価格.com

電気・ガス料金

いよいよガス自由化!お得なプランをシミュレーション

受付開始! 2017年はガス自由化!都市ガス会社を選べるように!

都市ガス会社を切り替えると、いくら節約できる?
30秒で簡単料金シミュレーション

現在の都市ガスのご利用状況

ご契約中の都市ガス会社がない場合、切り替え可能なプランの登録がありません

契約中の都市ガス会社を選択してください選択すると、節約額のシミュレーションを開始できます。

ガス自由化の最新ニュース

ガス自由化ニュースをすべて見る

クチコミ

ガス自由化のクチコミをもっと見る

ガス自由化とは?

ガス会社を自由に選択できるようになります。

ガス自由化は、これまで地域によって決められた都市ガス会社としか契約できなかった家庭でも、自由にガス会社を選択できるようになります。

イラストでよくわかる!ガス自由化の全て

ガス自由化の対象は?

都市ガス・簡易ガスの家庭が対象です。LPガス(プロパンガス)は既に自由化されています。

2017年4月に予定されているガス自由化で対象となるのは「都市ガス」を利用しているすべての家庭、70戸以上の団地やマンションで利用されている「簡易ガス」を利用している家庭です。「LPガス(プロパンガス)」の家庭は、既にガス自由化がされているので対象ではありません。

都市ガスとは、ガス導管(ガス管)を通じて各家庭に供給されるガスのことです。簡易ガスとは、小規模な需要家(70戸以上の団地やマンション)にガス管を通じて供給されるガスのことです。今回自由化の対象になるのはこの二つです。またLPガスとは、ガスボンベに詰められた状態で各家庭に届けられるガスのことです。既に自由化されています。

ガス自由化で何が変わる?

ガス管はこれまでの事業者が管理・運用するので、工事の必要はありません。使用中のガス機器の保安に関する調査や周知業務は新しい事業者による運用に変わります。

ガス自由化後もガス管はこれまで通りの都市ガス会社のものを利用します。また、電力自由化の際には、スマートメーターの設置が必要でしたが、ガス会社を切り替える場合は、スマートメーターの設置もありません。そのため、工事やスマートメーター設置といった手続きはなく、切り替えることが可能です。これまで使っていた給湯器やコンロ、ガスファンヒーターなどが使用できなくなると不安になる方もいるかもしれませんが、その心配もなく、これまで通りのガス機器を利用することができます。

ただし、ガス小売事業者は、安全の確保のため、使用するガス機器の調査や緊急連絡先の周知などの保安業務が義務付けられており、新規参入事業者もこの業務を行うことになります。契約するガス小売事業者を切り替えた場合、ガス機器に関しての緊急連絡先はこれまでのガス会社ではなく、切り替え先の事業者への連絡が必要になります。新規参入事業者の中には、保安業務に関してノウハウがない事業者もいるため、従来からこのような保安業務を行ってきたガス会社と提携して、業務委託している場合もあります。

いつからガス会社を切り替えることができるの?

2017年4月からガス自由化が開始されます。

都市ガスの自由化がスタートするのは2017年4月1日からです。具体的な料金プランや新サービスの内容については、既にいくつかの事業者で発表され始めています。予約や仮申し込みがスタートしている事業者もあります。詳しくは、ガス自由化の最新ニュースをご確認ください。

ガス自由化でどんな事業者が出てくるの?

新規参入する事業者は様々です。現在LPガス(プロパンガス)を販売している事業者が都市ガスも販売するようになったり、現在電力のみを販売している東京電力や関西電力などの大手電力会社がガス事業に参入することが考えられます。また、電力自由化に参入した石油会社や携帯電話会社などもガス自由化を狙って参入してくることでしょう。なお、現在、価格.comで料金プランシミュレーションができる事業者は下記です。(2017年2月15日現在)

地域のガス会社

新規参入事業者

ガス自由化で参入してくる事業者をもっと詳しく

ガス自由化の目玉は電力会社?それとも石油会社?ガス事業に参入する企業?

