住宅ローン比較

ホーム > マネー > 住宅ローン

価格.com 住宅ローン比較

価格.comの住宅ローン比較なら、新規借り入れをご検討中の方も、借り換えをご検討中の方も、どの会社の金利プランがおトクなのか簡単にシミュレーションすることができます。

※Nielsen Online 2013年5月調査

住宅ローンの新規借り入れをご検討中の方

自分の借入予定の内容を入力する

  • 100以上の金利プランから比較可能!
  • 借り入れ時の諸費用もしっかり試算!
  • 将来の金利変動を組み込めます

住宅ローン シミュレーション

モデルケースを見てみる
〜借入額3,500万円で35年返済の場合〜

モデルケース1全期間固定金利で借りる
全期間固定金利で借りる場合の試算結果を見る
モデルケース2変動金利で借りて
金利水準が一定だったら?
変動金利で借りて金利水準が一定だった場合の試算結果を見る
モデルケース3変動金利で借りて、金利が上がったら?
  • 金利予測5年ごとに1%ずつ上昇
変動金利で借りて金利が上昇した場合の試算結果を見る

住宅ローン 借り換え

自分の借入内容を入力する

  • 複数の商品を一発でシミュレーション!
  • 諸費用も含めた正確なシミュレーション!
  • 将来の金利変動を組み込めます

住宅ローンを借り換えると、諸費用も含めた総返済額が節約できる可能性があります。

現在の住宅ローン返済情報から借り換えを行った際の節約額をシミュレーションいたします。

住宅ローン 借り換えシミュレーション

※返済予定表があると入力がスムーズです。

モデルケースを見てみる

モデルケース1確実に総返済額が下がるケースは?
  • 金利タイプ全期間固定→全期間固定
  • 返済期間残り20年
  • 借入残高2,500万円
確実に総返済額が下がる場合の試算結果を見る
モデルケース2歴史的な低金利!徹底的に金利を抑えたい。
  • 金利タイプ期間固定→変動
  • 返済期間残り25年
  • 借入残高3,000万円
  • 金利変動変わらず
徹底的に金利を抑えたい場合の試算結果を見る
モデルケース3これから金利が上昇?今のうちに備えたい!
  • 金利タイプ変動→全期間固定
  • 返済期間残り20年
  • 借入残高2,200万円
  • 金利変動5年ごとに1%ずつ上昇
今後金利が上昇すると想定して、固定金利に借り換えた場合の試算結果を見る

注目のローン

変動セレクト住宅ローン

ソニー銀行

変動セレクト住宅ローン金利プラン

変動金利の大きな引き下げ幅が特徴のプランです。お借り入れ後に固定金利へ変更することも可能です。

シミュレーションで比較

価格.com 住宅ローン

シミュレーションで比較

諸費用含めた返済額を各銀行のプランごとに試算。住宅ローンを一覧で比較、ご検討できます。

住宅ローン 人気ランキング(新規借り入れ)

2014年8月集計結果

借り換えランキングはこちら

  変動金利 固定金利 全期間固定金利

1

  • 適用金利:
    0.539〜0.589%
    (2014/09/01現在)
  • 適用金利:
    1.188〜1.238%
    (2014/09/01現在)
  • 適用金利:
    1.660%
    (2014/09/01現在)

2

  • 適用金利:
    0.570%
    (2014/09/10現在)
  • 適用金利:
    1.150%
    (2014/09/01現在)
  • 適用金利:
    1.380%
    (2014/09/01現在)

3

  • 適用金利:
    0.650%
    (2014/09/01現在)
  • 適用金利:
    0.500〜0.800%
    (2014/09/01現在)
  • 適用金利:
    1.660%
    (2014/09/01現在)
  変動金利ランキング一覧 固定金利ランキング一覧 全期間固定金利ランキング一覧

住宅ローン 借り入れレポート

  • 新規借り入れ夫婦・マンション

    [中央労働金庫] 全期間固定金利が一番低かったので。

    (神奈川県・40代女性・会社員)

    3

    選んだ決め手は、全期間固定金利が他の金融機関と比べて一番安かったことと、勤務先の財形で加入していたことから、新たに金融機関で口座開設をしなくてもよかったためです。また、給与から天引きされるので、ローン...続きを読む

