価格.com

電気料金

よくわかる!電力自由化Q&A

電力自由化Q&A

電力自由化について

  • 電力自由化ってなに?

    これまでは住んでいる地域によって電力会社が決められていましたが、2016年4月より電力会社を自由に選択して契約できるようになりました。
    電力自由化をもっと知る

  • マンション・アパートでも契約できるの?

    マンションやアパートなどの場合でも、自由に契約をすることができます。ただし、管理組合等を通じてマンション全体で一括して契約している場合(高圧一括受電契約)は対応が異なるため、管理組合等にご相談されるのがいいでしょう。

  • 停電が増えたり、電気が不安定になったりしないの?

    どの事業者と契約しても、電気を送る電線や設備はこれまで通り、地域の電力会社(一般電気事業者)の設備が使われて電気を家庭に届けます。万が一、契約した電力会社の発電量が不足した場合でも、地域の電力会社が不足分を補う仕組みのため、停電になったり供給が不安定になったりすることはありません。

  • 品質が劣化したりしないの?

    どの事業者の電気も、地域の電力会社の送配電設備を使って安定的に送られるため、品質に違いはありません。

  • 地域の電力会社以外と契約して、倒産したら?

    切り替え先の電力会社が倒産したからといって、ご家庭が停電になることはありません。
    電力会社は、国の審査を受けて登録された事業者が電気を販売します。責任持って電気を販売できるか国が審査をした上で、小売電気事業者として登録されます。 万が一、小売電気事業者が倒産・撤退した場合は、電気の供給が受けられなくなることがないように、セーフティネットとして最終的な電気の供給を実施することが、地域の電力会社(一般送配電事業者)に義務づけられています。少なくとも2020年3月までの間は現在の電力会社の小売部門に電気の供給が義務づけられていますので、切り替え先の事業者が倒産した場合でも、電気が滞ることなく、現在の地域の電力会社が設定している標準的な料金メニュー(経過措置の料金メニュー)で電気の供給を受けることができます。

  • 地域の電力会社以外と契約すると停電のリスクは高い?

    地域の電力会社以外の事業者と契約したからといって停電になることはありません。「常時バックアップ」という仕組みがあり、新電力会社が必要な電力を十分に供給できない時は、東京電力や関西電力といった大手電力会社から電力供給を受けられるため、契約先を切り替えたために電気の品質が落ちたり変わったりすることはありません。また、地震、台風、大雨、落雷などの天災や、突発的な機器の故障や事故などが原因で停電が起こった場合にも、停電の際の問い合わせや復旧は大手電力会社がこれまで通り対応します。
    電力自由化で停電は本当に起こらない?停電時の復旧は?

  • 万が一、切り替え先の電力会社の発電設備に異常が起こった場合はどうなるの?

    切り替え先の電力会社の発電設備に異常が起こった場合、地域の電力会社のバックアップ供給をすることになり、電力供給が途切れることはありません。

  • 電力自由化によって電気代が高くなったりしないの?

    先行して電力自由化をしたイギリスでは、自由料金になってから値上がりしました。日本ではそうした前例を受けて、競争環境が起こるように電力自由化後は現行の規制料金を残しつつ自由料金を設定するため、電気代が高くなるだけの電力自由化にはならないと期待されています。

  • 複雑化して料金プランの比較ができないのでは?

    価格.comでは、自分に合った最適なプランを探すためのシミュレーション機能を用意しています。電気料金プランシミュレーション

  • 聞いたことがない事業者と契約するのは不安…

    電気の安定は、電力ネットワーク全体で保たれる仕組みになっているので、どの事業者と契約しても、電気の品質が下がることや特定の事業者だけが停電しやすくなるということはありません。そのため、名前の知らない会社だとしても心配しすぎなくても大丈夫です。海外での先行事例なども参考に様々なバックアップ体制や法律的な整備が進んでいます。また、段階的に時間をかけて電力自由化を行うことで、問題点を洗い出し対策を講じることもでき、官民全体で「安定供給」に取り組んでいます。
    やっぱり不安!本当に「安定供給」はされるの?

