毎月分配型ファンド ランキング(投資信託検索結果)

ホーム > 投資・資産運用 > 投資信託比較 > 毎月分配型ファンド ランキング

毎月分配型ファンド

分配金が毎月受け取れる投資信託を、毎月分配型ファンドといいます。小遣い感覚で一定額もらえるため、人気は根強いです。運用資産は、高い利回り収入が得られる不動産投資信託(REIT)や債券が中心になります。中には、分配金を捻出するため複雑な運用設計の商品もあり、注意が必要です。

マイ投資信託

お気に入りの投資信託をチェック

登録銘柄数:0

検索結果

865件を表示

  • 表示順:ランキングの昇順
  • 表示対象:販売会社情報あり  すべて
名称 販売会社 ランキング 基準価額基準価額用語解説 騰落率騰落率用語解説
純資産純資産用語解説 販売
手数料手数料用語解説
信託報酬信託報酬用語解説 信託財産
留保額信託財産留保額用語解説
レーティングレーティング用語解説 直近分配金 分配金合計額
(直近1年)
名称順に並び替え 名称順に並び替え
 
基準価額順に並び替え 基準価額順に並び替え
騰落率順に並び替え 騰落率順に並び替え
純資産順に並び替え 純資産順に並び替え
販売手数料順に並び替え 販売手数料順に並び替え
信託報酬順に並び替え 信託報酬順に並び替え
信託財産留保額順に並び替え 信託財産留保額順に並び替え
レーティング順に並び替え レーティング順に並び替え
直近分配金順に並び替え 直近分配金順に並び替え
分配金合計額(直近1年)順に並び替え 分配金合計額(直近1年)順に並び替え
新光US−REITオープン 『愛称:ゼウス』
国際不動産

5社

1位 3,413円 +5.28% 1,557,143百万円 0.5400% 1.6524% 0.1000% 75円
(2016/09/05)
900円
フィデリティ・USリート・ファンド B(為替ヘッジなし)
国際不動産

9社

2位 4,571円 +6.82% 1,512,483百万円 0.0000% 1.5120% 0.3000% 100円
(2016/09/15)
1,200円
ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)
国際不動産

9社

3位 2,926円 +2.53% 1,252,935百万円 0.0000% 1.6200% 0.0000% 60円
(2016/09/05)
720円
アジア・オセアニア好配当成長株オープン(毎月分配型)
国際株式・グローバル/除く日本

9社

4位 2,592円 +7.42% 469,803百万円 0.0000% 1.1340% 0.3000% 35円
(2016/09/12)
620円
ダイワ・US−REIT・オープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし)
国際不動産

7社

5位 4,347円 +5.00% 691,554百万円 0.0000% 1.6416% 0.0000% 80円
(2016/09/20)
960円
ゴールドマン・サックス 米国REITファンドBコース(毎月分配型、為替ヘッジなし) 『愛称:コロンブスの卵』
国際不動産

4社

6位 3,192円 +9.92% 327,060百万円 1.0800% 1.5444% 0.0000% 75円
(2016/09/23)
900円
日本株ハイインカム(毎月分配型)(ブラジルレアルコース)
国内株式・その他一般

3社

7位 2,452円 +21.41% 26,042百万円 0.0000% 1.5444% 0.5000% 150円
(2016/09/23)
2,550円
ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)
国際株式・エマージング

5社

8位 2,081円 +7.05% 300,356百万円 0.5400% 1.2420% 0.3000% 30円
(2016/09/12)
465円
ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型)
国際株式・グローバル/除く日本

4社

9位 8,144円 -0.85% 52,443百万円 0.0000% 1.6956% 0.0000% 300円
(2016/09/15)
3,600円
ワールド・リート・オープン(毎月)
国際不動産

9社

10位 3,335円 +4.95% 612,560百万円 0.0000% 1.6740% 0.0000% 70円
(2016/09/12)
840円
フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド
国際債券・北米

9社

11位 3,674円 +3.80% 781,909百万円 0.0000% 1.7064% 0.0000% 70円
(2016/09/23)
840円
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)
国際株式・グローバル

6社

13位 3,877円 -3.52% 701,026百万円 0.0000% 1.1880% 0.0000% 50円
(2016/09/12)
600円
東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型) 『愛称:円奏会』
バランス・複合資産

3社

14位 11,822円 -0.12% 238,026百万円 1.0800% 0.9072% 0.0000% 30円
(2016/09/23)
360円
ニッセイオーストラリア高配当株ファンド(毎月決算型)
バランス・複合資産

2社

15位 7,421円 +8.58% 170,557百万円 0.5400% 1.1880% 0.0000% 200円
(2016/09/28)
2,400円
グローバル・ソブリン・オープン(毎月)
国際債券・グローバル

9社

16位 4,880円 -4.30% 670,365百万円 0.0000% 1.3500% 0.5000% 10円
(2016/09/20)
220円
LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型)
バランス・複合資産

3社

17位 10,748円 +8.69% 175,932百万円 0.5400% 1.7928% 0.0000% 200円
(2016/09/20)
2,400円
ダイワJ−REITオープン(毎月分配型)
国内不動産

6社

18位 6,843円 -1.31% 212,221百万円 0.5400% 0.7776% 0.0000% 80円
(2016/09/15)
960円
日本株225・米ドルコース
国内株式・その他一般