  • 借り換え夫婦と子供・一戸建て

    [三井住友信託銀行] 思い切って住宅ローンの借り換えをしたら半分の金利に。

    (大阪府・50代男性・会社員)

    5

    以前に契約していた住宅ローンに比べると、約半分の金利に下がりましたので、思い切って住宅ローンの借り換え契約を行いました。どうしても借り入れしている金額が多いので、ちょっとでも金利が下がった時に借り換え...続きを読む

住宅ローン クチコミ掲示板

クチコミ掲示板を見る

「借り入れレポート」投稿で現金プレゼントキャンペーン

住宅ローン ご契約までの流れ

Step1 シミュレーション

シミュレーション

住宅ローンの借り入れ希望額、または返済中の住宅ローンについて内容を入力します。

Step2 比較・検討

比較・検討

試算結果から、住宅ローンの総支払額や金利プランで比較・検討してみましょう。

Step3 ご契約・お借入

ご契約・お借入

住宅ローンの契約時には諸費用も発生いたします。諸費用分も加味したプランの比較・検討をしましょう。

住宅ローン 関連記事

住宅ローンの基礎知識:健康に問題がある場合 NEW !

健康に問題がある場合

住宅ローンの借り入れ条件の1つに団体信用生命保険(以下、団信)への加入があります。生命保険ですので、健康状態によっては加入できないこともあります。では、加入できないと借入れはできないのでしょうか?ここでは、健康に問題がある人でも加入できる可能性が上がる引受緩和型団信や、団信なしで借りる場合の注意点などをおさえていきましょう。

住宅ローンの基礎知識:無理な借り入れの例

無理な借り入れの例

住宅ローンは長期にわたって支払っていくもの。住宅ローン返済中には想定外のことも起き返済ができなくなることがあるかもしれません。せっかく手に入れたマイホームを手放さなくてはならないような事態にならないように、できるだけ事前に考えて備えておきたいものです。

住宅ローンの基礎知識:年代別の資金計画のポイント(40代)

年代別の資金計画のポイント(40代)

40代は将来のライフプランもほぼ決まり、今後の支出の見通しが明らかになる世代。しかし、教育費がピークを迎える、老後生活費の準備をしなくてはならないなど、家計にとっては負担の増える時期でもあります。40代の住宅資金計画について見てみましょう。

住宅ローンの基礎知識:年代別の資金計画のポイント(30代)

年代別の資金計画のポイント(30代)

30代は結婚・子どもが生まれるなどライフスタイルが変化しつつも、将来のライフプランが少しずつ確定してくる世代。住宅についても、住む場所や購入予算など、具体的な計画を立てるのには適した時期と言えます。30代の住宅資金計画のポイントについて見ていきましょう。

住宅ローンの基礎知識:年代別の資金計画のポイント(20代)

年代別の資金計画のポイント(20代)

20代でマイホームを買う場合に、考えておきたいことは何でしょうか?この世代の特徴は人生の不確定要素が多いこと。転職や転勤、結婚や子どもの誕生による家族の人数など、今後のライフプランにはさまざまな変化が予想されます。20代の住宅資金計画のポイントを見ていきましょう。

住宅ローンの基礎知識:インターネットでどこまでできる?

インターネットでどこまでできる?

住宅ローンの手続きの中には、インターネットを使ってできることもあります。ネットで手続きできる大きな魅力は、窓口に出向くことなく、自分の都合の良い時間に手続きできること。では、インターネットではどのような手続きができるのでしょうか?住宅ローン手続きでネットを利用する上でのポイントをみていきましょう。

住宅ローンの基礎知識:共有名義(親子)の場合の注意点

共有名義(親子)の場合の注意点

二世帯住宅の建築などで親子で住宅ローンを借り入れするというケースもあるでしょう。もしくは子は住宅ローンを借り入れし、親は現金を出すという場合もあります。いずれの場合もその住宅や土地は親子の「共有名義」となります。親子で住宅ローンを借り入れする方法や共有名義にする場合の注意点を確認しておきましょう。

住宅ローンの基礎知識:共有名義(夫婦)の場合の注意点

共有名義(夫婦)の場合の注意点

夫婦がそれぞれ資金を出したり、住宅ローンを借り入れして住宅を取得した場合、その住宅や土地は2人の「共有名義」になります。では、どんな場合に、どんな割合で共有名義にすればよいのでしょうか?また売却時や税金上の注意点とは?のちにトラブルにならないよう、共有名義のメリット・デメリットをしっかり確認しておきましょう。

住宅ローンの基礎知識:転居など情報に変更があった場合の手続き

転居など情報に変更があった場合の手続き

転居や転職など、住宅ローン借り入れに際して金融機関に届け出をしていた事項に変更があった場合に手続きが必要かどうかは、借り入れの前なのか借り入れ後なのかによっても異なります。どのような変更があった場合に届け出が必要なのか確認しておきましょう。

住宅ローンの基礎知識:住み替える場合の住宅ローンは?