ガスの原料であるLNG(液化天然ガス)やLPG(液化石油ガス)のほとんどは海外から輸入しています。

LNGの輸入は、その7割が電力会社が輸入しており、発電に利用されています。ガス自由化において、原料を多く持っている電力会社が高効率でガスを提供することができ、割安な料金プランを提供することができます。
LPGは、輸入したあと元売事業者のもとへ運ばれます。元売り事業者には、アストモスエネルギーやENEOS、コスモ石油といった事業者です。この元売り事業者が小売り販売せずに、そのまま小売市場に参入して、提供するということも考えられます。

携帯電話会社やインターネットサービスプロバイダも選べる?

電力自由化の時と同様に、原料を持たない事業者も新規参入するでしょう。たとえば、携帯電話会社やインターネットサービスプロバイダなどの事業者です。ガス会社や電力会社が原料を持っていて、圧倒的な原価での競争力を発揮するのに対して、これらの事業者は全国各地の販売窓口などの顧客との接点を持っています。
各種サービスとのセット販売で割安感を出しながら、長期契約をしてユーザーの囲い込みをし、自社の本業となるサービスからの客離れを防ぐものと思われます。 また、各種ある月額料金の支払いが一本化できるとなれば、請求書をまとめたり家計簿をつけたりするにも管理しやすく大きなメリットがあります。

ガス自由化コラムガス自由化でエネルギー市場は今後どうなる?

ガス自由化のメリット・デメリット

これからはガス会社をサービス内容や料金を比較して自由に選ぶことができるなど、ガスを取り巻く環境は大きく変化します。毎日使うことが多い「ガス」が私たちの生活に与える影響は大きいです。ガス自由化によってどのようなメリットやデメリットがあるのかをまとめてみました。

メリット デメリット
  • より安い料金でガスの供給を受けることができる
  • 今までにない新サービスの登場
    (ポイントや定額制サービス、ガスと電気のセット割引)
  • 価格が不安定になる可能性がある
  • 首都圏では選択肢が多いが、地域によっては選べないことも

ガス自由化のメリット・デメリットについてもっと詳しく

電気・ガス・石油のベストミックス。エネルギーのセット販売の時代へ

電気とガスは家庭用にそれぞれ独占的に供給できていたので、私たちは電気は電力会社から、ガスは都市ガス会社やLPガス会社から購入するしかありませんでした。しかし、電力自由化に続き、ガス自由化が始まることによって、こうした垣根はなくなります。そのおかげで私たちは、自分や家庭にとって都合のいい選択がしやすくなります。

電力自由化でガス会社が電力市場に参入したことによって、ガスと電気をセットで販売するデュアル・フュエルという販売手法が登場しました。大口の需要家向けのガス自由化では電力会社のほかに石油会社が参入し、実績をあげています。石油も、ガスや電気とならんで一般家庭では重要なエネルギーの1つ。ガス自由化後は、ガス、電気に加えて石油(ガソリンや灯油など)も含めたエネルギーのセット販売の登場が考えられます。電気・ガス・石油がベストミックスされたエネルギーのセット販売の時代は、もう間もなく始まりそうです。

電気・ガス・石油のベストミックス

電気ガス石油のベストミックス、エネルギーのセット販売の時代へについてもっと詳しく

海外ガスの自由化事例

日本よりも早くからガスの自由化が行われた国がいくつかあります。その中でも、スイッチング率が最も高く、競争原理が働いているイギリスのガス自由化事例を紹介しましょう。また、アメリカでは、スイッチング率があがっていません。対照的な2つの国の事例を参考にして日本のガス自由化について考えてみましょう。

世界各国のガス自由化開始年度:イギリス(1998年〜)、ドイツ(1998年〜)、イタリア(2003年〜)、フランス(2007年〜)、アメリカ(1996年〜)

ガス自由化の今後

都市ガス市場には、すでに電力会社や石油会社、鉄鋼会社、商社などが参入しており、これらの企業の多くは、電力市場でも活躍しています。電力自由化とガス自由化の実施で、ガスと電力の間にあった垣根は低くなり、それぞれが総合エネルギー企業へと発展する可能性が生まれてきました。

これまで、ガス、電気それぞれが重複して所有していた設備や施設を集約したり、天然ガスを共同購入したりするなど、同じエネルギー企業としてのシナジー効果が期待できるようになります。それによって、料金の値下げや様々な料金メニューから自分に合った料金プランを選択できるようになることでしょう。