2社

20位 13,150円 -6.06% 16,009百万円 0.5400% 0.9990% 0.0000% 300円
(2016/09/26)
3,600円
財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)毎月分配型 『愛称:財産3分法ファンド』
バランス・複合資産

8社

21位 5,018円 +2.23% 334,907百万円 0.0000% 1.0260% 0.3000% 50円
(2016/09/12)
600円
東京海上・ニッポン世界債券(ヘッジあり)
国際債券・グローバル/除く日本

5社

21位 9,748円 +3.00% 143,431百万円 0.0000% 1.2096% 0.0000% 30円
(2016/09/20)
360円
名称 販売会社 ランキング 基準価額 騰落率 純資産 販売
手数料
信託報酬 信託財産
留保額
レーティング 直近分配金 分配金合計額
(直近1年)
 
 
 

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

毎月分配型ファンドとは

毎月分配型ファンドに投資すると、毎月必ず分配金を受け取れます。年間でもらえる分配金の総額をいまの基準価額で割った「分配金利回り」をみると、商品によっては年率で40%近くに達します。投資金額の4割が毎年財布に入る計算です。
毎月分配型ファンドは投資家の人気も高く、価格.com投資信託ランキングでも上位に入っています。しかし、市況が変化し、保有している銘柄の成績が悪くなると、元本から分配金が支払われる商品もあるので、注意が必要です。

分配金として支払うお金が多額になるため、投資先は高い配当金収入がもらえたり、利子が得られたりする海外の債券や株式、REITが中心です。中には、国内株式に高金利通貨や仕組みが難しい金融派生商品(デリバティブ)を組み合わせ、高分配を実現している商品もあります。

このページの先頭へ

毎月分配型ファンドのメリット・デメリット

毎月分配型ファンドのメリット

最大のメリットは分配金収入の多さです。分配金利回りが年率20〜40%あるファンドも多いです。銀行預金の利息わずかで、株式の配当利回りも2〜3%にすぎないことを踏まえれば、じゅうぶんな運用成果といえます。また、毎月定期的なお金が受け取りたいという人には最適な商品です。そのお金で生活資金などに当てることができ、ゆとりある生活を送ることもできます。

毎月分配型ファンドのデメリット

デメリットは投資元本の成長が見込みにくいことです。高い分配金利回りを実現できるだけの金融商品はまれで、運用資産から得る配当や利子だけでは分配金を支払えません。多くのファンドは、運用成果でまかなえない分を投資家から預かった資産を取り崩し、支払いにあてています。
つまり、自分の元本を取り崩して分配金を受け取っているのです。信託報酬も1%台半ばと、インデックスファンドと比べて高い商品が多いです。

運用の仕組みが複雑で理解が難しい毎月分配型ファンドもあります。運用会社は高い分配金を維持するため、デリバティブを組み込むことがあります。「通貨や株式を売買する権利を売って得た収入を分配金にあてる」など「目論見書」で難しい説明をするファンドもあります。こうした戦略のファンドは、銘柄名に「プレミアム」の文字を加えていることが多いです。

このページの先頭へ

毎月分配型ファンドの選び方

毎月分配型ファンドを選ぶ際は、目論見書で分配金を出す仕組みをきちんと確認し、理解できる商品設計のファンドに投資しましょう。また、運用会社が公表する「運用報告書」では、分配金の原資も確認できます。「当期の収益」で分配金をまかなっている比率が大きいほど健全だといえます。

純資産の大きさも重要です。運用成績がふるわないファンドは、純資産を大きく取り崩して分配金を支払います。「預かった投資元本の一部を分配金として返還する」という自転車操業に陥る可能性もあります。その状況が続くと分配金が減り、ファンドが繰り上げ償還されるリスクも高くなるため、注意が必要です。

このページの先頭へ

代表的な毎月分配型ファンド

投資家に人気の毎月分配型ファンドは、主に外国のREITで運用する商品です。1兆円を超える純資産を抱えるファンドがいくつもあり、高い人気を誇っています。「投資に適さない」と判断された債券にあえて投資し、高利回りを確保する「ハイイールド・ファンド」への関心も高いようです。

純資産が大きい人気の毎月分配型ファンド

資産クラス 銘柄名 直近1年の分配金合計額
(1万口あたり、円)
米国REIT 新光US−REITオープン 900
米国REIT フィデリティ・USリート・ファンド(為替ヘッジなし) 1200
世界REIT ラサール・グローバルREITファンド 720
米国などの投資不適格債券 フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド 840
米国REIT ダイワ米国リート・ファンド 1200
このページの先頭へ
  • 当サイトの運用については万全を期しておりますが、その情報の正確性、安全性その他を保証するものではありません。
  • 掲載情報によって生じたいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いません。
  • データは過去の実績によるものであり、将来の運用実績を予測するものではありません。
  • 掲載情報は予告なく、内容の変更、削除等が行われることがあります。
  • 投資信託をご購入の際は、必ず目論見書の内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。
  • 弊社はファンド情報の提供のみを行っており、金融商品取引業、金融商品仲介業や銀行代理業を行っているものではありません。
  • 弊社では掲載企業のサービスに関するご質問にはお答えできません。各金融機関へ直接お問い合わせください。
  • 販売手数料は税込・最大のもの又は税込・最小〜税込・最大を掲載しています。
  • 投資信託の名称は略称名を使用している場合があります。

このページの先頭へ