ソファカバー 通販 価格比較


キーワード検索

関連特集

【アイテムナビ】おしゃれ家具・家電

【アイテムナビ】おしゃれ家具・家電

お好みのカラーやテイストからお気に入りの家具・家電を見つけよう!(2017年7月1日掲載)

ウォーターサーバー比較

ウォーターサーバー比較

ご家庭で美味しいお水を飲みたい方へ!ご利用想定人数とコストから比較できます(2017年4月1日掲載)

1

処分価格 ソファーカバー 2人...

処分価格 ソファーカバー 2人...

¥1,512

2

衝撃価格! 送料無料《アウトレ...

衝撃価格! 送料無料《アウトレ...

¥2,380

3

ぽこぽこ縦横ストレッチコーナ...

ぽこぽこ縦横ストレッチコーナ...

¥15,012

4

【送料無料/在庫有】 ぴったり...

【送料無料/在庫有】 ぴったり...

¥3,980

5

9色から選べる!しっかりフィ...

9色から選べる!しっかりフィ...

¥9,801

  • ※掲載情報は、2017年08月19日10時10分 の情報です

ソファカバー 商品一覧

表示順 :
標準
  • 価格の安い順
  • 価格の高い順
  • よく見られている順
画像サイズ :

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

商品画像

もっと見る

価格.comで「ソファカバー」を検索しよう!

ソファカバーを選ぶ

ソファカバーを選ぶときには、まずご自宅で使っているソファのタイプを確認しましょう。肘掛けの付いたタイプ、付いていないタイプ、L字型のカウチタイプ…。 ぴったりのカバーを探したいものですね。

ソファカバーの種類

アーム付き(肘付き)

アーム付き(肘付き)

アームがついた、一般的なタイプのソファ用です。小さな1人掛けのソファから、大人数用まであるので、大きさにも気をつけましょう。

一体型

一体型

「一体型」とは、ソファの背もたれとアームが繋がっているタイプのこと。普通のアーム付きソファカバーを買っても合わせられないのでご注意。

アームレス(肘なし)

アームなし(肘なし)

圧迫感の少なさが魅力のアームレスソファ。シンプルなフォルムに、素朴な色柄のファブリックがよく合わせればおしゃれ。

オットマン

オットマン

ソファに座った時に足を乗せる「オットマン」にも、専用のカバーがあります。オットマンの大きさはさまざまなので、サイズの確認は慎重に。

ソファベッド

ソファベッド

アーム付きとアームなしの2タイプがあります。アームが横に倒れるタイプのソファベッドには対応しない商品もあるので、購入の際はご注意。

コーナーソファ

コーナーソファ

コーナータイプはソファによって長さが大きく異なります。事前に、ソファの座面の長さを測ってから、購入するようにしましょう。

カウチ

カウチ

足を伸ばしてくつろげるコーナーカウチ用のソファカバーです。右カウチ左カウチがあるので、間違えないようにしましょう。

マルチ

マルチ

ソファにふわっとかぶせるだけでよいため、取り付けが簡単。 大きさに気をつければ、ソファの形を選ばないので、選択肢も広がります。

ソファカバーの素材


キルト 布の表地と裏地の間に入った薄い綿が、やさしい座りごこちを作ります。マルチタイプに多い素材。
レース 高級感を演出するレース素材。凹凸に汚れがたまりやすいので、お手入れには気を使いましょう。
ムートン(羊毛) 吸湿性・放湿性・耐久性にすぐれ、肌触りもよい上質素材。オールシーズンで快適に使えます。
マイクロファイバー やわらかなタッチが特長のマイクロファイバー。毛布などにも使われる、保温性バツグンの素材です。
吸湿・放湿性が高く、常にさわやかに使えます。素朴な印象でシンプルなインテリアに似合います。
ファー ふかふかのファーは高級感たっぷり。化学繊維を使ったフェイクファーなら価格もお手ごろです。

フィットタイプのソファカバーの取り付け方

ソファカバーは「フィットタイプ」と「マルチタイプ」に大別されます。「マルチタイプ」は、ソファの上からさらっと掛けるだけでよいのですが、「フィットタイプ」の取り付けにはちょっとしたコツが必要。図を見てチェックしましょう!

取り付け方1

まずはタグなどを見てソファカバーの裏表、前後左右を確認します。

取り付け方2

背もたれの角の部分をあわせ、角に引っ掛けるようにして全体をかぶせます。

取り付け方3

肘付きの場合は、肘掛けの角をあわせながら全体の形を整えます。

取り付け方4

余った生地をソファの間に押し込み、しわを伸ばして全体を仕上げます。