選択肢が増えて、自由化による恩恵を受けることができる一方で、新たな課題もあります。それは、たくさんある料金プランの中から、自分に合った料金プランを、自分自身で選択しなければなりません。ガス自由化、電力自由化によって契約している事業者を変更する場合には、どこか正しい選択なのかある程度の知識が必要になります。自分で表計算ソフトなどを利用して、各社から出ている料金プランとにらめっこしながら契約先を決めるものいいですが、料金プランの計算は非常に複雑です。いくつもある事業者から選択しなければならない場合、自分で計算するよりも、比較サイトのシミュレーション機能などを使って、簡単に安くなるプランを計算してみるものいいでしょう。

ガス自由化の経緯と今後についてもっと詳しく

ガス自由化Q&A

  • ガスの切り替えに工事は必要ですか?

    新しい事業者と契約しても、今まで使っていたガス管をそのまま利用するので、基本的に工事はないです。ガス器具の交換も不要です。ただし、都市ガスをLPガスに変更したり、LPガスを都市ガスに変更したりする場合は、ガス器具はそのままでは使えませんので、部品の交換などが必要になります。

  • 工事の際に費用はかかりますか?

    工事自体がないので、工事費用はかかりません。ただし、ガス会社を切り替えるための契約事務手数料などが数千円程度かかることがあります。なお、ガスメーターをスマートメーターに交換する可能性もありますが、この場合も特別な設置工事が必要なければ費用はかかりません。

  • マンションや賃貸でも切り替えられますか?

    お住まいがマンションであっても、一戸建てであっても、自宅にガスメーターが設置されていれば問題なく切り替えができます。賃貸の場合も問題ありません。気になる方は、ガス会社を変更する旨を大家さんや所有者に伝えればよいでしょう。

  • 引越しの際に解約はできますか?

    料金プランによっては、長期間契約することで料金を安く設定しているものもあります。そういったプランでは解約すると違約金が発生する場合もあります。どういったケースで違約金が発生するのかも含めて、契約内容はしっかりとチェックするようにしましょう。

  • 新しい事業者でもガスの質や安全性は変わりませんか?

    都市ガス用のガス管の中を流れるガスの品質管理は徹底されており、新しい事業者も高品質のガスを供給しなければなりません。従来からあるガス管をそのまま使用する以上、ガス管を管理する事業者が品質を厳密にチェックするので、質の悪いガスが混じることは考えられません。また、ガス漏れなどの緊急時には従来どおり地域の都市ガス会社が対応することになっています。

  • 新しいガス事業者が倒産したらどうなりますか?

    契約した事業者が倒産したからといって、自宅のガスがすぐにストップすることはありません。新しいガス事業者が倒産等によって事業を廃止する場合、ガス小売り事業者は、契約している消費者に対してあらかじめその旨周知しなければなりません。告知を受けた方は周知された期間内に、他のガス小売り事業者へ切り替える必要があります。

ガス自由化のQ&Aをもっと見る

都道府県のガス事情・ガス会社

北海道・東北
関東
北陸
甲信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄

専門家に聞くガス自由化

ガス自由化でどのようなことが起こっていくのか? 長年に渡り様々なガス会社・電力会社への取材・調査を行い調査報告書を発表している(株)富士経済の川合洋平さんにお話をうかがいました。

川合洋平氏 写真

川合洋平氏2005年に(株)富士経済入社。以来、電力・ガスの自由化市場を中心に調査活動及び企画・営業活動に従事。『電力・ガス・エネルギーサービス市場戦略総調査』の発刊にあたってプロジェクトマネージャーを務める。

電力自由化に続いてガス自由化が話題になりつつありますが、そもそも今回のような動きが起きている背景にはどのような課題があったのでしょうか?

