になります(ただし、地区によって契約可能な料金プランは異なります)。東京電力では、時間帯を気にせず1人暮らしからファミリーまで幅広い家庭を対象にした「スタンダードプラン」、電力使用量が多めの家庭を対象にした、一定使用量まで定額でそれ以上は料金単価がお得になる「プレミアムプラン」、日中は不在で夜間の電力使用量が多い家庭向けの「夜トク8」「夜トク12」などの料金プランがあります。電力消費量が多いほどお得になるプランが多く、東京電力では300kWh/月未満の家庭には従来からある従量電灯プランの継続を勧めています。また、複数のガス会社やソフトバンク、ソネットなど様々な業種の企業とも提携しており、電気と提携会社のサービスの両方を申し込むことで料金が安くなるいわゆるセット割も行っています。

関西電力の場合

関西電力では、電力自由化後の電気料金プランとして「eスマート10」が登場します。家族が多いなど、電力使用量が多い家庭向けのプランで、電気を利用する季節や時間帯によって料金単価が異なる“おトクな料金体系”と、電気料金や使用量をWEBでチェックできる“はぴeみる電”がセットになっています。従来の従量電灯は、電力使用量に応じて料金単価が3段階に変化する(高くなる)プランでしたが、「eスマート10」では季節や時間帯によって料金単価が異なり、従量電灯よりも割安な単価で電気を利用できる時間が10時間(22時から翌日の8時まで)あるのが特徴。電気を使う時間を工夫することでお得になります。また、関西電力では電力自由化後に、「突然家の電気が消えた」、「ブレーカーがよく落ちる」といった電気のトラブルを24時間365日サポートする、「でんきの駆けつけサービス」もスタートします。

中部電力の場合

中部電力では、2年間契約することでポイントが貯まる「ポイントプラン・おとくプラン・とくとくプラン」(契約電流量=アンペア数によってプランが異なります)や、時間帯によって料金が変わる「スマートライフプラン」などが用意されています(なお転居などに伴って解約する場合は、2年未満でも違約金は発生しません)。貯まったポイントは電気料金や提携先での商品購入時の支払いに使うことができます。また「見守りお手伝いサービス」は、スマートメーターを利用したサービスで、あらかじめ設定した時間帯の1時間ごとの電力使用量が指定した値を超えなかった場合、翌日にメールで知らせてくれます。離れた場所にお住まいの高齢者の生活状況を電気の利用状況から見守れるユニークなサービスです。

その他の大手電力会社も同様に、電力使用量や利用する時間帯・季節などに応じて料金が異なるといった様々な料金プランを提供しています。また、東北電力では新しい会員制WEBサービスの「よりそうeねっと」を開設。会員登録し、検針票をWEBでのお知らせに切り換えたり、電気料金の支払いをクレジットカード払いにしたりすることで毎月ポイントが貯まります。このポイントは東北6県と新潟県のご当地商品と交換したり、地域活性化のために寄付したりできます。四国電力でも同様の会員制WEBサービスを開設しており、こちらのポイントも四国特産品や商品券などと交換できます。

電力自由化後に申し込めなくなるプランも多い

2016年4月の電力自由化に伴い、新しい料金プランの登場に合わせて、従来からあった料金プランも大きく見直されます。たとえば東京電力では、以下の料金プランについては、2016年4月1日以降は新規の加入を終了します(2016年3月31日現在で契約あるいは申し込みをしている場合は引き続き利用できます)。

  • おトクなナイト8

  • おトクなナイト10

  • 電化上手

  • ピークシフトプラン

  • 夜得プラン

  • 朝得プラン

  • 半日お得プラン

  • 土日お得プラン

  • おまとめプラン

  • 深夜電力

  • 融雪用電力

  • 農業用低圧季節別時間帯別電力

  • 低圧蓄熱調整契約

  • 電力自由化スタートを前に各社ではすでに申し込みの受け付けが始まっていますし、早めに申し込むことで一部のサービスが無料になるといったキャンペーンを行っているところもあります。しかし、そうはいっても電力自由化はまだ始まったばっかりの状態。料金プランは順次拡大されるでしょうし、一般家庭にスマートメーターが本格的に導入されれば、さらに新しい料金メニューやサービスの提供も期待できそうです。

    電力自由化の人気記事

    電力自由化へ

    あなたの家庭にピッタリの電気料金プランを診断します。電気料金プランシミュレーション
    30秒ですぐできる!各社のプランを一括比較 電気料金プランシミュレーション いくら節約できるかチェック 価格.com限定キャンペーン実施中!

    このページの先頭へ

    Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止