毛布・タオルケット 通販 価格比較

 >  >  > 毛布・タオルケット

キーワード検索

関連特集

ウォーターサーバー比較

ウォーターサーバー比較

ご家庭で美味しいお水を飲みたい方へ!ご利用想定人数とコストから比較できます(2014年5月21日掲載)

【アイテムナビ】おしゃれ家具・家電

【アイテムナビ】おしゃれ家具・家電

お好みのカラーやテイストからお気に入りの家具・家電を見つけよう!(2014年4月11日掲載)

1 2 3 4 5

【期間限定☆送料無料】【2016...

【期間限定☆送料無料】【2016...

¥5,980

2016年新柄入荷!送料無料【PE...

2016年新柄入荷!送料無料【PE...

¥5,980

【最安値に挑戦!】【訳あり】...

【最安値に挑戦!】【訳あり】...

¥1,777

ペンドルトン PENDLETON ブラ...

ペンドルトン PENDLETON ブラ...

¥8,200

西川産業 ウェッジウッド 綿毛...

西川産業 ウェッジウッド 綿毛...

¥4,298

  • ※掲載情報は、2016年09月01日10時10分 の情報です

よく見られているショップ

  • ※掲載情報は、2016年08月31日05時10分 の情報です

価格.comで「毛布・タオルケット」を検索しよう!

毛布・タオルケットは、枕とともに身近な寝具としてとても人気があります。
毛布は動物の毛を使った寝具ですが、加工技術の進歩や新素材の開発によって、いまでは木綿やアクリルなどを用いた製品もあります。 タオルケットは、文字通りタオルを大きくした毛布のようなもので、高温多湿な日本の夏にはとても重宝します。また、最近はタオルケットに代わって、ガーゼを重ねて作ったやさしい肌触りの「ガーゼケット」も人気があります。

毛布・タオルケットの素材について

毛布・タオルケットの素材について

毛布には、「動物の毛を使ったもの」「植物素材を使ったもの」「化学繊維を使ったもの」があり、それぞれに特長があります。
カシミヤや絹などの高級天然素材を使った毛布は、やさしい肌触りでとても人気があります。
また最近は「吸湿性・放湿性が高い」「ほこりが出にくい」「丸洗いできる」「防ダニ加工」「吸収した水分で熱を発生する(吸湿発熱効果)」などの特長を持つ毛布も発売されています。

タオルケットなどの夏用寝具に求められることは、「すばやい吸湿と放湿」「熱がこもらないこと」の2点です。
そのためタオルケットには、吸湿性にすぐれた綿や、熱のこもりにくい麻がよく使われます。

素材ごとの長所・短所をご紹介します。自分に合った毛布・タオルケットを見つけましょう!