電力自由化前の電力業界と同じなのですが、都市ガス会社も地域ごとに国が認可した会社が独占して提供している状況です。そのため、消費者側にガス会社の選択の余地がありません。こうなると、都市ガス会社間のサービスや価格の競争も無いため大きな発展が見込めない状況でした。

もちろん、ガスは生活に欠かせないインフラですし、きちんと管理・運用しないと事故が起こる可能性もあります。そのため特定の会社に独占を許し、安定的にサービスを供給して貰えるというのはメリットもありました。

しかし、電力自由化の議論に牽引される形で、安定運用が必要なガスを届ける導管部分の管理・運用と、競争による発展が必要なガスの小売販売の部分の事業を分けて、販売部分の事業において新規企業の参入を許可する流れとなりました。

ガス自由化は、私たちの暮らしにどのような影響を与えるのでしょうか?

短期的に言えるのは新規参入企業による価格競争です。
中長期的には、競争の中で電力・ガスという業種の括りがなくなり、総合的なエネルギー会社が生まれてくると思います。1つの会社が、ワンストップで電気・ガス・太陽光発電・燃料電池など色々なサービスを提供し、もっとも効率的なエネルギーの活用方法が提案される時代になっていくと思われます。

沢山の事業者が新規参入してくるのでしょうか?

都市ガスは電力よりも参入障壁が高いため、どれくらいの数の企業が新規参入してくるかまだわかりません。具体的には、「調達」と「流通」の部分でハードルがあります。

電気の場合、自社発電所の建設・他社からの卸売・FIT電力の購入・常時バックアップ・卸取引市場など新規参入企業が電気を調達する方法が色々ありました。しかし、ガスの場合は自前でガスを輸入するか、ガスを輸入もしくは国内で生産している業者から卸売を受けるかの2通りしかありません。
自前で輸入するとなると、大手のガス・電力会社や商社のように大きな資本力が必要になりますので、それ以外の新規事業者は卸売りを受ける形になります。

流通という意味では、電気と違い都市ガスのガス導管が通っているエリアが全国に点在しているという点も課題です。東京ガス・大阪ガス・東邦ガス・西部ガスなどの大都市圏ではガスの輸入・製造拠点からのガス導管が充実していますが、地方の都市ガスエリアとなるとそのエリアで販売するガスをどのように用意するのかといった課題は出てくるでしょう。

新規参入の業者では、どのような勢力が力を入れていますか?

やはり東京電力・関西電力・中部電力をはじめとする大手の電力会社が大きな勢力になることは間違いないでしょう。

電力自由化のタイミングで、電力会社は電気の販路としてLPガス会社や地方都市ガス会社などとの戦略的提携を発表していますが、今後ガスの販売においても提携関係を深めていくのではないでしょうか。

特にLPガス会社の大手で関東圏で複数の都市ガス会社をグループ会社に持つニチガス(日本瓦斯株式会社)などは東京電力からガスの卸売りを受け、東京ガス圏内に参入してくると思います。

ズバリ、ガス代金はどれくらい安くなるのでしょうか?

少なくとも電力自由化と同様の値下げ幅は期待して良いと思います。

ポイントとなるのは、「託送(たくそう)料金」です。これはガス導管を持っている既存の都市ガス会社が、新規参入業者にガス導管を貸すときの使用料金のことです。この料金は各地域の既存都市ガス会社が国に申請し、最終的には国が価格を決めます。この託送料金は既存都市ガス会社がガス導管を安定的に保守・運用するために使われるのですが、それにかかる費用は地域性や都市ガス会社の規模によっても変わるため、一律でいくらという形にはなりません。

託送料金は、2016年7月までに全国の都市ガス会社から申請があり、その後経済産業省で審査がされます。1年早い電力自由化のときも同様の流れでしたが、電気は託送料金が決まったのは12月でした。ガスは申請する都市ガス会社が200社近くあるため中々決まらない可能性もあります。

電気よりもガスの方が原価は安いイメージがあるのですが、電気よりも値下がり幅は大きくなるわけではないのでしょうか?

ガスの小売料金は、以下の4つの要素から決まってきます。

・燃料調達費用
・託送料金
・保安料金
・販売促進費用

このうち、電気と違いガスで必要になるのが保安料金です。
ガスは、安全の確保のため器具の点検や緊急連絡先の周知などの業務が義務付けられており、人が現地まで出向く必要があるため人件費が必要になります。
基本的には新規参入業者は既存業者に業務を委託することになると思われますが、この辺りも自由化後のガス料金に影響する可能性はありますね。

電気とガスのセット割引はやはり主流になるのでしょうか?

