住宅ローン 全期間固定金利

  1. ホーム >
  2. ローン >
  3. 住宅ローン >
  4. 住宅ローン 金利比較 >
  5. 住宅ローン 全期間固定金利

住宅ローン 全期間固定金利とは?

固定金利(全期間固定型)の仕組み・特徴

借入れした時に返し終わるまでの金利が決定するタイプです。よって、毎回返済額もあらかじめ決まります。フラット35はその代表例で、その他銀行等の金融機関でも取扱いがあります。今後金利が上がると予想するならば固定金利型を選ぶことで同じ金利で完済まで固定することができます。

固定金利(全期間固定型)はこんな人に向いている

世の中の金利が上昇しても影響を受けず返済額も変わらないため安心感があります。返済額の見通しがつくので、将来のライフプランが立てやすくなります。金額が変動するものより確実性を好む人や、将来教育費等の支出が増えると家計が厳しくなると予想される人など、安定した返済額を優先する人に向いています。

住宅ローン 全期間固定金利(35年固定金利)の推移

2017年3月10日更新

※各金融機関の新規借り入れ時に適用の金利を参考にグラフを作成しています。

住宅ローン 全期間固定金利推移

固定35年の金利もマイナス金利の影響が大きく、2015年12月と比較すると2016年6月の金利は、主要都市銀行の平均で0.487%低下、ネット銀行の平均も0.448%低下と大幅に下がりました。平均金利はどちらも1.2%台になり、10年固定に近い金利になっています。ただし、ネット銀行は最低金利と最高金利の差が大きいので、金融機関選びは慎重に行いましょう。

主要都市銀行の全期間固定金利推移

主要都市銀行の住宅ローン全期間固定金利推移
最低金利・最高金利 1.110 〜 1.660%
平均金利 1.332%
平均金利の前月比 +0.029%
平均金利の前年比 -0.118%

ネット銀行の全期間固定金利推移

ネット銀行の住宅ローン全期間固定金利推移
最低金利・最高金利 0.720 〜 2.410%
平均金利 1.270%
平均金利の前月比 +0.033%
平均金利の前年比 -0.180%

住宅ローン 全期間固定金利 人気ランキング

  新規借り入れ 借り換え

1

住信SBIネット銀行

フラット35S(金利Aプラン) 全期間固定(21年〜35年)

住信SBIネット銀行

適用金利:
0.820%
(2017/03/01現在)

楽天銀行

フラット35 借り換え 全期間固定(21年以上〜35年以下)

楽天銀行

適用金利:
1.120%
(2017/03/01現在)

2

住信SBIネット銀行

フラット35(借り換え) 全期間固定(21年〜35年)

住信SBIネット銀行

適用金利:
1.120%
(2017/03/01現在)

3

楽天銀行

フラット35S(金利Aプラン) 全期間固定(21年以上〜35年以下)

楽天銀行

適用金利:
0.820%
(2017/03/01現在)

ソニー銀行

住宅ローン(借り換え) 固定20年超

ソニー銀行

適用金利:
1.557%
(2017/03/01現在)

4

みずほ銀行

みずほネット住宅ローン「全期間固定プラン」 全期間固定(31年〜35年)

みずほ銀行

適用金利:
1.110〜1.510%
(2017/03/01現在)

三井住友信託銀行

フラット35<手数料定率コース>(借り換え) 全期間固定(21年以上)

三井住友信託銀行

適用金利:
1.120%
(2017/03/01現在)

5

  全期間固定金利 新規借り入れ ランキング一覧 全期間固定金利 借り換え ランキング一覧

住宅ローン シミュレーション

〜将来の金利変動も組み込めます〜

住宅ローンの新規借り入れご検討中の方

「借り入れ額」や「毎月の返済額」からの試算が可能です!

住宅ローン 新規借り入れシミュレーション

モデルケースを見てみる

全期間固定金利で借りる
金利タイプ:全期間固定金利
返済期間:35年 借入額:3,500万円
全期間固定金利で借りた場合の試算結果を見る

住宅ローン 借り換え

現在の残高情報から借り換えに最適なプランが試算できます!

