片付けのプロに聞く! 収納の極意

ホーム > インテリア・家具 > 片付けのプロに聞く! 収納の極意

片付けのプロに聞く!収納の極意

収納の基本とはこの3つです! 収納の基本その1 しまう場所を決める 収納の基本その2 しまい方を決める 収納の基本その3 美しさを保つ
今回お話を伺った「すはらひろこ」さん
すはらひろこさん

住生活アドバイザー。一級建築士でインテリアデザインの経験をもとにした片付け・収納術が分かりやすくてセンスがよいと好評。
収納講座を定期開催するほか、各種メディアへの出演や掲載多数。情報サイトAll Aboutでは収納記事を連載中。「1分からはじめるかたづけ術」(だいわ文庫)などの著書がある。

収納の基本その1 しまう場所を決める

「たとえば、テレビのリモコンは家族全員の目が届くテーブルの上。塩コショウなどの調味料は、必要なタイミングでさっと手に取れるコンロ脇。
“物の居場所”を決めることは、収納を考えるうえでとても大事なステップですが、意外と意識しない人が多いものです。普段なんとなく収納している場所をもう一度見直してみてください。物を使う場面を考えてみると、新しい“しまう場所”が見えてくるかもしれませんよ。」

収納の基本その2 しまい方を決める

「場所の次に大事になってくるのが“しまい方”。物の“使い方”を意識せずにこれを決めると、残念ながら失敗してしまいます。
例えば、見た目がスッキリするからと、ひんぱんに使う物をフタ付きの箱にしまったり、セットで使うものなのに、大きさや形が違うからと別の場所にしまったりしていませんか?
私が提唱する“基本のしまい方”はこの3つ。“使い方”をよく考えながら、しまう物にピッタリ合う方法を探してくださいね。」

収納の基本その3 美しさを保つ

「しまう場所、しまい方を決めたら、最後に“しまう習慣”をつけましょう。
片付けた瞬間はきれいになっても、生活しているうちにまた乱れてしまっては悲しいですよね。家族の協力があまり得られなかったり、自分でもなんとなくしまい損ねてしまったりする方は、もう一度前のステップに立ち戻って、しまう場所・しまい方を見直してみましょう。
“習慣にしやすいしまい方”を工夫するのも、収納のコツですよ。」

いかがでしたか?皆さんも、家の中に「なぜか散らかりやすい場所」がいくつかあると思います。そんな時は、そこにある物を手にとって、上で紹介したステップを実践してみてくださいね。ではここからは、家の中で「収納のお悩み」が発生しやすい場所に重点を絞って、ケースバイケースで収納方法を見ていきましょう!

すはらさんに聞く! 場所別・収納のお悩み解決方法

このページの先頭へ