  • どんな事業者と契約できるの?

    都市ガス会社(東京ガス、大阪ガス)や石油会社(ENEOS、昭和シェル石油)、既に大口向けに電力を販売している事業者などが多いです。詳しくは、参入企業・新電力の一覧をご確認ください。
    続々登場!電力自由化の参入企業・新電力一覧

  • 電力自由化だと電力会社や契約の切り替えをしなくてはいけないの?

    現在の契約内容のまま電気を使い続けても問題ありません。

  • 現在契約している料金プランは、いつまで続けられるの?

    少なくとも2020年3月までの間は、これまで通りご利用いただけます。

  • 電気だけでなく、ガスも自由化になるって本当?

    本当です。2017年4月からは都市ガスの自由化がスタートします。
    なるほど!ガス自由化 2017年はガス新時代

電力会社の切り替え

  • 手続きが面倒じゃないの?

    切り替え先の事業者へ申し込みをするだけで切り替えができます。また、Webでも簡単に申し込み手続きができる事業者もあります。

  • 契約先を切り替えるときは工事が必要?

    電気を家庭に送る設備はこれまでと同じものを使用するので、インターネット回線のような開通に伴う工事は必要ありません。ご自宅にスマートメーターが設置されていない場合は、スマートメーターの設置が必要になりますが、基本的には立ち会いの必要がなく設置されます。また、スマートメーターの設置費用は原則無料です。

  • 契約先を切り替える場合、現在契約している地域の電力会社に連絡が必要?

    切り替え先の事業者への申し込みをもって、現在の電力会社は自動的に解約となります。そのため、現在の電力会社には別途解約の連絡をする必要はありません。

  • 切り替えをするときに停電になるの?

    切り替えをする際に停電になることはありません。但し、スマートメーターの設置が伴う場合には、スマートメーター設置の際に、5分程度の停電が発生する場合があります。

  • 契約先を切り替えたら誰が検針に来るの?

    契約先を切り替えた場合でも、検針は引き続きこれまで通りの地域の電力会社(一般送配電事業者)によって行われます。スマートメーターを設置した場合は、原則現地での検針は必要がなくなるため、検針員が電気使用量を検針することはなくなります。なお、検針されたデータは地域の電力会社(一般送配電事業者)から切り替え先の事業者に提供されます。

  • 停電になったときはどこへ問い合わせればいいの?

    停電に関するお問い合わせについては、まずは切り替え先の電力会社にお問い合わせください。

  • 切り替えをした事業者との間でトラブルが生じた場合、どこに相談すればいいの?

    切り替え先の事業者にお問い合わせください。切り替え先の事業者が消費者からの苦情や問合せへの対応義務があります。

  • 申し込みをするときに準備しておくものは?

    現在の電力会社の電気ご使用量のお知らせ(検針票)をお手元にご用意ください。

  • 電力会社を切り替えたが、また別の電力会社に切り替えることはできるの?

    可能です。但し、事業者によっては受け付けていない場合もありますので、切り替え先の事業者にご確認ください。

  • 電力会社を切り替えたが、元の地域の電力会社に戻ることはできるの?

    可能です。但し、地域の電力会社のプランの中には新規受付を停止したプランがあります。新規受付をしていないプランについては、再度申し込みをすることはできません。

  • 電力会社を切り替えたあと、申し込みをしていたプランの電気代が高くなることはないの?

    切り替え後、事業者によって電気代の値上げ、値下げなど、申し込み時点よりも料金の改定をする場合はあります。その際は、猶予期間をもって、お知らせされます。

  • これまで通り、請求書や領収書、検針票は発行されるの?

    事業者によっては、発行されない場合があります。また、請求書、領収書は有償オプション対応や、検針票は用紙が届くのではなく、WEBでの確認となる場合もあります。切り替え先の事業者にご確認ください。

  • 電力会社を切り替えた場合、契約アンペアの変更はどこに依頼をすればいいの?

