ホーム > 投資・資産運用 > 外貨預金 > 外貨預金ガイド

Q.外貨預金とは?

日本円以外の通貨で銀行にお金を預ける預金のことです。日本円よりも高い金利で預けれることができることも多く、人気が集まっています。為替レートの変動によって大きな利益が得られることもあります。一方、預けた通貨の価値が下がった場合、円建てにすると元本割れすることもあります。一般的に普通預金と定期預金の2種類があり、価格.comでは定期預金の比較を提供しています。

Q.外貨定期預金のメリットは?

一般的に以下のようなものが考えられます。

高金利: 外貨ベースで考えた場合、日本円の預金よりも高い金利で預けることが多い。
為替差益: 円ベースで考えた場合、預金金利に加えて為替の変動による為替差益を享受できる可能性があります。
資産の多様化による
リスクヘッジ:
外貨建ての資産を保有することにより、為替レートの大幅な変動による国内物価の急激な上昇などに備えることができます。
外貨建てでの
元本保証:
外貨定期預金は外国株や外貨MMFと違い、当該通貨での元本が保証されています。もしも為替が不利な方向に変動した場合、満期時に円転せずに外貨普通預金で保有し、為替レートが回復した際に円転することも可能です。(銀行/商品により規程が異なりますのでご確認ください。)

Q.外貨定期預金のデメリットは?

一般的に以下のようなものが考えられます。

為替差損: 為替レートの変動により円高が進んだ場合、円建て考えると満期日に資産が目減りしてしまうこともあります。
中途解約: 満期前に円建ての資金が必要になり、中途解約をしようとしても、一般的に中途解約は不可能となっています。中途解約できた場合でも約定どおりの金利で利息を受け取ることはできません。(銀行/商品により規程が異なります。)将来の支出計画や運用方針をたて、適切な運用期間で契約することが大切です。
円建てでの
元本非保証:
外貨預金で元本保証しているのはあくまで外貨建てです。大幅な為替の変動により、円建て資産が大きく目減りしてしまうこともありえます。また、貨幣の流通量やその国の政治・経済等の安定性など様々な要素により、通貨ごとにリスクが変わりますので注意しましょう。

Q.外貨普通預金と外貨定期預金の違いは?

普通預金は円建ての普通預金と同様にいつでも円に換えることができますが、一般的に外貨定期預金に比べて金利が低く設定されています。
一方、外貨定期預金では原則満期までの間解約することはできませんが、その分普通預金と比べて金利が高く設定されています。外貨→円、円→外貨のいずれの場合にも為替手数料がかかることはどちらも共通しています。

Q.契約期間と金利の関係は?

一般的に契約期間が長いほど約定金利は高くなります。1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年のものが一般的ですが、2年や3年という商品ラインナップを用意している銀行もあります。将来の支出計画、ご自身の資産内容、運用計画によって適切な期間を選択することが大切です。

このページの先頭へ