住宅ローン 記事一覧

  1. ホーム > 
  2. ローン > 
  3. 住宅ローン > 
  4. 住宅ローン 記事一覧

住宅ローンを借り入れるまでの流れや手続き等の基礎知識から、返済中の住宅ローンの借り換え時に必要な知識など、役に立つ情報をご紹介いたします。

魅力的なネット銀行の住宅ローン、不安要素を無くすなら、対面で相談できる「MR.住宅ローン REAL」!

特集

魅力的なネット銀行の住宅ローン、不安要素を無くすなら、対面で相談できる「MR.住宅ローン REAL」! [PR]

金利面で非常に魅力的なネット銀行の住宅ローン。その手続きは複雑でなかなか一人で行うのは大変です。ARUHIが提供している「MR.住宅ローン REAL」は住信SBIネット銀行の商品ながら、対面で相談とお申込みができる優れたサービス。住宅ローンの手続きに不安を感じたら店舗を訪れてみては。実際に店舗に行ってみました!(2017年1月4日掲載)

「フラット35リノベ」とは?条件を満たせば金利引き下げ

基礎知識

「フラット35リノベ」とは?条件を満たせば金利引き下げ

「フラット35」は最長35年返済の全期間固定金利型住宅ローンです。新築住宅の購入、中古住宅の購入、中古住宅をリフォームして購入する場合に利用できるものです。2016年10月より、中古住宅購入の場合のリフォームが性能向上する場合には、「フラット35 リノベ」が使えるようになり、一定期間金利が引き下げられます。(2016年11月10日掲載)

つなぎ融資とは?仕組みや手数料など解説

基礎知識

つなぎ融資とは?仕組みや手数料など解説

住宅ローンは、建物の完成時に融資されるものです。注文住宅のように、完成前に土地代金や着工金などの支払いが生じる場合、資金の工面が必要です。このような場合に利用できる一時的な借入れが「つなぎ融資」です。そのしくみや注意すべき点を確認しておきましょう。(2016年10月5日掲載)

適切な借入額だと返済負担率はどのくらい?計算手順教えます

選び方

適切な借入額だと返済負担率はどのくらい?計算手順教えます

家計支出の中で大きな割合を占める住宅ローン。住宅ローンの借入額をいくらにするかは住宅購入予算にも影響します。借入額はいくらくらいなら適切なのでしょうか? 適切な借入額かどうかを判断するものさしの一つが「返済負担率」です。ここでは返済負担率を使って、適切な借入額を検討する手順をみていきましょう。(2016年10月5日掲載)

「すまい給付金」とは?条件や給付額などまとめ

基礎知識

「すまい給付金」とは?条件や給付額などまとめ

すまい給付金は、消費税アップ後に住宅購入した人の負担を減らすために導入された制度で、住宅ローン減税が拡大された恩恵を十分に受けられない人に、給付金が支払われるものです。どんな場合にすまい給付金を受けとることができるのか、手続き方法などもあわせ、確認しておきましょう。(2016年9月6日掲載)

「住宅ローン控除(減税)」をわかりやすく解説

基礎知識

「住宅ローン控除(減税)」をわかりやすく解説

住宅ローンを利用してマイホームを購入した場合、ローンの一部に相当する金額が所得税や住民税から控除される住宅ローン減税制度があります。税負担を軽くして、住宅購入の後押ししようという背景があります。では、どのような制度なのか、またこの制度を利用するための要件はどういったものなのかを確認しておきましょう。(2016年9月6日掲載)

全国120銀行、1,000商品以上の住宅ローンを比較できる店舗相談窓口が新登場!

特集

全国120銀行、1,000商品以上の住宅ローンを比較できる店舗相談窓口が新登場! [PR]

独自のノウハウにより、平均300万円以上の借り換えメリットを実現しているコンサルティングサービスを紹介します。(2016年7月22日掲載)

"超"低金利時代のいま、固定金利に乗り換えるメリットは?

特集

"超"低金利時代のいま、固定金利に乗り換えるメリットは? [PR]

"超"低金利の昨今、住宅ローンの借り換えニーズは高まっています。 変動金利の金利の低さは魅力ですが、金利が上昇した場合に備え、固定金利を選択するのも1つの手です。諸費用がお得なのはもちろん、当初20年固定金利が魅力的な新生銀行の住宅ローンをご紹介します。(2016年6月27日掲載)

日銀がマイナス金利を導入! 住宅ローン金利はどうなる?

特集

日銀がマイナス金利を導入! 住宅ローン金利はどうなる? [PR]

住宅ローンを選ぶポイントになるのは、やはり金利が大きいでしょう。日銀のマイナス金利政策が導入されて住宅ローンへの影響も指摘されています。しかし、金利だけでなく融資事務手数料や保証料などの諸費用も踏まえて選ぶと……。融資事務手数料がお得な楽天銀行住宅ローンの魅力をお伝えします。(2016年4月22日掲載)

住宅購入で適切な物件価格はいくら?シミュレーションで試算しよう!

