外貨預金 金利・手数料比較(300万)

ホーム >  投資・資産運用 >  外貨預金 >  外貨預金 金利・手数料比較

外貨預金 金利・手数料比較

比較条件 預入金額

表示順 金利の高い順(米ドル) 表示切替 金利

銀行名 申込 米ドル

(為替手数料)

↓

ユーロ

(為替手数料)

↓

豪ドル

(為替手数料)

↓

NZドル

(為替手数料)

↓

南アランド

(為替手数料)

↓

住信SBIネット銀行 申し込み 0.400%

(0.04円)

0.001%

(0.13円)

1.100%

(0.25円)

1.100%

(0.25円)

3.600%

(0.14円)

みずほ銀行 申し込み 0.350%

(1.00円)

0.001%

(1.50円)

0.300%

(2.50円)

0.300%

(2.55円)

-

(-)

ジャパンネット銀行 申し込み 0.340%

(0.05円)

0.001%

(0.14円)

0.310%

(0.30円)

0.410%

(0.30円)

3.510%

(0.15円)

三井住友銀行 申し込み 0.200%

(1.00円)

0.010%

(1.40円)

0.300%

(2.50円)

0.300%

(2.55円)

-

(-)

三菱東京UFJ銀行 申し込み 0.200%

(1.00円)

0.001%

(1.50円)

0.300%

(2.00円)

0.300%

(2.00円)

-

(-)

※金利は2017年11月15日現在のものです。
※シミュレーションはあくまでも目安であり、実際の受取り利息や利回りを保障するものではありません。
※シミュレーションでは源泉分離課税のみを対象としており、総合課税額は考慮されておりません。
※受取金額は満期時に受け取る元本と利息の合計額です。
※実質利回りは円建ての預入金額及び受取金額を元に計算しております。
※損益分岐レートより円高になると、満期時の円建て受取額が円建ての元本を下回ります。

外貨MMFのご案内

2017年11月13日現在の直近7日間平均利回り(税引前)

外貨建てMMFは、格付けの高い外貨建ての短期証券で運用する投資信託です。

証券会社 申込 米ドル建てMMF
(片道為替手数料)
ユーロ建てMMF
(片道為替手数料)
豪ドル建てMMF
(片道為替手数料)
NZドル建てMMF
(片道為替手数料)
松井証券 資料請求 年 0.779 %
(0.20円)
- - -
マネックス証券 資料請求 年 0.985 %
(0.25円)
- 年 1.022 %
(0.70円)
-
楽天証券 資料請求 年 0.779 %
(0.25円)
- 年 1.022 %
(0.70円)
年 1.246 %
(0.70円)
SBI証券 資料請求 年 0.649 %
(0.25円)
- 年 1.022 %
(1.00円)
年 1.246 %
(1.00円)
丸三証券 資料請求 年 0.649 %
(0.50円)
- 年 0.925 %
(1.00円)
-

※上記の数値は過去の運用実績の概況を示したものであり、今後の運用実績を保証するものではありません。

  • 預入金額により適用金利水準が異なる商品で、預入金額の設定が外貨建ての場合、円建て預入金額は更新日の為替レートを前提に円換算され、表示されています。
  • 掲載されている金利は情報更新の時点において各銀行がホームページで公表している当該商品の標準金利です。ホームページ上で公開されていない、あるいは弊社に情報として提供いただいていない場合には「−」と表示しております。また、デリバティブ等を利用した仕組み預金や初回契約時のキャンペーン優遇金利等は比較表には表示されておりません。
  • 弊社では各銀行の商品/サービスに関するご質問にはお答えできません。各銀行に直接お問い合わせください。

<当社の提供情報について>

弊社が掲載する金利、為替手数料、その他商品に関する情報は各銀行からの情報提供、あるいは各銀行がホームページ等にて公にしている情報をもとに定期的に更新したものであり、お客様が弊社提供情報を閲覧される時点での各商品の金利、手数料その他を保証するものではございません。また、各銀行との契約時には契約当事者たる当該銀行から直接提供される情報を必ずご確認の上、ご契約くださいますようお願い申し上げます。価格.com限定キャンペーンやその他キャンペーンについては各掲載金融機関において実施されるものであり、掲載金融機関による募集要綱等を十分にご確認ください。

<預金保険について>

現在のところ外貨預金は預金保険の対象外です。したがって預けた銀行が破綻した場合に預金が全額返済される保証はありません。契約する際には銀行の信用力を考慮することはもちろんのこと、ご自身の資産を過度に集中してしまうことはリスクを高める結果となり得ますので、ご注意ください。
※預金保険機構のWebサイト:http://www.dic.go.jp/

このページの先頭へ