社員インタビュー

デザイナー

デザイナー新規事業

デザインだけではなく、「どうやってサービスの拡大に貢献するのか」を追い求める。

新規事業準備室2009年中途入社

カカクコムに
入社を決めた理由

以前はオンラインゲームの運営会社でWebデザインの仕事をしていましたが、サービスの本質がゲームの中にあり、それをもどかしく感じており、Webがメインのサービスに関わりたいと考えるようになりました。
そして、数社で面接を受ける中、カカクコムの面接官から、「ちょうど立ち上げているWebサービスがある」と説明され、面白そうと感じたのが大きなきっかけです。
また、些細な理由ですが、これまでは親にはよくわからない仕事をしていて渋い顔をされていたのですが、私の父親もよく利用している価格.comなら文句ないだろう、という思いもありました。

いま担当している業務

新規事業準備室でデザイン業務全般を行っています。いまメインで担当しているのは、「ワイン共有・管理サービスVinica」のスマホアプリおよびPCサイトのデザインです。つい最近は、新しく追加するAndroid版アプリのデザインも行っていました。その他にも動いている案件があるので、必要に応じてデザイン面でのサポートをしています。

今後カカクコムで
挑戦したい事

関わったサービスを大きくすることです。入社以来、デザイナーとしては色々な新サービスに関わらせていただき、カカクコム内の大規模なサービスに比べると、かなりのびのびとやらせてもらったと思います。しかしその分、サービスが大きくならず閉じるという経験もしていますので、じくじたる思いもあります。
新規事業の立ち上げを少人数で行う部署のデザイナーとして、「デザインをする以上に、どうやってサービスの拡大に貢献するのか」というところを、今は課題にしています。

カカクコムに来る前は何をしていたか

広告収入モデルで多くの無料Flashゲームが遊べるサイトを運営する企業に在籍していました。新規オンラインゲームの立ち上げと運営を行う部署でのWebデザインの仕事です。
ゲームの開発会社と、開発状況を確認しながらサイトに使う素材を発注し、それぞれのゲームにあったテイストでデザインを起こす、という流れでした。Flashや動画を組み込み、今よりもだいぶ賑やかなデザインを多く作っていました。

入社前の印象と入社後に変わったところは?

入る前からいい意味で「派手ではない会社」という印象を持っていましたが、入ってからの方が一層の確信を持つようになりました。
大量の商品とクチコミを扱うサイトなので、それらを自動でさばくすごいシステムがあるのかと思っていたのですが、むしろ人が一件一件しっかりと地道に対応していました。それを支えるExcelは、やはりすごいと感心しました。
結局、「何が大事か」ということがブレないから、余計な派手さがないのだろうと思います。