価格.com

電気・ガス料金

プロパンガス(LPガス)料金を一括見積もりで安くする

プロパンガス(LPガス)の料金、高いと諦めていませんか?あなたの適正料金を確認!

プロパンガス一括見積もりスタート

プロパンガス料金見積もりサービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。プロパンガス料金見積もりサービス「enepi(エネピ)」のページへ移動します。

プロパンガス(LPガス)の相場

あなたはプロパンガスの相場を知っていますか?

石油情報センターが発表した2016年8月の料金相場のデータでは、一人暮らしの想定では約4,300円〜4,800円、4人暮らしの想定では約11,700円〜12,900円の結果となっています。
シチュエーションの違いで金額の差はあるものの、全国に比べて関東・関西の方が安い結果です。

  ガス使用量 全国 関東 関西
アパート
【1人暮らし】
5m3 4,758円 4,306円 4,583円
戸建て
【4人暮らし】
20m3 12,856円 11,734円 12,212円

一覧表の条件に当てはまらない人や、自分の使用条件に近い料金相場を知りたい人はシミュレーションでどんな結果になるのか確認してみましょう。「地域」や「使用量」を変更して想定料金が確認できます。

あなたの地域の相場を簡単チェック!!プロパンガス料金相場シミュレーション

地域
基本料金
-
使用量
(m3/月)
使用料金
-
1か月の想定料金

-

1m3の単価:約-
※石油情報センター 2016年8月の情報です

結果はいかがでしたか?「今の料金よりも少し安いかな?」と感じた人も多いのではないでしょうか?実はプロパンガス(LPガス)には相場だけではなく適正価格があります。
プロパンガスの適正価格は地域によってさまざまですが、プロパンガス料金見積もりサービス「enepi(エネピ)」の提案実績では基本料金が平均1,840円、従量料金が平均365円(1立方メートル)となっています。

契約条件によっては安く使用している人がいるため、料金相場も全体的に引き下げられている傾向があります。

ガス料金が安くなる事業者を探そう!

すべて無料!プロパンガス一括見積もりスタート

プロパンガス料金見積もりサービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。プロパンガス料金見積もりサービス「enepi(エネピ)」のページへ移動します。

安心して乗り換えるならプロパンガス(LPガス)一括見積もり

業者とのやりとりをカスタマーサポートが対応、Myページでお見積もりをご提案

Myページで気に入った業者とのみ詳細なお見積もりのやり取りが可能です。

  • いつでもカスタマーサポートで相談可能
    切り替え完了までの間、ご不明な点についてはいつでもカスタマーサポートで相談できます。
  • Myページでお見積もり確認
    Myページで年間のお支払い費用をご提案、現状の料金と提案料金を比較しながら確認できます。

それでは、乗り換え前に分かっておいた方がよい事はなんでしょうか?
プロパンガスの仕組みやポイントを理解し、上手に乗り換えましょう。

なぜプロパンガス(LPガス)が高いのか

プロパンガスは各費用を事業者が自由に設定できてしまうため高い

費用の上乗せ

人件費と運送費

ガスボンベを各家庭に設置する際、運送費や人件費がかかります。この費用が毎月のガス代に上乗せされることがあります。

供給設備費用

供給設備に必要な初期費用はプロパンガス(LPガス)会社が負担してくれるケースが多いのですが、この費用も上乗せ対象です。

事業者毎の価格設定

値上げと値下げ

プロパンガスは事業者ごとに価格を自由に設定できます。原料高騰などの場合、値上げはすぐに行われますが、値下げはなかなか行われません。そのため、プロパンガスは高い値段で設定されている期間が長くなる傾向にあります。

利用者の意識

プロパンガスはライフラインの1つのためか、不当な値上げや値段設定に対し声を上げられないというケースが多いようです。また、地域によってはガス会社が少ないため他の業者と比較することができず、適正価格が把握しにくいのも費用が高くなる理由です。

プロパンガス(LPガス)の料金の仕組み

プロパンガスの料金は「自由価格」

基本的に、料金設定は「基本料金」とガスの使用量に応じて価格が決まる「従量料金」を合わせた2部料金制です。
基本料金も従量料金も業者が自由に価格が設定できます。そのため業者や地域によって料金に開きがあり、安い単価と比較すると3倍以上になるケースもあります。

  • 基本料金

    プロパンガスを使用しなくても請求される料金で、供給設備の費用や設備の点検、保安の費用などで構成されています。

  • 従量料金

    ガスの使用量によって料金が決まります。1立方メートル当たりの単価が業者毎に設定されており、ガスの使用量と単価を掛けたものが料金となります。

ガス料金の計算方法

料金の仕組みが分かったら、お住まいの地域の価格を一括見積もりで調べてみましょう。

ガス料金が安くなる事業者を探そう!

すべて無料!プロパンガス一括見積もりスタート

プロパンガス料金見積もりサービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。プロパンガス料金見積もりサービス「enepi(エネピ)」のページへ移動します。

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い

実はプロパンガス注目されてるんです!

プロパンガス(LPガス)は新居にガスを引く際、ガスボンベを屋外に設置して室内に引き込むだけなので、設置費用が無料もしくはお安く済みます。また、災害時の復旧は3日〜1週間程度といわれています。
都市ガスの場合は月々の請求額は安いですが、都市ガス用のガス管がないと利用できず、ガス管を通すには実費で高額な費用がかかります。また、災害時の復旧は1か月〜2か月程度かかるため、プロパンガスが現在注目されています。

地域によってはプロパンガス料金の方が安くなるケースも少なくありません。

業者によって料金設定が違うので、一括見積もりで比較してみることをおすすめします。

最後に乗り換えにあたっての注意点があります。
プロパンガスに乗り換えたあとも続く話もあるので必ずチェックしておきましょう!

乗り換える際の3つの注意点

①契約期間の確認

新築時にプロパンガス会社が配管工事を行いますが、工事費をプロパンガス会社が負担し、施主に年契約で貸し付けているケースが多いです。契約年数を満たさずに解約する場合、持ち出しになる場合があります。

②設置機材の契約確認

給湯器など無償で設置してもらった場合、プロパンガス業界では、「無償」=「貸付」となります。
乗り換えの際、貸与機器の残存期間分の金額を請求されますが、新しく契約する業者が違約金を肩代わりするというのが業界の通例となっています。
しかし、残存期間が長すぎて違約金が高額の場合は、実費での支払いか切り替えを断られてしまうケースがありますので、契約内容を確認しましょう。

③1年後、2年後に支払う金額の確認

従量料金の単価が異常に安い業者は要注意です。
ガス料金価格は契約後、顧客の同意(承諾)が無くとも自由に変更することが許されています。
そのため、各プロパンガス会社は、初めは安い金額を提示し、契約後に値上げをしてきます。
結果、以前契約していたガス業者よりも高くなってしまう場合があります。

注意点を確認したら、一括見積もりで問い合わせてみましょう!

ガス料金が安くなる事業者を探そう!

すべて無料!プロパンガス一括見積もりスタート

プロパンガス料金見積もりサービスに関する注意点」をご確認いただいたうえ、ご利用ください。プロパンガス料金見積もりサービス「enepi(エネピ)」のページへ移動します。

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止