住宅ローン 金利比較

  1. ホーム >
  2. ローン >
  3. 住宅ローン >
  4. 住宅ローン 金利比較

住宅ローンの金利について

金利の
基本を知る

住宅ローンの金利とは?変動・固定・全期間固定の金利タイプとは?

金利の
最新動向を知る

金利が変動する要因は?今は歴史的な低金利?今後の動向は?

金利選びの
ポイントを知る

金利タイプはどう選ぶべきか?
金利変動への備え方は?

住宅ローン相談のプロに聞く! 住宅ローン金利 トピックス

(2017年2月)

2017年2月の住宅ローン金利は!?

住宅ローンを借りるとき、やはり気になるのは金利の動向です。住宅ローンに詳しい、ファイナンシャルプランナーの高田晶子氏に最新の金利動向について聞きました。

「今月の住宅ローン金利状況、各金融機関バラバラの動きでしたが、固定期間5年以上のものでは金利が下がった金融機関も見られました。特に10年固定が象徴的で、みずほ銀行、りそな銀行、三井住友信託銀行は前月と変わらず、三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行では低下、三菱UFJ信託銀行は上昇しました。フラット35は20年以上で0.02%、20年以下では0.02%低下しました。一方変動金利に動きはありませんでした。引き続き、金利水準は低い状態が続いていると言えると思います」

2か月連続で上昇していた固定金利。今月は一旦、落ち着いたようですが、その理由を高田氏はこう話します。

「金利に影響を与える10年物国債は上昇していましたが、実際には金利を下げた金融機関があったのは、これから3月の期末に向けての動きと思われます」

10年物国債はトランプ米大統領の発言などで上下していますが、金利を据え置いたり低くしたりすることで、新規で住宅購入する人だけでなく、借り換えのユーザーも多く取り込もうとしているのでしょう。

金利状況を見て住宅ローンを選んで!

「12月に住信SBIネット銀行の変動金利は0.447%になりましたが、今月は三菱東京UFJ銀行の10年固定では最大優遇金利0.5%となり目玉商品となっています。どう商品を選ぶかは残債や返済期間にもよりますが、新規の借入や借り換えをするにはよい状況であると思っています。みずほ銀行ではカタログギフトを贈呈したり、住信SBIネット銀行では借り換えで2万円キャッシュバックのキャンペーンを実施していたりもします」

価格.com住宅ローンでは最新情報に加えてシミュレーション機能なども充実しています。最新の情報で比較してみたいならば是非参考にしてみてください。

更新日:2017年2月3日/文:価格.com 編集部

高田晶子さん

高田晶子
ファイナンシャルプランナー。信託銀行不動産部門勤務を経て、96年独立。家計全般、保険の見直し、住宅購入など個人向け相談などを中心に執筆、マネーセミナー、マネーコンテンツの制作などを行う。分かりやすい解説が人気。

住宅ローン金利推移

2017年2月10日更新

※各金融機関の新規借り入れ時に適用の金利を参考にグラフを作成しています。

住宅ローン 変動金利推移

主要都市銀行の変動金利の基準金利は変わっていませんが、金利の引き下げ幅を大きくしたため、適用金利が下がりました。2013年8月以降ほとんど金利の動きがなかったのですが、2016年6月の平均金利は2015年12月より0.154%低くなりました。ネット銀行も最高金利、最低金利とも低くなり平均金利で0.149%下がりました。

住宅ローン変動金利

主要都市銀行の変動金利推移

主要都市銀行の住宅ローン変動金利推移
最低金利・最高金利 0.600 〜 1.075%
平均金利 0.728%
平均金利の前月比 変動なし
平均金利の前年比 +0.003%

ネット銀行の変動金利推移

ネット銀行の住宅ローン変動金利推移
最低金利・最高金利 0.497 〜 1.157%
平均金利 0.616%
平均金利の前月比 変動なし
平均金利の前年比 -0.017%

