名作図鑑 Vol.12:カナダグース(CANADA GOOSE)

CANADA GOOSE  Down jacket カナダグース ダウンジャケット

Vol.12 CANADA GOOSE  Down jacket カナダグース ダウンジャケット Vol.12 CANADA GOOSE  Down jacket カナダグース ダウンジャケット

冬の鉄板アウターといえば、ダウンウェア。寒い冬に一番使えるキラーアイテムの唯一の弱点といえば、もっさりとしたボリューム感。コレを見事なまでに解消しつつ、保温力はキープという離れワザをかましてくれたのが、「カナダグース」のダウンです。今回は、“保温力文句なし”“シルエット最高”“羽織るだけでおしゃれ”という最強にして最高のダウンブランド、「カナダグース」の魅力に迫ります。

Photo_Kazuo Yoshioka(BURONICA)

vol.12

文句なしに暖かく、見た目もオシャレ“ダウン”を“タウン”に昇華した立役者

グッと寒さが増してきた今日この頃。皆さん、どんなアウターを着ていますか? コートやジャケットなど選択肢は多いですが、つまるところ最強に温かいのはダウンを置いて、ほかありません! で、ダウンを探してみると、もこもこしてちょっともさい…。はい、そんな方にピッタリなのが「カナダグース」の一着です。今どきのやや細シルエットに加えて、見た目にもすっきりしているから、着てもとってもスマート。その上、防寒性はしっかりキープ! オシャ温かい、タウンなダウンなんです!

JASPER ジャスパー

防寒性と伝統的デザインはそのままに
よりタウンになじむようモダナイズ

2012年秋冬より、“シャトー”からリニューアルした定番モデル“ジャスパー”。前モデルより踏襲した細身のシルエットと基本的なデザインはそのままに、肩線やボディーラインなどは、丸みを帯びるように新設計しており、直線的だったスリーブラインもカーブを付けて、スムーズな袖通しを実現させました。これにより、ジャケットの上に着た時でも違和感がなく、オン・オフ兼用で愛用可能に。カラーもブラック、ベージュ、ネイビー、カーキから好みを選べます。写真は本人私物。

名作ZoomUp!

  1. 01 フードを縁取るコヨーテは
    フードから取り外しも可能

    氷結を防ぐコヨーテの毛皮をフードの縁に設定。毛足が長く、ボリュームがあるのでコーディネートのアクセントとしても◎。また、このコヨーテの毛皮はフードから取り外しが可能。気分によって使い分けられる、一着で二度美味しいダウンです。

    フードを縁取るコヨーテは<br>フードから取り外しも可能
  2. 02 のど元のチンウォーマーは
    暖かくて肌触り◎のフリース

    首元をしっかりと保温するチンウォーマーを完備。やわらかくて暖かく、肌触りもバツグンのフリース素材を採用。あまり寒くないときはチンウォーマーを開放し、寒いときはサッと閉じるだけで保温力がグッと上がる、冬に嬉しいディテールです。

    のど元のチンウォーマーは<br>暖かくて肌触り◎のフリース
  3. 03 ジッパー&比翼の2重構造で
    冷たい空気をシャットアウト

    フロントには、無骨な印象を与えるジッパーを採用。さらに、比翼仕立てにすることで、冷たい風の侵入を強固にブロック! なお、ジッパーは下からの開閉も可能な2WAY仕様なので、開閉を調整し、シルエットに変化をつけることも可能です。

    ジッパー&比翼の2重構造で<br>冷たい空気をシャットアウト
  4. 04 手首にしっかりフィットする
    ニットカフが冷気を遮断

    袖口にはリブ編みのニットカフを装備。手首にしっかりとフィットする仕様なので、袖口から侵入する風や冷気をしっかりとシャットアウトし、保温性をキープします。着用して見えない部分もこだわる、カナダグースらしい機能的なディテールです。

    手首にしっかりフィットする<br>ニットカフが冷気を遮断

その他の名作もCheck!

  • CITADEL シタデル

    CITADEL シタデル

    定番モデルを日本向けにモダナイズした新定番

    極寒地で働く山岳救助隊や観測隊などにも採用されてきたジャケットを日本の気候に合わせてモディファイされたのがこのモデル。襟もとのコヨーテファーや多彩なポケット群、ブランドのワッペンはそのままに、スリムな仕様に仕上げられたこのモデルは、汎用性の高さも人気の秘密です。

    シタデルを探す

  • KAMLOOPS カムループス

    KAMLOOPS カムループス

    シンプルな意匠が潔い、美シルエットモデル

    特殊警察用のジャケットをベースにした“カムループス”は、骨太な定番モデルを日本の気候に合わせたモデル。日本人の体型を考慮したスリムなフォルムは、かさばりがちなダウン製品のデメリットを排除することで可能に。フード周りにコヨーテファーがないシンプルな表情も特長です。