    切り替え先の電力会社にお問い合わせください。

  • 同じ事業者でもエリアによって価格差があるのはなぜ?

    電気料金は、電源費用、ネットワーク費用、販売・一般管理費等によって構成されています。コストの多くを占める電源費用とネットワーク費用が、各エリアによって異なっているため、電気料金プランの料金単価がエリア毎に異なります。また競争の激しいエリアは、多くの顧客を獲得するため、利益を削って安い単価を設定しているとこもあります。

  • オール電化住宅に住んでいても、電力会社の切り替えはできる?

    オール電化住宅の場合でも切り替えは可能です。事業者によっては、オール電化住宅向けのプランが設定されていたり、給湯器を使う夜間帯の電気代の単価が安く設定されているプランもあります。価格.comのシミュレーションは、オール電化住宅の家庭でも最適なプランを検索することができるようになっていますので、ぜひご活用ください。電気料金プランシミュレーション

  • 電力会社を切り替えると、太陽光の買い取りはどうなる?

    通常、現在買い取ってもらっている電力会社で買い取りを続けながら、電力会社を切り替えることができます。

  • 太陽光発電をしているが、電力自由化によって売電価格は変わるの?

    売電価格は変わりません。電力自由化によって、再生可能エネルギー固定価格買取制度における買取価格や買取期間に影響はありません。

  • 自宅の太陽電池パネルを利用して、個人でご近所に電気を販売することはできる?

    電力を販売する場合は、電気事業法に基づく小売電気事業者としての登録をする必要があります。個人であっても、個人事業主として、登録申請は可能です。登録されたら小売電気事業者として、電気の販売を行うことは可能です。

シミュレーション

  • どのような仕組みでシミュレーションしているの?

    ご入力いただいた使用量、条件、及び総務省統計局などによる属性別の行動データをもとに、当社が設定する独自の前提条件にもとづいて試算しています。

  • 価格.com側でランキングを操作しているのでは?

    当社のシミュレーション機能につきましては、中立・公平な立場で行い、特定のプランを優遇することは一切ございません。

  • 価格.comで比較できる事業者は提携している事業者だけなの?

    提携している事業者だけではありません。様々なプランを比較して頂けるよう、提携していない事業者でも詳細が確認できたプランは随時掲載しています。

スマートメーター

  • スマートメーターとは?

    スマートメーターとは、新しい電力量計のことです。通信機能があるため、遠隔地からの検針などが可能になります。また、電気の使用状況を30分単位で知ることができるようになります。
    スマートメーターを使用するには、ご自宅に取り付けられている従来の機械式メーター(円盤がついているメーター)をスマートメーターに取り替える必要があります。取り替え作業は地域の一般送配電事業者にて設置されます。スマートメーター設置における事前準備などは不要です。

  • メーターをスマートメーターに取り替えるにはどうしたらいいの?

    地域の電力会社(東京電力や関西電力などの一般電気事業者)にお問い合わせください。契約先を地域の電力会社以外にした場合は、切り替え先の事業者にお問い合わせください。

  • スマートメーターの設置に費用は発生するの?

    原則として、発生しません。

  • スマートメーターになると何が変わるの?

    遠隔での検針等が可能となるため、検針時等の立ち会いや敷地内への立ち入りするケースが減少します。また、スマートメーターのデータを活用することで、より細かな電気のご使用状況がHEMS(住宅のエネルギーを管理・制御する機器)等で確認できるようになり、効果的な省エネが可能となります。
    スマートメーターで世の中は何が変わる?

  • スマートメーターを設置すると節電できる?

    スマートメーターが設置されたからといって必ず節電できるわけではありません。
    スマートメーターの設置によって、30分ごとの電力使用量の計測ができ、時間帯ごとの電気の使用状況を確認することができるようになります。WEBサイト上などで、どの時間帯にどの程度の電気が使われているかを知ることが節電のきっかけになると考えます。電気使用量の「見える化」により、電力使用状況が把握できるようになり、電気機器の使い方を工夫することで節電効果が期待できます。

  • スマートメーターに切り替えると検針員は来なくなるの?