はい。電気とガスのセット割引は一般的なメニューになると思われます。

しかし、電力自由化においても電気・ガスのセット割引よりも安いプランを提供している新規参入業者も多いため、ガスにおいてもセット割引よりも安い料金プランが出てくる可能性は十分にあります。

電気・ガスの一括契約か、個別に業者を選ぶ形になるか、どちらが主流になるかはまだ不透明ですね。

消費者としては価格面以外では、どのような点を考慮して事業者を選ぶべきでしょうか?

ここは電力と同じように、電力・通信・小売などの他サービスとのセット割引や各種ポイントプログラムとの連携だと思います。消費者が普段利用しているサービスに合わせて、得になる事業者を選ぶべきではないでしょうか。

いつ頃から事業者を選んでいけるようになるのでしょうか?

2016年1月の時点では、国(経済産業省)は下記のようなスケジュールを予定しています。

  • 2016年7月既存都市ガス会社が託送料金を国に申請
  • 2016年8月新規参入業者が国に登録申請を開始
  • 2017年4月小売全面自由化の開始
  • *平成28年1月12日第27回ガスシステム改革小委員会事務局提出資料 より

電力の時は、7月に申請された託送料金が、12月ごろに決まり、その後徐々に新規参入事業者のプランの発表や事前予約の受付が始まりました。

ガスも同様の流れになると思いますが、電力の時は託送料金を申請した会社が10社だったのに対して、ガスの場合は200社程度の会社が申請することになります。そのため、託送料金が同様のスケジュールで決まるのかは見守る必要がありそうです。

ありがとうございました。まだ分からないことも多い状況ですが、価格.comも来るガス自由化のタイミングで、自分にとって最適なガス料金プランを選べるようにしていきたいと思います。

専門家から見ても、今回のガス自由化で起こる動きは、今後の日本のエネルギー市場において大きなものとなってくるようです。
来年の4月が待ち遠しい状況です。

記事一覧

ガス会社・サービス

「ガス料金シミュレーション」に関する注意事項

  • 本シミュレーションは、ご入力いただいた利用料金、使用量、条件、利用機器、及び経済産業省(ガス事業生産動態統計調査)などによるデータをもとに、当社が設定する独自の前提条件にもとづいて試算するものです。試算結果はあくまでも参考目安であり、実際の節約額や平均支払額等をお約束するものではありません
  • 単位料金調整額(単位料金調整額単価は2017年9月分を使用)を含みます
  • 各種割引は「ガス代」欄記載のものに限り反映され、記載のない割引(口座振替割引等)は含みません。記載のない割引の有無、適用条件、内容等についてはガス会社、販売代理店の各問合せ窓口まで、直接お問い合わせ下さい
  • 試算の計算過程の一部及び表示される結果では小数点以下を切り捨てています。そのため、内訳の合計と節約額の合計が一致しない場合があります
  • 実質負担額とは、選択プランより算出されるガス代から「ガス代」欄記載の割引と特典の金額を控除し、更に月額に換算した金額であり、1か月単位での実質的な負担額の目安としていただく指標となります。実際にガス会社にお支払いいただくガス料金の目安ではありませんので、ご注意下さい
  • 継続してご利用いただく場合の料金を基に算出しておりますので、途中解約時の契約解除料につきましてはシミュレーションに含まれておりません
  • ガス設備状況によっては、料金プランの切り替えに別途工事が必要となる場合があります。なお、工事費は原則として利用者のご負担となります
  • 本サービスにおいて提供する情報の全部または一部は、利用者に対して予告なく変更される場合があります。ガス料金申込時の特典内容(特典を得られる条件を含む)等の申込手続に関するお問い合わせについては、お申し込みいただくサービス毎に当サイト上に表示しておりますガス会社、販売代理店の各問合せ窓口まで、直接ご連絡下さい
  • 現在使用中のガスの契約内容によっては、ガス会社の都合により申し込みを受け付けられない場合があります
自由化を機にガスも電気も大阪ガスが選ばれている理由とは?
プロパンガス(LPガス)の料金見直しませんか?
イラストでよくわかる!ガス自由化の全て

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止