借り換え知識 記事一覧

  1. ホーム > 
  2. ローン > 
  3. 住宅ローン > 
  4. 借り換え知識 記事一覧

カテゴリ

既に住宅ローンを借り入れている方、住宅ローンの見直しを検討してみませんか?現在借り入れているプランから別のプランに借り換えることによって住宅ローンの返済総額を節約できる可能性も!まずは住宅ローンを借り換えるメリットや手続きの流れを理解して最適な借り換えプランを選びましょう。

本当に得?住宅ローン「借り換え」効果をシミュレーションで試算する方法

借り換え知識

本当に得?住宅ローン「借り換え」効果をシミュレーションで試算する方法

世の中の金利状況があまり変わっていなくても、住宅ローンの金利はずいぶんと下がっていることもあります。少しでも有利な条件のものに借り換えができれば、家計の助けにもなります。どのくらいの効果があるのか、シミュレーションから始めてみましょう。(2016年1月25日掲載)

高い金利のまま?全期間固定金利の人は住宅ローン「借り換え」を検討しよう

借り換え知識

高い金利のまま?全期間固定金利の人は住宅ローン「借り換え」を検討しよう

長期固定金利型で借りていると、金利の動きを気にしなくていいゆえ、高い金利のまま借りっぱなしになっているケースも多くみられます。また、長い借入期間のうちには、家計の状況も変化してきます。「今より家計にマッチした住宅ローンはないか」を定期的に検討するようにしましょう。 (2015年1月19日掲載)

現在固定金利の人も住宅ローン「借り換え」検討の価値あり!検討手順を解説

借り換え知識

現在固定金利の人も住宅ローン「借り換え」検討の価値あり!検討手順を解説

固定金利選択型の住宅ローンを借りている人は、固定期間は金利変動の心配がないので、固定期間が終了したら検討しようと考えているかもしれません。しかし、より有利なローンに借り換えるできれば早めに借り換えをした方が返済額の軽減につながります。固定金利選択型からの住宅ローン借り換えについて見てみましょう。(2015年1月5日掲載)

現在変動金利の人の「借り換え」住宅ローンはどう選ぶ?

借り換え知識

現在変動金利の人の「借り換え」住宅ローンはどう選ぶ?

変動金利型で借り入れしている人は、ここ数年金利水準に変化がないため、金利のことはあまり気にしていないかもしれません。しかし、実際の適用金利は下がっていることも。より低い金利で借り換えることができれば返済額の軽減につながりそうです。変動金利型で住宅ローンを借りている人の借り換えについて見てみましょう。(2014年12月15日掲載)

住宅ローンの借り換えができない?! 申し込み前に確認すべきこと3つ

借り換え知識

住宅ローンの借り換えができない?! 申し込み前に確認すべきこと3つ

住宅ローンの借り換えをしよう!と思い立ったときに、どの住宅ローンに借り換えをするのが良いかを探す前に、まず借り換えができるかどうかを確認しましょう。また、今は借り換えをしなくても、将来良いタイミングが訪れたときに借り換えができるような状況づくりをしておくことも重要です。(2014年12月1日掲載)

借り換え前に確認「住宅ローン返済予定表」の見方

借り換え知識

借り換え前に確認「住宅ローン返済予定表」の見方

借り換えをするには、あらかじめ現在の住宅ローンと比較してみることが必要です。そのためには、まず自分の住宅ローンの内容を確認しましょう。どんなメリットが出るのかを把握するため「正しく」確認することが重要です。確認のポイントをみていきましょう。(2014年11月17日掲載)

住宅ローン「借り換え」と「繰り上げ返済」どちらが良いの?試算の方法を解説

借り換え知識

住宅ローン「借り換え」と「繰り上げ返済」どちらが良いの?試算の方法を解説

住宅ローンのアフターケアの方法は大きく繰り上げ返済と借り換えがあります。繰り上げ返済の方が手間もかからず手続きが簡単なため「とりあえずは繰り上げ返済を」と考える人が多いでしょう。しかし、実は繰り上げ返済を考えたときこそ、借り換えを検討してみるチャンスでもあるのです。(2014年11月3日掲載)

