名作図鑑 Vol.21:オロビアンコ(Orobianco)

Orobianco Bag オロビアンコ バッグ

Vol.21 Orobianco Bag オロビアンコ バッグ Vol.21 Orobianco Bag オロビアンコ バッグ

みなさんの周りにいる、デキるビジネスマンが持つバッグをよ〜く見てみてください。シルバーのエンブレムに上品なナイロンと上質レザーの艶やかなコンビバッグではありませんか? それ、恐らく「オロビアンコ」のバッグです。今回は、純粋に持っているだけでカッコいい本物オーラを放つ、「オロビアンコ」のバッグの魅力に迫ります。

Photo_Yukihisa Ishii

vol.21

ナイロンバッグをビジネスシーンに広めたコンビバッグのパイオニア的ブランド!

「オロビアンコ」が登場するまでは、ナイロン製バッグといえばアウトドアユースの印象が強く、ビジネスシーンで使うのははばかられたもの。で、この状況を一変させたのが、「オロビアンコ」のナイロンバッグでした。特に人気のボストンバッグやブリーフは、今ではナイロンバッグといえばココ的な存在に! 毎日使いでも負担にならない軽さ。そして何よりもナイロン×レザーのコンビが醸しだす上品な雰囲気はここならでは。既成概念を覆したパイオニア「オロビアンコ」は、オンもオフもビジネスマンの強い味方です。

Boston bag ボストンバッグ

オン・オフ問わず、大人の品格を格上げする

「オロビアンコ」を代表する商品といえばブリーフケースですが、ビジネスシーンだけでなく、休日のオフスタイルにもバシッとハマる懐の深さではボストンバッグが抜きんでています。使い勝手のよさは前述の通りですが、このブランドの魅力といえばしつこいですが、上品なナイロンとベジタンレザーのコンビ。休日スタイルを品よく格上げしてくれることでしょう。写真私物のモデルのほか、デイリーユースにちょうどいいサイズのサルタニナなど、多くの人気モデルが揃います。

名作ZoomUp!

  1. 01 ロゴの中央に刻まれた
    ブランド名の由来。

    嫌味なく主張するブランドロゴの真ん中にいる動物。この動物、ウサギのように見えますが、カシミアヤギなんです。ということで、ブランド名を意味する“白金”が、チベット地方では貴重な価値あるものとして「カシミア」と呼んでいたことが由来しているんです。

    ロゴの中央に刻まれた<br>ブランド名の由来。
  2. 02 タフで軽いナイロン素材に
    上品さと艶やかさを追加

    ブランドの顔ともいえるナイロン素材。デイリーに使用しても負担にならない軽さ。そしてアウトドアアイテムに使用されるほどのタフさが特徴ですが、ここのはそれに加えて上品さも兼備。高密度に織られたナイロンは美しく、上品な雰囲気を醸し出します。

    タフで軽いナイロン素材に<br>上品さと艶やかさを追加

その他の名作もCheck!

  • Briefcase ブリーフケース

    Briefcase ブリーフケース

    仕事もおしゃれも抜かりないビジネスマンの必需品

    おしゃれで仕事もデキるビジネスマンが持っている印象の強い、「オロビアンコ」のブリーフケース。スーツスタイルを格上げする高級ナイロンとレザーのコンビは、1つは持っておきたいバッグ。ショルダーとの2way仕様がうれしいVERNEのほか、小旅行にも使えるCOMPLICATAが人気です。

    ブリーフケースを探す

  • Tote Bag トートバッグ

    Tote Bag トートバッグ

    オン・オフを問わずに愛用できる懐の深さが魅力

    程よいカジュアルさと上品さを備えるトートバッグを選ぶなら、「オロビアンコ」が正解。オン・オフ活躍する抜群の収納力とファスナーで開閉できる仕様がうれしいARINNAや、ハンドルなどに施されたシワ加工レザーが高級感のあるENOSなど、ブリーフケース同様に多くのモデルが揃います。