『インベスターZ』で学ぶ超高齢化時代の投資術

PR企画
ホーム > 投資・資産運用 > 投資信託比較 > 『インベスターZ』で学ぶ超高齢化時代の投資術

『インベスターZ』で超高齢化時代の投資術を解説

超高齢化時代に即した投資術とは。人気マンガ『インベスターZ』で解説いたします。

超高齢化時代が到来、何に投資すれば……

突然、神代部長からの無茶振り!?

財前君は何を見つけるのか……

たくさん調べたけど…… 部長の反応は?

  • ※上記に出てくる銘柄は投資対象銘柄の例示を目的とするものであり、当ファンドにおいて当該銘柄に投資するとは限りません。また、当該銘柄を推奨するものではありません。
  • ※個別銘柄にかかる業績や株価に関する表記は、過去の一時点における表記であり、将来の業績や株価を予想あるいは示唆するものではありません。
『げんきシニアライフ』の詳細はコチラ

三井住友アセットマネジメントの『げんきシニアライフ』って?

『げんきシニアライフ』は超高齢化時代に着目される銘柄に投資する投資信託!

介護などのヘルスケア部門のみに投資をする投資信託は数多くありますが、『げんきシニアライフ』は「元気で健康な高齢者関連ビジネス」も投資の対象としているのが大きな特徴です。

『げんきシニアライフ』は「介護」「元気で健康な高齢者関連ビジネス」の両方に投資

人口統計から、シニア世代の人口は今後も増加が見込まれます。シニア世代の中で、介護・支援が必要な割合は2割未満。8割以上は元気で健康なシニア(アクティブシニア)です。個人金融資産の約2/3は60代以上の世帯が保有しており、旅行やリゾート、レジャー等に積極的に支出します。このアクティブシニアを見越して銘柄選定を行っていきます。

『げんきシニアライフ』は、超高齢化時代の到来をうけ「介護関連ビジネス」と「元気で健康な高齢者関連ビジネス」の2つの観点で企業を選定し投資する投資信託です。

『げんきシニアライフ』のパフォーマンスは?

『げんきシニアライフ』の基準価額の推移はどうでしょうか。下記をご参照ください。

『げんきシニアライフ』の基準価額の推移グラフ

(注1)
データは2012年3月30日〜2015年3月31日。
(注2)
基準価額、税引前分配金再投資価額は、1万口当たり、信託報酬控除後です。
(注3)
税引前分配金再投資価額は、分配金(税引前)を分配時に再投資したものと仮定して計算しており、実際の基準価額とは異なります。
(注4)
TOPIX(配当込、ご参考)・TOPIX(ご参考)は運用上の目標となるベンチマークではありません。
TOPIX(東証株価指数)は、株式会社東京証券取引所が公表する指数であり、その指数に関する著作権、知的財産権、その他一切の権利は株式会社東京証券取引所に帰属します。また、当ファンドを同社が保証するものではありません。

税引前分配金再投資基準価額 12,374円、純資産総額4.5億円 ※2015年3月末現在

分配実績

(注1)
2014年11月(第29期決算)より分配を開始しています。分配金は、1万口当たり(税引前)の金額です。
(注2)
上記は過去の実績であり、将来の成果および分配をお約束するものではありません。分配金額は委託会社が収益分配方針に基づき、基準価額水準や市況動向等を堪案して決定します。ただし、委託会社の判断により分配を行わない場合もあります。

2012年末のアベノミクス相場以降、TOPIXも堅調に推移していますが、『げんきシニアライフ』の基準価額は それを上回るパフォーマンスを見せています。

折りしも2012年後半からアベノミクス相場になったことも上昇の要因ですが、TOPIXよりも上昇幅が大きいことについては、ファンドマネージャーによる運用の成果である点も見逃せません。

上場している約3,700銘柄のなかから、ファンドマネージャーを中心に2つの柱に合致する企業のボトムアップリサーチを行います。そして財務健全性や収益性、成長性、株価割安度などの個別企業のファンダメンタルズ分析を行います。さらに企業に直接コンタクトを取って実際に経営陣等に会い、成長理由や戦略について詳しくリサーチします。その結果を整理・分析し、組み入れの可否を決めて、『げんきシニアライフ』のポートフォリオが構築されるのです。

ファンドマネージャーが入念に調査した上で投資するプロセスは、個人投資家にとって安心できるのではないでしょうか。また、ポートフォリオのフォローアップも欠かさず行っており、株価の動向等に応じて機動的な入れ替えを行っています。

設定来の高値を更新している『げんきシニアライフ』。今後の動向にもご注目ください。

『げんきシニアライフ』の詳細はコチラ

『げんきシニアライフ』は「介護」「元気で健康な高齢者関連ビジネス」の両方に投資

ファンドのリスクおよび留意点

<基準価額の変動要因>

ファンドは、主にわが国の株式を投資対象としています。ファンドの基準価額は、組み入れた株式の値動き、当該発行者の経営・財務状況の変化等の影響により上下します。基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。

運用の結果としてファンドに生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。したがって、ファンドは預貯金とは異なり、投資元本が保証されているものではなく、一定の投資成果を保証するものでもありません。ファンドの主要なリスクは、以下の通りです。