住み替える場合の住宅ローンは?

マイホームを売却して新たな家に住み替えをする場合、まだ住宅ローンが残っているときにはどのような手続きをしたら良いのでしょうか?住宅を売却するためには住宅ローンを完済しなくてはなりません。完済する資金をどのように準備するかや売却するタイミングによっても手続きは異なります。

住宅ローンの基礎知識:すまい給付金制度とは?

すまい給付金制度とは?

すまい給付金は、消費税アップ後に住宅購入した人の負担を減らすために導入された制度で、住宅ローン減税が拡大された恩恵を十分に受けられない人に、給付金が支払われるものです。どんな場合にすまい給付金を受けとることができるのか、手続き方法などもあわせ、確認しておきましょう。

住宅ローンの基礎知識:フラット50とは?

フラット35・フラット35Sとは?

「フラット50」は最長50年返済が可能な全期間固定金利型の住宅ローンです。省エネ・耐久性に優れた長期優良住宅の購入を後押しするために生まれました。「フラット50」の利用条件や特徴を見ていきましょう。

住宅ローンの選び方:金利タイプの選び方〜目標返済年数〜

金利タイプの選び方〜目標返済年数〜

住宅ローンを借入れするときに「何年返済にするか」は当然考えるでしょう。一方で「何年で完済するか」と返済年数の目標を持っている人は少ないかもしれません。しかし、金利タイプ選びではこの目標返済年数が一つの基準となります。目標返済年数によってどのように金利タイプを選んだらよいか見てみましょう。

住宅ローンの基礎知識:フラット35・フラット35Sとは?

フラット35・フラット35Sとは?

「フラット35」は住宅金融支援機構が民間の金融期間と提携して融資する最長35年返済の全期間固定金利型住宅ローンです。金利は借入時に決定されるため、毎回の返済額や総額が確定する安心感とともに、将来のライフプランを立てやすいというメリットがあります。フラット35の中にもフラット35S、返済期間20年以下などの種類があるので、その違いを知っておきましょう。

住宅ローンの選び方:金利タイプの選び方〜資金の余裕度〜

金利タイプの選び方〜資金の余裕度〜

住宅ローンの返済が始まったあとも教育費や老後資金など将来必要になるお金の準備は必要です。また、将来金利が上昇した時のための備えもしておく必要があります。これらの準備をする余裕があるかどうか、というのも金利タイプ選びのポイントになります。

住宅ローンの基礎知識:住宅ローンの借り入れに保証人は必要?

住宅ローンの借り入れに保証人は必要?

借金をする場合には「保証人が必要」というイメージがありますが、住宅ローンに関しては実際に保証人を立てるケースはほとんどありません。ただし、保証人の代わりに保証会社の保証を得る必要があります。保証会社の保証とはどのようなものなのかを理解しておきましょう。

「価格.com住宅ローン」 ご利用上の注意

  • 本サービスは住宅ローン商品等に関する情報の提供を目的としたものであり、ローン契約締結の代理、媒介、斡旋等を行うものではありません。ローン契約の申込等はご利用者様が契約先金融機関に対して直接行うこととします。詳細は「ローン比較サービスご利用規約」をご覧ください。
  • 当社が掲載する金利、手数料、その他商品に関する情報は各金融機関のウェブサイト等にて公にしている特定時点の情報を収集したものです。ご利用者様が当社提供情報を閲覧される時点での各商品の金利、手数料その他を保証するものではありません。
  • ローン契約時には当該金融機関から直接提供される正確かつ最新の情報を必ずご確認の上、ご契約ください。また、本サービスの利用に伴ってご利用者様が損害等を被った場合でも、当社はいかなる損害賠償義務も負いかねます。
  • 当社では各金融機関の商品/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各金融機関に直接お問い合わせください。

このページの先頭へ