日々ユーザーに支持される
事業創りに邁進。

ビジネス

ビジネスプロデューサー新規事業

事業開発本部 本部長[2011年中途入社]

カカクコムに入社を決めた理由

文化になるようなサービスが創れる会社

学生の頃よりWebサービスが好きで、個人でWebサイトを複数運営していました。一旦は大手通信会社に就職したものの、やはりWebサービスを創る仕事に携わりたいという思いが増してきて、Webサービス系の企業への転職を決意しました。
創るならば文化になるようなサービスをと思っており、数あるWebサービス系の企業の中でも「価格.com」と「食べログ」という人々の生活に非常に大きな影響を与えたサービスを2つも創りだしているカカクコムでなら、文化になるようなサービスが創れるのではないかと思い、入社を決めました。

いま担当している業務

事業開発本部の全体統括

価格.com、食べログに次ぐ第三の柱となる事業の創出をミッションとしている事業開発本部の全体統括を担当。各事業の事業責任者と共にそれぞれの事業の方向性や戦略を検討しています。
また、女性向けライフスタイルメディア「キナリノ」の事業責任者として、キナリノチーム全体の業務推進全般を担当。メディア・広告・マネタイズの3つの事業を俯瞰して、それぞれにおける最適な戦略を立案し、各担当者と共に推進しています。

今後カカクコムで挑戦したい事

ゼロからの事業創出

難しいながらもやりがいがあり、そして入社前よりやりたいと強く思っていた「ゼロからの事業創出」を担当させていただいており、充実した日々を過ごしています。引き続き、会社の柱となるような事業の創出に挑戦していきたいです。社内には優秀な人材や価格.comや食べログを中心とした事業開発・運営ノウハウが詰まっていますので、そういった環境が整っているカカクコムの中で挑戦できることに大きなメリットを感じています。

カカクコムに来る前は何をしていたか

大手通信系企業で泥臭い現場仕事から
全社を俯瞰する仕事まで

大手通信系企業にて設備の保守から全社の事業計画策定など、それこそ泥臭い現場の仕事から全社や将来を俯瞰する仕事まで幅広く行ってきました。基本的なビジネススキルや、多くの人を巻き込んで業務を推進していく能力など、事業推進の基盤となるスキルが今でも役立っています。

入社前の印象と入社後に変わったところは?

ユーザーとの距離感が近い

入社から2年間は食べログのディレクターでしたが、前職と比較してユーザーとの距離が一気に縮まったように思えました。一つひとつの施策においてユーザーの心理や動向を感じながら業務を行えることが非常に心地よかったのを覚えています。
ユーザーとの距離感が近いという意味では、食べログも事業開発本部も同様なのですが、新規事業においては、そもそもユーザーに支持されるか否かが重要となりますので、その頻度や深さがさらに増したと感じています。ロジカルさだけではなく、感性をフル活用しながら、日々ユーザーに支持される事業創りに邁進しています。