早わかり!住宅ローン「借り換え」に必要書類と手続き一覧

借り換え知識

早わかり!住宅ローン「借り換え」に必要書類と手続き一覧

借り換えの効果を確認し、借り換え先を決めたらいよいよ手続きです。借り換えとは新しい住宅ローンを借り入れして、従前の住宅ローンを完済すること。実際にはどのように手続きを進めればよいのでしょうか?住宅ローン借り換え手続きの流れ、必要書類などを事前に確認しておきましょう。(2013年4月1日掲載)

住宅ローン借り換え時の「諸費用」手数料など何にいくらかかる?

借り換え知識

住宅ローン借り換え時の「諸費用」手数料など何にいくらかかる?

借り換えと言えども、住宅ローンを新たに借り入れることと同じです。当初借り入れしたときと同じように、印紙税、手数料、保証料、登記費用などの諸費用も必要になります。借り換えを検討する場合には、金利のみならず、この諸費用も含めてトータルで借り換えの効果を判断しましょう。(2013年3月18日掲載)

【目的別】借り換えに適した住宅ローンの選び方

借り換え知識

【目的別】借り換えに適した住宅ローンの選び方

住宅ローンの借り換えの検討を始めると、どの住宅ローンに借り換えしたらよいのか、迷うことも多いでしょう。住宅ローンを比較する場合のチェックポイントは、大きく「金利タイプ」「金利」「諸費用」「付帯サービス」です。借り換えの場合の選び方のポイントを紹介します。(2013年3月4日掲載)

住宅ローン「借り換え」で毎月返済額は下げられる!ただし注意点も。

借り換え知識

住宅ローン「借り換え」で毎月返済額は下げられる!ただし注意点も。

住宅ローンを借り換える目的の一つが「毎月の支払額を抑えるため」です。長い返済期間のあいだには、家計の収支にも波があります。借り入れ当初は大丈夫だろうと思っていても、支払いが厳しくなることがあります。毎月の支払額を抑える手段として借り換えも上手に使っていきましょう。(2013年2月18日掲載)

住宅ローンの金利上昇に備える「借り換え」その方法とは?

借り換え知識

住宅ローンの金利上昇に備える「借り換え」その方法とは?

金利が低い変動金利型や固定期間が短いものは、金利が上昇すれば受ける影響も大きいので、将来の金利上昇が心配な人もいるでしょう。このような場合には、金利上昇リスクを回避する、もしくは金利上昇した場合のリスクを今より小さくしておくなど、金利上昇に備えるための借り換えを行うと良いでしょう。 (2013年2月4日掲載)

効果はこう検証する住宅ローンの総返済額を少なくする「借り換え」

借り換え知識

効果はこう検証する住宅ローンの総返済額を少なくする「借り換え」

住宅ローンを借り換える目的の一つ「総支払額を少なくする」。総支払額を少なくすることができれば、理論的には完済時の貯蓄額がその分増えていることになります。セカンドライフのためにも預貯金や資産は作っておきたいもの。たとえ数十万円であっても借り換えで軽減できるものならしておきたいところです。(2013年1月21日掲載)

住宅ローンの「借り換え」とは?そのメリットとは?

借り換え知識

住宅ローンの「借り換え」とは?そのメリットとは?

自分が住宅ローンを借りた時よりも、「金利が低くなっている」、「繰上返済の条件が良くなっている」など、条件が良くなる商品があれば、新しい住宅ローンに「借り換え」をすることができます。現在の残高分を借り入れし、従前の住宅ローンを完済、その後は新しい金融機関に返済していくのが住宅ローンの借り換えです。(2013年1月7日掲載)

  • << 前へ
  • 1
  • 次へ >>
じぶん銀行 住宅ローン

このページの先頭へ