住宅ローン 固定金利推移 (10年固定金利)

固定期間が長いものほど、マイナス金利の影響が大きく出ています。2016年1月以降主要都市銀行の10年固定は低下傾向にあり、最低金利は1%を下回りました。ネット銀行では、低いところでは昨年から1%を下回っていましたが、2016年1月以降もさらに低下傾向となり、平均金利で1%を切るまでになりました。

住宅ローン固定金利

主要都市銀行の固定金利推移

主要都市銀行の住宅ローン固定金利推移
最低金利・最高金利 0.800 〜 1.400%
平均金利 1.077%
平均金利の前月比 -0.066%
平均金利の前年比 -0.173%

ネット銀行の固定金利推移

ネット銀行の住宅ローン固定金利推移
最低金利・最高金利 0.500 〜 1.700%
平均金利 0.902%
平均金利の前月比 -0.025%
平均金利の前年比 -0.201%

住宅ローン 全期間固定金利推移 (35年固定金利)

固定35年の金利もマイナス金利の影響が大きく、2015年12月と比較すると2016年6月の金利は、主要都市銀行の平均で0.487%低下、ネット銀行の平均も0.448%低下と大幅に下がりました。平均金利はどちらも1.2%台になり、10年固定に近い金利になっています。ただし、ネット銀行は最低金利と最高金利の差が大きいので、金融機関選びは慎重に行いましょう。

住宅ローン全期間固定金利

主要都市銀行の全期間固定金利推移

主要都市銀行の住宅ローン全期間固定金利推移
最低金利・最高金利 1.100 〜 1.640%
平均金利 1.303%
平均金利の前月比 -0.027%
平均金利の前年比 -0.342%

ネット銀行の全期間固定金利推移

ネット銀行の住宅ローン全期間固定金利推移
最低金利・最高金利 0.700 〜 2.410%
平均金利 1.237%
平均金利の前月比 -0.021%
平均金利の前年比 -0.409%

住宅ローン 金利タイプ別人気ランキング

(新規借り入れ時に適用の金利)
  変動金利 固定金利 全期間固定金利

1

じぶん銀行

住宅ローン 全期間引下げプラン 変動

じぶん銀行

適用金利:
0.497%
(2017/02/01現在)

じぶん銀行

住宅ローン 当初期間引下げプラン 固定10年

じぶん銀行

適用金利:
0.500%
(2017/02/01現在)

住信SBIネット銀行

フラット35S(金利Aプラン) 全期間固定(21年〜35年)

住信SBIネット銀行

適用金利:
0.800%
(2017/02/01現在)

2

住信SBIネット銀行

ネット専用8疾病保障付住宅ローン<通期引下げプラン> 変動

住信SBIネット銀行

適用金利:
0.497〜
0.568
%
(2017/02/10現在)

三井住友信託銀行

住宅ローン<リレープランフレックス>【当初期間金利引下げ】 固定10年

三井住友信託銀行

適用金利:
0.500〜
0.800
%
(2017/02/01現在)

楽天銀行

フラット35S(金利Aプラン) 全期間固定(21年以上〜35年以下)

楽天銀行

適用金利:
0.800%
(2017/02/01現在)

3

イオン銀行

住宅ローン 金利プラン 手数料定率型 変動

イオン銀行

適用金利:
0.570%
(2017/02/10現在)

イオン銀行

住宅ローン10年固定特別金利プラン 手数料定率型 当初10年固定

イオン銀行

適用金利:
0.590%
(2017/02/10現在)
  変動金利ランキング一覧 固定金利ランキング一覧 全期間固定金利ランキング一覧
  • ※新規借り入れランキング 集計期間:2017/01/01〜2017/01/31

借り換えランキングはこちら

住宅ローン シミュレーション

〜将来の金利変動も組み込めます〜

住宅ローンの新規借り入れご検討中の方

「借り入れ額」や「毎月の返済額」からの試算が可能です!