    スマートメーター切り替えたあとも、検針結果のお知らせをお届けする場合などで訪問します。

  • スマートメーターから通信されるデータって?

    30分ごとのメーター指示数、現時点での指示数、電流値(アンペア)などです。

  • 電力会社を切り替えるにはスマートメーターへの取り替えが必要だと聞いたが、申し込みが必要?

    申し込みは不要です。
    スマートメーターが設置されていなくても、切り替え先の事業者がお住まいの地域の送配電事業者とコンタクトをとり、送配電事業者にてスマートメーターへの交換工事が行われるため、切り替えの申し込みをするだけで、スマートメーターの設置もされるようになります。

引越し

  • 契約している事業者の供給エリアの外に引越しの場合、解約は必要?

    契約している事業者にご連絡し、解約のお手続きをしてください。

  • 契約している事業者の供給エリア内で引越しの場合、解約は必要?

    現在の契約をそのまま引き継げる場合と、解約の手続きをする場合があります。契約している事業者にご確認ください。

  • 電力会社を切り替えたあと、引越しで解約する場合は手数料はかかるの?

    引越しに伴い契約を解除する場合でも、契約解除料が発生する場合があります。契約している事業者にご確認ください。

  • 電力会社を切り替えたが、引越しする場合の手続きはどうなる?

    地域の電力会社の契約と同じように引越しに伴う手続きが必要です。
    引越し先が、契約している事業者の供給エリアだった場合、引き続き、同事業者との契約が可能な場合が多いです。引越しする約2週間前までには、引越し利用場所変更の連絡を現在の契約している事業者にご連絡ください。
    引越し先が供給エリア外だった場合は、契約を続行することが難しいため、解約の手続きとなります。エリア外での解約の場合でも、契約解除料が発生する場合があります。契約解除料につきましては、事業者によって異なりますので、契約している事業者にお問い合わせください。

  • 引越しのタイミングで契約先を切り替えることはできる?

    引越しのタイミングで契約先を切り替えることはできます。但し、事業者によっては地域の電力会社からの切り替えしか受け付けていない場合もありますので、切り替え先の事業者にご確認ください。

  • 引越しをした場合、スマートメーターも持ってく必要がある?

    スマートメーターは家に取り付けられるものなので、引越しの場合持っていく必要はありません。地域の電力会社以外と契約していて、引越し先にスマートメーターが取り付けられていない場合は、検針ができなくなる恐れがありますので、引越し前に契約先の電力会社にご確認ください。

電気全般

  • 新電力とは?

    新規参入の小売電気事業者(一般電気事業者と呼ばれる地域の電力会社以外の小売電気事業者)を指しています。 電力自由化 参入企業・新電力一覧

  • 電気代に含まれている「燃料費調整額」って?

    電気を発電するために必要な火力燃料(原油・LNG・石炭)の多くは海外から輸入しています。燃料の輸入価格は、為替レートや原油価格等の影響を大きく受けることから、その価格変動に応じて燃料費調整単価を決めているのが「燃料費調整額」です。この燃料費調整があることによって、前月と全く同じ使用量だったとしても、電気代に差が生じることがあります。

  • 固定価格買取制度(FIT)とは?

    再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で買い取ることを国が約束する制度です。これは太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの普及を図るために2012年7月から始まった制度です。調達にかかる費用は、需要家が再生可能エネルギー発電促進賦課金(賦課金)として負担しています。

  • 再生可能エネルギー発電促進賦課金(賦課金)とは?

