社員インタビュー

エンジニア

インフラエンジニア

安心してサイトを拡大できる、安定したインフラを提供。

プラットフォーム技術本部 副部長2009年中途入社

カカクコムに
入社を決めた理由

Web系企業は多いですが、ほとんどのサイトはサーバ数台で構築できるため、インフラ専門エンジニアがインフラアーキテクチャを設計する必要があるサイトは、日本には数えるほどしかありません。その中で、自社エンジニアを採用し設計・構築も自社で行う企業はさらに少なく、社風や条件も考慮すると選択肢は限られてきます。
カカクコムはWeb系企業の中でもエンジニアを大切にし尊重すると感じていたので、貴重な募集タイミングを見かけて直接応募しました。

いま担当している業務

オープンソース系サイトのインフラ設計・構築・運用を担当しています。
所属するシステムプラットフォーム部では、データセンターのファシリティからネットワーク、ハード、OS、ミドルウェアなどを管理・運用していて、その中でインフラ基盤と各事業部のアプリ開発者を繋ぐことを、チームミッションとしています。各事業部が安心してサイトを拡大し、アクセス数を伸ばせるよう安定したインフラを提供し、障害やトラブルを想定した運用スキームを構築することを、チームとして心がけています。

今後カカクコムで
挑戦したい事

チームメンバーを教育し、2年以内に次のマネージャーを誕生させたいです。次期マネージャーに今のチームを任せ、自分は他チームのマネジメントをし、問題解決をしていきたいと思っています。
会社の拡大やサイトの拡大に合わせ、システムインフラは常に変化させ安定させる必要があります。部全体の意識改革と設計方針や運用方法、セキュリティなどさまざまなルール整備が必要であるため、部全体の改善が出来るようなスキーム提案をしていきます。

カカクコムに来る前は何をしていたか

Web系企業で会員1000万人規模のサイトインフラ運用をしていました。前職ではサイトの成長期だったこともあり、フルリニューアル時のインフラグランドデザインやアーキテクチャの更改なども経験することができました。ネットワークからサーバまで幅広い業務を経験し、機器選定やインフラアーキテクチャ決定など、SI企業では経験できない種類・量の投資判断を任せていただいたことが、今の基礎体力となり役立っています。

入社前の印象と入社後に変わったところは?

前職もユーザー企業だったこともあり、入社当時は入社前に想像していた社風と変わりはなかったのですが、入社してからの4年間で社員数が増えサイト規模も大きくなったことで、仕事の進め方や求められる品質はかなり変わりました。
4年前は、カカクコム独自の文化や社員数が少ないなりの仕事のやり方がありましたが、今は中途社員が増え、各々の価値観でインフラに求める品質や意見も多様化したため、難易度は高くなりました。