住宅ローン 新規借り入れシミュレーション

モデルケースを見てみる

全期間固定金利で借りる
金利タイプ:全期間固定金利
返済期間:35年 借入残高:3,500万円
全期間固定金利で借りる場合の試算結果を見る
変動金利で金利水準が一定だったら?
金利タイプ:変動金利
返済期間:35年 借入残高:3,500万円
金利変動:変わらず
変動金利で金利水準が一定の場合の試算結果を見る

住宅ローン 借り換え

現在の残高情報から借り換えに最適なプランが試算できます!

住宅ローン 借り換えシミュレーション

モデルケースを見てみる

確実に総返済額が下がるケースは?
金利タイプ:全期間固定→全期間固定
返済期間:残り20年 借入残高:2,500万円
確実に総返済額が下がる場合の試算結果を見る
徹底的に金利を抑えたい。
金利タイプ:期間固定→変動
返済期間:残り25年 借入残高:3,000万円
金利変動:変わらず
徹底的に金利を抑えたい場合の試算結果を見る

年収から借り入れ限度額や住宅ローン控除(減税)
繰り上げ返済など、目的に応じて7つのシミュレーションが可能

住宅ローン シミュレーション一覧へ

住宅ローン金利 関連記事

マイナス金利って何?住宅ローンにどんな影響があるの?

基礎知識 マイナス金利って何?住宅ローンにどんな影響があるの?

2016年1月、突如として日本銀行がマイナス金利導入を発表しました。マイナス金利とは何なのか、なぜ導入されたのかを解説します、また、私たちの生活、特に住宅ローンにはどのような影響をおよぼす可能性があるのでしょうか。

金利が上昇したらどうする?リスクとその対策

選び方 金利が上昇したらどうする?リスクとその対策

住宅ローンを決める際、金利タイプ選びに難しさを感じる人は多いでしょう。特に金利が上昇した場合への備えは考えておくべきです。金利タイプごとの特徴をみながら、金利上昇リスクへの備えや心構えを押さえていきます。

『変動と固定』どっちがお得?比較のポイントは3つ

選び方 『変動と固定』どっちがお得?比較のポイントは3つ

住宅ローンには大きく「全期間固定金利型」「固定期間金利選択型」「変動金利型」の3つの金利タイプがあります。住宅ローンを借入れするときには、どの金利タイプにしたらよいか迷うところです。それぞれの仕組みやメリット・デメリットを理解するところから始めましょう。

目標返済年数から考える!あなたに最適な金利タイプは?

選び方 目標返済年数から考える!あなたに最適な金利タイプは?

住宅ローンを借入れするときに「何年返済にするか」は当然考えるでしょう。一方で「何年で完済するか」と返済年数の目標を持っている人は少ないかもしれません。しかし、金利タイプ選びではこの目標返済年数が一つの基準となります。目標返済年数によってどのように金利タイプを選んだらよいか見てみましょう。

資金の余裕度で変わる!金利タイプの選び方

選び方 資金の余裕度で変わる!金利タイプの選び方

住宅ローンの返済が始まったあとも教育費や老後資金など将来必要になるお金の準備は必要です。また、将来金利が上昇した時のための備えもしておく必要があります。これらの準備をする余裕があるかどうか、というのも金利タイプ選びのポイントになります。

金利タイプは変動or固定?性格やライフスタイルによる選び方

選び方 金利タイプは変動or固定?性格やライフスタイルによる選び方

金利タイプを選ぶ際に、金利や返済額ばかりに目がいきがちですが、それだけで選ぶのはちょっと危険。例えば、完済までの「不安感」を少なくすることも、金利選びにおいてはずせないポイント。あなたの性格やライフスタイルにマッチした金利の選び方に注目してみましょう。

複数の金利タイプを組み合わせ「ミックスローン」の使い方

選び方 複数の金利タイプを組み合わせ「ミックスローン」の使い方

住宅ローンの金利タイプにはたくさんの種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。一つに絞りきれないという場合には、複数の金利タイプを組み合わせるということも可能です。

「住宅ローンの金利」3つのタイプ、それぞれの違いは?

