kakaku.com カカクコムだから、できること。

株式会社カカクコム 採用情報サイト

社員インタビュー

エンジニア職

フロントエンドエンジニア 食べログ

フロントエンドエンジニア 食べログ

大規模サービスであるにもかかわらず、
それを感じさせない自由さがある。

食べログ本部
2015年中途入社

カカクコムに入社を決めた理由

私自身、かねてから食べログをヘビーユースしていたこともあり、食べログのような多くの人が身近に感じるサービスの開発にぜひ携わってみたいと思ったのがきっかけです。
実際に面接を通して現場の方の声を聞き、働きやすそうな環境であると感じたのと、部署の垣根なく「一人ひとりができることをやる」という社風だということで、幅広いスキルが身に付けられそうだと思い入社を決めました。

いま担当している業務

食べログのフロントエンド全般(HTML/CSS/JavaScript)を統括する業務を担当しています。 私はこの部署のリーダーとして、リッチなインターフェースの設計・開発を行なうのはもちろん、新技術を導入するための環境整備、協業するエンジニアやデザイナーのサポートも積極的に行っています。
以前はサーバーサイドエンジニアとデザイナーという二つの括りで開発を行っており、フロントエンド全体を俯瞰する役割を担う人がいませんでしたが、双方の橋渡しをするフロントエンドエンジニアというポジションが私の入社後、生まれました。

いま担当している業務

今後カカクコムで挑戦したい事

食べログは今や巨大なサービスに成長しています。そして、今後も安定してサービスを運用していくためにはコードに秩序が必要です。 食べログのフロントエンドの開発を行うのは、フロントエンドエンジニアだけではなくサーバーサイドエンジニアやデザイナーの手が加わることもしばしばあります。よって、サービスの開発に関わる全員の意識作りが必要です。
ルール作りやノウハウ共有など技術サポートを積極的に行うことで、フロントエンド開発の技術レベルの向上と秩序をもたらすことができたらと考えています。 業務の進め方や協業するエンジニアやデザイナーとの役割分担についてはまだまだ手探りな部分もありますが、一つ一つ課題を解決していくことにとてもやりがいを感じています。

カカクコムに来る前は何をしていたか

新卒で入社した大手印刷会社のIT部門でWebやデジタルコンテンツの制作を行っていました。
Flashを使用してRIA(リッチインターネットアプリケーション)やデジタルサイネージを開発した経験を経て、JavaScriptを使用したコンテンツの設計・開発、CMSサイトの設計・構築などフロントエンド業務全般、オフショア開発の進行管理も行っていました。

カカクコムに来る前は何をしていたか

入社前の印象と入社後に変わったところは?

想像以上に実力主義であることに驚きました。 一人ひとりの裁量が大きく「あなたがやりたいことはあなたのやりたいようにやってください」と一任してくれる環境です。 食べログは100人以上で動かしている大規模なサービスであるにもかかわらず、それを感じさせない自由さがありました。 もちろん、自由であることには相応の責任が伴いますし、周りの人の協力や理解を得るために苦労することも多いですが、その分やり遂げたときの達成感はひとしおです。
また、中途入社のメンバーが多いと聞いていたので人間関係は少しドライなのかなと思っていましたが、休日も趣味の合う人たちで集まって写真を撮りに行ったりサバイバルゲームを行ったりと交流が盛んです。

エントリー
カカクコムが大切にしていること

「ユーザー本位」が世界をもっと面白くする

「ユーザー本位」。それこそは、私たちカカクコムが1997年の創業以来一貫して持ち続けてきた「哲学」のようなものです。「こんなサービスがあったら便利だろう」という素朴なアイデアから私たちのサービスは生まれます。その後も、ユーザーの声に真摯に耳を傾け、ユーザーが求める機能やサービスを真剣に考えることで、私たちはサービスを拡充してきました。ある意味で、私たちのサービスは、ユーザーとともに作り上げてきたものでもあります。だからこそ、カカクコムのサービスは、単に「あったら便利」から「なくてはならない」ものへと進化してこられたのです。

世界を変えるのは、決して斬新なアイデアだけではありません。真にユーザーが求めるサービスをコツコツと創造し続けることでも、世界は変えていけるのです。

閉じる

カカクコムが大切にしていること
カカクコム Member's BLOG 人事採用担当ブログ
ページトップへ戻る