【安眠・快眠】よく眠りたい人に読んで欲しい特集

ホーム > インテリア・家具 > 布団・寝具 > よく眠りたい人に読んで欲しい特集

よく眠りたい人に読んでほしい特集

「私たちは一生の1/3をベッドで過ごす」というのは有名な言葉ですね。
ヒトは一日24時間のうち、平均8時間ほど眠っています。眠りの時間の充実は、
活動時間の充実に繋がります。あなたの眠り、見直してみませんか。

この特集を見ている人は、きっと「眠り」に悩んでいる人。

夜寝付けない。朝起きられない…。そんな悩みを持っていませんか? 睡眠は毎日の活動だから、一時的にうまくいかないこともあるでしょう。でも、それが慢性的に続いているなら…。あなたは夜の時間をうまく休めていないことになります。それに伴い、昼間の活動時間もちょっとだけ、損をしているかも。まずはあなたの睡眠の抱える問題を診断してみて。

快眠セラピスト/睡眠環境プランナー 三橋 美穂

寝具メーカーの研究開発部長を経て、2003年独立。睡眠を多角的にとらえた実践的なアドバイスと、手軽にできる快眠メソッドがテレビや雑誌などで支持を集め、睡眠のスペシャリストとして活躍中。著書に「快眠セラピー 」(KKロングセラーズ)など多数。シルクのおやすみ小物「nelne(ネルネ) 」をはじめ、寝具や快眠グッズのプロデュースも手がける。(http://sleepeace.com

あなたの眠りの悩みを診断しよう

以下の20項目の中から、当てはまる項目にチェックを入れてください。
チェックが多くついたブロックをもとに、あなたの眠りの悩みを診断します。

ブロックAに2項目以上チェックが入った人は…

寝つきが悪い入眠困難タイプ 眠るための環境作りをしよう

ベッドに入ってもなかなか眠りにつけないあなたは「入眠困難」タイプ。この状態が長く続いてしまうと「ベッドの中は眠れない場所」という暗示がかかってしまい、さらに悪化してしまいます。

入眠困難タイプの解決方法を見る

ブロックBに2項目以上チェックが入った人は…

眠りが浅い中途・早朝覚醒タイプ 眠りの邪魔をしないために工夫しよう

小さな物音やトイレで何度も目が覚めたり、朝望まない時間に目が覚めてしまう「中途・早朝覚醒」タイプも、眠りの質がよいとは言いにくい状態です。外部の刺激をうまくシャットアウトして。

中途・早朝覚醒タイプの解決方法を見る

ブロックCに2項目以上チェックが入った人は…

体が“眠り”を欲している睡眠不足タイプ 良質な睡眠をきちんととろう

「休日はいくらでも眠れる!」という方は、普段の眠りが圧倒的に足りていない「睡眠不足」タイプの可能性大。時間を気にせずぐっすり眠るのは幸せかもしれませんが、普段の生活を見直して。

睡眠不足タイプの解決方法を見る

ブロックDに2項目以上チェックが入った人は…

寝ても疲れがとれない熟眠感欠如タイプ 自分にぴったりの寝具を選ぼう

しっかりと毎晩眠っているはずなのに、朝起きると肩が凝っていたり、首・肩が痛かったりとぐったりしている「熟眠感欠如」は辛い状態ですね。寝具や生活習慣を見直すと直るかもしれません。

熟眠感欠如覚醒タイプの解決方法を見る

このページの先頭へ