価格.com

電気・ガス料金

電気の契約って面倒?必要な手続きは?

電力自由化

電気の契約って面倒?必要な手続きは?

まずは自分の生活に合った料金プランを選択

携帯電話やインターネットの切り替え手続きを経験されている方は多いかと思いますが、電力会社の契約の切り替えがどのようなものか気になります。今回は実際の契約プロセスについてチェックしてみましょう。

これまでも、東京電力や関西電力といった大手の電力会社は、時間帯や曜日によって電気料金が異なるなど、様々な料金プランを提供していました。でも多くの方は、電力料金のプランについてそれほど気にしていなかったかもしれません。しかし、電力小売全面自由化に伴い、大手電力会社はもちろん、電力小売りに新規参入した電力会社から、今までとは異なる料金プランや新サービスが提供されます。まずは、自分に合った料金プランを探し出すことから始めなければなりません。もちろん、現在契約している料金やサービスに満足していれば、特に何もする必要はありません。ただし、発送電分離が行われる2020年4月以降は、電力会社によっては現在の料金プランやサービスがなくなる可能性もあるので、その場合は、新しい料金プランに変更したり、新しい電力会社に切り替えたりする必要があります。

手順1:新しく切り替えたい電力会社に申し込み

自分の気に入った料金プランが見つかったら、そのプランを提供している電力会社に申し込みを行います。申し込みは、各電力会社のサービス窓口、電話やホームページなどから行います。同時に、現在契約している電力会社の解約手続きも必要になります。ただし、この手続きは新しい電力会社のほうで行うので、基本的に申込者はその旨を了承するだけで大丈夫です。なお、申込時は、電気料金の確認だけでなく契約期間や契約解除など諸条件について、その内容をしっかりと把握するようにしてください。特に、解約に際して解約違約金が必要となる場合もあるので、料金だけで判断せずしっかりと契約内容を確認することが大切です。

手順2:スマートメーターへの交換

自宅にスマートメーターが設置されていない場合は、新たな電力会社との契約に合わせて、現在の電力量計からスマートーターへの交換が必要になります。スマートメーターは、通信機能を持った次世代電力量計。30分ごとの電気使用量を測定でき、この結果は、パソコンやスマホなどを使って私たちも簡単に確認できます。

なお、新しい電力会社と契約しても、スマートメーターの取り付けをするのは、東京電力や関西電力など現在契約している地域の電力会社になります。工事予定日は、新しい電力会社に申し込んだ後に工事を行い電力会社から連絡があります。スマートメーターへの交換に費用はかかりませんが、申し込むプランや自宅の設備状況によっては、メーター交換に伴う工事が必要なことがあり、その場合の工事費用は申込者の負担になります。また、いまの電力サービスを継続する場合は、すぐにスマートメーターへ交換する必要はありませんが、その場合でも順次スマートメーターに交換されます。

手順3:新たな電力会社との契約スタート

2016年4月以降は、申し込みをした新たな電力会社から電気の供給を受けます。経済産業省の電力取引監視等委員会が作成した「電力小売全面自由化に関する消費者向けのFAQについて」によれば、新たな電力会社への切り替えに要する期間は、スマートメーターへの取替工事が必要な場合は、8営業日に2暦日を加えた日以降の最初の定例検針日、取替工事が必要でない場合は、1営業日に2暦日を加えた日以降の日とされていますし、資源エネルギー庁のサイトでは切り替えに要する標準的な期間はスマートメーターへの取り替えが必要な場合はおよそ2週間、必要ない場合はおよそ4日程度とされています。ただし、具体的な切り替えに要する日数は、申込時期や状況によっても変動します。スマートメーターへの取り替えを伴う場合は想像以上に日時を要する可能性があるので、具体的な日数については新たに契約しようと思っている電力会社にお問い合わせください。

申し込みする会社がきちんとした会社かどうか気になった場合は?

電気の販売は登録を受けた小売電気事業者しか行えません。国の登録を受けた事業者は資源エネルギー庁のホームページに公表されているので、本当に審査を受けた会社かどうかをチェックすることができます。ただし、登録を受けた小売電気事業者の代理店や取次業者の場合は掲載されません。申し込みを進めている会社がどのような会社か気になる場合は、その会社に確認するとともに、小売電気事業者にも、実際に代理・媒介・取次業者であるかどうかを確認することをおすすめします。

数多くの料金プランから自分に合った料金プランを選ぶには?

資源エネルギー庁のホームページには、2015年末時点で100社以上の電力会社が小売電気事業者として登録されています。1社が5種類の料金プランを提供したとすると、500以上の料金プランが存在することになります。また、NTT・au・softbankといった通信大手や、東京ガスや大阪ガスといった大手ガス会社などのように、自社のサービスとセットで電気を販売する会社もたくさん登場してきます。こうなると、自分にとって最適の料金プランを選ぶのも大変・・・。そんな時は電気料金プランシミュレーションを使って、自分にとって最適なプランを診断してみましょう。

電力自由化の人気記事

電力自由化へ

あなたの家庭にピッタリの電気料金プランを診断します。電気料金プランシミュレーション
30秒ですぐできる!各社のプランを一括比較 電気料金プランシミュレーション いくら節約できるかチェック 価格.com限定キャンペーン実施中!

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止