オトナ女子的お呼ばれスタイル

結婚式に。パーティーに。オトナ女子的お呼ばれスタイルの作り方

大人の女性は何かとお呼ばれする機会が多いものですが、いつも同じものを着ていませんか? 結婚式、同窓会、合コンなど、それぞれのTPOに合わせながらも保守的すぎないコーディネートをご紹介。ドレスコードはもちろんですが、挨拶や食事の作法など、最低限のマナーも身につけておきましょう。大人の女性らしく、服装とマナーの両方をしっかりと押さえてパーティを楽しんで。

Photographs_Sukegawa Kenichi(Studio Bounce), Styling_Miki(bloomy), Hair&Make-up_Katsu(bloomy), Edit&Text_NERVES SYSTEM, Model_Sakura Hori[BE NATURAL]

シーンから選ぶお呼ばれスタイル

WEDDING

結婚式

  • 結婚式のドレススタイルのコーディネート
  • 結婚式のパンツスタイルのコーディネート
WEDDING PARTY

結婚式の二次会

  • 結婚式の二次会のドレススタイルのコーディネート
  • 結婚式の二次会のパンツスタイルのコーディネート
REUNION

同窓会

  • ホテル、レストランの同窓会スタイルのコーディネート
MATCHMAKING PARTY

合コン

  • レストラン、居酒屋の合コンスタイルのコーディネート

オトナ女子のお呼ばれスタイルって?

結婚式
結婚式では、披露宴に来た友人達を見て、新郎新婦の人柄を知ろうとしている親族も少なくありません。主役である新郎新婦のためにも、誰が見ても納得してもらえるようなコーディネートや振る舞いを心がけておくことが大切です。新婦よりも目立つ服装はNG。白やオフホワイトのドレスは、新婦の色なので避けましょう。
結婚式の二次会
結婚式の披露宴に参加する場合は、あまり肌を露出しないのがマナーですが、二次会のみに参加する場合は、腕や肩、背中など、適度に肌を露出しても問題ありません。キャミソールやノースリーブのドレスで、サテンやラメ、ベルベットなど、光沢のある素材のものがオススメ。極端に丈が短いスカートは避けるのが無難。
同窓会
会場がホテルやレストランなど、ドレスコードのある場所の同窓会では、当然服装にも気を配る必要があります。ワンピースやシャツなど、清潔感のある服装を心がけ、アクセサリーやシューズで自分らしいおしゃれを主張しましょう。派手な色合いや露出度の高い服装は、場の雰囲気に合わず引かれる可能性があるので要注意!
合コン
「男性にはセクシーな露出度の高いコーディネートが好まれる」という考えも間違ってはいません。確実に男性の視線を集めることでしょう。しかし、同時に軽い女として見られてしまいます。「軽い」と「モテる」はイコールではありません。男性が求めているのは露出の少ない清楚な服装。女性らしさを主張しましょう。