住宅ローン 借り換えシミュレーション

モデルケースを見てみる

確実に総返済額が下がるケースは?
金利タイプ:全期間固定→全期間固定
返済期間:残り20年 借入残高:2,500万円
確実に総返済額が下がる場合の試算結果を見る

年収から借り入れ限度額や住宅ローン控除(減税)
繰り上げ返済など、目的に応じて7つのシミュレーションが可能

住宅ローン シミュレーション一覧へ

住宅ローン 全期間固定金利 関連記事

フラット35、フラット35Sとは?特徴と比較のポイントを解説

基礎知識 フラット35、フラット35Sとは?特徴と比較のポイントを解説

「フラット35」は住宅金融支援機構が民間の金融期間と提携して融資する最長35年返済の全期間固定金利型住宅ローンです。金利は借入時に決定されるため、毎回の返済額や総額が確定する安心感とともに、将来のライフプランを立てやすいというメリットがあります。フラット35の中にもフラット35S、返済期間20年以下などの種類があるので、その違いを知っておきましょう。

50年返済「フラット50」の利用条件とメリットとは?

基礎知識 50年返済「フラット50」の利用条件とメリットとは?

フラット50はフラット35と同様に、住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携して提供している全期間固定金利型の住宅ローンです。一般的な住宅ローンの返済期間は最長でも35年ですが、「フラット50」は最長で50年返済まで可能である点が最大の特徴です。

フラット35を組み合わせ「ダブルフラット」とは?

基礎知識 フラット35を組み合わせ「ダブルフラット」とは?

フラット35は最長35年間、金利が固定される全期間固定金利型の住宅ローンです。返済額も完済まで一定ですが、フラット35の商品を2つ組み合わせる「ダブルフラット」という仕組みを使うことで、ライフプランに合わせて、当初は多めに、後半は少なめにすることができるようになりました。

「フラット35リノベ」とは?条件を満たせば金利引き下げ

基礎知識 「フラット35リノベ」とは?条件を満たせば金利引き下げ

「フラット35」は最長35年返済の全期間固定金利型住宅ローンです。新築住宅の購入、中古住宅の購入、中古住宅をリフォームして購入する場合に利用できるものです。さらに、2016年10月より、中古住宅購入の場合のリフォームが性能向上するものである場合には、「フラット35 リノベ」が使えるようになり、一定期間金利が引き下げられます。平成29年3月31日までの申込み分に適用されます。

住宅ローン 新着記事

魅力的なネット銀行の住宅ローン、不安要素を無くすなら、対面で相談できる「MR.住宅ローン REAL」!

特集

魅力的なネット銀行の住宅ローン、不安要素を無くすなら、対面で相談できる「MR.住宅ローン REAL」! [PR]

金利面で非常に魅力的なネット銀行の住宅ローン。その手続きは複雑でなかなか一人で行うのは大変です。ARUHIが提供している「MR.住宅ローン REAL」は住信SBIネット銀行の商品ながら、対面で相談とお申込みができる優れたサービス。住宅ローンの手続きに不安を感じたら店舗を訪れてみては。実際に店舗に行ってみました!(2017年1月4日掲載)

「フラット35リノベ」とは?条件を満たせば金利引き下げ

基礎知識

「フラット35リノベ」とは?条件を満たせば金利引き下げ

「フラット35」は最長35年返済の全期間固定金利型住宅ローンです。新築住宅の購入、中古住宅の購入、中古住宅をリフォームして購入する場合に利用できるものです。2016年10月より、中古住宅購入の場合のリフォームが性能向上する場合には、「フラット35 リノベ」が使えるようになり、一定期間金利が引き下げられます。(2016年11月10日掲載)

つなぎ融資とは?仕組みや手数料など解説

基礎知識

つなぎ融資とは?仕組みや手数料など解説

住宅ローンは、建物の完成時に融資されるものです。注文住宅のように、完成前に土地代金や着工金などの支払いが生じる場合、資金の工面が必要です。このような場合に利用できる一時的な借入れが「つなぎ融資」です。そのしくみや注意すべき点を確認しておきましょう。(2016年10月5日掲載)

住宅ローン 記事一覧へ

「価格.com住宅ローン」 ご利用上の注意

  • 本サービスは住宅ローン商品等に関する情報の提供を目的としたものであり、ローン契約締結の代理、媒介、斡旋等を行うものではありません。ローン契約の申込等はご利用者様が契約先金融機関に対して直接行うこととします。詳細は「ローン比較サービスご利用規約」をご覧ください。
  • 当社が掲載する金利、手数料、その他商品に関する情報は各金融機関のウェブサイト等にて公にしている特定時点の情報を収集したものです。ご利用者様が当社提供情報を閲覧される時点での各商品の金利、手数料その他を保証するものではありません。
  • ローン契約時には当該金融機関から直接提供される正確かつ最新の情報を必ずご確認の上、ご契約ください。また、本サービスの利用に伴ってご利用者様が損害等を被った場合でも、当社はいかなる損害賠償義務も負いかねます。
  • 当社では各金融機関の商品/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各金融機関に直接お問い合わせください。
  • キャンペーンは各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。

このページの先頭へ