kakaku.com カカクコムだから、できること。

株式会社カカクコム 採用情報サイト

社員インタビュー

WEB企画職

Webマスター 食べログ

Webマーケター

「それだとユーザーが可哀想だよ」というセリフが飛び出す、
ユーザーに対して優しい誠実な会社。

マーケティング支援室 マネージャー
2013年中途入社

カカクコムに入社を決めた理由

採用面接の際に面接官(現在の上司)から伝えられた自分に期待される役割と、自分の能力、自分がやってみたいと思っていた仕事の仕方の3つが合致したことが最も大きな理由です。決められた仕事をこなすのではなく、課題とその解決方法を発見しながら仕事を進めていけることが魅力的でした。
もう1点理由としてあるのは、国内有数の大規模サービスを、少人数で運営している会社であることです。大規模なwebサービスを運営する企業は他にもありますが、当社はサービスを利用してくれているユーザー数と社員数を比較すると、他社よりも社員一人あたりのユーザー数が多いという特徴があります。これは、社員一人ひとりがユーザーに与えられる影響が大きいということに他なりません。この組織づくりも、とても興味深く感じていました。

いま担当している業務

リスティング広告を始めとした自社サービスへの広告集客のディレクションを主業務としています。当社で利用している広告の効果を最大化することを目的に、広告代理店の担当者の方や、社内の営業、企画、エンジニア、デザイナーなど様々な関係者と協力して改善施策を実行します。
またこれ以外でも、広告関連で不明点があった時の問合せの窓口になったり、広告関連の問題解決のために動いたりといったことも行っています。

いま担当している業務

今後カカクコムで挑戦したい事

現在は広告による集客が主業務ですが、集客業務のみならずマーケティング業務全般に関われるようになるのが目標です。たとえば、これまで以上にユーザーについて深く理解できるようなユーザー調査を行ったり、インターネット広告以外の広告媒体を活用したり、中長期的なマーケティング目標を提案したり、といった動きをできるようになりたいと考えています。

カカクコムに来る前は何をしていたか

カカクコムは3社目です。
検索エンジンを運営する企業に新卒で入社し、リスティング広告の営業担当をしていました。クライアントや広告代理店を相手に、自社プロダクトを活用して広告効果を高める仕事でした。その後、自身でサービスを立ち上げる経験をしたいと思い、社員数名のベンチャー企業に転職。Webディレクション、プロジェクトマネジメント、事業開発、営業など、サービス立ち上げに必要な様々な業務を経験しました。
1社目はインターネット広告の知識面で、2社目は仕事の進め方の面で、今の仕事にも活きていると思います。

カカクコムに来る前は何をしていたか

入社前の印象と入社後に変わったところは?

入社前は、どういった人が働いているのか全く想像がつかない得体の知れない会社でした(笑)。
入社してから分かったのは、良い人・優しい人がとても多いこと。普通の会社には1人は居そうな、嫌な人が本当に存在しません。あとは、会議で「それだとユーザーが可哀想だよ」というセリフが飛び出すなど、ユーザーに対しても優しい誠実な会社だと思います。

エントリー
カカクコムが大切にしていること

「ユーザー本位」が世界をもっと面白くする

「ユーザー本位」。それこそは、私たちカカクコムが1997年の創業以来一貫して持ち続けてきた「哲学」のようなものです。「こんなサービスがあったら便利だろう」という素朴なアイデアから私たちのサービスは生まれます。その後も、ユーザーの声に真摯に耳を傾け、ユーザーが求める機能やサービスを真剣に考えることで、私たちはサービスを拡充してきました。ある意味で、私たちのサービスは、ユーザーとともに作り上げてきたものでもあります。だからこそ、カカクコムのサービスは、単に「あったら便利」から「なくてはならない」ものへと進化してこられたのです。

世界を変えるのは、決して斬新なアイデアだけではありません。真にユーザーが求めるサービスをコツコツと創造し続けることでも、世界は変えていけるのです。

閉じる

カカクコムが大切にしていること
カカクコム Member's BLOG 人事採用担当ブログ
ページトップへ戻る