カシミヤ

カシミヤ

中央アジアのカシミール地方に生息するカシミヤ山羊の毛が原料。高価ですが、光沢がよく感触がなめらかで、たいへん人気です。

キャメル

キャメル

寒暖差の大きい環境で育ったらくだの毛を使っています。保温性が高く、しかも吸湿性・放湿性もよいため、四季を通じて快適に使えます。

アルパカ

アルパカ

南米に生息するらくだ科の動物、「アルパカ」の細く長い毛です。保温性、耐久性にすぐれ、やわらかな肌ざわりと品のある光沢が特長です。

ウール

ウール

湿気を吸収しても常に放出するため、いつもさらりとしています。弾力があり、やわらかで心地よい肌ざわりです。保温性も高く人気の素材です。

シルク

シルク

繊維の女王ともいわれる絹の毛布です。やさしい肌ざわりに加え、保温性・吸湿性・放湿性・軽さなど、あらゆる要素を満たしています。

コットン

コットン

価格が手ごろな定番の素材です。保温性と吸湿性がよく、ふんわりとした肌ざわりが特長です。最近は丸洗いできるものも増えています。

麻

夏服でも人気の麻は、木綿とともにタオルケットの定番素材。吸湿・放湿が早く、さらりとしています。高温多湿な日本の夏に合う素材です。

アクリル・ポリエステル

アクリル・ポリエステル

安価で、抗菌・防ダニ・防臭など付加価値商品が多いのが特長。人気の「マイヤー毛布」はアクリルなどの化繊を使ったものが主流です。

敷布団の、主な素材の特徴
素材 保湿性 吸湿性 放湿性 フィット感 価格 特徴
カシミヤ 良好 良好 良好 良好 高価 しなやか・なめらかな、極めて良好な肌ざわりが特長です。等級によって風合いに大きな差があるので、輝くような光沢があって、肌ざわりのよいものを選びましょう。
キャメル 良好 良好 良好 良好 高価 吸湿性・放湿性が非常に高く、常に乾いた状態になる性質のため、どの季節でも快適に使えます。高価ですが、弾力性があり、へたりも少ないので、長期間の使用にも耐えます。
アルパカ 良好 良好 良好 良好 高価 アルパカの毛は細くて長いのが特長で、やわらかくしなやかな肌ざわりの毛布に仕上がります。軽量で、保温性、耐久性ともにすぐれています。
ウール 良好 良好 良好 標準 標準 睡眠中の汗をよく吸収し、同時に湿気を放出するので、いつも布団がさらりとしています。品質にばらつきが多いので、ウールマークがついた品質のしっかりしたものを選びましょう。
シルク 良好 良好 良好 良好 高価 保温性、吸湿性、放湿性に優れ、極めてなめらかな肌ざわりの高級素材です。夏は汗をかいてもさらさらで、冬は高い保温性で暖かく、年間を通じて快適に使えます。

コットン

標準 良好 標準 標準 お手軽 保温性と吸湿性があり、古くから布団に使われている定番素材です。定期的に干して湿気をとれば、ふっくら感がよみがえります。丸洗いもできるので、お手入れも手軽です。



標準 良好 良好 標準 標準 古くから寝具や衣服などに使われている素材です。吸湿と発散が早く、常にさわやかな状態で使えるので、高温多湿な夏にピッタリの素材です。

アクリル
ポリエステル


標準 やや劣る やや劣る 標準 お手軽 丸洗いができる、乾きが早いといった長所がありますが、繊維自体はほとんど湿気を吸収しません。羊毛や綿など、ほかの素材と組み合わせて使われることの多い素材です。

※各項目の評価については個別の商品によって異なります。あくまで目安として参考にしてください

毛布は布団の“上”から?

毛布は布団の“上”から?

毛布は、組み合わせる掛け布団によって掛け方が異なり、暖かさも変わってきます。

通常は布団の下側にかけますが、羽毛布団とあわせて使う場合は、羽毛布団の上に毛布をかけるようにしましょう。
羽毛布団は、羽毛がつくる空気の層を自分の体温で暖めることでぬくもりが得られます。そのため、毛布を羽毛布団の上にかけると、中の暖かい空気を逃がさず、外からの冷たい空気もはばむ効果があるのです。

羽毛布団と組み合わせる場合は、軽量で吸湿性と放湿性にすぐれた毛布を選ぶとよいでしょう。

毛布・タオルケットのお手入れについて

日ごろのお手入れ

アクリル・ポリエステル・木綿・麻などの毛布やタオルケットは、天日干しできるものがほとんどですが、その他の素材の場合は、直射日光をさけて風通しのよいところで陰干ししたほうがよいでしょう。毛布は、洋服ブラシで毛並みに沿って軽くブラッシングすれば、ほこりもとれて風合いもよくなります。

洗濯について

アクリル・ポリエステル・木綿・麻などの毛布やタオルケットの多くは、自宅での洗濯が可能です。その場合、洗濯機で洗うのか、手洗いなのかは商品添付の指示に従ってください。素材が絹や獣毛のものは、自宅での洗濯はさけて、クリーニング店や専門店に出しましょう。

保管について

長期間保管する場合は、クリーニングや洗濯をしてから、湿気のこもらないところに収納しましょう。特に、素材が絹や獣毛のものは、虫食い対策の防虫剤も必ず用意しておきましょう。

※商品によって取り扱いの方法は異なります。商品についている注意書きは必ず確認するようにしましょう。

Amazon.co.jp 楽天市場 Yahoo!ショッピング

mofua モフア プレミアム マイクロファイバー ...

1

mofua モフア プレミアム マイクロファイバー ...

¥2,290

【毛布 ブランケット】Flana フランネルファイ...

1

【毛布 ブランケット】Flana フランネルファイ...

¥1,980

送料無料  マイクロマティーク毛布 シングルロ...

1

送料無料 マイクロマティーク毛布 シングルロ...

¥13,477

毛布・タオルケット関連 新着クチコミ

毛布・タオルケットに関する質問

役立つ質問&回答がたくさんあります
未解決

氷の張る部屋(>_<)に使える寝具を探してます。

氷の張る部屋は大袈裟ですがかなり寒い借家に住んでます。 冬は寒いからこたつに布団をかぶせて寝てます(^_^;) ふつうならこたつで寝たら風邪をひくでしょうけど部屋が寒いからひかない!(^^…

知りたいことや聞きたいことがあればクチコミ掲示板で質問してみましょう。