価格.com

電気・ガス料金

オイルヒーターの電気代を他の暖房器具と徹底比較

電気代 節約(節電)ガイド

更新日:2016年11月08日

オイルヒーターの電気代を他の暖房器具と徹底比較

オイルヒーターの電気代を他の暖房器具と徹底比較

体に優しくて静かな暖房 オイルヒーター

寒い冬を快適に過ごすために欠かせない暖房器具。古くは火鉢や暖炉といった暖房器具も一般家庭で使われていましたが、今ではエアコンや電気・ガス・灯油などのヒーターが中心となっています。

そんな中、最近人気が高まっているのがオイルヒーター。オイルヒーター自体は、古くからある暖房器具ですが「オイルヒーター本体に加えて電気代も高い」という評判もあってあまり普及していませんでした。

しかし、近年は本体価格が低下したことや、住居の気密性や断熱性が高まっていること、さらにオイルヒーターならではのメリットもあり、利用が広がってきています。今回は、オイルヒーターの電気代についてチェックしてみましょう。

「電気代が安い/すぐに温まる」は、もう当たり前?部屋全体を「優しく」暖める

まずは、オイルヒーターの特徴をチェックしておきましょう。

オイルヒーターは放熱板(フィン)がついた密閉容器内に難燃性のオイルが入っています。電気の力でオイルを加熱、放熱板を通じて室内の空気を暖めます。ファンヒーターやエアコンのように暖かい空気を室内に放出するタイプの暖房器具ではなく、暖房器具と室内の空気の温度差によって生じる空気の自然な対流によって部屋を暖めるタイプの暖房器具です。

そのため、部屋全体が暖まるまでは時間がかかりますが、無風で優しい感じのする柔らかな暖かさが得られるのが特徴です。無風なので、温風が直接身体に当たったり、ほこりやハウスダストなどをまきあげたりすることがない、とても静かな暖房器具です。

空気の乾燥による、のどの痛みや肌のかさつきが気になる方、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭に人気があります。

オイルヒーターのメリット オイルヒーターのデメリット 近年の傾向
動作音が静か
無風で柔らかな暖かさ
電気代がかかる
本体価格が高い
本体価格が低下してきている
住居の気密性や断熱性の向上で
暖房効率があがっている

デロンギ社製オイルヒーターの1時間あたりの電気代

ヒーターは、もともと海外で人気の高い暖房器具ということもあり、イタリアのデロンギ社やスウェーデンのエレクトロラックス社のものがよく知られています。日本のオイルヒーター市場で90%ものトップシェアを誇るデロンギ社の電気代をチェックしてみましょう。

ここでは、10畳のリビング(1500W機器を使用)、8畳の勉強部屋(1200W機器を使用)、6畳の寝室(1200W機器を使用)の3パターンで電気代を試算しました。

試算の前提

  • 建物の構造・断熱性:RC集合住宅・新省エネ基準(W地域)に適合
  • 運転時間:8時間(寝室:22時〜翌6時、勉強部屋:15時〜23時、リビング:15時〜23時)
  • 外気温:拡張アメダス気象データに基づいた東京の1月上旬の気温/照明や人体の発生熱などを考慮
  • 1kWhの電気代:27円で計算

8時間使用した場合の1時間あたりの平均電気代はリビングが約24円、勉強部屋が約17円、寝室が約12円。エコ運転搭載モデルでは、リビングでは約19円、勉強部屋では約15円、寝室が約11円となり、約20%の節電になることが分かります。

 6畳の寝室
(1200W機器を使用)
8畳の勉強部屋
(1200W機器を使用)
10畳のリビング
(1500W機器を使用)
通常モデル約12円/時約17円/時約24円/時
エコ運転搭載モデル約11円/時約15円/時約19円/時

オイルヒーターとその他の暖房器具の電気代を比較

オイルヒーターの電気代がわかったところで、知りたくなるのが他の暖房器具との比較。オイルヒーターの電気代は本当に高いのか、それとも言われるほど高くないのか、主な暖房器具と比較しておきましょう。

エアコンの電気代はオイルヒーターより安い

7〜10畳の部屋に適する冷房能力が2.5kWのスペックのエアコンの冬季暖房時の消費電力量は602kWh。このデータを基に、1時間当たりの消費電力量と電気代を比較してみましょう。
※消費電力量は資源エネルギー庁の「省エネ性能カタログ2015年冬版」を参照

試算の前提

  • エアコンの設定温度:20度
  • 1日の使用時間:18時間(6:00〜24:00)
  • 1か月の日数:31日
  • 5.5か月(10月28日〜4月14日)
  • 1kWhあたりの電気代は27円(以下の電気代の計算も同様)