基礎知識 「住宅ローンの金利」3つのタイプ、それぞれの違いは?

「金利」は住宅ローンの返済額を決める大事な要素です。また、住宅ローンには複数の金利タイプがあり、金利はそれぞれ異なります、自分の家計に合った金利タイプを選ぶためにも、まずは金利のしくみやタイプごとのメリット・デメリットを知ることが大切。ここでは、住宅ローン金利の決まり方や、金利の種類などをご紹介します。

フラット35、フラット35Sとは?特徴と比較のポイントを解説

基礎知識 フラット35、フラット35Sとは?特徴と比較のポイントを解説

「フラット35」は住宅金融支援機構が民間の金融期間と提携して融資する最長35年返済の全期間固定金利型住宅ローンです。金利は借入時に決定されるため、毎回の返済額や総額が確定する安心感とともに、将来のライフプランを立てやすいというメリットがあります。フラット35の中にもフラット35S、返済期間20年以下などの種類があるので、その違いを知っておきましょう。

住宅ローン 新着記事

魅力的なネット銀行の住宅ローン、不安要素を無くすなら、対面で相談できる「MR.住宅ローン REAL」!

特集

魅力的なネット銀行の住宅ローン、不安要素を無くすなら、対面で相談できる「MR.住宅ローン REAL」! [PR]

金利面で非常に魅力的なネット銀行の住宅ローン。その手続きは複雑でなかなか一人で行うのは大変です。ARUHIが提供している「MR.住宅ローン REAL」は住信SBIネット銀行の商品ながら、対面で相談とお申込みができる優れたサービス。住宅ローンの手続きに不安を感じたら店舗を訪れてみては。実際に店舗に行ってみました!(2017年1月4日掲載)

「フラット35リノベ」とは?条件を満たせば金利引き下げ

基礎知識

「フラット35リノベ」とは?条件を満たせば金利引き下げ

「フラット35」は最長35年返済の全期間固定金利型住宅ローンです。新築住宅の購入、中古住宅の購入、中古住宅をリフォームして購入する場合に利用できるものです。2016年10月より、中古住宅購入の場合のリフォームが性能向上する場合には、「フラット35 リノベ」が使えるようになり、一定期間金利が引き下げられます。(2016年11月10日掲載)

つなぎ融資とは?仕組みや手数料など解説

基礎知識

つなぎ融資とは?仕組みや手数料など解説

住宅ローンは、建物の完成時に融資されるものです。注文住宅のように、完成前に土地代金や着工金などの支払いが生じる場合、資金の工面が必要です。このような場合に利用できる一時的な借入れが「つなぎ融資」です。そのしくみや注意すべき点を確認しておきましょう。(2016年10月5日掲載)

住宅ローン 記事一覧へ

「価格.com住宅ローン」 ご利用上の注意

  • 本サービスは住宅ローン商品等に関する情報の提供を目的としたものであり、ローン契約締結の代理、媒介、斡旋等を行うものではありません。ローン契約の申込等はご利用者様が契約先金融機関に対して直接行うこととします。詳細は「ローン比較サービスご利用規約」をご覧ください。
  • 当社が掲載する金利、手数料、その他商品に関する情報は各金融機関のウェブサイト等にて公にしている特定時点の情報を収集したものです。ご利用者様が当社提供情報を閲覧される時点での各商品の金利、手数料その他を保証するものではありません。
  • ローン契約時には当該金融機関から直接提供される正確かつ最新の情報を必ずご確認の上、ご契約ください。また、本サービスの利用に伴ってご利用者様が損害等を被った場合でも、当社はいかなる損害賠償義務も負いかねます。
  • 当社では各金融機関の商品/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各金融機関に直接お問い合わせください。
  • キャンペーンは各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。

このページの先頭へ