価格.com

電気・ガス料金

東京電力 中部エリア「スタンダードS/L/X」の値下げを発表

電力自由化関連ニュース

更新日:2017年7月6日

東京電力 中部エリア「スタンダードS/L/X」の値下げを発表

東京電力エナジーパートナーは、中部電力エリアで提供している電気料金プラン「スタンダードS」「スタンダードL」「スタンダードX」を8月1日から値下げすることを発表しました。

今回の値下げにより、「スタンダードS」に変更すると、中部電力の「従量電灯B」をご契約中の方の場合、1か月あたりの使用量120kWhまでの料金は同等、120kWhを超える部分の料金がお安くなります。

中部電力の「従量電灯B」契約容量30Aでご契約の方が東京電力エナジーパートナーの「スタンダードS」を契約すると、電気料金が1か月8,000円の方では、年間で約2,900円の節約が見込まれます。契約容量40Aでご契約していて電気料金が1か月12,000円の方では、年間で約4,300円の節約が見込まれます。契約容量50Aでご契約していて電気料金が1か月15,000円の方では、年間で約5,400円の節約が見込まれます。

「スタンダードL」「スタンダードX」を契約すると、1か月あたりの使用量が300kWh以上の場合、中部電力の「従量電灯B」「従量電灯C」「おとくプラン」「とくとくプラン」よりもおトクになるとのことです。※「スタンダードX」は電気の使用状況に応じて契約電力が変動するため、電力量料金での比較となります。 比較する中部電力の料金プランによっては300kWh以下でもおトクになる場合があります。くわしくは東京電力エナジーパートナーのWebサイトをご確認ください。

なお、すでに上記の中部電力エリアのプランに加入している方は、8月1日利用分から自動的に新料金が適用され、手続きの必要はないとのことです。

東京電力エナジーパートナーのプラン一覧を見る

新料金でのシミュレーションについて

現在、中部電力エリアの新料金につきましては当社で掲載を準備しております。

確認後、新料金でのシミュレーションをご利用いただけるようになる予定です。反映まで今しばらくお待ちください。(2017年7月6日時点)

電力自由化へ

あなたの家庭にピッタリの電気料金プランを診断します。電気料金プランシミュレーション
30秒ですぐできる!各社のプランを一括比較 電気料金プランシミュレーション いくら節約できるかチェック 価格.com限定キャンペーン実施中!

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止