    「再生可能エネルギー発電促進賦課金」は、「賦課金」や「再エネ発電賦課金」、「再エネ賦課金」と呼ばれています。再生可能エネルギーを用いて発電された電気については、一定の期間・価格で電力会社が買い取ることを義務付ける「固定価格買取制度(FIT)」が定められています。固定価格買取制度は、再生可能エネルギーを育てることを目的としており、電力会社は太陽光、風力など再生可能エネルギーによって発電された電気について、国が定めた単価により購入します。電力会社がその購入に要した費用については、電気を利用する全ての契約者に、賦課金として、使用量に応じた金額を負担することになっています。再生可能エネルギー発電促進賦課金単価は、買取見込額、過去の過不足額および各電気事業者の想定販売電力量をもとに、経済産業大臣が毎年度定めます。再生可能エネルギー発電促進賦課金単価は、地域間の負担の公平性を保つために、国によって地域間調整をおこない、全国一律単価とされています。再生可能エネルギー発電促進賦課金単価については、毎月届く「電気ご使用量のお知らせ」(検針票)によってお知らせされています。

  • 供給(受電)地点特定番号とは何ですか?

    供給地点特定番号とは、電気のご使用場所を特定するために使用場所単位に設定されている22桁の番号です。電気のご契約先を変更する際に必要になり、「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」や請求書でも確認ができます。「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」には「地点番号」と記載されています。
    家庭に設置されている再生可能エネルギー(太陽光等)などの発電設備の場所を特定するために、場所単位に設定されている22桁の番号は、受電地点特定番号です。

  • アンペアとは?

    電気の流れる量をあらわす単位のことです。高いアンペア数で電気の契約すると、より多くの電気を流すことができるため、一度に多くの電化製品を使用することが可能となります。同時にたくさんの電化製品を使用する家庭では、50Aや60Aといった数字の大きいアンペア数で契約し、そうでない家庭は10Aや20Aといった数字の小さいアンペア数で契約するのがいいでしょう。同時に使用する電気が契約しているアンペアを上回った場合、ブレーカーが落ちてしまいますので、自宅に合ったアンペア数を選ぶようにしましょう。アンペアとは?

  • HEMS機器とは?

    HEMS(ヘムス)とは、ホーム・エネルギー・マネジメント・システムのことです。
    家庭内の使用電力量などエネルギーの見える化、制御など管理機能を持つ機器のことです。太陽光発電を行っている家庭が所有していることが多いです。HEMS機器の具体的な機能は、機種によって異なりますので、各HEMS機器メーカーへお問い合わせください。 電気が「見える化」できるHEMSって一体なに?

  • 周波数とは?

    周波数とは、「交流」で電気が流れる際に、1秒間に繰り返す波の数のことです。単位はヘルツ(Hz)で表します。50Hzは1秒間に50回、60Hzは1秒間に60回の振動が起こったということです。

  • なぜ関東と関西で周波数が違うの?

    日本では、「50Hz」と「60Hz」と地域によって周波数が異なっています。現在は新潟県の糸魚川(いといがわ)と、静岡県の富士川(ふじがわ)を結ぶ線を境にして、東側では「50Hz」の周波数、西側では「60Hz」の周波数です。中には、「50Hz」と「60Hz」の混在している地域もあります。外国の場合は、ハワイやアメリカ、台湾や韓国が「60Hz」、フランスやイタリア、ドイツ、中国、タイが「50Hz」と国によって周波数は分かれており、日本のような両方の周波数が混在していることはまれです。
    なぜこのようなことが起こっているのかというと、明治時代、電気を作るための発電機の輸入先が、東側は「ドイツ製」、西側は「アメリカ製」の発電機がそれぞれ輸入されたため、ドイツ製の発電機は「50Hz」の周波数、アメリカ製の発電機は「60Hz」の発電機が導入され、そのまま全国に広がったために東側と西側で周波数が異なっています。
    周波数のエリアをまたいで引越しをする際には、自宅の電化製品が「50/60Hz」のように両方使えるものであるか確認しましょう。万が一、どちらか一方の周波数しか使用できない家電の場合は、故障や火事の原因にもなりますのでご注意ください。

  • 周波数が違うエリアにある遠くの電力会社の電気を購入することができる?

    周波数をまたいだとしても周波数変換設備により電気のやりとりが可能です。そのため、周波数が違うエリアをまたいで参入する新電力がいる場合、その事業者から電気を購入することは可能です。

このページの先頭へ

Copyright c Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止