価格.com

電気・ガス料金

ガス自由化でどんな事業者からガスを購入できるようになるの?

更新日: 2016年4月27日 ガス自由化

ガス自由化でどんな事業者からガスを購入できるようになるの?

ガス市場に参入予定の企業は?

電力自由化では、ガス会社、通信会社、石油会社、鉄鋼会社、住宅メーカー、自動車会社、流通会社、商社など、様々な業種から多くの企業が新規参入し、今までにないサービスと結びついたユニークな料金プランが登場してきました。ガス自由化で、どんな企業が参入するのかは気になるところです。段階的にガス自由化の範囲が広がっていることもあって、新規参入事業者は増えており、2015年4月1日時点で38の事業者が許可・届出を行っています(経済産業省発表の「ガス事業制度の概要」より)。その顔ぶれには、東京電力、関西電力などの電力会社や、国際石油開発帝石、JX日鉱日石エネルギーなどの石油会社が多く見受けられます。ほかには、三菱化学などの化学会社、新日鐵住金などの鉄鋼会社、エア・ウォーターなどのガスメーカー、三菱商事、三井物産などの総合商社、岩谷産業などの専門商社が並んでいます。

電力自由化では、広大な土地に太陽光発電設備を建設したり、風力発電機を設置するなどの方法で電力を確保し新規参入できましたが、ガスの場合は他社から天然ガスを購入したり、海外から調達したりする必要があります。そうなると、火力発電用に天然ガスを輸入している電力会社や石油会社、鉄鋼会社など日常的にガスを確保する必要がある会社が新規参入組に多くなるのはいたし方ありません。

現在のガス自由化は大口の需要家向けという段階なので、対象となる需要家数はそれほど多くありませんが、2017年4月1日のガス自由化で開放される市場は2.4兆円、対象となる需要家は2,900万件もの大きな規模です。この市場を狙うプレイヤーとして、従来の都市ガス会社はもちろん、すでに大口小売りを始めている電力会社や石油会社、さらに、独自に多くの顧客を抱え電力市場に参入している通信事業者や流通業者も挙げられるでしょう。

どんなプランが登場するの?

ガス自由化後は、従来の都市ガス会社に、新規参入が予想される電力会社や石油会社などを交えた激しい顧客獲得競争が繰り広げられることは必至です。電力自由化をきっかけに一般家庭に広がりつつあるガスと電気のセット販売(デュアル・フュエル)は、近い将来、石油(ガソリンや灯油など)も組み合わせた“電気・ガス・石油のエネルギー総合セット販売”のようなプランとなって再登場する可能性もありそうです。さらに、電力自由化時のように通信業界や流通業界など異業種の会社が参入してくれば、ガス市場はさらに活性化し、私たち消費者にとってもメリットのある自由化となります。参入を計画している各社は、これまでになかったサービスの開発に智恵を絞っていることでしょう。

ガス自由化の人気記事

ガス自由化へ

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止