価格.com

電気・ガス料金

蛍光灯はつけっ放しが電気代はお得?消費電力量が多い照明器具を節電!

電気代 節約(節電)ガイド

更新日:2017年7月28日

蛍光灯はつけっ放しが電気代はお得?消費電力量が多い照明器具を節電!

家庭内で消費電力量が2番目に多いのが照明器具ってご存知でした?

家庭内には多種多様な電気機器がありますが、機器別で消費電力量の多い順番はご存知でしょうか? データとしてはちょっと古くなりますが、資源エネルギー庁が2009年に家庭内の電気機器の使用に関してアンケートを実施しています。それによれば、家庭内で最も電力を消費しているのは電気冷蔵庫で全体の14.2%、2番目は照明器具で13.4%、続いてテレビ(8.9%)、エアコン(7.4%)、電気便座(3.7%)、電子計算機(2.5%)となっています。これら上位6つの機器で、家庭内の約半分の電力を消費していることになります。また、電気機器の種類が少なくなるオフィスでは、照明器具が消費する電力は全体の3割程度と言われています(東芝ライテックのQ&Aより)。メインである照明器具の節電が進めば、支払う電気代が結構安くなるわけです。

ところで、蛍光灯はこまめに消すのが良いのか、つけっぱなしが良いのか?

「蛍光灯などの照明器具は短時間であれば、消さずにつけっぱなしのほうが電気代が安い」という話をお聞きになったことはありませんか? これは、照明器具は点灯する瞬間に多くの電力を消費するので、こまめにオン・オフを繰り返すとかえって電気代が高くなると言われているためです。点灯する瞬間に電力を最も消費するのは間違いないのですが、長い時間点灯している時ほどの電力を消費することはありません。理論上は数分といった短時間ならつけっぱなしのほうが節電になるのでしょうが、基本的には人がいない時など、必要のない場合はこまめに照明器具のスイッチをオフにする姿勢で臨むほうが節電につながります。

ただし、短時間にひんぱんに点灯と消灯を繰り返すと照明器具自体の寿命が短くなるということがあります。東芝ライテックのQ&Aによれば、「比較的短時間の点滅を繰り返した場合は、器具のタイプや環境にもよりますが1回あたりに約1時間程度短縮されます」と書かれています。こうなると、「何分ならつけっぱなしのほうがいいの?」ということが気になりますが、これを求めるのは、使っている蛍光灯の違いや、点灯時間と消灯回数など非常に複雑な条件設定が必要となり単純な結論には結びつきません。同じく、東芝ライテックのQ&Aに、“数分間隔でのON/OFFはかえって不経済ということになりかねません。数十分以上の間隔であれば問題ないと思われます”ともあるので、こちらを参考にされてはいかがでしょう。

蛍光灯式シーリングライトの電気代はいくらかかるの?

それでは、具体的な照明器具の電気代をチェックしてみましょう。実は、天井などに設置するシーリングライトのほとんどはLED式に替わっていて、各社のカタログから蛍光灯式のシーリングライトはほとんどはずれてしまっています。機器別の詳細な消費電力はわかりませんが、8〜10畳用の家庭用蛍光灯式シーリングライトの消費電力は70〜80W程度です。ここでは、75Wとして計算してみましょう。

75W÷1000×27円(1kWh当たりの電気代)=2.025円 これが、1時間当たりの電気代です。1日では48.6円、1年では17,739円となります。1年間つけっぱなしということはないでしょうが、朝出かける時に消し忘れたなんて場合は、10時間程度は無駄な電力を消費していることになり、20.25円の電気代を損していることになります。もちろん、照明器具はシーリングライトだけではありません。トイレや洗面所、玄関など家の中にはたくさんの照明器具があります。やはり、人がいない時や出かける時など、必要のない照明器具はこまめに消すことが大切ですね。

蛍光灯式をLED式に替えたら電気代は安くなる?