以上の条件で暖房を使用した場合、
1時間あたりの消費電力量は 602kWh÷5.5か月÷31日÷18時間=0.196kWh
1時間あたりにかかる電気代は 0.196kWh×27円=約5.3円となります。

エコ運転搭載モデルのオイルヒーターを利用した8畳の勉強部屋の1時間あたりの電気代が約15円と比べても、電気代はエアコンの方がお得ということになります。

こたつの電気代はオイルヒーターより安い

こたつは一定の温度に達するとヒーターが切れますし、最近は「人感センター」を採用し人の動きを感知しないと自動的にヒーターを切る機能など、進化を続けています。しかし4人以上で使える大型こたつの場合、消費電力はカタログ値で500〜600W。

暖め始めを除けば、実際の消費電力は100〜200W程度となり、1時間あたりの電気代は5.4円。電気代をオイルヒーターと比べるとこたつに軍配があがりますが、こたつは部屋全体を暖める暖房器具ではありません。他の暖房器具とあわせて使う冬の定番暖房器具としての利用がいいのかもしれません。

電気ストーブの電気代はオイルヒーターより高い

電気ストーブには、セラミックファンヒーターのようにヒーターで暖めた空気をファンで送るタイプのものと、カーボンヒーターやハロゲンヒーターに電気を通して加熱し遠赤外線で暖まるといったものがあります。消費電力はセラミックファンヒーターが600W(弱)〜1200W(強)、カーボンヒーターやハロゲンヒーターが500W(弱)〜1000W(強)程度です。

それぞれの1時間あたりの電気代はセラミックファンヒーターが16.2円〜32.4円、カーボンヒーターやハロゲンヒーターが13.5円〜27円となります。

電気ストーブを長時間利用するならば、エコモードがあるオイルヒーターで室内をじっくりと暖めるほうが電気代は安くなりそうです。

暖房機器 電気代
オイルヒーター エコ運転搭載モデル
1200W
約15円/時
セラミックファンヒーター
600W〜1200W
約16.2円〜32.4円/時
カーボンヒーター
500W〜1000W
約13.5円〜27円/時
ハロゲンヒーター
500W〜1000W
約13.5円〜27円/時

石油ファンヒーターの電気代はオイルヒーターより安い ※ただし灯油代を除く

灯油を燃焼して温風を作り出しファンで送風するのが石油ファンヒーター。室内の空気を強力にかくはんするため、すばやく部屋を暖めることができます。

消費電力はメーカーや機種によって異なりますが、点火時は300W程度、燃焼時は10〜30Wです。消費電力量を0.02kWhとすると、1時間あたりの電気代は0.54円と1円未満で暖房能力のある器具としては最安。

ただしポイントは灯油代。トヨトミの「スマートファンヒーター」シリーズの木造10畳・コンクリート13畳タイプ(LC-SL36E)を参考に試算したところ、最大時の燃料消費量は1時間あたり0.35リットルで、最小時は0.099リットルとなっています。
灯油18リットルの価格を1,200円とした場合、最大に燃焼すると1時間あたりの灯油代は23.3円、最小燃焼時では6.6円。

電気代と灯油代を合わせると、1時間あたり7.14〜23.84円となりますので、電気代の節約代だけでなく給油の手間と灯油代も考慮に入れる必要がありそうです。

暖房機器 8畳の勉強部屋を暖める場合の電気代
オイルヒーター
エコ運転搭載モデル
約15円/時
エアコン約5.3円/時
こたつ約5.4円/時
石油ファンヒーター約7.14〜23.84円/時
※灯油代を含む
セラミックファンヒーター約16.2円〜32.4円/時

もっと電気代を節約したい!電気料金プラン比較

「もっと電気代を節約したい!」と思っている人は多いことでしょう。電気代を節約する方法はたくさんあります。その中でも一度お試し頂きたいのが電気料金のプランを切り替えて電気代を節約すること。実は電気料金プランの切り替えは非常に簡単です。価格.com経由で申し込みをした人だけが受けられる特典も!高くなりがちな冬の電気代をかしこく節約しましょう。

価格.com限定キャンペーン実施中!

東京電力エリアではどのくらい節約できる?

関西電力エリアではどのくらい節約できる?

電気代 節約(節電)ガイドの人気記事

電気代 節約(節電)ガイドへ

あなたの家庭にピッタリの電気料金プランを診断します。電気料金プランシミュレーション
30秒ですぐできる!各社のプランを一括比較 電気料金プランシミュレーション いくら節約できるかチェック 価格.com限定キャンペーン実施中!

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止