選び方 記事一覧

  1. ホーム > 
  2. ローン > 
  3. 住宅ローン > 
  4. 選び方 記事一覧

住宅ローンはどのように選べばいいのでしょうか?まずは借入額や返済期間、金利タイプを決めることから始まります。適切な借り入れ額や、金利プランの選び方、 返済方法など住宅ローンの選び方を理解して、自分のライフプランに合った商品を検討しましょう。

適切な借入額だと返済負担率はどのくらい?計算手順教えます

選び方

適切な借入額だと返済負担率はどのくらい?計算手順教えます

家計支出の中で大きな割合を占める住宅ローン。住宅ローンの借入額をいくらにするかは住宅購入予算にも影響します。借入額はいくらくらいなら適切なのでしょうか? 適切な借入額かどうかを判断するものさしの一つが「返済負担率」です。ここでは返済負担率を使って、適切な借入額を検討する手順をみていきましょう。(2016年10月5日掲載)

『変動と固定』どっちがお得?比較のポイントは3つ

選び方

『変動と固定』どっちがお得?比較のポイントは3つ

住宅ローンには大きく「全期間固定金利型」「固定期間金利選択型」「変動金利型」の3つの金利タイプがあります。住宅ローンを借入れするときには、どの金利タイプにしたらよいか迷うところです。それぞれの仕組みやメリット・デメリットを理解するところから始めましょう。(2015年6月29日掲載)

ボーナス払いの返済割合は?利用には注意も必要

選び方

ボーナス払いの返済割合は?利用には注意も必要

住宅ローンの返済方法には、「毎月返済」のほかにボーナス月に加算して返済する「ボーナス返済」があります。ボーナス月に多めに支払えば毎月の返済は少なくなるなどメリットがありますが、利用にあたっては注意すべきこともあります。ボーナス返済の仕組み、メリット、注意点を理解して利用するようにしましょう。(2013年11月11日掲載)

目標返済年数から考える!あなたに最適な金利タイプは?

選び方

目標返済年数から考える!あなたに最適な金利タイプは?

住宅ローンを借入れするときに「何年返済にするか」は当然考えるでしょう。一方で「何年で完済するか」と返済年数の目標を持っている人は少ないかもしれません。しかし、金利タイプ選びではこの目標返済年数が一つの基準となります。目標返済年数によってどのように金利タイプを選んだらよいか見てみましょう。(2013年10月28日掲載)

資金の余裕度で変わる!金利タイプの選び方

選び方

資金の余裕度で変わる!金利タイプの選び方

住宅ローンの返済が始まったあとも教育費や老後資金など将来必要になるお金の準備は必要です。また、将来金利が上昇した時のための備えもしておく必要があります。これらの準備をする余裕があるかどうか、というのも金利タイプ選びのポイントになります。(2013年10月14日掲載)

金利タイプは変動or固定?性格やライフスタイルによる選び方

選び方

金利タイプは変動or固定?性格やライフスタイルによる選び方

金利タイプを選ぶ際に、金利や返済額ばかりに目がいきがちですが、それだけで選ぶのはちょっと危険。例えば、完済までの「不安感」を少なくすることも、金利選びにおいてはずせないポイント。あなたの性格やライフスタイルにマッチした金利の選び方に注目してみましょう。(2013年9月30日掲載)

金利が上昇したらどうする?リスクとその対策

選び方

金利が上昇したらどうする?リスクとその対策

住宅ローンを決める際、金利タイプ選びに難しさを感じる人は多いでしょう。特に金利が上昇した場合への備えは考えておくべきです。金利タイプごとの特徴をみながら、金利上昇リスクへの備えや心構えを押さえていきます。(2013年9月16日掲載)

「提携ローン」メリットは借りやすさ?! デメリットにも注意

選び方

「提携ローン」メリットは借りやすさ?! デメリットにも注意

マイホーム購入は一生に一度。初めて知る住宅ローンが「提携ローン」という場合も多いもの。この「提携ローン」にはどんな特徴があるのでしょうか?より適切な住宅ローンを選ぶためにも、一般的な住宅ローンとの違いを知っておくことがポイントです。(2013年9月2日掲載)

「元利均等返済」と「元金均等返済」違いと返済額の比較

選び方

「元利均等返済」と「元金均等返済」違いと返済額の比較

住宅ローンの返済方法には、「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類があります。どちらを選ぶかで毎月の返済額や返済の総額(総返済額)も異なるため、それぞれのメリット・デメリットを理解して、あなたに合った選択をしましょう。毎月返済と併せてボーナス返済を利用する場合の注意点もお伝えします。(2013年8月19日掲載)

何年で返済?「返済期間」は毎月返済額の違いで決める

選び方

何年で返済?「返済期間」は毎月返済額の違いで決める

住宅ローンの返済期間は、多くの金融機関で最長35年、1年刻みで設定が可能です。完済時の年齢は75〜80歳とする場合が多いため、年齢によっては可能な返済期間が35年より短くなります。希望がない限り、返済期間35年のプランを提示されることが多いはず。返済期間は、どのようにして決めればいいのでしょうか?(2013年8月5日掲載)

複数の金利タイプを組み合わせ「ミックスローン」の使い方

選び方

複数の金利タイプを組み合わせ「ミックスローン」の使い方

住宅ローンの金利タイプにはたくさんの種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。一つに絞りきれないという場合には、複数の金利タイプを組み合わせるということも可能です。(2013年7月22日掲載)

「期間固定型」ローンの固定期間は何年を選ぶ?

選び方

「期間固定型」ローンの固定期間は何年を選ぶ?

変動型・固定型の両方の特徴を持つのが期間固定型ローンです。そのため選ぶ基準がわかりにくいタイプです。どんな場合にこの金利タイプが適しているか、また固定期間は何年を選べばいいか、仕組みや特徴を見ながら考えてみましょう。(2013年7月8日掲載)

最初に押さえておきたい「住宅ローン選び」の手順

選び方

最初に押さえておきたい「住宅ローン選び」の手順

物件探しをして購入を決めると、住宅ローンの手続きが待っています。どの住宅ローンにするかを決めなくてはなりませんが、いくつもの種類や数多くの金融機関の中からどのようにして選べば良いのでしょうか?住宅ローン選びの手順を見てみましょう。(2013年6月10日掲載)

  • << 前へ
  • 1
  • 次へ >>
じぶん銀行 住宅ローン

このページの先頭へ