近年は各社から発売される照明器具のほとんどがLED式になっています。各社のカタログをチェックすると、8〜10畳用の家庭用LEDシーリングライトの消費電力は40〜50W程度です。ここでは、45Wとして計算してみましょう。

45W÷1000×27円(1kWh当たりの電気代)=1.215円

これが、1時間当たりの電気代です。1日では29.16円、1年では10,643.4円となります。蛍光灯式と比べると電気代はずいぶん安くなります。一昔前は、LED式の照明器具自体の価格が高いため、電気代が安くなることはわかっていてもあまり普及が進みませんでした。しかし、ここにきて価格は下落、節電意識の高まりもあって自宅の照明器具をLED式に変更している方が増えています。

蛍光灯とLEDについてのまとめ

最後に蛍光灯とLEDの特徴について整理しておきましょう。

価格

かつてはLED式の照明器具は価格が高く、蛍光灯式の何倍もしましたが、現在はかなり下がっています。さらに、機能を調光や調色といった基本機能(調光・調色機能については下記を参考にしてください)にしぼることで低価格で販売されている機種もあり、必ずしも“LED式=高価”とは言えなくなってきました。

省エネ性能

LEDは多くが発光に使われる(発光効率が高い)ため、省エネ性能が高く節電につながります。また、熱となって失われる電気も少ないので発熱も抑えられます。

寿命

一般的な蛍光灯の寿命は6,000〜1万3,000時間、長寿命のタイプでは2万時間以上あります。一方でLEDは4万時間とされています。ただし、蛍光灯式は蛍光灯自体を交換できますが、電球式のLEDは別にして、シーリングライトのようにLEDが内蔵されている場合はLEDだけの交換ができないので、器具ごと交換します。

光の成分

蛍光灯には赤外線や紫外線が少し含まれています。一方で、LEDの発光成分には、赤外線や紫外線がほとんど含まれません。そのためLEDでは紫外線を好む虫が寄り付きにくい、紫外線による展示物の劣化を防げる、といった効果も期待できます。

調光機能

照明の明るさを変えられる機能が調光機能。LED式ではほとんどの照明器具に備わった機能ですが、古いタイプの蛍光灯式では調光機能がないものもあります。

調色機能

赤味がかった白熱電球の色から白く青みがかった色合いまで、明かりの色を変化できる機能です。蛍光灯式では、昼白色、昼光色、電球色の中から好みの色合いを選びますが、調色機能があるLED式の場合は自由に好みの色合いに変化させられます。

なお、新聞やテレビなどで「白熱灯(白熱電球)、蛍光灯(蛍光ランプ)が2020年をめどに実質製造禁止となる」という報道がありました。一般社団法人日本照明工業会のWebサイトには、この件について経済産業省に確認した内容の説明があります。それを引用すると、「エネルギー消費効率の高い製品の普及促進をめざし、製造事業者等に機器等のエネルギー消費効率の向上努力を求めているトップランナー制度に関して、照明製品を一本化した新たなトップランナー制度の導入検討がこれから開始されますが、これは2020 年に白熱灯(白熱電球)、蛍光灯(蛍光ランプ)の製造を禁止するものではないとのご回答をいただきました」とあります。国がLEDの普及を積極的に進めていることは事実ですが、白熱灯や蛍光灯の製造を禁止するというような具体的な内容は一切決まっていないのが実情のようです(2016年6月現在)。

電気代を節約したい!電気料金プラン比較

蛍光灯からLEDに変更するのはもちろん電気代を節約するのに役立ちます。しかしながら、今使える蛍光灯を捨てにくかったり、LEDライトを買うのに初期費用がかかります。そんな時にはまずは電気料金プランを見直すことから始めてみましょう。価格.comのシミュレーションでは、お住まいの地域でどんなプランが提供されていて、どのプランに切り替えるといくら節約となるかが一目瞭然です。さらに、おトクなキャンペーンも随時行われていますので、プランの切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

価格.com限定キャンペーン実施中!

東京電力エリアではどのくらい節約できる?

関西電力エリアではどのくらい節約できる?

電気代 節約(節電)ガイドの人気記事

電気代 節約(節電)ガイドへ

あなたの家庭にピッタリの電気料金プランを診断します。電気料金プランシミュレーション
30秒ですぐできる!各社のプランを一括比較 電気料金プランシミュレーション いくら節約できるかチェック 価格.com限定キャンペーン実施中!

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止