基礎知識

住宅購入で適切な物件価格はいくら?シミュレーションで試算しよう!

住宅を購入したいと思ったら、最初にしておきたいのが物件の予算決めです。購入後に住宅ローン返済で家計が厳しいというようなことにならないためには、自分の「予算を知る」ことが大切です。自分にとっての「適切な物件価格」を試算してみましょう。(2016年4月4日掲載)

「中古住宅の購入」住宅ローンは諸費用や減税条件の違いに注意

基礎知識

「中古住宅の購入」住宅ローンは諸費用や減税条件の違いに注意

中古住宅を購入するのは、新築住宅を購入する場合と比較して不利になることや違いがあるのでしょうか? 中古住宅における住宅ローンや購入にかかる諸費用について、新築住宅と異なる点を見てみましょう。(2016年3月22日掲載)

マイナス金利って何?住宅ローンにどんな影響があるの?

基礎知識

マイナス金利って何?住宅ローンにどんな影響があるの?

2016年1月、突如として日本銀行がマイナス金利導入を発表しました。マイナス金利とは何なのか、なぜ導入されたのかを解説します、また、私たちの生活、特に住宅ローンにはどのような影響をおよぼす可能性があるのでしょうか。(2016年3月7日掲載)

住宅ローン契約とあわせてやりたい「保険の見直し」とは?

基礎知識

住宅ローン契約とあわせてやりたい「保険の見直し」とは?

住宅を購入する場合に、多くの方が利用するのが「住宅ローン」です。住宅ローンを利用する際に一緒に見直しや検討をしたいのが生命保険をはじめとする各種保険です。住宅ローンと保険は一見して 関係性が乏しそうですが、一緒に考えると大きな節約につながることも多いです。(2016年2月22日掲載)

中古住宅の購入とリフォーム、住宅ローンは使える?

基礎知識

中古住宅の購入とリフォーム、住宅ローンは使える?

中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションを同時に行いたい、または少ししてから行う予定という場合、その資金はどのようなローンで借入れができるのでしょうか? リフォームのタイミングによっては借入れができないこともあるので、前もって計画しておくことが大切です。(2016年2月17日掲載)

親の住宅ローンを見直したら、ゼロ円で親孝行もできた話

特集

親の住宅ローンを見直したら、ゼロ円で親孝行もできた話

住宅ローンの見直しは親孝行につながる!? 「住宅ローン」を組んだことのないライターが、ネットで住宅ローン金利を比較できることすら知らない両親に、価格.comの活用を提案するお話です。最近の銀行ごとの住宅ローンの違いや、人気の組み方を勉強できます。(2016年2月1日掲載)

じぶん銀行の“すごく優しい住宅ローン”という選択肢! 

特集

じぶん銀行の“すごく優しい住宅ローン”という選択肢!  [PR]

申込みから契約まですべてネット上で完結し、がん保障もある“すごく優しい住宅ローン”について特集します。(2016年1月26日掲載)

本当に得?住宅ローン「借り換え」効果をシミュレーションで試算する方法

借り換え知識

本当に得?住宅ローン「借り換え」効果をシミュレーションで試算する方法

世の中の金利状況があまり変わっていなくても、住宅ローンの金利はずいぶんと下がっていることもあります。少しでも有利な条件のものに借り換えができれば、家計の助けにもなります。どのくらいの効果があるのか、シミュレーションから始めてみましょう。(2016年1月25日掲載)

「抵当権」とは?その意味と完済時の抹消手続きの進め方は?

基礎知識

「抵当権」とは?その意味と完済時の抹消手続きの進め方は?

住宅ローンを借入れする要件の一つが、「金融機関、または保証会社が土地・建物に抵当権を設定すること」です。抵当権とはどんな権利なのでしょうか?権利を実行されるとどのようなことが起きるのでしょうか?また、住宅ローンを完済したら、抵当権はどうなるのでしょうか?(2015年11月24日掲載)

住宅ローン、早期返済はほんとにおトク?デメリットにも注意

基礎知識

住宅ローン、早期返済はほんとにおトク?デメリットにも注意

住宅ローンは早く返済するほどお得と言われています。一方でデメリットもあります。メリットとデメリットのバランスを見ながら、自分にとって一番よい返済ペースを見つけるためにはどうしたらよいでしょうか?(2015年11月17日掲載)

金利引き下げ交渉の前に準備すべき3つのこと

基礎知識

金利引き下げ交渉の前に準備すべき3つのこと

住宅ローンの金利はなるべく低く借りたいものです。なるべく低い金利を適用してもらう条件はどのようなことでしょうか? また、提示された金利に不満があった場合に、さらなる金利の引き下げは交渉できるでしょうか?(2015年10月26日掲載)

じぶん銀行 住宅ローン

このページの先頭へ