・株式市場リスク
内外の政治、経済、社会情勢等の影響により株式相場が下落した場合、ファンドの基準価額が下落する要因となります。また、個々の株式の価格はその発行企業の事業活動や財務状況、これらに対する外部的評価の変化等によって変動し、ファンドの基準価額が下落する要因となります。特に、企業が倒産や大幅な業績悪化に陥った場合、当該企業の株式の価値が大きく下落し、基準価額が大きく下落する要因となります。
・信用リスク
ファンドが投資している有価証券や金融商品に債務不履行が発生あるいは懸念される場合に、当該有価証券や金融商品の価格が下がったり、投資資金を回収できなくなったりすることがあります。これらはファンドの基準価額が下落する要因となります。
・市場流動性リスク
ファンドの資金流出入に伴い、有価証券等を大量に売買しなければならない場合、あるいは市場を取り巻く外部環境に急激な変化があり、市場規模の縮小や市場の混乱が生じた場合等には、必要な取引ができなかったり、通常よりも不利な価格での取引を余儀なくされることがあります。これらはファンドの基準価額が下落する要因となります。

<その他の留意点>

・収益分配金に関する留意事項
○分配金は、預貯金の利息とは異なり、ファンドの純資産から支払われますので、分配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
○分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。
また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。
○投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。
・ファンドのお申込みに関しては、クーリング・オフ制度の適用はありません。
・換金制限等に関する留意事項
○投資資産の市場流動性が低下することにより投資資産の取引等が困難となった場合は、ファンドの換金申込みの受付けを中止すること、および既に受け付けた換金申込みを取り消すことがあります。

お申込みメモ手数料など

<お申込みメモ>

信託期間無期限です。(信託設定日:2000年5月26日)
決算および分配 毎年5月および11月の25日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行い、収益分配方針に基づき分配を行います。
※運用状況によっては分配を行わない場合があります。
分配金受取りコース:税金を差し引いた後、決算日から起算して5営業日目までにお支払いいたします。
分配金自動再投資コース:税金を差し引いた後、無手数料で再投資いたします。
※販売会社によってはいずれか一方のみの取扱いとなる場合があります。
お申込受付日原則としていつでもお申し込みできます。
お申込価額取得申込受付日の基準価額となります。
ただし、累積投資契約に基づく収益分配金の再投資の場合は、各計算期末の基準価額となります。
ご換金価額換金申込受付日の基準価額となります。
課税関係課税上は株式投資信託として取り扱われます。
公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」の適用対象です。
益金不算入制度、配当控除の適用はありません。
※上記は作成基準日現在の情報をもとに記載しています。税法が改正された場合等には、変更される場合があります。

<手数料>

投資信託は、ご購入・ご換金時等に直接ご負担いただく費用と信託財産から間接的にご負担いただく費用の合計額がかかります。

【1】ご購入・ご換金時等に直接ご負担いただく費用

時期項目費用額
ご購入時お申込手数料原則として、お申込金額に3.24%(税抜き3.0%)を上限として、販売会社がそれぞれ別に定める手数料率を乗じた額です。詳しくは取扱いの販売会社にお問い合わせください。
ご換金時ご換金手数料ありません。
信託財産留保額ありません。

【2】保有期間中に信託財産から間接的にご負担いただく費用

項目費用額
信託報酬当ファンドの純資産総額に年1.62% (税抜き1.5% )の率を乗じた額

<委託会社、その他の関係法人>

【委託会社】三井住友アセットマネジメント株式会社(ファンドの運用の指図を行います。)

【受託会社】三井住友信託銀行株式会社(ファンドの財産の保管および管理を行います。)

【販売会社】委託会社にお問い合わせください。(ファンドの募集・販売の取扱い等を行います。)

重要な注意事項

  • 当資料は、三井住友アセットマネジメントが作成した広告であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。当ファンド以外の特定の投資信託・生命保険・株式・債券等の売買等を推奨するものではありません。
  • 当ファンドの取得のお申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)および契約締結前交付書面等の内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面等は販売会社にご請求ください。また、当資料に投資信託説明書(交付目論見書)と異なる内容が存在した場合は、最新の投資信託説明書(交付目論見書)が優先します。
  • 投資信託は、値動きのある証券(外国証券には為替変動リスクもあります。)に投資しますので、リスクを含む商品であり、運用実績は市場環境等により変動します。したがって元本や利回りが保証されているものではありません。
  • 投資信託は、預貯金や保険契約と異なり、預金保険・貯金保険・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。また登録金融機関でご購入の場合、投資者保護基金の支払対象とはなりません。
  • 当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 投資信託は、クローズド期間、国内外の休祭日の取扱い等により、換金等ができないことがありますのでご注意ください。
  • 当資料は三井住友アセットマネジメントが信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
  • 当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
  • 当資料に市場環境にかかるデータ・分析、運用・分配金実績、運用方針等が示される場合、それらは当資料作成時点のものであり、将来の市場環境・運用成果等を保証するものではありません。分配金は金額が変わる、または分配金が支払われない場合もあり、将来に関し述べられた運用方針も変更されることがあります。
  • 当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

三井住友アセットマネジメント株式会社 ご不明な点は下記にお問い合わせ下さい。

<お客様フリーダイヤル>0120-88-2976 受付時間:営業日の午前9時〜午後5時

<ホームページ>http://www.smam-jp.com/

【ご注意】

  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。
  • 最新情報は各金融機関のサイトやパンフレット等でご確認ください。
  • 当社では各金融機関のサービスに関するご質問にはお答えできません。各金融機関にお問い合わせください。
  • ※掲載情報は2015年7月から公開している内容となります。

このページの先頭へ